はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

塾の教師をしています。中学では子房が果実になると教えます。
私は子房を持たない裸子植物には果実ができないとずっと思っていました。(例えば銀杏などは種子が厚い種皮で覆われているだけで果実とはいわないと)
しかし、ナビックスやいくつかの中学の参考書には子房を持たない松などの裸子植物にも果実はあるように書かれていることを最近知りました。(例えばマツカサは果実であると)
ここで、理科としての果実の定義がわからなくなってしまいました。子房が発達したものを果実というのであれば、偽果は果実とはいえないわけですよね。
一般的にいう果実と理科でいう果実が異なるだけに混乱してきました。
教えて下さい。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

 学者によって,時代によって,とらえ方が違うのかなと思いました。



 岩波生物学辞典第2版(1977年刊)より
「果実」種子植物の花部が発達して生ずる器官の外見的な形態に対する一般的名称で,花部を構成しているいかなる器官から由来してもよい。・・・・以下被子植物の説明が続く。裸子植物の記述はない。
「球果」木化した鱗片葉が集まって球形あるいは楕円体となった果実で,肉質のものをとくに肉質球果(galbulus)という。裸子植物のスギ科・ヒノキ科・ビャクシン科の果実がこの例。・・・・(以下略)。

 岩波生物学辞典第4版(1998年CD-ROM版)より
「果実」【同】実(み)[1]広義には種子植物の花部が発達して生ずる器官の外見的な形態に対する一般的名称。この場合,果実を構成している花部器官の発生的由来は問わない。したがって真果と偽果の総称。[2]狭義には種子植物の子房が発達した器官,すなわち真果のこと。・・・・(中略)・・・・なお,裸子植物の球果や仮種皮果も,形態学的な厳密性を問わない場合は果実として扱われることもある。
「球果」木化した鱗片が集まって球形あるいは楕円体となった果実状の構造。マツ類の松傘(まつぼっくり)や他の針葉樹類のそれに相当するものがこれにあたる。裸子植物のスギ科・ヒノキ科・ビャクシン科のいわゆる果実がこの例。・・・・(以下略)。

 定義や名称にはあいまいなものもあるし,時代によって変わるものもあると思います。そういえば,私の高校時代の生物では,細胞壁のことを細胞膜と呼んでいました。

 ここでおわびがあります。私の回答の中に球果が偽果であると思わせる記述がありましたが,子房を含んでいなければ偽果とは呼ばないようです。申し訳ありませんでした。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
わざわざ調べてまで教えていただいた事に感謝します。

お礼日時:2004/09/11 23:49

wacky2さんの定義は,あの偉大な植物分類学者であった牧野富太郎博士の定義です。

ですから間違いではありません。博士の定義は「実」=「果実」に近いものです。牧野日本植物学辞典等の多くの書物にもそのように記載してあります。

youichi0131さんの定義も間違いではありません。ご紹介したように,最近の植物形態学では果実を狭義に捉えている方が多いのではないかと思います。

youichi0131さんは生徒に教える場合立場です。ですから新しい知識を持っていて欲しいと思います。しかし,こと入試となりますと,広義に解釈した方がよいのではと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2004/09/22 08:52

高校や大学の入試問題は,その性格上あまり専門的にはできません。

もし,教育課程を超えるほど専門的になる場合には,何らかの資料を加え,受験生が理解できるように説明することが求められます。

中学の教育課程は知りませんが,おそらく大多数の先生は,種子植物(顕花植物)は実(果実)を付けると,一般常識的に教えているのではないかと思います。

そのような観点から考えたら,ご質問の問題は,何ら説明がないのなら,答えは種子植物(顕花植物)で良いのではないでしょうか。

「裸子植物は実は本当の果実じゃないんだけれど…」程度で良いのではと思います。今までのような論争は,大学レベルなら理解できますが…
    • good
    • 2

wacky2さんの回答でご理解いただけたようですが,wacky2さんの回答を少し補足します。



果実の定義は,東大の植物形態の阿部淳先生の講義を参考にあげますと,何らかの形で子房を含んだものを言います。and or not で and です。or ではありません。

「果実とは,狭義には子房のみが発達した真果 (true fruit) をさす.……ただし,一般に果実と呼ばれるものの中には,子房以外の部分が含まれていることがある.これを偽果 (pseudocarp) といい,真果と区別する.真果の下部の花床が肥大したイチゴ,真果の周囲に花床が発達したリンゴやナシ,花軸が壷状になったイチジクなどが,偽果の例である.」

球果ですが,上の説明のような子房を含みませんから球果は果実ではありません。しかし,一般の方は「実」=「果実」と考えている方が多く,果実(球果)と表現したとしてもそれはそれで良いのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。
 suiran2さんの回答によると子房ではなくてもいいけど子房を含むということが必要だということですね。
 実ははっきりと書かなかった私が悪いのですが一般常識としてではなく、入試問題としてどうなのかを知りたかったのです。例えば、下記のような過去問があります。「花が咲いて果実を作る植物を何というか」この解答としては被子植物でなければいけないのか、それとも種子植物でもよいのか・・・。今までは子房がないから裸子植物は果実を作らないと教えてきたが、よく見ると理科の参考書にもマツカサは果実として扱われている・・・。でちょっと自信がなくなったというわけです。

お礼日時:2004/09/08 12:28

 子房が変化して真果。

子房以外の部分(花托・萼・花軸・包片など)が変化して偽果。狭義には真果だけを果実と呼び,広義には真果と偽果を合わせたものを果実と呼ぶようです。つまり,2つの定義があるということです。マツカサ(球果)は,多数のめしべが木化して鱗片状になり基部に種子がついたものです。狭義には果実ではないが,広義には果実ということになります。書物によって解釈が分かれているために混乱することがあるのですが,ふつうは,広義に解釈するようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。
2番の方が果実は子房のみからなるものとは限らない・・・そういう意味でマツカサは果実ではないと断言されていたのがどうもよくわからなかったのですがこれで納得できました。
 狭い意味では偽果もマツカサも果実ではないし、広い意味ではどちらも果実といってよいということですね。

お礼日時:2004/09/08 08:05

#2ですが,もう一度前回の回答を良くお読みください。



果実の定義は子房のみから成るものだけではありません。子房を含んだものです。ですから真正果実だけでなく,偽果も果実です。#1さんご指摘のように,リンゴやナシやイチゴも果実です。

裸子植物は,そう言った意味で果実は作れません。これ以上の回答は他の人に譲ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2004/09/07 22:52

裸子植物は,当然子房からなる果実を付けません。

ですからあなたの考え通りと思います。

ただ混乱しやすいのですが,球果植物(マツ等の松かさを付けるもの)の実は果実ではありませんが果実(球果)と表現する人は大変多いのではと思います。

イチョウやソテツのようなものは,合わせて果実状裸子植物と呼ばれます。これなど一般の人が聞いたら当然果実と思うことでしょう。

質問者さんも少し混乱があるようですが,果実には,子房のみから構成される真正果実と子房と子房以外の器官から構成される偽果に分けられます。偽果も立派な果実です。これらは共に被子植物の話です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私が知りたいのは理科(生物学)としての果実の定義なんです。学問で使う用語には必ず定義があると思います。表現する人が多いか少ないかではなく定義はどうかなんです。もし、子房からなるものを果実というのであれば偽果は子房が発達したものではないのですから果実とはいえないのではないでしょうか。中の芯こそが果実だというべきではないでしょうか。また逆に子房からなるものというのが必要条件ではないのであれば裸子植物における果実を特に球果という可能性もあるわけですよね。

お礼日時:2004/09/07 18:43

私もインターネットで調べてみて、混乱してきました。


マツカサは果実という記述が多いですね。

「子房が発達したものを果実という」「裸子植物には果実ができない」というのは共に正しいはずです。マツカサは果実ではなく、球果というのが正しいようです。
(下記URLには「被子植物の果実とは意味が違います。」とわかったようなわからないような記述があります。)

中学の参考書には、イチゴや梨はどのように記述されているんでしょう?

参考URL:http://arajisi.cool.ne.jp/yougoka.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
詳しい参考書には真果、偽果という記述があります。また、私立の入試に出題された事もあります。しかし、それが果実といってよいかどうかなどは今まで考えた事もありませんでした。

お礼日時:2004/09/07 18:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q松かさは果実ですか

松の雌花が後に松かさになるそうですが、それって果実といいますか?

松の雄花に花粉のできるところがありますが、それの名前は、〔やく〕ですか?〔花粉袋〕ですか?

松の雄花、雌花などについて調べています。松について、詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは
中学理科の範囲でマツについて考えていくなら・・・・
マツは花の咲く植物の中でも、胚珠が子房につつまれていない(むきだしになっている)裸子植物です。裸子植物には子房がないわけですから、種子はできますが、果実はできません。
まつかさというのは、雄花のりん片のやくからでた花粉と雌花のりん片の胚珠とが受精して、胚珠が種子となったものです。
したがって、まつかさは果実ではなく、種子の集まりだと考えられます。
マツやスギなどの裸子植物は基本的に風によって種子が飛ばされる風媒花です。したがって、花粉には風に飛ばされやすい工夫がしてあります。これが空気袋と呼ばれているものです。春になると花粉症に我々が悩まされるのは花粉がこのようなつくりになっており、ふわふわと風船のように小さい花粉が空気中を飛んでいるからです。
花粉ができるところは裸子植物でも被子植物でもやくです。被子植物ではおしべの先のすこしふくらんだところがやくですね。
専門的なことを言えばきりがありませんが、こんなところでいかがでしょうか?

Q気孔は茎にもありますか?

葉の裏に多くある気孔ですが茎にも存在しますか?

Aベストアンサー

茎にも存在します。
http://www.museum.kyushu-u.ac.jp/PLANT2002/01/04.html

1-3-2. 表皮の2.
http://www.fukuoka-edu.ac.jp/~fukuhara/keitai/1-3.html

参考URL:http://www.museum.kyushu-u.ac.jp/PLANT2002/01/04.html

Qアルトリコーダーの運指を教えてください

アルトリコーダー(バロック式)の初心者です。
ハ長調の簡単な曲でも吹けたらと思いつつ、ドレミファを順に吹いているのですが、添付されていた運指表の見方すら、頼りない状態です。
以下の運指は、間違っていませんか?
お教え下さいますでしょうか。

ソ … ●   ●●● ●●● ○
ラ … ●   ●●● ●●○ ○
シ … ●   ●●● ○●● ○

ド … ●   ●●● ○○○ ○
レ … ●   ●●○ ○○○ ○
ミ … ●   ●○○ ○○○ ○
フア … ●   ○●○ ○○○ ○
ソ … ○   ○●○ ○○○ ○
ラ … ◎   ●●● ●●○ ○
シ … ◎   ●●● ○●○ ○
ド … ◎   ●●● ○○○ ○

レ … ◎   ●●○ ○○○ ○
ミ … ◎   ●●○ ●●○ ○
フア … ◎   ●○○ ●●○ ○


親指(裏の穴)
◎じるしは、少し開ける

アルトリコーダー(バロック式)の初心者です。
ハ長調の簡単な曲でも吹けたらと思いつつ、ドレミファを順に吹いているのですが、添付されていた運指表の見方すら、頼りない状態です。
以下の運指は、間違っていませんか?
お教え下さいますでしょうか。

ソ … ●   ●●● ●●● ○
ラ … ●   ●●● ●●○ ○
シ … ●   ●●● ○●● ○

ド … ●   ●●● ○○○ ○
レ … ●   ●●○ ○○○ ○
ミ … ●   ●○○ ○○○ ○
フア … ●   ○●○ ○○○ ○
ソ … ○   ○●○...続きを読む

Aベストアンサー

全てバロック式のアルトの指使いで合っています。

それからこれは余計なことですが、「◎じるしは、少し開ける」とご本人が書かれているように '少し開ける’で正しいです。
昔、リコーダーを小学校などで教わった時に「半分あける」と教わった人も多いようですが、実際には1~2ミリくらいのものです。

リコーダーを始めるに当たって、アルトを選択し、しかもバロック式で始められたというのは最良の選択だと思います。がんばってくださいね!

Q合弁花と離弁花の違いについて

今、子供と一緒に花のつくり(花びらの数)について調べています。
花には合弁花と離弁花があって、タンポポやヒマワリは花びらがたくさんあるように見えて、じつは花びら1枚の花が集まって1つの花をなしている合弁花なのだと知って感心しています。(これは正しいでしょうか?)

そこで、合弁花と離弁花の違いですが、アサガオやキキョウなどのように花びらがくっつているものは合弁花であるとすぐわかるのですが、タンポポやヒマワリのように一見離弁花のようでじつは合弁花であるというものはどういうふうに見分けたらいいのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

既にご存じのようですが、花弁(=花びら)が合着していれば合弁花、一枚一枚離れていれば離弁花です。
雌しべの数で決まるものではありません。

>たんぽぽやひまわりは合弁花ではなく、集合花と言います。
集合花というのは、花が集まった「花序」の概念であって、
花弁が合着しているかどうかで決まる、合弁・離弁とはまた別の概念です。
(集合花というのは、実際はあまり聞かないものですが・・・)

キク科の場合、筒状花を基準としているようで、合弁花に分類されています。
マリーゴールドもキク科ですから、同じく合弁花です。
センニチコウでは、色が白とか赤とか紫に見えるものは、苞(苞葉;花序の中の部分にある葉が変形したもの)と呼ばれる器官です。
よく見ると、その中に小さい花があるのが分かると思います
(十分に成長していないと、咲いていないかもしれないので、分からないかもしれませんが。)。
例えば、
http://www6.plala.or.jp/canpost/flower/sennichiko.htm
の写真の中の、白いぽつぽつが花です。
その小さい花を調べると、花弁が一枚一枚分かれていて、離弁花であることが分かると思います。

例外もあって、ウリ科は合弁花を持っていても、離弁花類として扱われているそうです。
理由は、分かりませんけど(ちゃんと調べるべきでしょうけど、すみませんが、ここでは割愛させていただきます。)。

進化学的には、離弁花より合弁花の方が進んだ植物と考えられています。

・・・と書き込もうとしたら、新しい答えが出ていましたね(^^;

既にご存じのようですが、花弁(=花びら)が合着していれば合弁花、一枚一枚離れていれば離弁花です。
雌しべの数で決まるものではありません。

>たんぽぽやひまわりは合弁花ではなく、集合花と言います。
集合花というのは、花が集まった「花序」の概念であって、
花弁が合着しているかどうかで決まる、合弁・離弁とはまた別の概念です。
(集合花というのは、実際はあまり聞かないものですが・・・)

キク科の場合、筒状花を基準としているようで、合弁花に分類されています。
マリーゴールドもキ...続きを読む

Q有機物と無機物の違いはなんですか?

稚拙な質問ですいません。
有機物の定義とはなんでしょうか?
無機物とどこで線が引かれるのでしょうか?
有機化学と無機化学の違いはなんですか?
髪の毛は有機物?無機物?
ご教授ください

Aベストアンサー

有機物とは基本的に生物が作るもので炭素原子を含む物質です。また、それらから派生するような人工的で炭素を含む化合物も有機物です。ただ、一酸化炭素や二酸化炭素は炭素原子を含みますが無機物に分類されます。
無機物とは水や空気や金属など生物に由来しない物質です。

Q元素と原子の違いを教えてください

元素と原子の違いをわかりやすく教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

難しい話は、抜きにして説明します。“原子”とは、構造上の説明に使われ、例えば原子番号、性質、原子質量などを説明する際に使われます。それに対して“元素”というのは、説明した“原子”が単純で明確にどう表記出来るのか??とした時に、考えるのです。ですから、“元素”というのは、単に名前と記号なのです。もう一つ+αで説明すると、“分子”とは、“原子”が結合したもので、これには、化学的な性質を伴います。ですから、分子は、何から出来ている??と問うた時に、“原子”から出来ていると説明出来るのです。長くなりましたが、化学的or物理的な性質が絡むものを“原子”、“分子”とし、“元素”とは、単純に記号や名前で表記する際に使われます。

Qイスラム教の聖地はエルサレム、メッカ?

イスラム教の聖地とはエルサレム、メッカ、どちらなのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どっちもです。

メッカ、メディナ、エルサレムの3つの都市が、イスラム教の三大聖地とされているようです。

メッカには、「神の館」であるカーバ神殿があり、また、預言者モハメッドの生誕地でもあります。

メディナには、モハメッドの墓所に建てられたモスクがあるらしいです。

エルサレムは、モハメッドが天に登った場所だそうです。

Q有機物を燃やすと二酸化炭素と水が発生するのはなぜ?

なぜ、有機物を燃やすと二酸化炭素と水が発生するのですか?中学一年生に分かるぐらいで教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

生合成の中で、一番最初に習う光合成の例で行きますね。
植物の体の中で、
 呼吸で吸った二酸化炭素

 水
から、植物の体が作られます。この植物の中で作られたモノを「有機物」と呼びます。(ちなみに動物でも似たことができますが)

つまり、こうやって作られた有機物は、二酸化炭素と水からできているんですね。光合成で作られる有機物を炭水化物と呼ぶのは、二酸化炭素と水からできているからです。

燃やす、というのは、呼吸と同じで、光合成の反対の反応です。
なので、光合成で作られた有機物を燃やすと、二酸化炭素と水に戻るんです。

Q酸化銀は、どうやって作る?

 銀は、酸素と結びつきにくいという話をききました。
 だから、加熱というきっかけを与えると、分解するとのこと・・。
 
 「では、そもそも酸化銀はどのようにして結びついたのだろうか?」
 という疑問が浮かびました。
 
 ご存知の方、どうぞ宜しくお願い致します!

Aベストアンサー

金属銀あるいは銀の化合物を硝酸(*1)を使用して硝酸銀の水溶液にした後、
水酸化ナトリウム水溶液などによって沈殿(*2)させます。

*1:硝酸は酸化性を持つため、水素よりイオン化傾向の高い銀でも溶かせる
   のがポイント。
*2:水酸化銀は常温では非常に不安定なため、(微視的には)一旦水酸化銀
   になっても、目に見える大きさの粒子になる前に、脱水によって酸化銀に
   なります。( 2 Ag(OH) → Ag2O↓ + H2O)

wiki・酸化銀(I)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E5%8C%96%E9%8A%80%28I%29


※「酸化銀」には、幾つかの価数がありえますが、もっとも一般的と思われる
  酸化銀(I)について回答しました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E5%8C%96%E9%8A%80

Q トウモロコシって、種子?果実??

 トウモロコシって、私ずっと種子だと思ってたんですけど、同じイネ科の稲って、じつは果実なんですよ。普通、果実って種子のまわりにできるじゃないですか。ところが稲は、果実の部分が退化してしまって、かろうじて果皮が残っているだけだそうです。
 でも、トウモロコシに関する資料が見つからなくて。わかるかた、教えて下さい!!

Aベストアンサー

トウモロコシの果実は?
といわれると、皮に包まれていて軸に黄色の粒々が並んでついている状態が果実であるという感覚ですネ。
ですから、少しややこしいのかもしれません。
また、種まきをするとき、トウモロコシの粒々を蒔きますから、普通に考えれば粒々は種子であると思ってしまいますよネ。
イネ科植物やタケ科植物は穎果(エイカ)という種子の形態となります。これは果肉部分がほとんどない果実なのです。粒々は子房が発達したものですから、植物学的には間違いなく果実に分類できるのですが、果皮の下に種皮がありますから、種子の周りに果肉なしで果皮があるという構造なのですネ。
以上kawakawaでした


人気Q&Aランキング