ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

9/15の19:00頃にこぐま座とカシオペア座の中間点で恒星が急に満月の様に明るくなり、数分後に膨張爆発して消滅して逝きました。観測していた方もいると思いますので、何だったのか、教えてください。

A 回答 (7件)

火球(流星の一つ)を正面から見たのでしょう。


良かったですね。もし大気で燃え尽きてなければ今ごろあなたは直撃を受けて蒸発していたかもしれませんよ!
    • good
    • 0

爆発するという時点で流星以外の何者でもない。

    • good
    • 0

運が良いですね、羨ましい限りです。


自分に向かって来る角度で
流星を見るなんて!
大流星群ならば一つや二つ
目撃出来るかも知れないけど
単発で見られるとは。

良い事有りますよ♪
    • good
    • 0

UFO「極秘」

    • good
    • 0

他の英文サイトも見ましたが、政府機関や大学のサイトやブログには新星、超新星の観測記録はありません。

と言うことはあなただけが見た、他のお答えにある様に流星だったと考えるしかありません。
    • good
    • 1

私もNo.1さんと同じ静止流星だと思います。


自分に向かってくる流星ですね。
流星の性状は色々と異なっていて、見かけの速度の違いや痕を残すもの残さないものがあります。
多分、見かけの速度がゆっくりと流れる流星で、地球の大気圏を貴方の方へ長距離移動して、流星痕を残す性状のものだったと思います。

流星痕はペルセウス座流星群ではよく観られるのですが、大きな流星でも観られることがあります。
流れた後にモヤモヤとした光の跡が残って少しづつ消えていきますよ。
時間は数分もないと思いますね、私も経験があるのですが大流星をみて興奮してしまい、数十秒の出来事がとても長く感じることがあります。

本州の方では研究者が流星観測用カメラをいくつか設置していて、複数のカメラで流星を捉えた場合、
何日かしたら大気圏前の流星の太陽系内での軌道が分析されるのですが、北海道は未だ無いようなのと、一つの流星が観える範囲は大きくても数百キロと狭いです。


超新星は何人も専門のハンターが居るのですが、よその銀河に超新星を発見→日本のその担当者に連絡→国際的に確認 と、
1日単位で時間がかかる手順で確認していくので数分で消えてしまうものではないです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

貴方のおっしゃる通り静止流星でしょう。北極星を見ていたら急にこぐま座とカシオペア座の中間辺りでまばゆく光る恒星よりも大きな発光体でした。数分後、4時の方向に弧状の幾つもの波形と、11時の方向にリング状の幾つもの波形が見られ中心部は次第に光が消えていきました。初めて見たもので恒星の爆発と思いましたが、ご説明で分かりました。自然現象で未だに分からないのが、40年ほど前ですが中学1年生の時、放課後に教室の掃除をしていた時に、学校そばの変電所付近に落雷があった直後、変電所付近から楕円形上のオレンジ色の光が現れ、ゆっくりと地上から離れ雲の中へ消えてゆきました。当時は友達とUFOだ!!と騒いでいましたが、プラズマ・半物質なのかなと思っています。

お礼日時:2017/09/18 00:48

その星は数分前とかにも見えていた星ですか?


それとも、たまたまそちらを見たらその現象を見たのでしょうか?

後者だとすると流星だった…かも知れません。
まっすぐ自分に向かってくる流星なら天球上を移動しないように見えるはずです。
流星だと数分も持ちませんけど…。

超新星爆発だったとしたらそれなりにニュースになっているでしょうし、数分で消えるということもないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

僕の質問に目を向けて頂き有り難うございます。はい。自分は知床ウトロに住んでいます。ひしゃく星を探していたら急に明るくなり、直径で普通の星の10倍以上の直径の急激に光った天体でした。(赤キロっぽく光った)。数分後、ダブルカッコを10倍以上重ねた波状の楕円光が有り、広がって行き消滅しました。

お礼日時:2017/09/17 00:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2002年 チリ【隕石】が 地球と月の3分の1の距離を 通過したらしいのですが。 これは まれで 大

2002年 チリ【隕石】が 地球と月の3分の1の距離を 通過したらしいのですが。
これは まれで 大半は 木星の重力で 弾き飛ばされるらしいのですが。
木星の重力て何??
木星には 何か力があるの??

Aベストアンサー

簡単に書きます。
タオルを両手でもって、そのタオルの上にコップを乗せればタオルが沈みますよね。
それと同じ様に星にも重さがあってその重さによって空間が沈み込むと坂の様になりますので、その中心に向かって周りの物が
滑って行くように引き寄せられますので、超簡単に言えばそれが重力。
引き寄せられるのも真っ直ぐ落ちていくのではなく、縁を回る様に落ちていく時に加速する事で遠心力によって外へ飛ばされる。
これは全ての天体に言える事です。
これは天体の質量によって空間を沈める大きさもほぼ比例しますから、重い星ほど空間を沈めます。
それを利用して宇宙探査機を遠くへ早く飛ばそうとする方法がスイングバイ。

Q全ての物質の大元は水素ですか?

全ての物質の大元は水素ですか?

Aベストアンサー

はじめまして

ビッグバン理論によると爆発3秒後には水素とヘリウムが生成されます。
ヘリウムは質量比で25%ですがヘリウムは水素の4倍の重さがありま
すので、数で言えばその1/4です。微量のリチウムも生成されます。
と言っても、たいへんな高温ですから、全てプラズマ状態です。

膨張し冷えることにより、電子が原子核に捕獲され原子が誕生、これま
で光子と相互反応をしていた自由電子が大幅に減少することにより、光
が自由に進行できるようになります。宇宙の晴れ上がりです。

それから暗黒物質のもとに原子があつまり、銀河が形成され、星が誕生
し、星の中で水素、ヘリウム以外の原子が形成されていくわけですから
「全ての物質の大元は水素」ではないですね。ヘリウムもありますから。

このヘリウムの質量比25%の存在は、ビッグバン理論から導きだされ
るものです。これは観測結果とよく合致しており、宇宙背景放射ととも
に、ビッグバン理論が標準理論となった理由のひとつでもあります。

元素の起源と宇宙の歴史(東京大学公開講座資料)
http://www-utap.phys.s.u-tokyo.ac.jp/~suto/myresearch/element06.pdf

はじめまして

ビッグバン理論によると爆発3秒後には水素とヘリウムが生成されます。
ヘリウムは質量比で25%ですがヘリウムは水素の4倍の重さがありま
すので、数で言えばその1/4です。微量のリチウムも生成されます。
と言っても、たいへんな高温ですから、全てプラズマ状態です。

膨張し冷えることにより、電子が原子核に捕獲され原子が誕生、これま
で光子と相互反応をしていた自由電子が大幅に減少することにより、光
が自由に進行できるようになります。宇宙の晴れ上がりです。

それから暗黒物質の...続きを読む

Q人工衛星のミチビキにはどんな軍事機能が付いているんですか?

人工衛星のミチビキにはどんな軍事機能が付いているんですか?

Aベストアンサー

わかっちゃったら、やばいよね。


というより、日本の軍事設備はほとんどわからない。

なぜ、日本は総理でさえ知らず、皇族すらしらないこともある。

国民が分かるわけない、

漫画みたいな話だろうと思っても、実際も本当。

裏で動くものは表には出てきませんよ。

Q鉛がウランの最終崩壊産物というのは本当ですか?

鉛がウランの最終崩壊産物というのは本当ですか?

Aベストアンサー

理科年表に

238Pu, 87.7y, α, SF
239Pu, 2.411・10^4y, α, SF
240pu, 6.564・10^3y, α, SF
241Pu, 14.35y, β-, α
242Pu, 3.75・10^5y, α, SF

とあるのですが、

これが 241Pu は ベータ壊変ののち、アルファ壊変する、という意味ならば

241Pu → 241Am → 237Np

となってネプツニウム系列の最後は 205Tl になるのでしょうか。

Q惑星進化論: 重力と核融合反応の釣り合い?

質問させていただきます。
地学の参考書で惑星の誕生と進化を勉強しています。
星が「収縮する力」と「膨張する力」の釣り合い加減で星が大きくなったり小さくなったりするようです。
主系列星→巨星への進化について疑問があります。
中心核のヘリウムが収縮を続け、ヘリウムの核融合が始まると炭素や酸素が発生します。この時一時的に星の大きさは収縮して太陽の10倍程度になるそうです。そして炭素や酸素の核が大きくなってくると再び膨張を始めると書いてありました。
私は「炭素や酸素原子は重いから重力が大きくなり収縮する」のかな?と思いましたが、それだとふたたび膨張を始める原因が分かりません。

参考書には『核融合反応が始まると重力が強まる』と書いてありました。核融合反応は「膨張する力」であって重力と関係あるのでしょうか。(そのため、一応「核融合反応で重い原子が発生するから重力が強まるのかな?」と考えてみました。しかしそれでは炭素や酸素の核が大きくなった後に巨星が膨張し続ける理由が分かりません)

質問よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

はじめまして、

最初にお聞きしますが表題に「惑星進化論」とありますが「恒星進化論」のまちがいですよね。
このご質問は、補足コメントでは「主系列星→巨星ではなく、巨星→白色矮星の進化についての質問」とされていますが、このご質問内容はどうみても主系列星から巨星への進化についてご質問されているようですが……
質問をいくつかにわけて回答させていただきます。

>私は「炭素や酸素原子は重いから重力が大きくなり収縮する」のかな?と思いましたが、それだとふたたび膨張を始める原因が分かりません。

核融合の仕組みはご存じのとおりです。軽い原子核が融合して重い原子核になり、その際にエネルギーをだすというものですね。よく恒星は核融合エネルギーで輝いているといわれますが、星全体で核融合をしているわけではありません。水素の原子核(陽子)が最終的にヘリウム原子核(陽子2中性子2)に変わるのですが、陽子はご存じのとおりプラスの電荷をもっています。ですから陽子と陽子は反発するのでこれを核融合させるのは、陽子にスピードをもたすこと、陽子相互の距離をすくなくすること、いいかえれば高温・高圧の条件が必要です。ですから核融合は星の中心部でしかできません。そうして中心部にヘリウムがたまっていき、こんどはヘリウムが収縮します。

そうなるとどうなるか、高温・高圧にさらに圧力をかけることになりますので、さらに高温になります。すると星はご存じの通りガス体ですので温度が高くなれば中心核以外はむしろ膨張をして巨大化していきます。収縮するのはあくまで中心核のヘリウムだけなんです。そしてさらに高温になるので星は巨大化していきます。しかし中心部はどんどん高温になりますが星が巨大化するために表面温度はむしろ下がり赤色になります。それが主系列星から赤色巨星になるということなんです。さらにヘリウムが圧縮されるとヘリウムにも火がつき炭素がつくられます。太陽程度の質量では炭素までしかできませんが、よりも巨大な星では炭素がさらに核融合しさらにはどんどん巨大化していきます。

赤色巨星から白色矮星への進化ですが、赤色巨星の外層は恒星の中心からの距離が遠くて重力が弱いために、徐々にガスが周囲に流出し、恒星は外層を失っていきます。こうして外のガスを失って中心核だけになったものが白色矮星です。太陽よりももっと質量の多い星は、核融合がさらにすすみ、最後には中心核で鉄までつくりますが、最後にこの鉄が分解されて一挙にエネルギーが減るため外周部の物質が押しつぶされ、そしてそれがコアにあたって飛び散るという超新星になります。超新星の残骸が中性子星やブラックホールですね。

なにか不明な点があれば私の知っている範囲でお答えしますよ。

恒星進化論
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9819506.html

はじめまして、

最初にお聞きしますが表題に「惑星進化論」とありますが「恒星進化論」のまちがいですよね。
このご質問は、補足コメントでは「主系列星→巨星ではなく、巨星→白色矮星の進化についての質問」とされていますが、このご質問内容はどうみても主系列星から巨星への進化についてご質問されているようですが……
質問をいくつかにわけて回答させていただきます。

>私は「炭素や酸素原子は重いから重力が大きくなり収縮する」のかな?と思いましたが、それだとふたたび膨張を始める原因が分かりません。

...続きを読む

Q月の自転と公転周期が同じな理由

フジテレビ「月は自転しない」で視聴者からツッコミ殺到 「スタッフの確認不足から生じたミス」と謝罪
と言うネタを見た。

では、何故「公転と自転の周期が一致している」のでしょうか?

私の推測では、起き上がり小法師の様に、地球の引力により、重い元素が地球側に集まった為。

閑人の素朴な疑問に、お付き合い頂ける方、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

原始地球がまだ熱く柔らかかった頃、巨大な隕石が激突し、外に散らばった破片が固まってできたのが月だ、というのが通説(ジャイアント・インパクト説)だというのはご存知だと思います。質問者様がおっしゃるように、冷えて月が固まるときに、核が中心少しズレた位置にできてしまったため、重い側(今の月の表)がずっと地球の重力で引かれるようになったと思われます。

重心のズレの原因は、たしか鉄の分布だったと思います。
下記資料にも似たようなことが書いてあったので、ご参考までに。

参考:日本経済新聞 プラスワン
http://style.nikkei.com/article/DGXKZO92034990U5A920C1W12001?channel=DF210220171916&style=1

Q笑われるような質問ですが、 星が、鉄まで作り超新星爆発しますが、金、プラチナ、ウラニューム等のあるの

笑われるような質問ですが、
星が、鉄まで作り超新星爆発しますが、金、プラチナ、ウラニューム等のあるのはなぜ(?_?)

Aベストアンサー

笑われるかもしれませんが、超新星爆発は鉄が作られることで核反応が吸熱反応になり、発熱反応で最大まで拡張した最外殻が中心部に向かって大気の何千倍の密度の超音速で収縮し中心核で爆縮して起こります。このとき最も不思議なのは水素もタップリ残っていることですが、爆縮でとてつもない発熱・圧力が生じます。すると吸熱反応でしか生じない元素がほんの少し生じ、それが鉄より重い元素群を作る。数値を入れて説明したかったなー。

QBSアンテナの仰角は東京では38度といわれますが、計算すると48度になります。

東京の緯度を35度として、東経110度の衛星の仰角を計算すると、約48度になります。
多少、はしょって計算していますが、それでも38度とは大きくかけ離れています。
※はしょったのは、東京と衛星を結ぶ線が経線と平行として計算している部分です。
何処が間違っているのでしょうか。

Aベストアンサー

誤りを指摘して欲しいならどんな計算をしたか示しましょう。
衛星が無限遠110°方向に有るとして計算すると、
方向ベクトルの内積から45°になります。つまり
実際の迎え角は45度以下になるわけで、
48度が誤まりであることは明白。

迎え角なんて内積を使えば簡単に求まるから、計算し直して
みて下さい。

Q地球滅亡か!太陽と月と地球が一直線に並ぶキングタイドが地球を襲う!その日はなんと今年!! 6月23日

地球滅亡か!太陽と月と地球が一直線に並ぶキングタイドが地球を襲う!その日はなんと今年!!

6月23日と7月21日にハワイが太陽と月と一直線に並ぶキングタイドというスーパー満潮現象、超満潮現象が起こってハワイの下水道管のマンホールが映画のようにポンポン飛んで行くこの世の世紀末みたいな事が起こると言われています。

日本が太陽と月と一直線に並ぶキングタイドはいつですか?

Aベストアンサー

>太陽と月と地球が一直線に並ぶ
この現象が起こると日食や月食が該当地域で観ることができます。

天文年鑑2017年版を確認してみましたが、6月24日と7月23日は共に新月(時差の関係でハワイと日本時間とでは違いますが)ですが、
新月に起こる現象で、太陽-月-地球が一直線に並ぶ日食は、天文年鑑では確認できませんでした。
ハワイが直線上に並ぶなら、ハワイで皆既日食や金環食が観られるはずです。
8月22日に米国本土で皆既日食が観られますが、大陸中央付近が大潮の時間帯は大陸中央付近のようですね。

ただし、6月23日と7月21日頃は月の視半径が大きい(月が地球に近い)ので大潮がより大きくなる可能性があるようですが、
天文学的な月の引力の影響では潮位は10cm程度くらいしか上昇しないと言われています。

それよりも気候変動やその時の気候の影響の方がより大きく、キングタイドという現象を引き起こすようですね。
起こりやすい時期は、地域によって気候や地形が違うので変わるようです。
それとキングタイドは正式な学術用語ではないです。
台風シーズンに大潮と重なり高潮の被害発生することが、キングタイドと言えるでしょう。

なので、日本で起こるかと言われても、大潮の日時は気象庁等の官庁から出しているので判りますが、
天候の影響を推定するのはできませんのでいつ起こるのかは判らないです。

>太陽と月と地球が一直線に並ぶ
この現象が起こると日食や月食が該当地域で観ることができます。

天文年鑑2017年版を確認してみましたが、6月24日と7月23日は共に新月(時差の関係でハワイと日本時間とでは違いますが)ですが、
新月に起こる現象で、太陽-月-地球が一直線に並ぶ日食は、天文年鑑では確認できませんでした。
ハワイが直線上に並ぶなら、ハワイで皆既日食や金環食が観られるはずです。
8月22日に米国本土で皆既日食が観られますが、大陸中央付近が大潮の時間帯は大陸中央付近のようですね。

ただし...続きを読む

Q太陽の周りには、地球などの惑星が公転していますが、太陽系は宇宙空間という立体の中で、1つの面上に水星

太陽の周りには、地球などの惑星が公転していますが、太陽系は宇宙空間という立体の中で、1つの面上に水星、金星、地球、火星、木星、土星等の全てを捉えられるのでしょうか?それとも、本当は面で捉えられないで、太陽からみて、3次元空間の斜め上の方にあったりして下にあったりして、公転しているという方が正解なんでしょうか?どれも1つの面で捉えられるのは、何か不自然のような気がします。

それとも太陽系ができる際に、何か力が働いて、同じ面で、公転するようになっているのでしょうか?

Aベストアンサー

>1つの面上に水星、金星、地球、火星、木星、土星等の全てを捉えられるのでしょうか?

はい、そのとおりです。

ちなみに、ほぼ同一面上に全ての惑星が存在しているだけでなく、惑星の公転の方向が全て同じと言う点から考えても、太陽系の惑星はバラバラに生まれたのではなく、太陽系ができる際に統合的に発生したと考えるのが自然だと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング