AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

最近、ニュースで日本の憲法の第9条を変えるかもと言ってますよね??第9条は平和や戦争のことなので日本もそんなふうに戦争みたいなことになるのでしょうか?ちょっと最近、北朝鮮がミサイルなどとかに怖くなってきて不安なんです。どうなのか分かる方、教えてください!

A 回答 (7件)

9条は、市民や地方自治体用。



政府の義務を、加憲する必要がある。
今のままだと、義務を十分に果たせない(果たさない)。

政府に問題があっても、選挙戦で解決できる。
    • good
    • 0

まず、ほかの殆どの国は9条をもっていません。

でも戦争している国は無いですよね。

私は「現状9条を変えるのは慎重にしたほうが良い」と思っていますが、それでも「9条があるから日本は戦争をしない。9条が無くなれば戦争する」というのは、どう考えてもおかしいでしょう。

それとも日本人は他の国の人たちと違って「憲法で縛らないとすぐ戦争する」ような国なんでしょうか。東日本大震災で世界に賞賛された「我慢強い、秩序ある日本人」とはずいぶん違いませんか。

だから戦争に何かならないのです。

ただし、ですが・・

ただし、なのは日本人の特徴にあります。日本人は「方向に決まれば、一気に全国民がそちらに向く」という特徴です。たとえば明治維新があります。「天皇中心の近代国家を作る」となったら30年ほどで外国と戦争して勝てる国になってしまいました。
 今から30年というとバブルちょっと前の時期ですが、その時期には東京タワーも高層ビルもないような前近代的な国が30年でスカイツリーを作ってしまうぐらいの発展をしたわけです。結構なスピードの発展でしょう。
 また、戦後はいきなり「平和国家です」と全く戦争をしなくなって70年、直前まで「硫黄島決戦」「本土決戦!」と息巻いていた国民が、敗戦でいきなり「平和!!」になるなんてありえないでしょう。

そういう国なんですね日本人はだから、今北朝鮮に煽られてまた「戦争したい」というか「戦争すれば日本は絶対勝つ!!」と方向転換して9条改正から一気に戦争になる可能性は「無い」とはいいきれないです。

(だから、逆を言えば北朝鮮は絶対に日本にミサイルを撃ち込みません。撃ち込めば一気に日本人が戦闘モードに入って、9条改正し北朝鮮に襲い掛かることが目に見えているからです。人員損失は日本もありますが、兵器の差は大きすぎるので、間違いなく日本が勝つとはいえます。北朝鮮はものすごく周りの国を研究しています。)

でも、日本もどこかで9条を改正する必要があります。じゃないと「自分で責任をもつ普通の国」にはならないからです。
逆を言うと、普通の国は「戦争を極力避ける」ものです。北朝鮮のように先軍政治なんて「戦争をするための国家組織」は別ですが、元々選挙というのは「兵役の代わりに戦争するかどうか決める権利」だったので、勝っても負けても自分や自分の身内が死ぬかもしれない戦争は「避ける」ものなんです。

ですから、9条が無くてもほかの国は戦争をしないのです。

また、9条はほかの問題も引き起こします。たとえば外国で日本大使館が襲われた時に自衛隊では対応できません。実際に昔ペルーの日本大使館が占拠され解決に何か月もかかったのですが、ほかの国なら、その国(たとえばペルー)と自国の軍隊が協力して対応にあたります。他国でも大使館の敷地は「その国の領土」なので、そこをテロリストが占拠しているなら、排除するのは原則的に「大使館を持っている国」になるからです。
 自衛隊場合「大使館の中」は活動できますが、ペルーの中で作戦会議したり、武器を用意して準備するのは9条違反になってしまうので、できなかったのです。

ほかにも、国内の有事法制ができないので、敵が侵攻してきても「戦車を移動させるのに、信号を守って進む」という常時の法律を守ることになります。9条というのは「日本を守りにくくしている」部分もあるのです。

1989年までは米ソ冷戦の時代であり、どの国もアメリカかソ連のどちらかの陣営にいました。陣営が違えば、勝手に戦争できません。その戦争が陣営同士の大戦争に発展する可能性があったからです。だから中国も北朝鮮も冷戦時代はそれほどちょっかいを出さなかったのです。しかし、冷戦が崩壊し、テロリズムなどが増えると「日本が独自で対応する事案」が増えてくるわけです。それが尖閣諸島問題だったりするわけで「日本と中国の小競り合いにアメリカが参戦するのか?」という問題がでてきたのが1990年以降になります。

アメリカも尖閣に関しては「領土がどちらの帰属だとは明言できないが、日本が防衛をちゃんとやっている限りは、日本の防衛対応にアメリカも協力する」ということになっています。

ほかも一事が万事で、冷戦の時のように「日本がユーラシア大陸側のアメリカの防衛ライン(太平洋がアメリカの海だとすると、日本列島は空母と同じ」ではないので、アメリカと「同盟」であるためには、以前のように「在日米軍基地があればそれだけでOK」ということにはならなくなっているのです。

だから、日本は9条を改正して普通の国、自分で戦略を決め、どこかの国と同等な同盟関係を作れる国になる必要はあります。だけど、今のように「煽られて、急展開」するのでは戦前と同じであるといえるでしょう。

敗戦を経験した人は若くても70歳、実際に「敗戦の痛み」を知っている人は80歳以上になっています。のど元過ぎれば熱さ忘れる、では戦争になったときに犠牲が大きすぎるのです。だから私は「慎重にすべきだ」と考えていますが、でも「国際情勢の変化は9条を改正しないと対応できない」のも事実なのです。

でも、だからといって「普通の国なら戦争はしません」日本は普通のくにですよね。
    • good
    • 3

戦国時代を作るのが人なのです。

お金を求め始めると殺し合いになるのです。キルケの魔法は、猿が、水飲み場を奪い生きていく行動なのです。人も変わら無いのです。生産力無くして餓死しない筈が無いのです。北朝鮮は、ミサイルぶつけて脅かすのは、生きられ無いからなのです。理解が出来ず馬鹿だから仕方ない行動なのです。生産力が無いから餓死者が出るのです。暴力が理解出来るレベルなのです。この自然に対応でき無いと生存でき無いのです。自然は、学習して初めて生きて行けるのです。暴力では、餓死問題は解決し無いのです。生産力をつけるしか絶対解決し無いのです。
    • good
    • 0

最近、ニュースで日本の憲法の第9条を変えるかもと


言ってますよね??
  ↑
9条があったのでは、日本国民の生命、財産を
守れない、ということが判って来たからです。



第9条は平和や戦争のことなので日本もそんなふうに
戦争みたいなことになるのでしょうか?
  ↑
戦争にならないように9条を変えよう、という
のです。
相手が手強い、となれば侵略などしようと
思いません。
弱ければ侵略を誘発します。



ちょっと最近、北朝鮮がミサイルなどとかに
怖くなってきて不安なんです。
  ↑
怖がっているだけでは平和になりません。
残念ですが、平和の為には武力が必要
なのです。
    • good
    • 4

横田めぐさんは、日本国民です。


ISに首を切り落とされた人も、日本国民です。
竹島、北方4島は、日本の領土です。

日本国民も、領土も蹂躙されていながら、
何が70年間の平和、と言えるのでしょうか。
どうして平和憲法と、言えるのでしょうか。

横田めぐみさんは、日本国民ではないし、
竹島、北方4島は、日本の領土ではない。
平和憲法支持者は、そう考えているのです。

自分さえよければ、
平和ならいいという、
愚かしい人たちです。
    • good
    • 4

段々、日本は、軍事国家に、なって来ます。


韓国に、竹島を占領されたり、尖閣諸島を、中国に、伺われたりと、厳しい毎日が続いています。
北朝鮮が、ミサイルを発射したり、世界を挑発したりしていますが、それにより、日本が平和憲法を曲げたり、改正したりする必要は、ありません。
日本は、他国を侵略せず、自国を守り、70年続いた平和を、守って、行きましょう。
    • good
    • 0

9条は、戦争の放棄と戦力の不保持を謳っています。


しかし、身を守るための「個別的自衛権」までは制限していないという解釈で、自衛隊があります。
「この第9条を変える」とは、自衛隊の保持を明記すると言う、安倍首相個人の考えです。※
憲法に自衛隊が明記されれば、国にはこの維持が義務付けられるので、徴兵制の法律化に根拠が生まれます。
安倍政権の最近を見れば、
秘密保護法 …国は国民に秘密を持てる。
安保法 …俗称「戦争法」。外国を武力で守る集団的自衛権を解釈変更で認め、それを実行するための法律。
共謀罪 …犯罪を実行しなくても計画準備段階でも犯罪にできる。今後は拡大解釈で反政府デモも対象に。
そして首題の、9条に自衛隊を明記

安倍首相の目標は、日本の軍事国家化(国軍保有)。そして、国を大きく変えた首相として名を残すこと。
「日本国憲法改正草案 自民党 H24.4.27(決定)」に是非目を通して見て下さい。
ネット上に公開されています。

※ 安倍首相は「自衛隊の保持は違憲と多くの憲法学者が言っているので、これを合憲化するため」と言っています。
しかしながら、「集団的自衛権の行使」は憲法学者のほとんどがが違憲としているのに、こちらは「最高裁が判断すること」と言って無視し、事前に反対する内閣法制局長官をお友達に交代させて「法案を無審議で通した」りしています。
支持率が高いと何でもできる、と言うことでしょうか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日・中・韓の関係について、これって本当でしょうか?

日・中・韓の関係について、ネットを見ていたら、・・・・・
・日本人は、恩を恩で返し、仇を恩で返す。
・中国人は、恩を恩で返し、仇を仇で返す。
・韓国人は、恩を仇で返し、仇を仇で返す。
と言うのを発見しました。
これって本当だと思いますか?
また、これらに該当する良い例があったら教えてください。

Aベストアンサー

>日本人は、恩を恩で返し、仇を恩で返す。

多分そうでしょう。そこを朝鮮人にたかられるわけですね。
何度嫌がらせを受けても恨もうとしませんね。
だってアメリカから原爆を2発食らってもアメリカのために尽くしているじゃないですか。
朝鮮人からあんなに嫌がらせを受けたにも関わらず、最近も10億円差し出しました。

>中国人は、恩を恩で返し、仇を仇で返す。

中国共産党はそうじゃないですが、中国人はその通りですね。

論語憲問編に
「或曰、以徳報怨何如、子曰、何以報徳、以直報怨、以徳報徳。」
訳「ある人が言った、『恨みに対し徳で返すのはどうでしょうか?』。先生が言われた
 『じゃあ、徳に対して何で返すのだ?怨みにはストレートに返し、徳には徳で返すべきだろう」
とあります。これは中国では常識です。
これはつまり「恩を恩で返し、仇を仇で返す」と言うことですね。


>韓国人は、恩を仇で返し、仇を仇で返す。

これもその通りでしょう。
韓国は儒教の国だと言われますが、とんでもない、単なる利己主義の塊国家です。
いうまでもなく韓国人も利己主義の塊です。
己の欲望のためには儒教で八徳と呼ばれる仁義礼智信忠孝悌すべてをかなぐり捨てます。
恩を受けたときは当然のように受け取り、恩を受けるのが遅いと感じると不満を漏らし怒鳴ります。
1965年の日韓基本条約で当時の韓国の国家予算の2.3倍の支援を当然のように受け取り、更なる要求をしています。
その後何度も経済支援をしたり、スワップ協定を結んで助けてやっても支援や対応が遅いと文句を言ってきました。
それのみならず売春婦像や徴用工像を建ててウソ出鱈目を世界中に言いふらし、日本に金をせびって来ていますね。

本当にどうしようもない国です。

>日本人は、恩を恩で返し、仇を恩で返す。

多分そうでしょう。そこを朝鮮人にたかられるわけですね。
何度嫌がらせを受けても恨もうとしませんね。
だってアメリカから原爆を2発食らってもアメリカのために尽くしているじゃないですか。
朝鮮人からあんなに嫌がらせを受けたにも関わらず、最近も10億円差し出しました。

>中国人は、恩を恩で返し、仇を仇で返す。

中国共産党はそうじゃないですが、中国人はその通りですね。

論語憲問編に
「或曰、以徳報怨何如、子曰、何以報徳、以直報怨、以徳報徳。」
訳...続きを読む

Q福島瑞穂とか山本太郎などの左翼議員はこの有事に何してるんですか?

北朝鮮問題:
福島瑞穂とか山本太郎などの左翼議員はこの有事に何してるんですか? 

福島は北朝鮮のミサイルを迎撃反対とか言ってみたり、この8月には沖縄で基地反対座り込みを公道でやって警察に注意されたりしてるそうですが、北朝鮮について批判的なことは言わないのでしょうか。
山本もしかりですかね。

いったいどういうわけでだんまりなんでしょうか?

Aベストアンサー

リベラル、極左の人々は都合が悪くなれば隠れてしまいます。個人プレイの好きな方々ですね。
これを機会に「スパイ防止法」を制定しましょう。反日、あるいは違法滞在している外国人を強制退去させましょう。

石破茂さんが提唱し始めた「核兵器の持ち込み」も議論し始めましょう。国を衛ことを第一優先にしないと国は滅びます。

Q国歌が嫌い、国旗が嫌いな人は、日本を変えようとして自分を変えないのですか? どうして日本から出ていか

国歌が嫌い、国旗が嫌いな人は、日本を変えようとして自分を変えないのですか? どうして日本から出ていかないのですか? 特に日本国憲法が嫌いな人は改憲など求めないで日本から出ていけばいいのではないですか? 早く!

Aベストアンサー

日本が好きだけど、国歌が嫌い。

その気持ち、分からんでもない。

Q北朝鮮と話し合いを・・・と言っている人は、本気で解決できると思っているのでしょうか。

「北朝鮮と話し合いを・・・」と言っている人は本気で話し合いが通じる相手だと思っているのでしょうか。
例えば5年後に「やはり話し合いができる相手ではなかった、武力で排除するしかない」と気づいたとしても、北朝鮮は今よりはるかに強大な軍事力、ミサイルを手に入れていて一層手が出せなくなっていることでしょう。先延ばしは事態をさらに悪化させます。今でも手遅れかもしれませんが…。

次元が違うかもしれませんが、某カルト教団撲滅作戦を思い出します。人権無視の別件逮捕と非難されながらもあらゆる手を使って追い込みました。もし撲滅作戦が数年遅れていたらと思うとぞっとします。話し合う気がさらさらない危険な相手とは結局折り合えないと思います。

極論を言えば、クリミア半島問題でロシアに譲って、南沙諸島や貿易問題で中国に譲ってでも、対処後の北朝鮮を中国軍との共同進駐にしてでも、完全な包囲網を築いて北朝鮮の金政権を打倒するという動きを取るべきではないでしょうか。

Aベストアンサー

2種類あると思います。

 ひとつは、外交交渉は基本話し合いでゆく、ただしテーブルにつけさせるため、もしくはこちらの要求に従わせるための軍事的な圧力は否定しないという方。目的は平和だがそのためには軍事力は必要だよっていう、まあ世界的にはこれが一番スタンダードな形。
 もうひとつは「なにかの目的」を持ってアメリカをはじめとする勢力に軍事力を使わせたくない方々。これは目的が平和とは限りません。
 番外として「みんな仲良く話し合おう」って号令をかけるとどんな国でも喜んで無条件で交渉のテーブルにつくと思いこんでいるお花畑の方々。理想を実現するためには何が必要かってことを考えたくないか考える力が無いんでしょう。日本には大変多い人たちですね。

Q北朝鮮を「分からず屋」国家にしたのは、誰の責任ですか。

トランプ大統領が北朝鮮問題で、中国やロシアが責任を果たしていないと述べると、

※トランプ大統領、中国の対北朝鮮貿易増を批判
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/07/post-7933.php


中国やロシアは、アメリカにこそ責任があると反論しているようです。

※北朝鮮制裁の中国責任論は大げさ 中国、トランプ政権に異例の反論
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/07/post-7968.php

※「北朝鮮問題はアメリカにこそ責任」ロシアが反論
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170801/k10011082721000.html


そこで、お聞きしたいのですが、

①北朝鮮を「分からず屋」の国家にしたのは、アメリカ、中国、ロシア、韓国、日本、その他・・、どこの国の責任ですか?

②北朝鮮を「分からず屋」の国家から、脱却させる、よい方法はありますか?

③北朝鮮は、「アメリカ、中国、日本、ロシア、韓国の5カ国が毎年600億$(6.8兆円)くれるなら核廃棄する」と言っている噂があるようですが、本当でしょうか?
また、お金で解決できるなら、それでOKとしますか?

※北朝鮮「アメリカ、中国、日本、ロシア、韓国の5カ国が毎年600億$(6.8兆円)くれるなら核廃棄する」
https://matome.naver.jp/odai/2147965459344752101

トランプ大統領が北朝鮮問題で、中国やロシアが責任を果たしていないと述べると、

※トランプ大統領、中国の対北朝鮮貿易増を批判
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/07/post-7933.php


中国やロシアは、アメリカにこそ責任があると反論しているようです。

※北朝鮮制裁の中国責任論は大げさ 中国、トランプ政権に異例の反論
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/07/post-7968.php

※「北朝鮮問題はアメリカにこそ責任」ロシアが反論
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20...続きを読む

Aベストアンサー

①北朝鮮を「分からず屋」の国家にしたのは、アメリカ、中国、
ロシア、韓国、日本、その他・・、どこの国の責任ですか?
  ↑
一番は米国民主党政権ですね。
援助するから核をやめる、という約束なんか
締結した結果がこのざまです。
北は、援助だけ受け、こっそりと核開発を続けました。
あそこの国が約束を守る、なんて信じるのが愚かです。

二番は韓国です。
太陽政策で、分からず屋に拍車を掛け、
北は味を占めたわけです。

三番は日本です。
反日日本人たちが、やれ人権がどうのこうのと
北を援助しました。





②北朝鮮を「分からず屋」の国家から、脱却させる、よい方法はありますか?
   ↑
経済的に締め付けつつ、日本と韓国を核武装
させればよいと思います。
北はかつて偽ドルを製造し、米国の厳しい金融制裁を
受け、悲鳴を上げたことがあります。
あれと同様レベルの制裁をやれば良いです。
かつ、日韓が核武装すれば、北の優位は無くなります。




③北朝鮮は、「アメリカ、中国、日本、ロシア、韓国の5カ国が毎年600億$(6.8兆円)くれるなら核廃棄する」と言っている噂があるようですが、本当でしょうか?
  ↑
本当かもしれませんね。
今までも似たような請求をくり返して来ましたから。



また、お金で解決できるなら、それでOKとしますか?
   ↑
散々騙されてきたのに、まだそんな期待を抱いて
いるのですか。

お金で解決など出来ません。
慰安婦でも判るでしょうが、朝鮮民族は約束など
守りません。
金は取られ、核はもっと高性能化する、
になるだけです。

①北朝鮮を「分からず屋」の国家にしたのは、アメリカ、中国、
ロシア、韓国、日本、その他・・、どこの国の責任ですか?
  ↑
一番は米国民主党政権ですね。
援助するから核をやめる、という約束なんか
締結した結果がこのざまです。
北は、援助だけ受け、こっそりと核開発を続けました。
あそこの国が約束を守る、なんて信じるのが愚かです。

二番は韓国です。
太陽政策で、分からず屋に拍車を掛け、
北は味を占めたわけです。

三番は日本です。
反日日本人たちが、やれ人権がどうのこうのと
北を援助しました...続きを読む

Qなぜ「リベラル=善 であり 保守=悪」なのですか?

新聞やテレビなどを見ているとしばしば「リベラルは正しく善であり、保守は間違いであり悪である」という風に語られています。

一方、私としてはリベラリストたちの様々な主張や行動を見ているととても彼らが褒められた人たちであるようには思えません。
もちろん保守とて素晴らしいとは言えない考え方や人は多く存在しますが、かと言ってまるで手放しでリベラルを称賛している人たちにも共感できません。

なぜ「リベラル=善 であり 保守=悪」なのですか?

Aベストアンサー

リベラルと保守の定義を先にしておきます。
リベラル=自由主義・理性主義
 個人は自由であり、そして理性的に振る舞うもので、その個人の自由を最大限尊重し、自由を尊重するために個人の人権を最大限守るのが社会の役目であり、政府の役割である、とするもの

保守=保守主義
 保守というのは現状の国のあり方や枠組みを保ち、守るから「保守」といいます。基本は「国としてあるべき姿を維持すること」で、国によって保守のあり方も異なりますが、個人の権利よりも「国や社会を維持することを優先する」考えがあります。

市民個人で考えた場合、基本的には「リベラルであるはず」なのです。そうでなければ「自分の権利が守られないから」です。

たとえば戦争をすること、戦争に市民を動員するために徴兵を行うこと、などは「個人の権利を制限」して「国家の維持を優先する」考えですが、一般的なほとんどの市民は「戦争をするかどうか」にも「戦争のために徴兵する」ことにもなかなか関われません。そのために選挙があるわけですが「戦争します」とか「徴兵します」というようなことは、なかなか争点にならないわけです。
 でも、一旦選挙で議員を決め、彼らが国会で「戦争開始」などの法律を賛成して可決すれば、否応なく一般市民は戦争に巻き込まれます。

逆に保守は「エリート層が、いま自分がいる地位が続くことを念頭に社会の枠組みを維持すること」でもあります。
国会議員とか官僚とか、経団連などに入るような大会社の経営者などは、国の枠組みがひっくり返ったら困るので、そうならないように保守になっていきます。

どういう場合がひっくり返るときかというと、たとえばフランス革命でしょう。王族と貴族は処刑されたり、領地や財産を没収されたりして没落し、いきなり生きるための方法を失うわけです。日本の明治維新でも武士たちは廃刀令などでいきなり庶民になり、幕府や藩も無くなったので生活するために必死に働くことになったわけです。

こういう「現在の体制を維持し、それによって利益を得る人」が本来の保守なのです。
だから、戦争だって保守の人(エリートの人)は現地で鉄砲持って突撃したりしません。犠牲になるのはすべてエリートではない多くの市民であるわけです。

だから、本質的に「庶民・一般市民であるならリベラルのはず」で庶民レベルで守ってほしい保守的なことなどそれほどないはず、というのがマスコミの基本スタンスになっているのです。

以上が原則的な「リベラルと保守」の関係です。ここに現実的な問題が入ってきます。

現在の日本の現実では「リベラルなのは年寄り・保守なのは若者」という区分もできつつあります。実際、安倍首相の支持率は20代が群を抜いて高いのも事実です。

これは歴史的な理由があります。
まず年齢が上になればなるほど、太平洋戦争後の反省で「戦争反対」であること、戦争反対ならリベラルになるのは上記で説明した通りです。

また、1960年代から1970年あたりに学生時代を過ごした人は「安保世代」といい、日米安保条約締結により「また日本を戦争に引き戻すつもりか!」と反対した世代でもあり、リベラルな考え方を強く持っています。

その下、バブルぐらいまでに学生だった人は「しらけ世代」といい、政治にあまり関心のない世代だと言われていますが、親が直接的に戦争を経験した世代でもあるので、今の若者に比べれば「戦争反対」の気分は強く保守的な考えは薄いといえます。

次の世代から現在の若者までは「冷戦終結後世代」とでもいえばいいでしょうか。それまであったリベラル=共産主義VS保守=資本主義の対立が無くなり、一気にリベラル派が衰退した時代でもありました。

ではなぜ、リベラル派が衰退したか、というと「共産主義勢力がリベラルを援助していたことがバレタから」です。
共産主義VS資本主義の戦い、つまり米ソ冷戦時代は共産主義国(ソ連や中国)が日本やヨーロッパ諸国などのリベラルを援助していたのは半ば当然の秘密だったのですが、マスコミはそれをほとんど報道しなかったので、詳しくない人は疑問に思っていませんでした。

しかし、冷戦が終わりネットが普及したことで半ば当然の事実を多くの人が知ることになったのです。ネットの普及と旧社会党(現社会民主党)の衰退は奇妙なほど一致しています。

逆に冷戦が終わると日本も国際社会の変動に巻き込まれていきます。最初のトラウマは「1991年の湾岸戦争でのお礼広告に日本の名前が無かったこと」です。湾岸戦争時にアメリカから何度も「自衛隊も現地に派遣してほしい」と要請があったのですが、それを断り金銭的な援助だけだったのが「国際社会に受け入れられなかった」ということです。冷戦時代ならアメリカが助けてくれたのですが、そうではなくなったのです。

このため日本は翌年から自衛隊の海外派遣を始めます。保守側の考えとしては「激動する国際社会の要請と日本の生き残りをかけた」政策だったわけですが、リベラルだった社会党や共産党はこれに反対しました。理由は「日本が戦争をする国になってはいけない」というものですが、段々中国などの影響を知るようになった選挙民からは「日本の軍事力が上がると中国などが困るからだろう」という見方をされるようになり、リベラル政党はどんどん議席を失っていったわけです。

また2002年のワールドカップ以降、多くの日本人に「敵対する韓国」という事実が浸透していきます。これもリベラルとされた政党にとっては大打撃でした。なぜならリベラルは基本的に庶民、それも貧しい人々に支持される政党だったからです。貧しい人々と日本でいえば、基本的には同和関係と在日関係になります。つまりリベラルは共産国から援助を受けていなくても、そもそも土台と支持層が親朝鮮派であり、親共産派だったわけです。

この韓国の問題と共に2002年は北朝鮮の拉致問題も明るみに出ます。共産党や社会党の言っていた「朝鮮のような進んだ政府(リベラルという意味)がそんなことをするはずがない」という主張は完全に崩れ、その後の中国の台頭とも相まって「リベラル=日本の敵国に塩を送る連中」と言うレッテルが強くなっていったのです。

このような社会的な流れの中で見た時に、現在の日本では
・保守=日本の事を考え、日本人が世界で生き残れるようにしてくれる考え
・リベラル=共産主義や民族主義(在日など)を優遇し、日本人が日本で生きにくくする連中
という考え方が主流になってきているといえます。

だから「保守である政権を攻撃し、打倒するような報道をするマスコミはおかしい」ということになっていくわけです。

元々マスコミというのは、社会の木鐸であり、一般的な人々が知ることができない様々な政治や社会の矛盾を暴くものであり、だから「政権と仲良し」というのはありえないのです。

「政権と仲良しはありえない」ということを前提にすると、日本の政治は殆どの期間、自民党が与党で保守が与党です。だから見た目で「マスコミの論調はリベラルが正義のように映る」わけです。

たしかにマスコミの上層部にいる人々は安保時代の人々ですから、そういう部分もあるでしょう。でも1993年の非自民政権の時も、2009年の民主党政権時代もマスコミは相当に政権を叩きました(蓮舫の「2番じゃダメですか」なんて有名でしょう)、リベラルが政権を取ってもマスコミは叩きまくるのは間違いないと思いますが、ほとんどの人はそれを忘れているともいえます。

今の日本は保守に回帰しています。それは間違いありません。ただ、それが悪いことなのか、というと「世界的な尺度から見れば、中立に戻っただけ」ともいえますし、国際社会の変化に対応しているともいえるので、悪いことばかりではありません。

しかし、同時に多くの人が保守化しリベラル側で「弱い庶民を保護する政治団体」が無くなれば、間違いなく一般的な庶民は生活が苦しくなるでしょう。実際に今みんな生活が苦しいのは「弱いものの側」であるリベラル政党に力がないからです。

とはいえ、民進党などに誰も投票したくないのは良く分かります。

こういう中で、マスコミが「政権を批判して、庶民の味方になろう」としてもズレていくわけです。

リベラルが善で保守が悪、ということもないし、その逆もありませんが、時代に気分によって左右されることは知っておいてもいいと思います。

リベラルと保守の定義を先にしておきます。
リベラル=自由主義・理性主義
 個人は自由であり、そして理性的に振る舞うもので、その個人の自由を最大限尊重し、自由を尊重するために個人の人権を最大限守るのが社会の役目であり、政府の役割である、とするもの

保守=保守主義
 保守というのは現状の国のあり方や枠組みを保ち、守るから「保守」といいます。基本は「国としてあるべき姿を維持すること」で、国によって保守のあり方も異なりますが、個人の権利よりも「国や社会を維持することを優先する」考えが...続きを読む

Q何故日本人はアメリカを憎まない? 今日は8月6日、言わずと知れた広島原爆投下の日でNHKではさかんに

何故日本人はアメリカを憎まない?

今日は8月6日、言わずと知れた広島原爆投下の日でNHKではさかんに原爆の被害についての特集番組が放送されています。今も原爆の絵について淡々と紹介がなされています。それを見ていると、今更ながら原爆を落としたアメリカに対する民族としての憎悪が抑え難く湧き上がってきます。これは私だけでしょうか?もちろん憎しみからは何も生まれないのは百も承知ですが、感情とそういった理屈は別物です、皆さんはアメリカが憎くないですか?ちなみにこれは中国が日米の蜜月関係を目の当たりにして一番疑問に思うことなのだそうです。

Aベストアンサー

確かに日本の多数者はアメリカを恨んでないでしょう。
しかし広島、長崎で身内の殺された遺族たちの中には恨んでいる人が沢山いました。
でも今となってはそういった記憶は薄れつつあります。

日本人の多くが戦後アメリカを恨まなくなったのは、アメリカの占領政策が奏功した部分が大きいですね。
戦後食うや食わずの日本人に真摯になって食糧援助、技術援助をしてくれたのもアメリカです。
朝鮮戦争が休止後、日本製品をたくさん買ってくれたのもアメリカです。
どこかの国のように、お客様を恨んでは商売が成り立ちません。

米ソ冷戦で、アメリカの日本の重要性が強くなり、日本に対してそれなりの処遇を与えたことも
影響しているでしょう。

アメリカの原爆投下だけを思うならその根には日本・日本人に対する差別意識がありましたし、今も私は怒りを禁じ得ません。
でも当時戦った世代からその子や孫の世代となるにつれ、アメリカの良い意味での凄さ・強さを肌で感じ
恨むことよりも前向きにアメリカを知ろう、学ぼうという気持ちになったのではないですか?

今でもアメリカでは原爆を正当化する方の意見が多数です。
でもそれは構わないと思います。誰だって自身の過ちは認めたくないですからね。
日本・日本人も過去の悲しい歴史をアメリカにぶつけたところで亡くなった方々がよみがえるわけではありません。
このことで負け戦をすることがいかに大変なことか学んだのではないですか。

原爆はもう怨みの対象ではなく、教訓として後の世代に伝えれば良いのだと思います。

確かに日本の多数者はアメリカを恨んでないでしょう。
しかし広島、長崎で身内の殺された遺族たちの中には恨んでいる人が沢山いました。
でも今となってはそういった記憶は薄れつつあります。

日本人の多くが戦後アメリカを恨まなくなったのは、アメリカの占領政策が奏功した部分が大きいですね。
戦後食うや食わずの日本人に真摯になって食糧援助、技術援助をしてくれたのもアメリカです。
朝鮮戦争が休止後、日本製品をたくさん買ってくれたのもアメリカです。
どこかの国のように、お客様を恨んでは商売が成り...続きを読む

Q韓国民は日本が少女を強制的に性奴隷にしたと本当に信じているのでしょうか? それが本当なら、あまりに民

韓国民は日本が少女を強制的に性奴隷にしたと本当に信じているのでしょうか?
それが本当なら、あまりに民度が低すぎます。アフリカ、アマゾンのジャンルに暮らす猿並みで、考えられません。付けるクスリ、売ってませんか?

Aベストアンサー

反日は一種の宗教になっていますから信仰心と同じです。
信念のかたまりのような人もいますし、
懐疑的な人もいますし、
冷めた人もいます。
理性のある人はとっくにおかしいと気付いています。
どちらかと言うと宗教心は女性に強いです。
慰安婦は女性の問題だから若い女性が強く関心を持っています。
慰安婦像の周りを若い女性たちが囲んでいるのもそういうことでしょう。

戦争に行ったのはわたしたちのお爺さんでありお父さんです。
私たちと同じ倫理観を持った人たちです。
私たちが普通の人間でお父さんやお爺さんが極悪人だったということでしょうか?
そんなわけがありません。私たちはお父さんに教えられて育ちました。

はっきり言えるのは、
韓国人は日本に対する嫉妬心がものすごく強いこと。
とくにアメリカの韓国人がそうです。
韓国国内では韓国人ばかりですからあまり嫉妬する必要がない。
アメリカでは日本人と韓国人との評価の差が大きい。とても大きい。
たとえば寿司屋。アメリカ全土にあります。
コリアンフーズはどうでしょう?
韓国人は本当は韓国料理屋を開けたい。でもそれではやっていけない。
しかたないので日本人のふりをして寿司屋を営んでいるんですよ。
コンプレックスは強烈だと思います。
このコンプレックスがあるからこそアメリカで慰安婦像を建てて日本人の評価を落として慰めているんです。
悲しい性の国民です。
韓国人に生まれなくて良かったです。

反日は一種の宗教になっていますから信仰心と同じです。
信念のかたまりのような人もいますし、
懐疑的な人もいますし、
冷めた人もいます。
理性のある人はとっくにおかしいと気付いています。
どちらかと言うと宗教心は女性に強いです。
慰安婦は女性の問題だから若い女性が強く関心を持っています。
慰安婦像の周りを若い女性たちが囲んでいるのもそういうことでしょう。

戦争に行ったのはわたしたちのお爺さんでありお父さんです。
私たちと同じ倫理観を持った人たちです。
私たちが普通の人間でお父さんやお...続きを読む

Qアメリカは原爆を落としていいのに実験だけの北朝鮮はダメな理由

ミサイル発射実験が許せないと被爆者の方がニュースで言ってたのを見て思いました
アメリカが広島を地獄絵図に変える権利がある一方で
北朝鮮には自衛のための訓練すら認められない理由は何でしょう

Aベストアンサー

あなたのご質問の内容は、まさに、これから人類が解決していかなくてはいけない問題です。

今の核保有国は、第二次世界大戦で戦争に勝った五大国と、その国々以外核を持つことを禁止したNPT(核拡散防止条約)を批准していないいくつかの国々です。
戦争に勝ったからといって核を持っていい根拠にはなりませんし、世界の警察的役割を担う根拠にはならないでしょう。
拒否権の件も含め、今の国連は世界の国々を調整するのに正しい構造をしているとは言えません。

本来ならば、国連に代わる世界政府のようなものを作り、大国も小国も等しく統治に参加する権利が認められ、核を含めた軍隊は世界政府の名のもとに運用されるというような仕組みが、もう21世紀なんですから人類にはあってしかるべきと思いますね。

国が自分の利益を図ることは大いに結構ですが、他国との関係で軍事力の影をちらつかせながら交渉に当たるというのは野蛮です。経済と軍隊ははっきりと切り離し、国の利益を図るために軍隊を置くのはいけないでしょう。

Q9条教の人の思考が分かりません

先日、いわゆる9条教の人と議論する機会がありました。

その人の主張をまとめると
◆改憲したら自衛隊は「人殺し集団になる」
◆他国に恨みを買い余計な危険を招かないために、「自衛隊は他国の戦争に行くべきでは

ない」
◆竹島が取られても、日本人が拉致されても、テロに巻き込まれても、海洋資源を奪われ

ても「本土が無事な限り日本は平和」
◆アメリカの言いなりは屈辱だが「自主防衛に力を入れるなど自立する必要は一切無い」
◆これからの時代は「軍事同盟など他国の信頼によって平和が守られる」
という感じでした。

議論の中でその人が
「今の改憲の動きはアメリカが自民党に圧力をかけてきたからだ。アメリカは日本に戦争させたいんだ」
と言うので
「だとしたら改憲したほうが良くないですか?あなたは軍事同盟などの信頼が大事だと言いました。
ということは改憲に反対してアメリカの意に沿わなかった場合、その信頼は揺らぐ事にならないか?」
と聞いてみました。

するとその人は
「いや安倍総理がトランプタワーに行ってアメリカ様に媚を売ってるから大丈夫だ」
と言ってきました。
私はその発言の前に
「『日本のために死んでくれ。まぁお前がピンチの時は金だけ出すからさ』自分がアメリカだったら、こんな国を自国の兵士を危険に晒してまで守ろうとは思いません」
と突っ込んでいたのですが、見事にスルー。
媚を売るだけでアメリカ軍が本気で安全を担保してくれると考えているようでした。

とにかくその人は
「自衛隊がある」「安保がある」「米軍がある」「9条がある」
だから日本は今のままで平和だという考えでした。

他にも会話の中身として
私「既に日本人がテロで死んでいる」
彼「ほっとけばいいんじゃない?身内が殺されたわけでもないし、自分には関係ない」

私「攻めなければ攻められないというのはあまりにも楽観的かと」
彼「いや自衛隊はイスラム教徒を殺していない。だから今の日本はテロ攻撃を受けてないんだ!手を出さない限り、向こうも手を出してこない!」

私「拉致問題や竹島、海洋資源が略取されているが、これで本当に守れていると言えるのか?あと何があれば反撃していいと考えられるようになるのか?」
彼「当然ながら、日本の領土が攻撃された時」

私「北朝鮮がミサイルを飛ばしているが、あれは現状が危険である事にはならないか」
彼「騒ぎすぎ。子犬がちょっとじゃれて噛み付いただけで大騒ぎ。冷静に判断する能力があなたには無い」

私「それでは日本人が殺されてからでしか動けないじゃないか」
彼「防衛システムやイージス艦があるから、日本人は殺されない。防衛後動けばいい」
(ミサイルの事しか頭に無く、無差別テロが起きた場合についてはスルー)
と、全く議論にならず。

最終的に私が
「日本の国債貢献度が世界最下位。そんな国を本当に他国が守ってくれるのか」
「仮に韓国の原発が攻撃されたらどうするか。そうなったら手遅れ」
「改憲しなければ自衛隊が『違憲』という議論を残してしまう」
「日本人が殺されている時点で、既に我慢の最終ラインは越えている」
「日本は今でもISの標的国になっている」
「日本を守っているのは憲法9条ではなく自衛隊と米軍だ」
「抑止力と言うなら『やる時はやる』と示したほうが、より効果的じゃないか」
「すでに多くの日本人が殺されている」

と突っ込んでも、

「安倍政権は国防軍を作って戦争をしようとしている!」
「イスラム教徒を殺せば日本のショッピングモールが爆発するかもしれない!」
「日本は自立する必要は無い!アメリカは世界最強の軍隊なんだから守ってもらえばいい!」
「改憲すれば自衛隊は殺人集団になる!」
「テロリストの要求なんか全部呑めばいい!それが平和だ!」
「お前は何も理解できていない!単にTVの影響を受けた愚か者だ!」
「そんなに言うならお前が北朝鮮に乗り込んで来い!ネットで爆弾の作りかたでも調べて行ってこい!」
「日本人が殺されたから報復しようとするのは幕末の過激思想に取り付かれた志士と同じ!冷静さは無い!」
「お前はネットで吼えるだけ。実際に自分がISと戦う気も無いだろ!」
「お前の意見は的外れで論理破綻してるし矛盾してるし、発言に一貫性がない!」
「お前と僕はレベルが違う!ただ反論ばかりして議論にならん!」
「改憲はさせない!でもテロが起きたら政府のせいだ!」
「9条で日本は守られている!それがわからないお前はただのバカ!」

と切れる始末。

とても長くなってしまいましたが、
やはり私は彼の主張が納得できません。

平和平和と念仏を唱えても、平和にはならないと思うのです。

他国を攻撃しないから自国が攻撃されないという保障はありません。
「やる時はやる」という姿勢を見せなければ、日本は永遠に舐められたままです。

普通に世界を見ていれば、今の日本が平和とは言えないと思います。
北朝鮮のミサイル、中国の領海・領空侵犯、ISのリストとアジアへの浸出などなど。
どう考えても、まともな状態ではありません。

そこで質問です。

『どうして9条教の人はあそこまで楽観的平和思想になってしまうのでしょうか?』

先日、いわゆる9条教の人と議論する機会がありました。

その人の主張をまとめると
◆改憲したら自衛隊は「人殺し集団になる」
◆他国に恨みを買い余計な危険を招かないために、「自衛隊は他国の戦争に行くべきでは

ない」
◆竹島が取られても、日本人が拉致されても、テロに巻き込まれても、海洋資源を奪われ

ても「本土が無事な限り日本は平和」
◆アメリカの言いなりは屈辱だが「自主防衛に力を入れるなど自立する必要は一切無い」
◆これからの時代は「軍事同盟など他国の信頼によって平和が守られる...続きを読む

Aベストアンサー

ちょっと、視点を変えてみましょう。「外国に9条があった場合、日本のような9条教ができるかどうか」です。

ま、そもそも外国で9条と同等の条文が憲法に入ること自体がほとんどあり得ないので、9条教もありえない、といえるのですが、じゃあなぜ「外国では9条もありえないし、9条教もありえないのか」ということを考えていきます。

理由は簡単で「自分の国の憲法に9条を入れても、近隣諸国はそれを尊重してくれるとは限らないから」でしょう。では、なぜそう思うかというと「今までの歴史の中で、隣国から攻め込まれたり、逆に自国が相手の弱みに付け込んで占領したりした歴史をもっているから」です。

つまり、日本人以外は自国の歴史と実際に存在する国境線を意識しているので「私の国がどれほど平和を願っても、隣国が攻めて来たら意味がない」ということを肌で感じているからです。さらに言えば「今の政府だって、隣国に協力して国民をうらぎるかもしれないし、特に少数民族は迫害されるかもしれない。また隣国がうちの国を乗っ取れば、土地も財産も奪われてしまう」という意識もあります。ですから「政府そのものを信用できるかどうか」も問題になるわけです。

日本は逆です。日本は太平洋戦争敗戦後のGHQの占領期を除けば
・外国と本当の意味で戦ったことはない
・日本の政府の根本が変化したことはない
といえるでしょう。

つまり、普通に日本に住んで居て、日本人として経験できる「リアル」から言えば「政府はどの国の政府でも信頼できるはずだし、政府が『戦争を望まない』といえば、他国もそれを尊重してくれるはずだ」ということになりえる、といえます。

ここが9条教の深層心理としての「原点」です。

また、面白いことに日本は「武装解除の国」なんですね。実際に何度も武装解除を行っているのは日本だけ、じゃないでしょうか。

たとえば刀狩、戦国時代は兵農未分離で農民も武装していました。日本の農家は自前の土地や財産を持っていましたので、他人に土地などを奪われないように、そして戦国時代は行政も機能不全でしたので、農家も武装している必要があったわけです。ところが、秀吉が天下統一をすると、農民は刀を放棄します。それは「天下人がちゃんと庶民の暮らしまで、安心安全を担保してくれる」という信頼があったからです。

お分かりだと思いますが、諸外国では「政府すら信用できない」わけですから、可能な限り武装を解くことはしませんし、武装できないなら、いつでも逃げれるように財産を身に着けている、ことになります。インドなどで女性が金の腕輪をたくさんつけているのは「いつでもすぐに財産を持って逃げられる」ようにしているからです。

日本は違いますよね。財産は奪われないし、土地だって理不尽に奪われたことがありません。それは時代時代の政府が天皇の勅許を必要とし、あくまでも「天皇の土地に政府を運営するだけの立場」だったからです。

ですから、たとえば「軍事同盟など他国の信頼によって平和が守られる」なんてことを本気で言い出すわけです。「他国の政府も日本同様に信頼できる。少なくとも米国は信頼に値するだろう」ということと「私たちを守ってくれる『政府』は日本政府じゃなくても信頼がおけるならいいだろう」と考えてしまうわけで素。

 日本人にはそもそも「外国と戦争する」と言う言葉の意味が理解できていないし「自分の同胞が血を流して、やっと自分たちの国を守ってきた。これからも守る」という価値観はまったく考えもつかないのです。

それでも、これだけネットなどが発達し、外国の情報も入るようになってきているわけですから、危機感を持つ人も出てきます。右翼の方に厳しい言い方をすれば「やはり日本人なので、ピントがずれた危機感の方も多い」とはいえます。

いずれにしても9条教の人は「そもそも外国がなぜ戦争をするのか理解できない。そのような価値観を経験していない」ということです。日本の歴史的な価値観からすれば、9条教の言っていることも理解はできます(理解はできますが、正しいとは思いませんよ。念のため)

ちょっと、視点を変えてみましょう。「外国に9条があった場合、日本のような9条教ができるかどうか」です。

ま、そもそも外国で9条と同等の条文が憲法に入ること自体がほとんどあり得ないので、9条教もありえない、といえるのですが、じゃあなぜ「外国では9条もありえないし、9条教もありえないのか」ということを考えていきます。

理由は簡単で「自分の国の憲法に9条を入れても、近隣諸国はそれを尊重してくれるとは限らないから」でしょう。では、なぜそう思うかというと「今までの歴史の中で、隣国から攻め込...続きを読む


人気Q&Aランキング