会社の近くにいい物件を発見しました
しかし築20年と少し経っています


新築でそこに建てようものなら木造でも+1000万はかかり、狭くなるでしょう

しかし築年数と中古ということが気になります


そこで質問です

中古物件のメリットて何ですか?

A 回答 (4件)

メリットは値段が安いこと。


リフォームされていればなお良い。

デメリット
屋根がカラーベストの場合は、近々手入れが必要な時期
水回り(トイレ、風呂、台所)、配管のチェックが必要

何とも言えない事
建築基準は昔より厳しくなっているが耐震等級1の場合は、今も昔もきちんと構造計算しているかわからない、何故なら構造計算書の提出が義務付けられていないから。
因みに、パソコンだと自動で計算してくれるので小さい工務店だとどこまで理解してやってるか不安です。

新築でも中古でも住宅診断士の意見を聴くのがベターだと個人的には思う。
    • good
    • 0

土地代が主で建物の値段がほぼ無い


建築基準が建てた当時のものなので規制が今よりゆるい建物が多い
新築では作れない建物が、中古の改築なら可能だったりする
    • good
    • 0

安い。

木造20年越えでは本来建物は価値なしなのですが、
なぜかいくらかのっ固定資産税を払い続けることになってます。
それがおいておいて、「狭くなるでしょう」というのが問題です。
現在建築基準に合わせると、センター(AKB48のセンターここではは関係ないです)
から2m後退ですよね。
近隣のブーイングを無視すれば改築ならあなたが死ぬまでは間違いなく
建物と道路は確保できます。
メリットはそれだけ、ただ新築すれば近隣から英雄扱いされるかも。
(逆に古い町並み保存部隊からは消防がなんだ救急車がそんなに大事かお前はあほかと非難されるかも)
    • good
    • 0

> 新築でそこに建てようものなら木造でも+1000万はかかり、狭くなるでしょう


これが中古のメリットでしょ。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング