ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

昭和34年生まれです
国民年金と厚生年金と両方加入して国民年金の方が多く掛けてます
全額免除の期間もありましたが25年以上は払ってます
年金事務所から葉書が届き400月年金加入月、受給資格期間も400月になってます
61歳から年金貰えるんでしょうか?
葉書では61歳から66690円で65歳から老齢基礎年金602469円でしたがいくら位貰えるんでしょうか?

A 回答 (3件)

> 葉書では61歳から66690円で65歳から老齢基礎年金602469円でしたがいくら位貰えるんでしょうか?



日本年金機構から毎年誕生月に届く通知に示された支給開始年齢と支給額が「正」です。
昭和34年(1959年)生まれの場合、女性でしたら61歳から老齢厚生年金の報酬比例部分の支給を受けることが出来ます。
同年生まれの男性の場合の老齢厚生年金の報酬比例部分の支給開始は63歳からとなっています。

日本年金機構の公式Webサイトにある以下のページからリンクされているPDFファイルに生まれ年、男女ごとの支給開始年齢がまとめられています。
ページ中の「関連リンク」のところです。

http://www.nenkin.go.jp/yougo/kagyo/kounen-kaish …

参考まで。
    • good
    • 5

昭和34年生まれの女性であれば、61歳から年金を受給できます。


http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenk …

61歳から「特別支給の老齢厚生年金」、65歳からは正規の「老齢厚生年金」と「老齢基礎年金」の両方を受給できます。
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenk …

ご質問文からは、以下のようになるということです。
・61歳~64歳:66,690円(年額)
・65歳以降:66,690円+602,469円(いずれも年額)

実際には、上記の年額の6分の1の額が、偶数月ごとに原則15日に振り込まれます。賃金・物価の変動により、毎年支給額は見直されますので、年金額は多少変わる可能性はありますが。
「昭和34年生まれです 国民年金と厚生年金」の回答画像2
    • good
    • 4

一般論で申しあげますね。


以下の要件をすべて満たすとき、60歳以上65歳未満の間に特例的に受けられる「特別支給の老齢厚生年金」というものがあります。

◯ 昭和36年4月1日までに生まれた男性である 又は 昭和41年4月1日までに生まれた女性である
◯ 老齢基礎年金の受給資格期間(平成28年8月以降、25年→10年に法改正済)を満たしている
◯ 厚生年金保険の被保険者期間が1年以上ある
◯ 受け取ろうとするときに60歳以上である

報酬比例部分(65歳以降の「(本来の)老齢厚生年金」に相当)と定額部分(65歳以降の「老齢基礎年金」に相当)から成り立っています。
ただし、男性では昭和24年4月2日以降生まれ、女性では昭和29年4月2日以降生まれの人には、定額部分がありません。

昭和33年4月2日から昭和35年4月1日までに生まれた女性のときは、61歳から、特別支給の老齢厚生年金の報酬比例部分を受け取れます。
(昭和28年4月2日から昭和30年4月1日までに生まれた男性のときも、同様です)

昭和34年生まれ、と一口に言っても、男性の場合には、昭和32年4月2日から昭和34年4月1日までの生まれのときは63歳、昭和34年4月2日から昭和36年4月1日までの生まれのときは64歳にならないと、それぞれ報酬比例部分を受け取れません。
したがって、ご質問者さまは、昭和33年4月2日から昭和35年4月1日までに生まれた女性ということで良いでしょうか?

61歳からの 66,690 円とは、特別支給の老齢厚生年金の報酬比例部分を指しているものと思います。
1年あたりの額です。1か月あたりの額ではありません。
66,690 円を1か月あたりに平均すると、月 5,500 円余ということになります。
61歳からは、この「特別支給の老齢厚生年金の報酬比例部分」のみを受け取れます(65歳を迎えたとたんに、支給は終了します。そういう特別な性格を持っています。)。

一方、602,469 円という額が老齢基礎年金(65歳以降の老齢基礎年金)のみの額であるとすると、この金額は満額の老齢基礎年金 779,300 円(480月)に比例した額になっています。
月数(国民年金[国民年金1号・3号]+厚生年金保険[国民年金2号]の月数)に比例した額になっているわけですね。
1年あたりの額です。月平均にすると、月 50,205 円余です。
ちなみに、全額免除を受けた月については、平成21年3月分までは国民年金保険料を納付したときの3分の1として、4月分以降は同じく2分の1としてそれぞれ計算されています。
65歳以降については、この老齢基礎年金に(本来の)老齢厚生年金が加わり、両者を合わせた額を受け取れることになります。

以上です。
ご質問で書かれた範囲の中で推測した、という回答内容ですから、あくまでも参考にとどめておいて下さい。
(詳しくは述べませんが、必要とされるべき情報が、ご質問の中にいくつか書かれていなかったためです。)

ここまでの私の説明は誤りはないものとは思いますが、万一誤りがあったときには、ほかのどなたかが答えて下さると思います。
かなりややこしい部分も多いですから、できるだけ年金事務所からあらためて詳細な説明を受けていただいたほうが良いでしょう。
    • good
    • 3

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国民年金保険料は60歳の誕生日の月は納めなくていいですか?

国民年金保険料は60歳まで納めるということですが。
60歳の誕生日の月は納めなくていいのですか?
納付方法(10月分を10月に納めるという方法と10月分を9月に納める方法)で違うと思いますが。

Aベストアンサー

国民年金の支払いは、20歳に達した日(誕生日の前日)の属する月から、60歳に達する日(60歳の前日)の属する月の前月までです。
60歳に達する日を喪失日といいます、#1の回答の方はまちがっています。

また、上記は表現がややこしいのですが、たとえば、5月1日生まれの人は、
前日が4月30日なので、20歳は4月分から年金支払います、60歳に達する日は、4月30日の属する月の前月までなので、3月までの支払いとなります。
(1日生まれの人だけが、理屈が少しわかりにくいかもわかりませんが、結果40年ちょうど納める計算となります。)
また、5月31日生まれの人は、20歳は5月分から、60歳に達する日は5月30日なので前月4月分までの支払いとなります。

御質問の誕生月は支払あるなしかといわれれば、なしですが、上記1日生まれの場合は前月までではなく前前月まででよいこととなります。

Q昭和34年生で特別厚生年金を61歳から受給しますが、結婚前7年勤務しました。 現在59歳で年収155

昭和34年生で特別厚生年金を61歳から受給しますが、結婚前7年勤務しました。
現在59歳で年収155万位、65歳まで厚生年金加入さますが、損か得かわからない。

Aベストアンサー

>損か得かわからない。
それは、得じゃないですか?

計算してみますと…

厚生年金保険料は、年収から言うと、
11,529円か12,261円あたりですか?
(通勤手当等で変わります。)

標準報酬月額は
126,000円か134,000円
ということになります。

5年でいくら加算になるか、計算しますと。

126,000×5.481÷1000×60ヶ月
=41,436
となり、
65歳から加算される厚生年金は
★約41,400/年
となります。

払う保険料は、5年総額で、
11,529円×60ヶ月=691,740
となりますから、
厚生年金の加算分だけでみると、
約17年で元が取れるとなります。

因みに老齢基礎年金はどうなって
いますか?
60歳で40年満額になりますか?
私と同世代なので、学生時代は
任意加入で加入していなかった
ことも考えられます。

その場合、60歳以降の厚生年金
加入で、未加入時期の不足分も
加算されることになります。
『経過的加算』と言います。

この部分は未知数ですね。

年金トータルで言うと、
10年程度の受給で
元がとれるとは思いますけね。

どうでしょうか?

>損か得かわからない。
それは、得じゃないですか?

計算してみますと…

厚生年金保険料は、年収から言うと、
11,529円か12,261円あたりですか?
(通勤手当等で変わります。)

標準報酬月額は
126,000円か134,000円
ということになります。

5年でいくら加算になるか、計算しますと。

126,000×5.481÷1000×60ヶ月
=41,436
となり、
65歳から加算される厚生年金は
★約41,400/年
となります。

払う保険料は、5年総額で、
11,529円×60ヶ月=691,740
となりますから、
厚生年金の加算分だけでみると、
約17年で元が...続きを読む

Q人生60年・60歳を過ぎての生き方

昔、織田信長は人生50年と言っていましたが、今の時代、人生60年という方が多いです。

やしきたかじんさんも60歳で死にたいと言っていた(でも実際その歳になると、好きな女性ができもう少し生きたいと願っていたらしいが)。マツコデラックスさんも60歳を節目にした発言をしている。

60歳ってどういう年齢なのでしょうか?60歳までにやっておいた方が良いことを調べても、60歳以上の人の生きがいを見てもピンときません。自殺する人も60歳以上で急増します。

定年延長されても希望する職でなければ生きがいが無くなり、起業するにしても体力落ち根気があるかどうか、ボランティアと言っても自分の会社生活で培った技術を活かせるところは自分の会社でないと求めてくれそうにないし、旅行三昧したところで虚しさが募るだけに感じます。

自分の会社では管理職は55歳で役職者定年で、その後は自力で見つけるか関連会社で過ごすことになります。現在40代後半でまだ60歳までには時間がありますが、みなさんのご意見お聞かせください。

Aベストアンサー

昨日の「おしトピ」で話題になっていましたが、
生活保護を受けて29万円/月 支給額でも足らないという家庭が有るそうです。
母親と 中学生 小学生の3人家族 当然、税の優遇を受けて引かれるものは1円もない。

私ら年金を満額貰っていても夫婦で25万円
お金を使わない趣味を探して何とやっていますが・・・

若い人が汗水流して働いてお給料の半分近く差し引かれる現状。
私の現役の頃でも10万円以上 ・・・引かれていた記憶が・・・ある。
そして消費税で 手に入ったお金から又1割のお金が消えて行く。

「安楽死」を選べることが出来るのなら、
若い世代に「負の遺産をこれ以上背負わせ無い政策」を日本のある県で実践すれば、そこに移住してそれを選ぶことが出来るのではないか?「死」への自由もあってよいと思います。

考えてみれば 「胃癌」も摘出した、「高血圧症」で有る 「前立腺肥大症」も手術した、親の遺伝でもあるかも判らないがパーキンソン病の症状すら見え始めた。

その昔で有れば此の世に居ないはずの人間である私が、未だ薬で生かされている現状。
それに甘えて生きて行くことに対して、子や孫に申し訳ない気さえ起ります。

「男の子で無くなった今」、「長い道のりを歩いて来たたものだ」 と、つくづく思う70歳男子です。

昨日の「おしトピ」で話題になっていましたが、
生活保護を受けて29万円/月 支給額でも足らないという家庭が有るそうです。
母親と 中学生 小学生の3人家族 当然、税の優遇を受けて引かれるものは1円もない。

私ら年金を満額貰っていても夫婦で25万円
お金を使わない趣味を探して何とやっていますが・・・

若い人が汗水流して働いてお給料の半分近く差し引かれる現状。
私の現役の頃でも10万円以上 ・・・引かれていた記憶が・・・ある。
そして消費税で 手に入ったお金から又1割のお金が消えて...続きを読む

Q44年の特例で定年後満額の厚生年金はもらえるのですが、再雇用しようと思

44年の特例で定年後満額の厚生年金はもらえるのですが、再雇用しようと思っています。
再雇用すると月160,000円でボーナス年間600,000円で、年間2,520,000となります。

再就職すると失業保険から月20,000円ぐらいもらえると聞きました。
厚生年金は年間2,088,000円の見込額です。月174,000です。
再就職すると厚生年金がひかれると聞きます。
年間給与所得2,520,000円月210,000のとき。
再雇用した場合、厚生年金額はだいたいどのくらい支給されるのでしようか?
再雇用した場合のおよその収入を知りたいのでよろしくお願いします。
再雇用を1年でやめた場合44年の特例はそのまま継続されるのでしようか。
再雇用の参考にしたいのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

フルタイムやそれに近い勤務形態の非常勤で再雇用された場合、
厚生年金に加入する義務があります。
なお、厚生年金に加入している間は、44年の特例は受けられません。
厚生年金は普通の人と同じ、報酬比例部分だけの支給になります。
あとでさかのぼって特例分の差額が支給されることもありません。
在職老齢年金で年金月額と直近1年間に受けた賞与の1ヶ月分と給与の
総合計が28万円を超えれば支給がカットされたりします。

厚生年金に入らなくて済む程度の勤務時間や勤務日数で働かないと
44年の特例は受けられないことにご注意ください。

Q厚生年金、受給開始で最初の受取は誕生日の何日後?

厚生年金の報酬比例部分は段階的に65歳支給になる事が決まってます。

所でこの年金ですが仮に満61歳から貰える人が、61歳の誕生日が過ぎて、
1回目の年金が口座に振り込まれるのは、最短で誕生日の何日後でしょうか?

勿論、其れまでに必要な手続きを全て遅滞なく行ったとして・・・

直近の支給日(隔月の支給の様ですが)に間に合いますか?

年金にお詳しい社労士の方とかに解説頂ければ嬉しいです。

Aベストアンサー

No4です。

>受給権?は誕生月の翌月からだそうですね。
正確には受給権が得られるのは受給年齢に達する誕生日の前日です。法では誕生日の前日に年齢が増えるので、本当は誕生日というより年齢が達した日が正確です。
そして年金は受給権を得た月の翌月分から支給になるのです。例外的に誕生日が1日ですとその前月の末日に受給権が得られますから、誕生日のある月の分から支給になるという場合もあります。
それが、処理などの遅れで実際に手に入れることができるのは3か月くらい後になるのです。

「飛ばされる」というのはまずないと思いますが、現実にそういうことがあるかどうかは知りません。

Q厚生年金の44年加入特例についてです! 主人が高卒から厚生年金に加入しており、63歳になったら特例が

厚生年金の44年加入特例についてです!
主人が高卒から厚生年金に加入しており、63歳になったら特例が適用されるようですが、仮に63歳で退職したらどのように年金を受け取る形になるのでしょうか?
通常であれば65歳で定年した時点で、すぐ年金を受け取るのか70歳から受給するかを選択することによって受給額も変わってくるようですが、実際63歳で退職しても微々たる金額になるのでしょうか??
生涯の平均年収は概ね500-600万です。

検索してもよく分からないのでどなたか教えて下さいm(__)m

Aベストアンサー

長期加入者特例の件ですよね?

ご主人が何年何月生まれかが、
重要なポイントです!
下記の年金開始年齢の一覧で、どれに
あたるかです。
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/jukyu-yoken/20150401-03.files/kaishi.pdf

44年の長期加入者特例を満たしていれば、
報酬比例部分の受取りにプラス、定額部分
も受給でき、
★65歳の受給額に近い受給額が受取れます。

現在の状況として想定されるのは、現役で
働き、厚生年金に加入となっているため、
その特例を受けられない状況であったり、
在職老齢年金の制約を受けて、報酬比例部分
が受給停止となっている可能性が高いです。

つまり、退職すれば、65歳からの年金受給と
同等の年金が受給額がすぐに受け取れる
可能性が高いです。

年収から言って、推定200万近い受給額が
ありますよ!
それが63歳から受給できますから、
検討の余地はあると思います。

ご質問にある、70歳からの繰下げ受給を
する場合は、この特例は受けられません。
はっきり言えば、損をします。

年金事務所へ行き、長期加入者特例が
いつからとなるか、受給額はいくらか等
相談されて下さい。

参考
在職老齢年金
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/zaishoku/index.html

長期加入者特例について
http://hokenstory.com/kosei-nenkin-44/

長期加入者特例の件ですよね?

ご主人が何年何月生まれかが、
重要なポイントです!
下記の年金開始年齢の一覧で、どれに
あたるかです。
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/jukyu-yoken/20150401-03.files/kaishi.pdf

44年の長期加入者特例を満たしていれば、
報酬比例部分の受取りにプラス、定額部分
も受給でき、
★65歳の受給額に近い受給額が受取れます。

現在の状況として想定されるのは、現役で
働き、厚生年金に加入となっているため、
その特例を受けられない状況であったり、
在職...続きを読む

Q65歳以上失業保険と厚生年金同時にもらえますか

失業保険がもらえるのでしょうか?
減竿65歳ですでに年金をもらいながらパートで働いています4月の契約更新で更新が出来ないと言われました。
65歳までは失業保険をもらうと年金が停止されるとの事ですが65歳以上でも同じでしょうか?
そして半年ほど前から失業保険料が給与より引かれていません、厚生年金は引かれています。

Aベストアンサー

・65才以上で退職された場合は、失業給付は受給できませんが
 高年齢求職者給付金が一時金として支給されます
 その場合、老齢厚生年金は通常通り支給されます
・高年齢求職者給付金の支給については、下記を参照して下さい
http://tt110.net/13koyou2/P2-kourei-kyuusyoku.htm

Q60歳の女性・日中の過ごし方は?

今年で60歳になります。
趣味が水泳で毎日泳ぎに行っていますが、それ以外にも楽しみがほしいです。

息子は結婚して、滅多に帰ってきません。ここ3年は顔を見ていません。

お金をかけずに、楽しく過ごすには、何かいい案ありますでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは・・

最初からお金をかけずとか限定してしまいますと、選択の幅が狭まります。

本当にやりたいことでなければ、結局は手は付けたけど3日坊主にもなりかねません。

20代あるいは10代でも良いですし、30代にも拘りませんが、何かやってみたかった事ってありませんでしたか?

私は61歳になりましたが、30代の頃受験した資格に再チャレンジしています。
様々な理由で挫折したのですが、やはり挫折したままで終わるのは悔しいと思い一念発起です・・・
発表まで後3週間ほどですが、自己採点では合格しています。
2年の予定が3年かかってしまいましたが・・・
その様な事も選択肢にありませんか?

まだ60歳は若いです・・・
出来る事は沢山あります・・・

ボランティアの様なものも沢山ありますよ・・・
人のお役に立てて、しかも元気をもらえたりします。

人のためは自分のため!!

Q昭和35年生まれの今年58歳です。 公務員で54歳で、定年し、現在第2の仕事中です。 年金が支給され

昭和35年生まれの今年58歳です。
公務員で54歳で、定年し、現在第2の仕事中です。
年金が支給されるまでは、今の会社で働くつもりです。
公務員時代の年金が、64歳からですが、厚生年金は何歳からもらえますか?
また、幾らぐらいもらえますか?
わかったら教えてください。

Aベストアンサー

何歳からは、No1、3さんの回答の通りです。
幾らに関しては、59歳になった頃に予定額の通知が年金機構から来ると思います。
年金積み立ては、60歳までは義務ですが延長して積み立てする事も可能であり、
これをしたかしなかったかで年金額が変わります。
 年金積み立て:預貯金のようなもので、多くの大手企業にお勤めの場合は
           約1.5%程度の利息が付く預貯金と思えば良いです。

一般の大手企業なら、退職前にその時点での予定支給額を教えてくれるのですが、
公務員にはそういった制度は無いのでしょうかね?

Q65歳以上で年金をもらいながら働いている義父について

タイトルどおり、義父について、質問いたします。
義父は、現在69歳。60歳で定年を迎え、その後再雇用継続で、厚生年金を払いながら同じ職場で勤務しております。65才からは、厚生年金(65歳まで納めた分)をもらいながらなのですが、その後も引き続き厚生年金を払っている状態です。この場合、65歳以降支払った厚生年金はどのような形で返ってくるのでしょうか。それとも、返ってこないものなのでしょうか。年金の仕組みがよくわからないので、構造的に解き明かしていただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

65歳の誕生日になった月に、お父さん宛に社会保険庁から
「名前を書いて、誕生月末日までに社保庁あてに必着で出して」
というハガキを書いて出した後で、60歳から65歳までに掛けた
厚生年金の分をそれ以前に加入した分と足し合わせて、年金額の
再計算をやります。基本は65歳から70歳まではこの計算で出した
金額で支給されます。
 では、65歳以降に加入した厚生年金の分はいつもらえるのか。
これは、70歳前に厚生年金を脱退すれば、脱退した翌月の分から
65歳以降に加入した分を今まで加入した分に足して年金額を再計算し、支給を受けられるようになります。
 厚生年金は70歳までしか加入できないので、在職したまま70歳を迎えれば、厚生年金の脱退届をそこで会社から出してもらい、70歳に達した月の翌月分から、65歳以降に加入した厚生年金の分が年金の受給額に
含まれてくることになります。
 ただし、70歳以降も引き続き在職する場合は、在職による年金額の減額や支給差し止めが続く場合がありますのでご注意を。一般的には厚生年金の月額と月給・ボーナスを12等分した額が48万円を超えた場合に年金減額の対象になります。

65歳の誕生日になった月に、お父さん宛に社会保険庁から
「名前を書いて、誕生月末日までに社保庁あてに必着で出して」
というハガキを書いて出した後で、60歳から65歳までに掛けた
厚生年金の分をそれ以前に加入した分と足し合わせて、年金額の
再計算をやります。基本は65歳から70歳まではこの計算で出した
金額で支給されます。
 では、65歳以降に加入した厚生年金の分はいつもらえるのか。
これは、70歳前に厚生年金を脱退すれば、脱退した翌月の分から
65歳以降に加入した分を今まで加入した分に足...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング