人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

重視、重要視の違いはなんでしょうか

A 回答 (2件)

重要の要、要る(いる)。


一番のポイントはどこか→重視、視るだけ。
重要視→必要と判断して扱う、視るの意味が単なる視線を送るだけではありません
    • good
    • 0

重視のほうが軽いつかわれかたしますよね



「見た目重視」とか「味よりインスタ映え重視」とかいっても
重要視に言い換えると堅苦しくて違和感がある
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「観点」と「視点」の使い分け

「観点」と「視点」は、どう使い分けたらいいでしょうか。用例なども含めて、教えてください。

Aベストアンサー

私の語感でお答えします。

私は、視点と観点の両方を用いますが、
視点の方は、「見る、目を向ける」という意味合いを
強く引っぱっているように思います。

視点を「考え方・見方」という意味で使う場合も、例えば、「視点をかえる」という場合、「こっちから見れば、こう考えられるが、発想を転換すると、異なる考え方もできる」という意味で用いる際、「表から見ていたものを、方向を変えて裏から見る」など、物事を見る場合の立ち位置――しかも矢印で表せそうな――見る際の方向を表すイメージがあります。

一方、「観点をかえる」といった場合、視点と同じ意味合いを持ちつつも、単なる方向だけではなく、「考える次元や、そもそもの思考の基盤をかえる」という意味が加わると思います。

したがって、私の語感では、例えば、「哲学とは無関係に思われた事柄を、そもそもの前提を見直して、哲学の立場から考察すると」という場合、「哲学的観点に立てば…」とは言いますが、「哲学的視点に立てば…」はやや表現の適切さに欠けるように思われます。
 ただし、「そもそもの前提を見直さないで、単に考えの方向を変えてみて」という意味でなら、「哲学的視点では」とも言えると思います。

視点と観点とは、totanさんが挙げた:
視る→まっすぐ目を向けてみる、一点を集中して見る。
観る→多くを並べてみくらべる、広く見渡す。
という漢字本来の意味内容をかなり正確に引き継いでいるのではないかと感じます。

以上、私の語感でした。

私の語感でお答えします。

私は、視点と観点の両方を用いますが、
視点の方は、「見る、目を向ける」という意味合いを
強く引っぱっているように思います。

視点を「考え方・見方」という意味で使う場合も、例えば、「視点をかえる」という場合、「こっちから見れば、こう考えられるが、発想を転換すると、異なる考え方もできる」という意味で用いる際、「表から見ていたものを、方向を変えて裏から見る」など、物事を見る場合の立ち位置――しかも矢印で表せそうな――見る際の方向を表すイメージがあります...続きを読む

Q「合わせ持つ」と「併せ持つ」の違い、使い分け

タイトルの二つの漢字には何か使い分けがありますか?

具体的には
「Aという能力とBという能力を"アワセモツ"」という文章なのですが、この場合は、どちらが良いのでしょうか??

Aベストアンサー

誤解を招くような回答がついているので再度回答します。
漢字の意味と用字用語は分けて考える必要があります。
国語辞典における意味を調べることで、その文字を使用することが間違いであるのかないのかはわかりますが、どちらの文字を使用するのがより適切であるのかを調べるためには用字用語辞典を使用しなければなりません。
私が使っているのは講談社校閲局から出ている「日本語の正しい表記と用語の辞典」ですが、私が#1で回答しているのとほぼ同じ解説がされています。
新聞などでの基準は「記者ハンドブック」を調べることでわかりますが、ここにもほぼ同じ解説があると思います。
官公庁での基準は文部省用字用語例を見ればわかりますが、ここでも同じように処理されています。
つまり出版、報道、官庁においては、合わせると併せるは厳然と区別されて用いられているわけで、この基準に従うべきです。
googleで検索してみても、「併せ持つ」と「合わせ持つ」では前者の圧倒的に多く、後者は間違いとまでは言いませんが、不適切な用字であることがご理解いただけると思います。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Bookend-Kenji/7118/

誤解を招くような回答がついているので再度回答します。
漢字の意味と用字用語は分けて考える必要があります。
国語辞典における意味を調べることで、その文字を使用することが間違いであるのかないのかはわかりますが、どちらの文字を使用するのがより適切であるのかを調べるためには用字用語辞典を使用しなければなりません。
私が使っているのは講談社校閲局から出ている「日本語の正しい表記と用語の辞典」ですが、私が#1で回答しているのとほぼ同じ解説がされています。
新聞などでの基準は「記者ハンド...続きを読む

Q「づつ」?「ずつ」?

今、ワードを使っていて壁にぶつかりました。
恥ずかしながら「~を一つずつ(づつ)あたえる」と入力したいのですが「づつ」と「ずつ」どちらが正解なのでしょうか?
あと「わかる」と言う漢字も、「分かる」「解る」「判る」と色々あってどちらを使って良い物か分からない場合が多いです・・・・社会人としてお恥ずかしい

Aベストアンサー

(1) 「ず」と「づ」は歴史的には発音が違っていましたが、現代では発音上の区別がありません。したがって、『現代仮名遣い』(昭和61年7月1日 内閣告示第1号)では、いくつかの例外を除いて、「づ」を用いないように定めています。ご質問のお答えは、「ずつ」が正解です。

(2) 「分かる」「解る」「判る」は、それぞれ意味が少し違います。
【解る】理解する。ことの筋道がはっきりする。
【判る】判明する。明らかになる。
【分かる】上二つの意味を併せたいい方。
『常用漢字音訓表』(昭和56年10月1日内閣告示)に、「分かる」はあるのですが、「解る」と「判る」は載っていません。「解」も「判」も常用漢字表には含まれていますが、「わかる」という読み方が載っていないのです。新聞やテレビなどのマスコミが「分かる」を優先的に使う理由はそこにあります。
質問者さんが公務員で、公文書を作成されるなら、「分かる」に統一する必要があります。民間の文書や私信なら、「分かる」「解る」「判る」を使い分けて、日本語の奥ゆかしさを味わいたいものです。

Q「また」、「そのほかに」と同じ意味の表現

皆さん、いつもお世話になりまして、ありがとうございます。

日本語の連続助詞をうまく身につけたいです。今日お聞きしたいのは「また」、「そのほかに」と同じ意味の表現(単語あるいは連語)を教えていただけないでしょうか。また、「また」と「そのほかに」と挙げてくださった表現の中で、どちらが書き言葉に属するか、どちらが口語に属するかも教えていただければ、幸いです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

awayuki_chさん、こんにちは。
たくさん出ていますね。

「また」「そのほかに」の「ほかに」、こういうのがあります。

「また」「そのほかに」の「ほかにも」、こういうのがあります。

「また」「そのほかに」に「加えて」、こういうのがあります。

「また」「そのほかに」、「それから」、こういうのがあります。
           ↑
      助詞は使わないで、羅列する

「また」「そのほかに」、「さらに」、こういうのがあります。

「また」「そのほかに」、「同様に」、こういうのがあります。

「そして」「そしてさらに」「或いは」「或いはまた」などもいけますね。

口語では、「あとは」「それから」
「それでもって」(そんでもって)←これは、くだけすぎですね。

「さらに」「或いは」などは、やや硬いイメージがありますね。

Q「係る」の読み方

よく法律の条文などに出てくる「係る」は「かかわる」と読んでいいのでしょうか。それとも法律などの分野では特別に「かかる」という言い方をするのでしょうか。以前、役所の方が法律の条文を読み上げたときに「かかる」と言っていたような気がするのですが・・。ご存知の方、お教えください。

Aベストアンサー

かかるですね。
goo国語辞典にもでています。

かか・る 【掛(か)る/懸(か)る】

(11)関係がある。
(1)重大な関係がある。…に関する。《係》
「傷害事件に―・る一件書類」「会社の運命に―・る秘密」

Q成績は「収める」それとも「修める」?

賞状の中の文章表現で、優秀な成績を「おさめられました」という場合、漢字での表現は「収める」でしょうか?
それとも「修める」なのでしょうか?
どちらの書き方も見るように思います。
正しい書き方・使い分け方を教えて下さい。

Aベストアンサー

まあ、落ち着いて。辞書とにらめっこです。

「収める」=「自分のものにする」→「努力した結果を手に入れる」
「修める」=「自分をよい人間にする」→「教養や知識を身につける」

成績そのものは教養や知識じゃないですね。教養・知識を身につけるために努力した結果が成績です。

Q間隔は「開く」?「空く」?

今日の新聞の夕刊に「間隔は開かない方がいい」という文章がありました。
この場合、「開かない」は「ひらかない」であって「あかない」ではないですよね?

間隔を「あける」時は「空ける」で、間隔を「ひらく」時は「開く」という漢字の使い分けでいいのでしょうか。
また、そもそも「間隔を開く(ひらく)」という表現はありますか?
間隔が主語ならいいのかな……

考えれば考えるほど混乱してきました……普段使っているような使っていないような……

Aベストアンサー

「開かない」の読み方ですね。

「あく」に使う漢字は、
空(あ)く=からになる。席が空く。間が空く。手が空く。
開(あ)く=ひらく。穴が開く。戸が開く。幕が開く。店が開く。
明(あ)く=ひらいて見える。目が明く。埒(らち)が明かない。

よって、意味から考えると「空(あ)く」を使うべきでしたよね。

開(ひら)くと使う場合は、扉(を)開く。大会(を)開く。本(を)開く。店(を)開く。
となります。反対語が「閉じる」である事から、
閉じないものをひらく様な使い方には使わないと思います。
「間隔」は、詰める事はあっても閉じるとは言わないので、
「あかない」と読む事例ではないですね。

Q図と表の違いって・・・

基本的な質問ですみません…。
論文を書いていて思ったのですが、図と表の違いって何なんでしょうか?
今、論文の内容で頭がぐちゃぐちゃになっていて、考えれば考えるほど全てが意味不明になってきてしまいました…。

Aベストアンサー

・図 → 矢印や折れ線、図形を1つでも使用したもの
・表 → 線と文字のみで構成されているもの

Q「採用担当御中」か「採用担当様」、どちらが正しいか。

会社にエントリーシートを郵送する時、宛先が「~株式会社 採用担当宛」となっていたら、「採用担当御中」ではなくて、「採用担当様」と書いて送った方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

「御中」は 担当部署宛 担当者不明の場合。
今回の場合は担当者がわかっているので「○○様」とします。

Q”ギリギリ” を丁寧に言うには

”ギリギリ” を丁寧に言うとどうなりますか?

使いたい文は、
「納期ギリギリになってしまって申し訳ありません」
という意味で使いたいです。

Aベストアンサー

僕なら
 ・対応遅くなり申し訳ありません
とか
 ・期限間際の対応となり申し訳ありません
という表現を使います。


人気Q&Aランキング