5年程前に建てた注文住宅についてお尋ねします。
家中のいろいろなところの壁紙に亀裂が入り、それが、特に家の中心から半分に集中していることに気が付き、最近、特に著しいので、心配になったため、屋根裏に入り、見てみたところ、沢山の柱に亀裂が入っていました。20センチ以上の亀裂が入っているものがほとんどで、亀裂が入っていない柱はほとんどない状態です。ひどい柱だと、1本の柱に1メートル以上の亀裂が複数入っているものもあります。構造上見えない部分に入ってしまって、亀裂が最大どのくらいまで入っているかの確認は、素人の私たちには無理です。

注文した不動産会社に見てもらったところ、「柱にいくら亀裂が入っていても、構造上何の問題もない。」といわれました。それは本当なのでしょうか? 大きな地震が来たりしたら、傾いたり、最悪倒れたりしないのでしょうか?

その家は、一応、「地震にも強い」というような売り文句も含まれていました。
素人で何もわかりませんので、質問の仕方が下手で申し訳ありません。
毎日不安な日々を過ごしていますので、特に専門的な知識のある方、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

今までの回答などやり取りも一通り読ませていただきましたが、


これは欠陥住宅の可能性があるかもしれませんよ。
私は建築事務所に勤めていますが、床下の防湿(防水)シートを張り忘れたと
言ってのけてしまう業者に問題があると思います。
大体、床下の防湿(防水)シートが張っていないから畳がカビてくるという
事が起こるんです。
梅雨だからということは理由にならないと思います。
また、床下の換気もちゃんと取れているのか?
柱の背割りもあえてしないというのは、素人を相手にいいかげんな回答だなって
いう感じを受けます。
床下の湿気の問題は今後シロアリの発生を招いたり、建物の土台を腐食させたり
する可能性が高くなります。

これは第三者に依頼をして、建物の調査をしてもらったほうがいいと思います。
住宅についての相談窓口があれば相談してみた方がいいと思います。
または、各県の建築士会等でも相談を受けている処もあります。
住宅というのは簡単に買える物ではありません。
業者との契約内容もわからないので上手い回答にはなっていないと思いますが
契約書類や写真・図面等を持って相談にいき、
早い内に専門家にみてもらう事を勧めます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
やっぱり問題ありますでしょうか? 梅雨時期は、畳を部屋に立てておかないと、かびてしまうので、1Fの和室は使えない状態です。
廊下やリビングなども、床にシミが出てきます。

いろいろと、解説いただきまして、ありがとうございました。専門家の方に調べていただく場合、どのくらいの費用がかかるか、相場など、ご存知でしたら教えてください。よろしくお願いします。

お礼日時:2001/07/14 11:36

回答になっていませんが、構造が専門領域か材質が専門領域の一級建築士に相談した方が良いと思います。

見ればすぐ分かります。お早めに見てもらってください。
基本的に業者というものは自分の利益しか考えていないので。

確認事項として、
・注文した業者との契約書をみる。トラブルに関する記述がないか確める。
・詳しい設計図(私達が普段見る間取りなどの図とは違います)をなるたけ手に入れる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼が遅くなり、申し訳ありません。お礼をカキコしたつもりでいましたが、久々に開いてみたら(?_?) 本当にごめんなさい。そしてありがとうございました。

設計図についてですが、多額の設計料を取られたにもかかわらず、平面図が1枚あるだけで、立体の設計図を欲しいと、建設前から、何度も依頼しているのですが、もらえません。

依頼した通りに作ってもらえていないので、その点についても指摘してきましたが、こっちが悪いような言い方をされます。

一級建築士の方に調べていただく場合、どのくらいの費用がかかるかお分かりでしたら、教えてください。よろしくお願いします。

お礼日時:2001/07/14 11:14

実際の物を見てみないと、ハッキリした事は言えません。


普通は木材の乾燥による亀裂だと思いますが、壁紙に亀裂が入るのが変ですね
普通、柱の上にプラスターボード等の下地材を張りその上に壁紙を貼ります。
柱に亀裂が入っても壁紙に亀裂が入ることは有りません。
構造的原因では無い可能性の方が高いですが、100%安心とは言えません。
「床下から水が浸透してくる、扉の開閉ができない所がある」などは、少し心配な所です。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
「床下から浸水してくる」は、床下に必要な放水シートを張り忘れたらしい(建設中の写真があります)のですが、業者に、「部屋がすごく湿気て、畳がカビる」というと、「梅雨だからしょうがない。防水シートを張っていないせいではない」といいます。
扉の開け閉てについても、「外国のものは日本製ほど精巧に作られていないのでしょうがない」だそうです(-_-;)
壁紙の亀裂も、家が傾いたせいではないか、心配になったので、こちらに投稿しました。先日、壁紙は1回張り替えてもらったのですが、また、ずれ始めているので、再び亀裂が入るのも時間の問題かと思います。
心配しすぎなのか、どうなのか、不安ですが、業者にも、もう少しせっついて見ようとは思っています。

補足日時:2001/07/08 22:50
    • good
    • 0

補足をいただきましたので追加回答という形で回答させていただきます。


在来工法と言いますか、木造軸組工法のようですね。
”不動産会社いわく、「背割り」はあえてしていない”
と言う事ですから、単なる木材の収縮クラックです。
本来は収縮クラックの位置を表に出さないために背割りがあるのです。
恐らく木材の自然乾燥の時間が短いというのが正解です。
強度には全然影響はないでしょう。
見栄えが悪いだけですね。
ただ、敢えて背割りはしていないと言うことから、イタリアン住宅というのは全て大壁であろうと考えられます。
柱が表に出ない工法ですね。
日本建築ですと柱を見せます。
ですから背割りをして収縮クラックを見えないところに集める必要があるのです。
結論ですが、業者の言うとおりです。
ご心配には及びません。
ご安心下さい。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

再び、早速の回答をありがとうございました。
柱の件については安心しました。他にもいろいろとトラブルを抱えており、業者の言うことがすべて信じられなくなっていましたが、柱の件については大丈夫そうなので、信じることにします。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/07/07 22:00

私も素人で分かりませんが柱は縦方向から力を受けるには問題ないが横方向からには弱いので、横方向の力を受ける為に工夫して柱に無理な力が加わらないしていると思いますが、その柱に亀裂が入ると言う事は捩れとか無理な力が加わっていると思います。


nobor3さんの御指摘の通り地盤沈下が原因では無いかと思います。hiroppemamaさんが確認したければ日曜大工販売店で水平器(2~3千円)を購入して床の傾きを調べれば直にわかると思います。
もし問題があれば市役所等に相談窓口もあると思いますので手を広げて色々な意見を聞くことをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
地盤沈下についてはnobor3さんの所のお礼の中で申し上げたとおりで、多分、心配ないと思います。水平器はすでに入手しており、問題なさそうです(素人判断ですが)。
問題は柱だけではなく、断熱材が入っていない個所があったり、床下から水が浸透してくる、扉の開け閉てができない所があるなど、多数の問題を抱えているので、専門家の方に、相談してみたいとは思っています。
業者には何回も相談をしていますが、対応が遅く、「報告をします」といっても、何の報告もないまま、時間だけが過ぎていくことが多いのですが、今後の業者の出方次第で、専門家に相談してみようと思っています。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/07 13:15

まず、構造が問題になります。


軸組か、壁構造か、軽量鉄骨か、重量鉄骨か、RC構造か、早い話が、どのメーカーのどんな商品か判れば何とか壁紙にまで亀裂が入った原因が判るかと思いますが。
ただ柱に1メートル以上の亀裂が複数と言われているところを見ますとRCかなとも感じましたがそうだとすると構造上問題にならないはずはありません。
非常に問題です。
亀裂と言われますが、それはクラックと言うべきものだと思います。
その幅も判らないので何とも言えませんが、沢山の柱にと言うことなので決して安心は出来ないと思います。
一体どんな地形の所に建築されたのでしょうか。
基礎の程度も判らないので即断は出来ませんが、余りにも粗雑な建築であると言えるかも知れません。

この回答への補足

早速の回答ありがとうございました。
補足をさせていただきます。まず、構造ですが、在来工法と聞いたのですが、そのようなものはありますか?間違っていたらすみません。ユ○ロスという会社のイタリアン住宅で、目に見えるところはイタリアからの輸入材料で建てるのですが、柱や断熱材などの中側の部分と、サッシ等は日本のものを使って建てたと聞いています。
亀裂の幅は、5ミリ以上のものがほとんどです。ちなみに、不動産会社いわく、「背割り」はあえてしていないそうなので、背割りではないことは確かです。
また、何かおわかりになることがありましたらよろしくお願いします。
小さい子供がおりますので、補足が遅くなり申し訳ありません。

補足日時:2001/07/07 13:02
    • good
    • 0

「建築よろず相談」(参考URL)というホームページで専門家の方が相談にのってくれるみたいです。


僕は素人ですけど、地盤が沈下して建物が歪んだせいじゃないかなって思います。
僕の同僚も家を立てて5~6年くらいなんですけど、地盤沈下でサッシがしまらなくなってしまい、建築業者に無料で修繕させましたよ。

参考URL:http://www.shou.co.jp/yorozu/naibu/heya.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
建築よろず相談のご紹介ありがとうございました。
このURLだと飛べなかったので、gooで「建築よろず相談」で検索したら見る事ができました。写真などの資料をそろえないといけないみたいなので、準備が出来次第相談してみたいと思います。
地盤沈下の件ですが、家を建てる前に、他の業者に地形調査(ボーリング検査?)をしていただき、そういう心配はないとのお墨付きを頂いております。新規開発分譲地内ですが、元々の地主さんばかりが住んでいる所を買いましたし、埋め立てではなく、山を削ったところですので、地盤沈下の心配はほぼないかと思われます。
小さい子供がおり、御礼が遅くなりましたこと、お詫び申し上げます。

お礼日時:2001/07/07 13:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q柱の構造材は無垢財?集成材?

柱の構造材は無垢財?集成材?現在、木造軸組工法で35坪程度の新築を予定しているのですが、もともと柱の構造材は、米ヒバ無垢材とのことだったのですが、地鎮祭が終わって、店長から「今までの予定では米ヒバ無垢材での柱の予定でしたが、シロアリ補償が5年となります。もし集成材(たしか赤松)の柱へ変更すれば、シロアリ補償は10年にできます。」との提案がありました。金額差はないとのことですが、実際長い目で見た場合、柱には、米ヒバ無垢材か集成材(赤松)か、どちらの方が良いのでしょうか??皆様、アドバイスのほどヨロシクお願いします。(ちなみに構造概要は布基礎、基礎パッキンt20、土台:米ヒバ、梁:米松、根太レス工法、断熱材:ロックウール、外部はコロニアル葺、外壁:クボタ松下外装セラ16tで、地元の工務店での施工です。)

Aベストアンサー

讃岐の建築家です。
この工務店には正直に言ってもらいたいですね。残念です。

白蟻補償期間のメリットを説明して米ヒバ乾燥材から欧州赤松集成材へに変更を提案するのであれば、白蟻被害の対象部である土台や大引は何故提案から除外したのでしょう。工務店の狙いは別にあると考えます。一応、大壁工法(柱が壁に隠れて見えなくなる)を前提に話を進行します。

米ヒバ乾燥材に関して
・強度(曲げ、圧縮、せん断)は杉以上檜以下、ヤング率は檜以上松類以下、硬度はやや軽軟で杉以上檜以下、耐久性は大で構造材として土台や柱に最適な北米針葉樹です。
・外壁や防水シートからの万一の漏水、壁内結露による結露水、虫害などの耐久性は集成材に比べると大です。
・無垢材というのは乾燥度合によって強度や寸法安定性(変形)が大きく違ってきます。乾燥度合は含水率表示といってJASで規定されています。無垢材と集成材の強度比較を含水率抜きに端的にしてしまうと危険です。含水率が低いほど強度が増し、変形が減ります。含水率の主な表示はD25%、D20%、D15%(KDやSD表示もある)でD15%が最も優れている。土台や柱程度の太さならD15であることが望まれる。これでも、居住後壁仕上材の不陸やクラックなどが確認される例も多数ある。これは無垢材の特徴であり、予め想定していた範囲内というお客様もいるが、説明を聞いていたにも関わらずクレームとして扱うお客様もいるのが現状で、お客様をどちらかに分類して材料を決めるということは工務店サイドとしては難しい。クレーム対策として結果的に集成材を使用する工務店も少なくない。
・それなら何故最初から集成材ではないのか?これは推測ですが、工務店としては使用実績もあり、信頼していた材料だったが、瑕疵担保履行法が施行され、保険加入が義務付けられた。その保険会社は集成材やJAS認定材しか認めなかった。工務店のNON-JAS材の米ヒバ乾燥特一等材KD15%という仕様を柱として認めなかったのかもしれません。

いずれにしても無垢材は含水率が決定的な要因、必ず調べてください。梁の米松乾燥特一等材についても調べてください。細いものはD15、太いものはD20が目標値です。最近では一本一本強度を計測し、柱表面にE95-F315という強度等級の表示をしているものも出てきています。

欧州赤松集成材に関して
・無垢材と違って含水率の心配は不要なくらい極限まで乾燥した材料です。寸法安定性に大変優れていて、変形は僅かです。強度等級の表示もされています。前述の通り強度比較は無垢材の含水率なしには語れませんが、強度面では安心安全の構造材といえます。
・耐久性は小です。極小は同じ集成材でスプルースやホワイトウッドの類のものです。屋外暴露状態では1~2年で無残な姿へ変わります。欧州赤松はもう少しマシかなという程度です。この短所を補うために注意する点は3点。屋根、外壁の防水工事と断熱材室内側の防湿工事と高さ1mまでの木部への防蟻工事です。施工技術が基準を満たしていないと大問題に発展する恐れがあります。集成材の長所を活かすために最低限必要な知識と技術が、その工務店に備わっているかどうかが鍵です。しかし、実際にそんなことを素人さんに見抜いて下さいと言っても無理な話です。
ということで質問者さんにとっては米ヒバが良いのではないでしょうか?補償期間のことを気にする必要はまったくないと思います。ご自身で3年毎に床下点検口から土台の状態を点検すれば解決します。

ちなみに私の設計で集成材を好むお客様には、耐久性が大の檜(芯材)で作った集成材を使用することが多いです。欧州赤松も使用しますが、前述の通り工事段階で職人さんが嫌がるほど見回らなければなりません。コストは安価なので、短所対策が達成できればお客様には喜ばれます。

以上、参考になりましたか?家族にとって特別な場所、愛すべき住まいが無事完成するよう応援しております。

讃岐の建築家です。
この工務店には正直に言ってもらいたいですね。残念です。

白蟻補償期間のメリットを説明して米ヒバ乾燥材から欧州赤松集成材へに変更を提案するのであれば、白蟻被害の対象部である土台や大引は何故提案から除外したのでしょう。工務店の狙いは別にあると考えます。一応、大壁工法(柱が壁に隠れて見えなくなる)を前提に話を進行します。

米ヒバ乾燥材に関して
・強度(曲げ、圧縮、せん断)は杉以上檜以下、ヤング率は檜以上松類以下、硬度はやや軽軟で杉以上檜以下、耐久性は大で...続きを読む

Q著しくは の意味 とある提出書類についての記載です。 著しくはの意味がよくわかりません。 教

著しくは の意味

とある提出書類についての記載です。
著しくはの意味がよくわかりません。
教えて下さい。

最終学校の卒業証明書又は卒業見込証明書(共に写し可)著しくは卒業証書の写し

Aベストアンサー

漢字のタイプミスです。
×著しくは→○若しくは(もしくは)

Q【赤松(アカマツ)の山が欲しい】赤松山がどこかで売りに出ているとか分かりますか? 赤松の周りに松茸

【赤松(アカマツ)の山が欲しい】赤松山がどこかで売りに出ているとか分かりますか?

赤松の周りに松茸が出来るらしい。

いま赤松山でも松茸が出来ない赤松山でも良いです。

赤松山が欲しい。

山の売買ってどこで見れるの?

Aベストアンサー

売ってないと思いますが・・・。(^_^;)

とりあえず不動産屋さんに相談ですかね。
後は、ネットで探すか・・・。ちょっと検索かけたんですが山林の売買はあるようですが、赤松の山をどうぞっていうのはないですね。

Q電信柱の構造性能の計算について

電信柱の構造性能の計算が分かりません。
教えてください。

電信柱は、鉄製の亜鉛メッキ仕上げです。
根元の直径が250mm・先端の直径が150mm
厚さがt=3mm・長さがL=7.50mです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

電力線に使用する場合、電気設備技術基準に計算方法が載っています。
電柱に加わる力を想定しますが、前提条件として電柱を設置する地方とどういった使い方をするのかがあります。
日本の地域によって台風が来る場所、こない場所、冬に最大風速が観測される場所、着雪を考慮する場所があります。また人家が多い場所なら風の影響が弱まるのでそれも考慮して(強度を低減して)よいことになっています。

電柱に取り付けられている電線や電柱自体の断面積(着雪した場合は雪のために太さが増す)に風が当たると電柱にその力が伝わります。

次に電柱を両方から電線で引っ張るのか、支線をつけるのか、引っ張る電線は両側から均等に引っ張るのか直角に曲がってるのかなどで電線に掛かる力が変わります。

また電線が電柱の先端から何mの位置に取り付けられているかにより力のバランスやモーメントとが変わります。

電力用なら求まった力に耐える電柱をカタログから選ぶことになります。(でなければ精密な強度計算を行い経済産業局の認可を受けて使うことになります)


建築物に取り付ける場合は建築基準法に基づいて風速を設定し各部に掛かる強度を計算します。
その他の用途の場合、簡易計算でよければ次のように考えて差し支えありません。

材質が鉄製とありますが鉄にはさまざまな種類があります。またパイプもガス配管用の継ぎ目のない物と水道管や電線管のような溶接部のあるもの、防錆を考慮したステンレスのものがあり、それぞれ強度が異なります。

正確には材料力学のハンドブックを見ればテーパー形状のパイプで片持ちとし先端を自由にして荷重を加えたときの各部の断面二次モーメントを求め、素材の強度(もしくは溶接部の強度)に安全率を加えた値以下であれば使用可能と判定できます。

厳密計算をする場合、電線が風で揺らされて周期的な外力が加わったりパイプが風の渦によって振動したりしますのでこの動的な荷重も考慮する必要があります。

もっとも簡易な計算でよければ、先端の太さ150mmと厚さ3mm水道管の強度をJISで調べ、これを安全率を見込んだ強度とすればよいかもしれません。

ちなみに自立させて使う場合はこの程度パイプであれば先端に数10kgの力しか掛けられないことになります。(根元が土であれば土がえぐれてしまいます。コンクリで固定してあれば根元で折れます)
電柱は両方からお互いに電線で支えられているのでトランスとかを載せていますが、電線がなければ倒れてしまいます。

上記のようにご質問の内容だけでは計算式を示して「構造性能」を提示するだけの情報が不足しています。

電力線に使用する場合、電気設備技術基準に計算方法が載っています。
電柱に加わる力を想定しますが、前提条件として電柱を設置する地方とどういった使い方をするのかがあります。
日本の地域によって台風が来る場所、こない場所、冬に最大風速が観測される場所、着雪を考慮する場所があります。また人家が多い場所なら風の影響が弱まるのでそれも考慮して(強度を低減して)よいことになっています。

電柱に取り付けられている電線や電柱自体の断面積(着雪した場合は雪のために太さが増す)に風が当たると...続きを読む

Qこの幼木は赤松でしょうか

お世話になっております。
赤松が欲しくて園芸店をまわったのですが、市場で扱っていないと言われました。
樹皮が赤いのが赤松と思っていたのですが、
幼木は黒松と区別が付かない気がしました。
そこで写真は赤松(だと思うのですが)どうでしょうか。
幼木で赤松と黒松の区別の付け方を教えて下さい。
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

樹皮も判りやすいですが、冬芽の色が赤だと赤松、白だと黒松です。
下記URLご参照。

参考URL:http://blogs.dion.ne.jp/kozy1956/archives/5179823.html

Q【地震に強い家】単純に四角い家とテトリスのL型やT型をしている家ではどちらの方が地震に強いんでしょう

【地震に強い家】単純に四角い家とテトリスのL型やT型をしている家ではどちらの方が地震に強いんでしょうか?

形だけでどちらの方が強いか教えてください。

Aベストアンサー

正方形。

Q梁材として欧州赤松と米松どちらがいい?

今検討しているハウスメーカーの梁が欧州(ロシア、スウェーデンなどの寒い地域)の赤松なんです。他のハウスメーカーは全て米松です。
赤松のメーカーに言わせると米松より赤松の方がいい材料だといいますが、ネットで木の値段を見ると米松の方が高いんです。
赤松、米松それぞれ同じ木でもランクがあると思うから、それによってまた違うのでしょうか。
話が違いますが赤松なら国産が一番いいのでしょうか?
ハウスメーカーは自分のことろが一番いいっていうので、言ってることがみんな違うしわからないので、教えてください!

Aベストアンサー

米松の方が良いと思います。一番良いのは地松だと思いますが、日本の風土に合った木が最高です、(梁、桁、母屋、束)など構造材を見出しにして内地の杉でやる方法もあります。ハウスメーカーだけでなく在来工法で大工さんにも聞いたらどうですか。

参考URL:http://park7.wakwak.com/~kanoukentiku/sekkei.htm

Q日本人ってどうして否定から物を入るんでしょうか? 特に新しいもの。 全員が全員じゃないけど。 産まれ

日本人ってどうして否定から物を入るんでしょうか?
特に新しいもの。
全員が全員じゃないけど。

産まれも育ちも近親者も日本人ですが不思議でならないのです。
何か理由でもあるのでしょうか?

Aベストアンサー

バブル崩壊を経験した人は、元々保守的だからですかね。実際、大手企業やら公務員、医師が人気なのもある程度の給料が保証されて安定だからですよ。

あとは、元々社会の本筋から外れることを嫌う教育システムだったり、雇用制度なので、変な道に行くと不当に低く評価される傾向にある。ただ、アウトローは本気で夢や好きな人生を叶えようと頑張ってる人と、やる気ない底辺や怪しい宗教に騙されてる何も考えてない層の二極化してるから、後者と一緒くたにして批判されやすい。結果、安全、安心を取る。

今でこそ世界的には格差が低く皆がある程度ゆとりある生活ができるから、わざわざ動いてリスクを取らないって人が出るんでしょう。途上国みたいに、はいあがらなければ地獄みたいな環境でもないし、一方でアメリカ見たく先進国だけど格差があるし、怠けたら振り落としを食らうし上に行こうとすればいくらでもチャンスが探せる環境じゃないのが問題なのかもね〜。
基本批判してる人は、自分で変えられないからこそ、自分の周りの色々なことを批判して憂いてるんですよ。

Q赤松良子(元文部大臣)について

 赤松良子氏(元文部大臣)について調べています。インターネットで調べているのですが、経歴などは出てきても、その人柄といったモノは出てきません。赤松氏がどういう人柄なのか、誰か知っていらっしゃる方、書籍、HP、新聞記事なんでもいいので教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

NHK「プロジェクトX~挑戦者たち」で、
「男女雇用機会均等法を作り上げた労働省の女性官僚達」の話題が
取り上げられました。そのリーダーが赤松さんです。(参考URL)

番組の中で、彼女が、働く女性達へ贈った言葉は
「がむしゃらに勉強をしなさい。そして働きなさい。
チャンスはいつか巡ってきます。夢は必ず叶います。」
だったとか…

「プロジェクトX」は順次、再放送されているようですので、
機会があればご覧下さい。
http://www.nhk.or.jp/projectx/

参考URL:http://www.nhk.or.jp/projectx/34/

Q塔状構造物の構造計算について

造船所の船体接岸用岸壁に、添付画像とほぼ同様のタワーを建設予定です。

以前、他社さんが建設された際には日本建築学会出版の「塔状鋼構造設計指針・同解説」が基準となっておりますが、同書籍は現在絶版となっております。

現在はどのような基準で構造計算をやればいいのか分からず困っております。どなたかご存知の方おられましたら、ご教示の程宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

地元の図書館とかには、行って見たんですね。
お近く、或いは、同じ都道府県に住んでいる方で、構造設計事務所を廃業なされた方を探して、お尋ねになるしか、日本建築学会出版の「塔状鋼構造設計指針・同解説」を手に入れる方法が無いと思います。
貴方の住む、都道府県の建築士会や建築士設計事務所協会に問い合わせて、廃業された方を教えて貰って、連絡を取って訪ねて行くしかないでしょう。
参考に成らず申し訳ないけど、これしか手に入れる手立ては無いと思います。
ご参考まで


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング