長年乗っていなかったスポーツタイプの自転車の、フレームに、何ヶ所か、塗装がはげて、錆が出ています。
中にはかなり頑固に育っている錆もあります。
フレームの材質は、鉄(クロムモリブデン鋼)です。
この場合、
(1)錆の上から塗料を塗る
(2)錆を落として塗料を塗る
(3)錆を落として、錆止めを塗り、塗料を塗る
の3パターンのうち、(3)でなければ内部で錆が広がっていくものなのでしょうか。
わかる方がいらっしゃれば、お教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 総論では、#1と#2の回答のとおりです。

錆を落とすことについてのみ追加します。#3の回答の方法で、ほぼ間違いありませんが、長年放置されていたことを考えると、ケレンだけでは目に見えない微少な錆を発見することは難しいので、3)と4)の工程の間に、ラストリムーバーで仕上げると完璧です。特に、錆取りをした後に防錆剤として機能する燐酸皮膜を作る種類の製品をお勧めします。

参考URL:http://nishikyuel.co.jp/kuwahara/hanasaka.htm
    • good
    • 2

錆の上から塗装しても、色がつくだけで錆の進行を防止することはできません。

以下の手順で塗装することをお勧めします。

1)耐水ペーパ(#80、#240、#400程度)と自動車の補修用パテ(ホームセンターなどで手に入ります)、塗料、コンパウンドを用意します。

2)錆の部分を耐水ペーパに水をつけながら、少し塗装が残っている部分も含めて、錆が完全に落ちるまで磨きます。このときに金属面にペーパーによる傷が残っていても問題ありません。

3)よく乾燥させて、きれいな布にガソリンやシンナーなどを染み込ませたもので、磨いた面に残った汚れをきれいにふき取ります。

4)補修用パテを用意(混合タイプのものでは混合する)し周囲の塗装より少し厚めに均一に塗り、硬化するのを待ちます。

5)再度、耐水ペーパーでパテを塗装面と面一になるまで磨きます。このとき、荒めで最後に細かい目の物で仕上げます。

6)よく乾燥させ、塗料がついては困る部分に新聞紙などで覆いをし、再度表面を清掃し塗料を塗ります。一度に塗らずに数回に分けて十分な厚さの塗膜を形成してください。また、周囲の塗装部分も軽く塗装しぼかしをかけると目立たなくなります。

7)塗料が十分に乾燥した後にコンパウンドでつやが出るまで磨き、ワックスをかけて出来上がりです。
    • good
    • 4

1.の場合は錆が残っているので、必ず広がります。



2.新たに内部から錆が発生する可能性が高いです。

3.これがお勧めです。

今は、錆止め入りの塗料が売っていますから、それを使うと楽でしょう。
    • good
    • 2

自転車に限らず、錆にそのまま塗料を塗った場合は中でどんどん錆が広がってしまいます。


やはりベストは(3)です。(2)でも状況によっては大丈夫だと思いますが、(1)は絶対に避けねばなりません。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q石材タイルの門柱がボロボロになっているので、うえから外壁塗装用の塗料を塗ろうかと思っているのですが塗

石材タイルの門柱がボロボロになっているので、うえから外壁塗装用の塗料を塗ろうかと思っているのですが塗料がうまく付着して固定するのでしょうか? シーラーというものを事前にぬった方が良いのでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

塗装すれば質感は変わります=それはさておいて、シーラーではなくプライマーですね。
特殊なシンナーになりますが、ゴム系のものがよさそうです。=塗膜は非常に薄いです。

仰せのシーラーでは、比較的膜厚が大きいものが市販の体制を占め、仕上げ塗料の下地への吸い込み防止のために施工されます。

いずれの場合にも、塗料の性質が上塗り塗料と相性の合うことが条件です。
上塗りについては、ネットや現物でお好みのものを探してください。
(高価なものほど塗装の条件は厳しくなりますが、きちっと施工すれば長持ちします。)

Q真鍮板に文字を掘り塗料を塗りました。小さめの文字漢字やひらがな(1㎝ぐらい)なので文字の周囲の塗料を

真鍮板に文字を掘り塗料を塗りました。小さめの文字漢字やひらがな(1㎝ぐらい)なので文字の周囲の塗料を板をあまり傷つけないで取る方法をご存知な方いましたら、アドバイスを頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

塗料に対応した溶剤で拭きとる。細かいところは綿棒や爪楊枝などつかって根気よく。少しぐらいの拭き過ぎなら塗料を爪楊枝に付けてちょっとのせる。

Q錆止め塗料の再生方法

数年?経過して錆止め塗料を使おうと思ったら白いものが固化してしまっていて、このままでは利用できそうにありません。捨てるしかないでしょうか。何か再生する方法はありませんか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

形質が変わっていますので使えません、ゴミです

お住まいの市町村のゴミ処理の方法に従って処分してください、有料です。

Q今一度教えてください・・・錆上の塗料塗布について

屋根の錆を取りながらの塗料塗布ですが、片面はローバル片面は2液性のエポキシ塗料にしようか迷っています。先行しているのはローバルで1ヶ月程、様子を見ようかと思っています。・・・ひどい錆には2液性が良いのか・・・今一度教えてください

Aベストアンサー

あまり難しく考えすぎかもしれませんね。少し整理します。

まず、さび落としですが、全体に錆が回ってしまっていてこすっても落ちない部分がある。腐食してぼろぼろになっている部分があるならば、他の方がいわれるようにトタンの張り替えが良いと思いますよ。錆は完全に落とさなければ後でその部分から浮き上がってしまいます。

どうしても、張り替えたくないという場合は錆が残っていても大丈夫という錆止めもあります。例えば
http://www.somayq.com/products/byname/ha/004/
調べればわかりますが、ペンキに比べかなり高価です。ただ、完全に止められるとは限りません。

基本は丁寧に錆おとししてシンナー(ホームセンターでペイントうすめ液という名で売っています)を使ってふきあげます。それから錆止め塗料ですが、普通にHCで売っているもので良いと思います。出来れば油性のさび止めが良いと思います。少しでも良いものをということなら、普通の手順で塗れる一液性のエポキシが良いと思いますよ。例えば
https://joyfulhonda.jp/item/86439?gclid=Cj0KEQjw58ytBRDMg-HVn4LuqasBEiQAhPkhuqVFVOXQHTHe4xNAHfJIQbr5XBxS_b-GQE09JSeyTaUaAnhN8P8HAQ

きちんと錆止めを塗った後、上塗りでトタン屋根用の塗料を塗れば良いと思います。少しくさいですがこちらも油性の塗料がお勧めです。

あまり奇をてらわず、ごく普通のやり方を丁寧にやればそれなりに効果はありますよ。

あまり難しく考えすぎかもしれませんね。少し整理します。

まず、さび落としですが、全体に錆が回ってしまっていてこすっても落ちない部分がある。腐食してぼろぼろになっている部分があるならば、他の方がいわれるようにトタンの張り替えが良いと思いますよ。錆は完全に落とさなければ後でその部分から浮き上がってしまいます。

どうしても、張り替えたくないという場合は錆が残っていても大丈夫という錆止めもあります。例えば
http://www.somayq.com/products/byname/ha/004/
調べればわかりますが、ペンキに...続きを読む

Q木製品に塗料をきれいに塗るには?

初めて質問させて頂きます。木製品(主に小物、彫刻や小箱等)に塗料を塗ろうとしているのですが、なかなかきれいに塗ることができません。木の材質もいろいろですが、ペーパーも目の粗いものから、1000番台の水ペーパーを順に使い、かなりツルツルになる位まで磨き上げています。しかし、最後に塗料を塗るとどうしても木目がみえたり、ハケ目が目立ったり、ザラついたりしてしまいます。塗料も(主に白色)水性、油性、アクリル系、ラッカー系、プラモデル用、自動車用塗料等いろいろ試してみましたが、うまくいきません。使い方もよく知らないまま、との粉も使ってみました。塗った後、再びペーパーをかけて上塗りもしてみましたが、なんかイマイチです。筆の使い方も私が下手なんですが、きれいに塗るコツはあるんでしょうか?仕上がり目標は、ゴム印の台木上部の白い部分です。これはたぶん機械で塗ってあるんでしょうけど、それに近い位にきれいに塗ることはできないでしょうか?ご存じの方ご回答をお願い致します。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私は塗装とは違う業界のものです。裏技がありますので、御参考にしてください。
直接素材に塗料を塗るのではなく、いったん剥離紙(シールの台紙として使われている紙)に塗料を塗ります。
完全に乾かしてから、塗面を素材に当て、紙の裏側から熱で圧着してやると、塗料が素材に転写して出来あがります。
この方法ですと、出来あがりの表面はピカピカした鏡面仕上げになります。素材が平らであれば、下塗りの必要もありません。

条件は、剥離紙に乗る塗料であること、熱で接着性の生じる塗料であることなどです。アクリル系の塗料は接着性があります。熱は本当は熱ローラーでかけるのですが、ティッシュを2枚ぐらい介してアイロンを当てても可能です。(コツがいりますけど)

熱が使えない場合は、剥離紙上で完全に乾いた塗料に、木工用ボンドを塗り、素材に貼り付けて、ボンドが乾いてから剥離紙をはがします。要するに、塗料の膜を接着してやるのです。

剥離紙がない場合は、お菓子や食品の袋(ポリプロピレン)でもOKです。塗料が簡単にはがれれば良いのです。

こういった方法は、ピアノなどのようなピカピカの仕上がりにしたい時に使われるものです。箔押しと呼ばれています。

素材の表面が3次元に湾曲していると無理ですが、知っておくと、いろいろ役に立つと思います。

私は塗装とは違う業界のものです。裏技がありますので、御参考にしてください。
直接素材に塗料を塗るのではなく、いったん剥離紙(シールの台紙として使われている紙)に塗料を塗ります。
完全に乾かしてから、塗面を素材に当て、紙の裏側から熱で圧着してやると、塗料が素材に転写して出来あがります。
この方法ですと、出来あがりの表面はピカピカした鏡面仕上げになります。素材が平らであれば、下塗りの必要もありません。

条件は、剥離紙に乗る塗料であること、熱で接着性の生じる塗料であることなど...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報