人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

保証書や取扱説明書などの硬い文章の中で、句点の打ち方について質問です。

下記の例文の文章で箇条書き部分が「〜の場合」のようになっているので名詞節なのだと思うのですが、この場合最後に句点「。」は必要ですか?日本語の文法に詳しい方にご説明いただければと思います。


(例文)
以下のいずれかに該当する場合は保証の対象から除外します。
(a) 弊社へのクレーム要求が、保証期間内を越えてなされた場合。
(b) 消耗品とされる部品であり、その保証期間を越えた場合。

A 回答 (3件)

文の途中に読点があって終わりに句点がないのはおかしいです。


名詞や代名詞で一つの文が終わることを「体言止め」といい、句点は当然必要です。
詩や俳句・短歌など、もともと句読点を付けないものはもちろん不要です。
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/132988/meaning/m …

引用文やごく簡単な分の場合は例外的に句読点を省略することも認められています。

少し古いですが現在も生きている国の指針です。
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/sisaku/joh …

日本語について詳しくは、主務官庁である文化庁の「国語施策」をどうぞ。
http://www.bunka.go.jp/seisaku/kokugo_nihongo/ko …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に簡潔で説得力のあるご説明をありがとうございました!勉強になりました。

お礼日時:2017/12/28 13:23

「名詞節」とは呼ばないでしょうが、「句点」はつけることができます。

むしろあった方がいいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!「あった方が良い」という感覚的なものが私にはなかったので、勉強になりました!

お礼日時:2017/12/28 13:25

名詞として捉えれば句点はいらない。


文書として捉えれば句点はあったほうがよい。
箇条書きの場合どちらとしても捉えられるので
例示のものはどちらでもいいでしょう(まぁ文書っぽいので後者かなとも思うが)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q名詞で終わる文章にはピリオドは不要?

通常の文章の最後はピリオド(。)で終わるのが、日本語の常識ですが、例えば次のように文章が名詞で終わる場合は、ピリオド(。)は不要ですか?
例:(1)X月X日、運動会開催
  (2)X月X日、運動会を開催
  (3)X月X日、運動会にて徒競走、つなひき、騎馬戦などを実施
  (4)X月X日、運動会の徒競走にて1等賞になってガッツポーズをするA君(写真の説明)
私の考えでは、上記の内、(2)(3)のように文書としての体をなしているものはピリオド(。)をつけ、そうでない(1)(4)は不要と思いますが、近頃は全部ピリオド(。)をつける人も多いようで、判断に苦しみます。
国語の専門家の方、ご教示願います。

Aベストアンサー

「箇条書きでは『。』をつけないというルール」
「短文や箇条書きでは使いません」
「同様に、読点も箇条書きでは使いません」…

そんなルールはありません。

箇条書きであろうが何であろうが「文」の終わりには句点(マル)をうつのが原則です。
また「文章の体をなしている」か否かも無関係です。文章とは文が集まったもののことです。文章ではなく、たとえ一文であったとしても句点はうたなくてはいけません。もちろん名詞で終わっていようと倒置法であろうと、それが「文」であれば句点をうちます。

ただし、これは原則です。
箇条書きや短文の場合は、句点をうたなくともよい、ということが一般的に認められています。しかし、あくまでもうってはいけないのではなく、うってもよい、なのです。

ちょっと例を見てみましょう。
--『新明解国語辞典(第五版)』巻末より
通則7
 複合語のうち、次のような名詞は、慣用に従って、送り仮名を付けない。
(例)
(1) 特定の領域の語で、慣用が固定していると認められるもの。
  ア. 地位・身分・役職の名。
     関取 頭取 取締役 事務取扱
  イ. 工芸品に用いられた…(略)…等。
    博多織…(略)…鎌倉彫 備前焼
  ウ. その他。
-- と、こんな感じです。句点のあるところと、ないところがありますね。


--昭和23年 文部省教科書局調査課国語調査室作成『くぎり符号の使ひ方』
http://www.bunka.go.jp/kokugo/pdf/kugiri.pdf
↑ここの2ページめに句点についての説明があります。というより、この資料じたいが、箇条書き記法の参考になると思います。

結論。
箇条書きのばあい、うつかうたないかよりも全体の統一感がたいせつになります。読みやすさや体系の合理性に注意をはらいながら書けば問題ありません。

「箇条書きでは『。』をつけないというルール」
「短文や箇条書きでは使いません」
「同様に、読点も箇条書きでは使いません」…

そんなルールはありません。

箇条書きであろうが何であろうが「文」の終わりには句点(マル)をうつのが原則です。
また「文章の体をなしている」か否かも無関係です。文章とは文が集まったもののことです。文章ではなく、たとえ一文であったとしても句点はうたなくてはいけません。もちろん名詞で終わっていようと倒置法であろうと、それが「文」であれば句点をうちます。
...続きを読む

Q「体言止めに句点」について

体言止めに句点はつけないのが、一般的だと思います。
初歩的で恐縮ですが、次の件について具体例を示してご教示お願いします。

句点をつけた方が好ましい例
句点を付けるとおかしい例

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1の方と同じです。どうして「体言止めに句点はつけないのが、一般的だ」と思われたのでしょうか?

次に掲げるのは、太宰治の「グッドバイ」の冒頭部分です。

 その帰り、二人の男が相合傘《あいあいがさ》で歩いている。いずれも、その逝去《せいきょ》した老大家には、お義理一ぺん、話題は、女に就《つ》いての、極《きわ》めて不きんしんな事。紋服の初老の大男は、文士。それよりずっと若いロイド眼鏡《めがね》、縞《しま》ズボンの好男子は、編集者。

体言止めに句点は付いています。そしてこれは特別なことではありません。

Q小学校の国語の「読点(。)」について教えてください。

小学校の国語の「読点(。)」について教えてください。

お恥ずかしい話ですが、小学生の問題について教えてください。
6年生の子供がいます。
家で市販の国語の問題集をしており、
記述問題などマルかバツの判断が難しい問題は私がマルをつけています。

それで疑問に思ったので教えていただきたいのですが、
問題集の答案によって「読点(。)」があるものとないものがあります。

「おじいさんが山へしばかりに行った」
「おばあさんが川で洗濯をしていたから」というような完全な文の形ならば、
どの問題集の回答にも当然「。」はついており、
それには私もつけるべきたと思うし疑問はありません。

ですが、「しばかりに行ったおじいさん」といった語句のようなものには、
問題集によって「。」のあるものとないものがあります。
果たしてこれはつけるべきなのでしょうか、必要ないのでしょうか。

もし、つけるべきならば、
たとえば「おじいさん」という一語の回答にもつけるべきなのか、
修飾?文節?ができた時点でつけるという法則みたいなものがあるのか。
そのあたりも教えていただけると助かります。

ちなみに問題には「句読点も含む」といった指示はありません。

小学校の国語の「読点(。)」について教えてください。

お恥ずかしい話ですが、小学生の問題について教えてください。
6年生の子供がいます。
家で市販の国語の問題集をしており、
記述問題などマルかバツの判断が難しい問題は私がマルをつけています。

それで疑問に思ったので教えていただきたいのですが、
問題集の答案によって「読点(。)」があるものとないものがあります。

「おじいさんが山へしばかりに行った」
「おばあさんが川で洗濯をしていたから」というような完全な文の形ならば、
どの問題集...続きを読む

Aベストアンサー

句点は文のおわりにつける。体言止めになっている文にも同じくつける。
名詞や、名詞を修飾する語が上についた名詞句にはつけない。

と、これが原則です。たとえば「花」にはつけませんし、「赤い花」にもつけません。もっと長くなっても、「草原のそこら中に咲いているたくさんの赤い花」であっても同じくつけません。
まあ「花。」という文もありえます。「ほら、見て! 花。」など。
しかし質問が、答えとして名詞を求めている場合は名詞または名詞句で答えるのが原則です。「何ですか」「どれですか」など。「どんな○○ですか」も、名詞句を求めている質問と思われます。

もし模範解答に句点がついているなら、それは(私としては)間違いだと言いたいです。

小学生向けだからといって、ちょっと長い語句になるとなんでもかんでも句点をつけるというのは、いただけません。そんな癖をつけると中学生になってから困ります。

Q句読点の「。」をつけるかつかないか。

会社で、従業員向けに、箇条書きに近い感じでこれこれこうしてくださいと文章を書いてボードに張り出すとき、文章の末尾に「。」をつけるのかつけないのか?
箇条書きに近い感じでも、文章の末尾は、「~になった」「~だ」「~にしてほしい」など「。」が必要そうな語尾になります。
ブログを書くときに、箇条書きに近い感じで短くて読みやすい文章を書くとき、文章の末尾に「。」をつけるのかつけないのか?「~である」などこちらも「。」が必要そうな語尾になります。
この2点について回答ください。
会社の方が一番悩んでいます。

Aベストアンサー

箇条書きでも、複数の文が連なったものには付けるべきでは?

1.出勤してきたら、必ずタイムカードを打ちましょう。打つのは制服を着用し、すぐに仕事に取りかかれる状態になってからにしましょう。

という具合に。一つの文章が終わって句点を打っているのに、二つ目の文章の終わりが箇条書きの終わりだから……といって句点を打たないのはバランスとしておかしいと思います。

これが、

1.出勤してきたら、必ずタイムカードを打ちましょう
2.タイムカードを打つのは、制服を着用し、すぐに仕事に取りかかれる状態になってからにしましょう

という具合に、一つの文章で一つの箇条書きが成立する場合は、なくてもおかしくないと思います。

先の回答にもありますが、句読点の打ち方にはルールがあるようなないような、曖昧なところがあります。
個人的な趣味で決めてしまっても、絶対的な間違いだと言うことはできません。

私自身の趣味としては、上記のように、一文ならなくてもOK(入れてもOK)、複数の文なら入れる方が統一性があるように思える……ですが、これとて「正解」ではありません。

いろんな方の意見を聞いて、ご自身の感覚にしっくりするものを探してください。
でも、いろんな意見を聞くと、却って混乱するだけかもしれませんね(^_^;)。

一つだけ注意するとしたら、末尾に句点を打つか打たないか、同一文書中ではどちらかに統一すること。
これだけ気をつけておけば、どちらでも大丈夫だと思います。

箇条書きでも、複数の文が連なったものには付けるべきでは?

1.出勤してきたら、必ずタイムカードを打ちましょう。打つのは制服を着用し、すぐに仕事に取りかかれる状態になってからにしましょう。

という具合に。一つの文章が終わって句点を打っているのに、二つ目の文章の終わりが箇条書きの終わりだから……といって句点を打たないのはバランスとしておかしいと思います。

これが、

1.出勤してきたら、必ずタイムカードを打ちましょう
2.タイムカードを打つのは、制服を着用し、すぐに仕事に取りかかれる状態...続きを読む

Q箇条書きのときは句点「。」っているのでしょうか?

箇条書きをしたときに句点の扱いってどうなるのでしょう?
 ・一般的にこのような場合については句点はつかない。
 ・一般的にこのような場合については句点はつかない

 ・ちょっと長いような文に近い場合は、句点を使う。
 ・ちょっと長いような文に近い場合は、句点を使う

どうなんでしょう。
僕が思うに箇条書きは名詞句の集まりと考えているので、句点をつけないのが正しいと思っています。どなたか詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

「記者ハンドブック(第10版)」(共同通信社)を見てみました。

(以下引用)

改行で個条書きするときは、各個条の終わりに句点を付ける。ただし、簡単な個条には付けなくてよい。
(例がのっていますが引用を省略します)

文中の追い込みの個条書きでは、各個条の終わりに句読点を付けない。最後の個条と本文との切れ目には「―」を用いる。
【例】 主な業務は(1)法律相談(2)訴訟費用立て替え(3)国選弁護人の選定―など。

(引用終わり)

なお、同ハンドブックでは「箇条書き」ではなく「個条書き」となっています。
 


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング