昨年の8月から水泳を頑張っています。
小学生の時にプールに通っていたのもあって
今では約1キロ休憩なしで泳げるようになりました。
時間にして25分くらい。クロールで。

休憩などを入れれば2キロは泳げますが
続けて4キロは泳いだことがありません。
8月に遠泳大会に出場します。
こんな私が4キロ泳ぎきれるかすごく不安です。
何か海で泳ぐコツとか気を付けた方が良いことなど
ありましたら教えて下さい。
ちなみにウエットスーツは着用しません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

プールと海とでは泳ぎやすさがずいぶん違いますよ。


お恥ずかしい話なんですが、僕はプールでは50メートルくらいしか
泳げないんですけど、海で遠泳をさせられたときは200メートルを
ちゃんと泳げました。その時はコースが200メートルだったので、
それ以上泳げたどうかは断言できませんが、泳ぎ終わってもまだ余
裕が残っていました。
浮力っていうのは偉大です(笑
きっとakkochinさんも4キロ、大丈夫なんじゃないですか?
もし仮に途中できつくなっても、平泳ぎを交えれば充分に泳ぎきれ
るはずですよ。それに遠泳のときは救助の船も同行するでしょうし。
自信を持ってチャレンジしてくださいね。
    • good
    • 2

海の注意点は、水温の変化(ある場所を境に極端に体感温度が変わる事があります)


       波(顔を上げた時に波をかぶるとパニくります)
       異物(クラゲ、切れ藻、ゴミ、魚などが体に触れても驚かないように)
       潮の流れ(潮に逆らって泳ぐケースでは距離がのびないのであせります)
だと思います。遠泳の場合は、何があっても慌てずに、が基本でしょう。
足がつるのが最悪ですので、普段にもまして入念な準備運動が必要です。

皆さんおっしゃる通り、プールで1キロなら海では体力的には問題ないでしょう。一番の違いは波ですから、同じリズムで息継ぎができるとも限りません。塩水を飲み込むと一気に疲れます。プールで泳ぐ時よりも顔(口)を上にあげるように意識しておいた方が良いと思います。
    • good
    • 1

プール(淡水)でそれだけ泳げるなら全く心配ありません。

ご存じの通り海水の方が浮力がある分泳ぎやすいはずです。私はプールではそんなに泳げませんでしたが、遠泳大会では楽に一時間以上泳ぎつつけられました。
アドバイスとしては、足がつらないようにしっかり準備運動をすることですね。あと、クロールよりも平泳ぎの方がかなり楽です。(海ならほとんど顔を水につけなくても泳げるので)苦しくなったら平泳ぎで休みながら行くと良いと思います。
塩水でとても喉が乾くので終わった後の甘い物がとてもおいしいですよね!頑張って下さい。
    • good
    • 1

>何か海で泳ぐコツとか・・


って1キロ休憩なしは、海?プール?

もしプールでしか経験ないなら、とにかく海でやってみて下さい。身体の”浮き具合”はいいですが、「波」は、プールとは違います。私は、スピードを出すクロールと、遠泳用のクロールとでは、形が違うと思ってます。
遠泳のときはとくに、水の違い(ドキッとするほど冷たいところがあったり、速い流れがあったり)でパニクってしまうことが、結構危険です。

また、海で1キロ休憩なしができるなら、あとは持久力と思います。遠泳大会、経験が少ない距離であること、などから来る緊張を解いて、どれだけ落ち着いて泳げるかという精神的な面です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクロールで長く泳ぐには

平泳ぎでは1時間ぐらい平気で泳げるのに、クロールだと腕がすぐに疲れて100Mも続きません。筋肉がないほうだとは思わないのですが、何かコツがあるのでしょうか。いつも、プールでおじさんやおばさんがクロールで長時間泳いでいるのをみていてびっくりです、彼らは腕が疲れないのですかねぇ。

Aベストアンサー

人間の身体は水に浮きますよね。
この力=「浮力」を上手く使えば楽に泳げます。
浮力を上手く使うには「姿勢」が大事です。
おそらく平泳ぎでは前を向いて、一回毎に伸びて泳ぐので
比較的よい姿勢が保たれており、楽に泳げているのでしょう。
逆にクロールは姿勢が崩れていて身体が沈みがちのを
力づくでカバーしているのでしょう。
>筋肉がないほうだとは思わないのですが
むしろ筋肉があるからそうなるのでしょう。
まずは余計な力を抜くことです。

姿勢が崩れるのは大抵「呼吸」のときです。
おそらく呼吸で横を向くとき
・身体の中心軸がブレる
・頭を上げてしまい上半身が沈む
・前に伸ばしている腕が沈んでしまい水中抵抗になっている
こんなところが原因でしょう。
姿勢を練習するには「蹴伸び」が一番です。
よかったら自分の過去の回答を読んで下さい。
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=321144
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=372521

次に、No.3の方が
>普通に泳ぐ時よりも若干「なでる」感じで
と仰っているように
力づくで水を一直線に切り裂くように掻くのではなく
・水を抑える
・胸まで引く
・へそまで押しきる
と3段階で丁寧に掻きます(所謂「S字に掻く」というやつです)。
早く掻くよりも、適度の水の重みを手の平に感じながら
その重みをキープする、という感じです。
ちょっと難しいことを言うと水泳というのは流体力学ですから
直接地面を蹴って前に進むランニングとは違い
>適度の水の重みを手の平に感じながら、その重みをキープする
ことで水中に流れを発生させ、その力=「揚力」で進む訳です。
これを言い換えれば「なめる」という感じになります。
この流れの上を「なめながら」歩くように泳ぐと
イアン・ソープのようにゆったり掻いていても
どんどん進むようになります。

水の重みは「スカーリング」で学びます。
今、TVドラマ「ウォーターボーイズ」でやっている
手の平を水中でひらひらさせて浮くヤツです。
それ以上早く掻いても、疲れるばかりであまり効果はありません。

人間の身体は水に浮きますよね。
この力=「浮力」を上手く使えば楽に泳げます。
浮力を上手く使うには「姿勢」が大事です。
おそらく平泳ぎでは前を向いて、一回毎に伸びて泳ぐので
比較的よい姿勢が保たれており、楽に泳げているのでしょう。
逆にクロールは姿勢が崩れていて身体が沈みがちのを
力づくでカバーしているのでしょう。
>筋肉がないほうだとは思わないのですが
むしろ筋肉があるからそうなるのでしょう。
まずは余計な力を抜くことです。

姿勢が崩れるのは大抵「呼吸」のときです。
...続きを読む

Qクロール 「きれいに・ゆっくり・ながく」泳ぎたい

お世話になります

私は水泳暦2年の中年おやじスイマーです
水泳教室に通ったおかげで一応4泳法泳げる様になりました

泳げる様になると、だんだんと欲が出て来てタイトルの通りきれいに・ゆっくり・ながく泳ぎたくて色々練習していますがなかなか距離が伸びません

今の実力は、100Mまではターン(タッチターン)もスムースに行きますが100Mを過ぎてからはターンの度に2・3度深呼吸をして200Mが限界です

過去ログを見ても50M泳げたら50Mも500Mも一緒だとか、100Mクリアーしたらいつの間にか1000M泳げていたとか、何か漠然としてよくわかりません
経験談としてどんな練習をしたかを知りたいです(今は教室に通っていないのでコーチに聞く事はできません)

週に3回位公営のプールに行って最初は50Mを数本泳いで少しずつ距離を伸ばして最後に200Mを泳いで終わりです こんな練習の繰り返しでいいのでしょうか

因みに私の目標は1000Mを25分位のペースで泳ぐ事です

どうか皆さんの経験談をお聞かせ下さい

Aベストアンサー

小学生時代ずっと水泳やってました。

長く泳ぐ為に重要なのはやっぱりフォームと体力
かなぁと思います。

腕の水中での掻き方、伸ばし方、これらにムダがあると
それだけ余計な体力を使ってしまう割に進まない…
という事になってしまいます。
バタ足も重要です。泡ばっかり立ちすぎも駄目ですし
膝から下だけしか動かしてないと進まないし…

フォームを今一度確認するために、ビート版を使用して
腕だけ、足だけと分けてみて再度確認されてみては?

綺麗な泳ぎをしている人って大してばたばたさせてない
のにすごく早いです!!(私もそんなフォームが良い方
とは言えないので本当たいした事言える立場じゃないの
ですが…)

私も現役時代よくやった練習なのですが、
50m泳ぐ時もタイム制にしてみる。だいたい
プールってタイマーありますよね?あれを使って
50mを例えば1分10位にし、スタートして泳ぎきってを
時間内に間に合わせ、泳ぎ始めから1分10秒後には
次のスタート…をこれをだいたい
5本くらい。これをだんだん増やして100mにしてみて
とレベルアップさせていって最終的には1000mを目指す!
としてみては??

下のサイトはフォームなどについて細かく書かれて
いました、参考にしてみては??

でも一番大事なのって継続は力なり!!ですよ!
今は私も全然泳がなくなってしまいました…
健康の為にも続けられているのが本当素晴らしいと
思います!頑張って下さい!!

参考URL:http://www.sportsclick.jp/swimming/backnum.html#swimming02

小学生時代ずっと水泳やってました。

長く泳ぐ為に重要なのはやっぱりフォームと体力
かなぁと思います。

腕の水中での掻き方、伸ばし方、これらにムダがあると
それだけ余計な体力を使ってしまう割に進まない…
という事になってしまいます。
バタ足も重要です。泡ばっかり立ちすぎも駄目ですし
膝から下だけしか動かしてないと進まないし…

フォームを今一度確認するために、ビート版を使用して
腕だけ、足だけと分けてみて再度確認されてみては?

綺麗な泳ぎをしている人って大してばたばたさ...続きを読む

Qクロールで速く泳ぐ。

クロールがとても遅いです、25mを25秒位かかるのです。

ばた足だけだと全くと言っていいほど進みません。ほとんど手だけで進んでる状態。
背泳ぎだとばた足だけでも進みます。

また、平泳ぎでも背泳ぎでもピードは変わりません。

ばた足を中心に速く泳ぐコツ、練習方法などを教えてください。

Aベストアンサー

まず、ばた足の基本は太ももからのキックです。もし、膝下だけでキックしているようでしたら直さなくてはいけません。膝下キックでは大きな推進力は生まれません。#2の方がドルフィンキックについてお話しされていますが、ドルフィンキックとは腰から下を大きく使う泳法です。ただ、一般の方がにわか仕込みでやってもばた足よりは早くないと思いますが、要するに下肢全体を大きく使うことで大きな推進力を生む点では共通しています。
これらの練習方法は、プールの縁につかまり、腕を伸ばして身体を浮かせ、股の付け根から大きく柔らかく動かすようにしてみてください。おそらく身体がキックにあわせて左右にすこしローリングするとおもいますが、それが正解です。コレが出来るようになったらビート板を使って同じようにキックして泳いでみてください。以前よりは早くなっているはずです(期待を込めて)。あとは、無理に緊張して身体を硬くしないように、リラックスすることもコツの1つです。頑張って練習してみてください。

Qクロールで長く泳ぎたいです。

クロールで長く泳ぎたいです。最初の一本目なら何とか75メートルいけますが、現状50メートルでアップアップす。
私の感覚から言って、何キロも泳ぐ人はバケモノです。体が全部肺で出来てるのかと思ってしまいます・・・
最近、某有名スイミングスクールに5ヶ月通いましたので、泳ぎ方に致命的な間違いがあるとは思えません。もちろん完璧には程遠いでしょうけど。
基本的に私は健康で肥満でもなくジム通いも7年目で、30代としてはそこそこ体力がある方だと思います。2~30分泳いじゃう人と私に、泳げる距離に比例した体力差があるとは思えません。(もしかしてあるのかな?)
それに2~30分泳いでいる人の中にも、失礼ながらひどいフォームの人も見受けられます。
1、2キロ平気で泳いじゃう方。アドバイスのほどお願い致します。

Aベストアンサー

私はクロールは苦手であまり続かない方ですが、平泳ぎやバックを混ぜると1km程度は連続で泳ぎます。また、タイムは遅いですが、フルマラソン(42.195km)は何回も走っています。でも、気がついたら1~2km泳げるようになっていた人にはかえって理解できないことがわかっていると思うので、アドバイスさせていただきます。

運動を長時間続けられるかどうかは、酸素の消費量と供給能力(心肺力)のバランスがあっているかどうかにかかっています。

質問者さんは体力に自信がある方ということで、かなり筋力が発達しているのでしょう。じっとしていても筋力が酸素を消費するうえに、気楽に筋肉を動かせる(酸素を消費する)ので、多少心肺力が高くても酸素供給が追いつかないのだと思います。

長く泳ぐには、まず、酸素消費量が少ない泳ぎ方をすることです。これには多少の技術か要りますが、いちばん簡単ですぐできるのは、キックの回数を少なくすることです。脚の筋肉は大きくて、これをばたばた動かしていると、酸素をたくさん消費します。極端な話、キックはせずにバランスをとるためにふらふら動かしているくらいでいいんです。

また、酸素の供給量を増やすために、息継ぎ回数は多くしましょう。スイミングスクールで習った通りなら、だいたいは4回かく間に1回息継ぎすると思いますが、これを2回、4回、2回、4回とか、両側で息継ぎできるなら、2回、3回、2回、3回などでもいいでしょう。

50m泳げる方なら、これですぐに何百m泳げるようになると思います。心肺力をあげるには、100mくらいでばててしまうよりも、1kmくらい連続して泳げる負荷で泳いだ方が効果的です。息継ぎが多いのはかっこうわるいかもしれませんが、らくな方法で長く泳いでいれば、しだいに息継ぎは少なく、キックは多くしても持つようになると思います。

参考図書として、『ゆっくり長く泳ぎたい!』(学習研究社)、『体脂肪を燃やすスポーツトレーニング』(別冊宝島1011)などに、上記のような方法が詳しく記載されています。別冊宝島は、同じ名前の本が何冊もあるので、番号に注意してください。

私はクロールは苦手であまり続かない方ですが、平泳ぎやバックを混ぜると1km程度は連続で泳ぎます。また、タイムは遅いですが、フルマラソン(42.195km)は何回も走っています。でも、気がついたら1~2km泳げるようになっていた人にはかえって理解できないことがわかっていると思うので、アドバイスさせていただきます。

運動を長時間続けられるかどうかは、酸素の消費量と供給能力(心肺力)のバランスがあっているかどうかにかかっています。

質問者さんは体力に自信がある方ということで、かなり筋力が発達...続きを読む

Q水泳のクロールで左右で息継ぎ出来るようにするには・・・・

水泳のクロールで左右に息継ぎ出来るようになるには どうしたら よいでしょうか?

Aベストアンサー

 息継ぎしている姿勢、たとえば右で息継ぎするなら左手が前に、右手が身体の横に(足のほうに伸びている状態)の姿勢で、顔は右側を向いている状態のまま左手にビート板を持ちキックだけで25メートル進みます。
 端まで行ったなら、戻ってくるときは手と顔の向きを逆にします。つまり同じ景色をみて帰ってくることになります。

 これを何度か繰り返したら、今度はビート板を持った状態で交互に息継ぎをしながら泳ぎます。もちろんゆっくりでかまいません。

 こうすることで身体が覚えてくれるので、自然に左右で息継ぎができる・・・はずです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報