【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

今、2ストTZR125RRの、デロルトVHSA32GSキャブの調整をしています。
フロート室、ジェット類の清掃や交換は済んで、無事にエンジンがかかりました。
ただ、アイドリングが高めで、調整ネジでも上手く収まらず、不安定なので、パイロットエアスクリューの調整をしなくてはならないと言われました。

サービスマニュアルには、
「パイロットエアスクリュー規定値:2-1/2」と表記されています。
これは、軽く全部締め込んだ後、2回転とあと半分緩めた場所が、デフォルトという意味でいいのでしょうか?

目標は、アイドリングの安定です。
1500~1700ぐらいで、安定してアイドリングしてほしいのです。
実はタコメーターも3000以下が表示されないので、なおさらわかりにくいです。
今、高めというのは、けっこう3000近いです。
こんなの、アイドリングじゃないですね。

分かる方、調整の仕方も含め、お願いします。

A 回答 (3件)

エアスクリュー戻しはそれであってますが、アイドリング調整ネジで収まらなくて、高めで不安定って事なので、マニホールドが劣化して亀裂があるとか、緩みとかで二次エアーを吸っている可能性もあるかもですね。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
マニホールドというのは、エンジンにキャブを取り付ける硬質ゴム製の通路的なパーツですね。
なるほど、外してみて、亀裂が入ってないか、締め付けが緩くないか、見てみます。

お礼日時:2018/08/05 21:22

No2さんの二次エアーに一票。


マニホールドのパッキン取り付け不良は、
結構起こしやすいミスです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
マニホールドというのは、エンジンにキャブを取り付ける硬質ゴム製の通路的なパーツですね。
なるほど、外してみて、亀裂が入ってないか、締め付けが緩くないか、見てみます。

お礼日時:2018/08/05 21:22

ほかのバイクのアイドリング音を録音してきて音の周波数を聞き比べる

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2ストで薄い症状と焼きつきについて

2ストで薄い症状と焼きつきについて
2ストのバイクにパワーフィルターをつけたら混合気が大幅に変わったのでジェッティングしてるのですが、薄いことによる焼きつきについて質問したいと思っています。
薄い症状だとよく焼きつきするといいますが、快調に走れている状態でも焼きつきするものなのでしょうか?たとえば薄いとノッキングやデトネーションがおきるとのことですが、その症状を感じなくても焼きつくもんなのでしょうか?4ストだと焼きつく前に不調を感じるとは聞いたことはありますが・・・実際どうなんですかね・・・
詳しい方、ご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

2ストの場合、ピストンの熱をシリンダに逃がすと共に、混合気によりピストンを冷やします。
ですからピストンがそれなりに熱くなっている状態の時、混合気が薄くなると焼きつきやすくなります。
とくに全開走行の後(サーキットのストレートエンド等)アクセルを閉じた瞬間に吸入する混合気が減り、焼きつく事が多いです。

混合気はなるべく薄い方が良く回り絶好調になりますが、薄くしすぎると焼きつきが待っていて、その差は紙一重です。
ピストンの温度次第なので、同じセッティングでも天候や温度、コースのレイアウトや乗り方等で焼きつく点は変わります。

薄い症状は、絶好調が薄い症状とも言えます。あとはトルクが減った感じがすると思います。
極端に薄い場合は失火します。(も~~~って感じ)

パワーフィルターにしたのであれば、スロー系(パイロットジェット)も濃く(大きく)しないと、セッティングは出ないと思います。

Q2ストチャンバーの洗浄の方法

2ストチャンバーの洗浄方法といえば火であぶったり薬品を使ったりが一般的かと思いますがその他に良い方法はありますか?ちなみにまだ試していませんがマジックリンなどの洗剤+チェーンを中にいれて振るというのはきれいになりそうですか?良い方法がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

私もチャンバーの洗浄になにか良いほうがないかと模索したことがありました。マ*ラーストー*など。
ですが、廃液の処理などどれもいまいちでした。

それで、バイクの修理にあまり詳しくないけど、化学には詳しい友人に方法を聞いたところ

「焼くのが一番じゃないかな」との返答。
彼は2ストチャンバーを焼いて清掃することなど知らないのにその結論を出しました。
考えはこうです。

1.すすは元来、鉄とくっついたりしない。
2.くっつく理由は油である。
3.油は燃える。
4.すすも高温になればもえる。
(すすは化学的には燃焼後の不燃物ではなく温度により性質が変わったものだそうです。)

ゆえに、オイルを燃やし、すすが燃えるほどの高温で焼けばよいとの結論にむすびついたそうです。
「フイゴなどで空気を送り込みながら焼いたら?」
って事だそうです。
だから、化学的にも燃やすのは理にかなっているみたいです。

で、燃やそうかなと思ったのですが、街中に住むとそうはいきません。結局バイク屋さんに頼みました。(3,000円でした。)

ちなみに私が考えた方法を書きます。(未実行)
1.チャンバーの口をふさぎ中に重曹をとかした水を入れる。
2.チャンバーを火にかけやかんのように煮る。
です。
でも、手間や廃液の問題、ノーマルマフラーの内部構造が複雑で廃液が出てこないのでは?、効果も不明と考えて結局やりませんでした。
廃液処理の環境など整っていれば実験したいんですけどね。

私もチャンバーの洗浄になにか良いほうがないかと模索したことがありました。マ*ラーストー*など。
ですが、廃液の処理などどれもいまいちでした。

それで、バイクの修理にあまり詳しくないけど、化学には詳しい友人に方法を聞いたところ

「焼くのが一番じゃないかな」との返答。
彼は2ストチャンバーを焼いて清掃することなど知らないのにその結論を出しました。
考えはこうです。

1.すすは元来、鉄とくっついたりしない。
2.くっつく理由は油である。
3.油は燃える。
4.すすも高温に...続きを読む

Q正しいエアースクリューのセッティング

NS-1に乗っています。

どなたか正しいエアースクリューのセッティング方法を教えてください。
サイトによって違うので、こちらで質問しました。

どなたか詳しく教えてください><;

Aベストアンサー

NS-1と同じエンジンである、NSR50の調整方法を記しますので参考にして下さい。
(ホンダが公表している調整方法です)

------------------------------------------------------------------------------------
調整はエンジン暖気終了後に行う。

1、エアスクリューを軽く閉めこんだ状態より標準戻し回転数1回転だけ戻す。
  (標準戻し回転数1回転はNSR50の参考値)

2、スロットルストップスクリューを回して、規定のアイドリング回転数にする。
  (NSR50の参考値は 1400±100rpm )

3、エアスクリューをゆっくりと左右に回して、エンジン回転の最も高くなる位置にする。

4.再度スロットルストップスクリューを回して、規定のアイドリング回転にする。

軽くスナッピングを行い、繋がりやアイドリング回転に変動がないことを確認する。

変動が見られる場合は2~4を繰り返す。


参考資料:ホンダNSR50/80サービスマニュアル
------------------------------------------------------------------------------------

2サイクルの場合、そもそもアイドリングが安定していない為、
実際のところエアスクリューを回してみても、
なかなかエンジン回転数の変動が分かり難いと思います。

同様に、「回してもエンジン回転数の変動が分からない」という場合には、
とりあえず標準戻し回転数に合わせておけば、大きな不都合も無いと思われます。

回転数の変化があった場合でも、それが標準戻し回転数から大きく外れてしまう場合には、
他に問題がある事が考えられます。
ANo.1 さん、が書かれているように、標準戻し回転数±1/4 の範囲で調整してみて下さい。

また、NSRとNS-1は基本的に同じエンジンですが、セッティングの違いや
バイクの年式等により調整値が変わっている場合があります。

万全を期すのであれば、
ホンダの客相へ年式や車体番号を伝えて、
「規定アイドリング回転数」と「標準戻し回転数(エアスクリュー)」についての
正確な情報を問い合わせる事をおすすめします。

NS-1と同じエンジンである、NSR50の調整方法を記しますので参考にして下さい。
(ホンダが公表している調整方法です)

------------------------------------------------------------------------------------
調整はエンジン暖気終了後に行う。

1、エアスクリューを軽く閉めこんだ状態より標準戻し回転数1回転だけ戻す。
  (標準戻し回転数1回転はNSR50の参考値)

2、スロットルストップスクリューを回して、規定のアイドリング回転数にする。
  (NSR50の参考値は 14...続きを読む

Qアイドリングスクリューの調整

アイドリングスクリューなのですが、あれは回すのに限界ってあるのでしょうか?
(右に回し続けると締まりきって回らなくなるなど)
回すとずっと回ってそうな気がしますが・・・
ちょっといじくりすぎたせいで右に回しすぎたのか左に回しすぎたのかが分からなくて困っています。
なので一度調整のため締め切りたい(アイドリングを完全に下げた状態にしたい)のですがどうしたらよいでしょうか?

バイクはゼファーです。

Aベストアンサー

アイドルリングアジャストスクリューは右に回すと通路が閉まっていき閉まりきるとそれ以上回らなくなります。ただ、キャブレータはアルミ製(=やわらかい)なのであまり強く締めすぎると、キャブ側側のねじをなめてしまいます。
左に回すとねじが緩んでいき、いつかは外れます。

アイドリング状態で右に回しすぎるとやがてエンストします。左に回しすぎるとエンジンの回転数が上がっていきます。アイドリングが安定してきたところで止めればいいです。
エンジン回転計を持ってない場合は、音で判断すればいいでしょう。
エンジン回転計がある場合は、メーカー指定値にあわせればいいです。
アイドリング中エンジンが止まるようだったら左に回して緩める。(通路が広くなる)
アイドリングが高いなと思ったら右に回して締める。(通路が狭くなる)
慣れないうちは半回転ずつとか、1回転ずつとか決めて調整すればいいでしょう。

Q(キャブ)薄くすると回転数が上がるのはナゼですか?

エアスクリューを開けて薄くすると回転数が上がるのはナゼですか?

また…寒い日にチョークONで濃くても回転数が上がるのはナゼですか?
薄い方がレスポンス良で
トルクが細くなる気がします(;_;)

素朴な疑問ですが宜しくお願いします。

Aベストアンサー

最初の質問の、ASを開けて薄くすると回転数が上がる理由は、空燃比が理想値に近づくからでしょう。バイクが何だかわかりませんが、最も回転数の上がるところから半回転程度締めこめとサービスマニュアルで指示してるバイクが多いです。理想値は負荷のほとんどない場合はいいですが、乗ってみると付きが悪いです。

2つ目の質問、冷えてるときは燃料が気化しにくく燃えにくいため、チョークを使わないと薄すぎることになって始動しにくいです。で、チョークを使って濃くして空燃比を上げています。始動直後から少し温まるくらいまでだと気化の具合とつじつまが合って回転が上がります。が、そのうち本当に温まると濃すぎる状態になり、やがてかぶってエンストします。

あなたの感じ方は正しいと思いますよ。薄いと(限度はあるけど)レスポンスが良くなりますが、トルク感は薄くなりますね。


人気Q&Aランキング