【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

下のように縦5横5計25個の点が格子状に等間隔に
並んでいる時に、4つの点を頂点とする正方形は、
いくつ出来るのか、という問題。

 。 。 。 。 。
 。 。 。 。 。
 。 。 。 。 。
 。 。 。 。 。
 。 。 。 。 。
 
正直言えば、プレゼントクイズなのですが…(^^;
教えてください。答えと解法

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

正直で、よろしいっ!



格子点がN行N列並んでいる場合についてやってみましょう。

●ある頂点から出発して、反時計回りに正方形を描くことにします。そうすると、最初の辺を決めてしまえば正方形が決まりますね。
最初の辺は必ず下もしくは右下の方に進むことに決めましょう。どんな正方形でも、反時計回りに描いたとき4つの辺のうち丁度一つがこの条件を満たします。だから、最初の辺の選び方を尽くせば、全部の正方形が数えられます。

●最初の辺は出発点と、もう一つの点を繋ぐ。このもう一つの点が出発点に対して、下に幾つ、右に幾つずれているか、を考えます。下へのずれをS、右へのずれをMと書きましょう。このような正方形を(S,M)と表します。すると、Sは1,2,3,4,....,N-1のどれか、Mは0,1,2,3,4,....,N-1のどれかです。

●正方形が格子点N×Nから飛び出してしまってはいけませんので、出発点として選べる点と選べない点があることがお分かりでしょう。SとMを決めると、どの点が出発点として選べるかが決まります。そのような点が何個あるかを数えれば、正方形(S,M)の個数が分かります。これをC(S,M)と書くことにします。

●では、出発点として選べる点の数C(S,M)を計算する方法を考えます。
このためには、まず正方形の「幅と高さ」を計算します。「幅」というのは、その正方形が格子点を何列必要とするか。「高さ」とは格子点を何行必要とするか。もちろん「幅」=「高さ」です。そこで、正方形の「幅と高さ」をW(S,M)と書くことにします。「幅」を考えると、最初の辺が右にM進んで、2つ目の辺は右にS進む。残りの2つの辺は左へ進むだけなので、考えなくて良い。だから、「幅」はM+S。
W(S,M) = M+S
です。
ということは、N列並んでいる格子点のうち、N-W(S,M)列だけから出発点が選べる。またN行並んでいる格子点のうち、N-W(S,M)行だけから出発点が選べる。したがって、
C(S,M) = (N-W(S,M))×(N-W(S,M)) .... N>W(S,M)のとき
C(S,M) = 0 .... N≦W(S,M)のとき
です。

●正方形が幾つあるか。
C(S,M)>0の項だけ書くと、
S=1のとき C(1,0)+C(1,1)+...................+C(1,N-2)
S=2のとき C(2,0)+C(2,1)+.......+C(2,N-3)
:
S=N-1のときC(N-1,0)
と、これだけあります。Nが5ぐらいだったら、各項を計算していけば出来ますね。

●でも最後まで追いかけてみましょうか。
正方形の数Tは
T=Σ{S=1~N-1} Σ{M=0~N-S-1}[ (N-M-S)^2 ]
(「Σ{i=m~n}[F(n)] 」は F(m)+F(m+1)+.....+F(n)の意味。「x^2」はxの2乗の意味です。)
ここで
(N-M-S)^2 = (N-S)^2 - 2(N-S)M + M^2
従って
T=Σ{S=1~N-1} Σ{M=0~N-S-1}[(N-S)^2 - 2(N-S)M + M^2]
=Σ{S=1~N-1} [Σ{M=0~N-S-1}[(N-S)^2] - Σ{M=0~N-S-1}[2(N-S)M] + Σ{M=0~N-S-1}[M^2]]
=Σ{S=1~N-1} [(N-S)(N-S)^2 - 2(N-S)Σ{M=0~N-S-1}[M] + Σ{M=0~N-S-1}[M^2]]
これに
Σ{M=0~N-S-1}[M] = (N-S-1)(N-S)/2
Σ{M=0~N-S-1}[M^2]= (N-S-1)(N-S)(2(N-S)-1)/6
を代入すると、
T=Σ{S=1~N-1} [(N-S)^3 - (N-S-1)(N-S)^2 + (N-S-1)(N-S)(2(N-S)-1)/6]
ここで、[]内は
(2(N^2)+3N+1)N/6-(1/3)(S^3)+((2*N+1)/2)(S^2)-((6(N^2)+6N+1)/6)S
ですから、
T=(N-1)(2(N^2)+3N+1)N/6
-(1/3)Σ{S=1~N-1}[S^3]
+((2N+1)/2)Σ{S=1~N-1}[S^2]
-((6(N^2)+6N+1)/6)Σ{S=1~N-1}[S]
です。
Σ{S=1~N-1}[S]= N(N-1)/2
Σ{S=1~N-1}[S^2] = (N-1)N(2N-1)/6
Σ{S=1~N-1}[S^3] = ((N-1)N/2)^2
を代入すると、
T=(N-1)(2(N^2)+3N+1)N/6
-(1/3)((N-1)N/2)^2
+(2N+1)(N-1)N(2N-1)/12
-(6(N^2)+6N+1)N(N-1)/12
整理しますと、
T= (N^2-1)(N^2)/12

●計算間違いはしょっちゅうやりますんで、チェック宜しく。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございました。
最初の説明がとてもわかりやすかったので、
その後の式を自分で導くことも出来ました。

人に説明するって難しいですね~(^^;
「計算間違い」の件、下の方と回答が同じになるので、
合っていると思います。
一応、チェックはしてみますが…

ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/20 14:26

2つの整数の組(i, j) (1≦i≦n, 0≦j≦n, i+j≦n)に対し、1つの正方形の角度と大きさが重複なく決まります。


つまり、点O(0, 0)、点A(i, j)、点B(i-j, i+j)、点C(-j, i)として正方形OABCと角度・大きさが同じ正方形です。

重複なくと言うのはある(i, j)に対する正方形と、(i, j)とは異なる整数の組(i', j')に対する正方形の角度と大きさが同じにはならないと言う意味です。
これは
1≦i≦n, 0≦j≦n
とした事により保証されます。

この角度・大きさの正方形がn*nの格子点上にn(i,j)個入るとすると
n(i, j) = {n - (i + j)}^2
よって、n*nの格子点に含まれる正方形の総数は
Σ{j=0~n-1}Σ{i=1~n-j} n(i, j)
= Σ{j=0~n-1}Σ{i=1~n-j} {n - (i + j)}^2
= Σ{j=0~n-1}Σ{i=1~n-j} i^2
一般解は深追いすると大変な事になるのでこの辺で止めておいて問題のn=5の場合の答えを出しましょう。
Σ{j=0~n-1}Σ{i=1~n-j} i^2
= Σ{j=0~4}Σ{i=1~5-j} i^2
= Σ{i=1~1} i^2 + Σ{i=1~2} i^2 + Σ{i=1~3} i^2 + Σ{i=1~4} i^2
= 1 + (1 + 4) + (1 + 4 + 9) + (1 + 4 + 9 + 16)
= 50
と言うわけで50個入ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こういう回答を待っていました。(;。;)
確かに「数える」っていうのも手だと思うんですけど、
曲がりなりにも数学屋なので…
(なら、自分でやれ、っていうのも聞こえそう…(^^;)

何を今さら、と思われると思うんですが、
一般解で考えればよかったんですね。
まず条件式を整えるあたりから勉強しなおします。

とても役に立ちました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/20 14:22

そこまで分かっているなら、後は数えるだけかと思いますが。

    • good
    • 0

brogieさんのをちょっと拝借



>格子点の記号を下のようにします。
>A1,B1,C1,D1,E1
>A2,B2,C2,D2,E2
>A3,B3,C3,D3,E3
>A4,B4,C4,D4,E4
>A5,B5,C5,D5,E5

辺が1の正方形⇒4×4=16個
(左上の点がA1~4、B1~4、C1~4、D1~4)
辺が2の正方形⇒3×3=9個
(左上の点がA1~3、B1~3、C1~3)
辺が3の正方形⇒2×2=4個
(左上の点がA1~2、B1~2)
辺が4の正方形⇒1×1=1個
(左上の点がA1のみ)

で、合計30個
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます…
ですが、お二人とも「斜めの正方形」が抜けてません?
実は、それがやっかいなので悩んでいるのですが…

お礼日時:2001/07/20 11:50

格子点の記号を下のようにします。



A1,B1,C1,D1,E1
A2,B2,C2,D2,E2
A3,B3,C3,D3,E3
A4,B4,C4,D4,E4
A5,B5,C5,D5,E5

A1を左上に格子点を持つ正方形は4個です。
B1を左上に格子点を持つ正方形は3個です。
C1を左上に格子点を持つ正方形は2個です。
D1を左上に格子点を持つ正方形は1個です。
A2を左上に格子点を持つ正方形は3個です。
B2を左上に格子点を持つ正方形は3個です。
C2を左上に格子点を持つ正方形は2個です。
D2を左上に格子点を持つ正方形は1個です。
A3を左上に格子点を持つ正方形は2個です。
B3を左上に格子点を持つ正方形は2個です。
C3を左上に格子点を持つ正方形は2個です。
D3を左上に格子点を持つ正方形は1個です。
A4を左上に格子点を持つ正方形は1個です。
B4を左上に格子点を持つ正方形は1個です。
C4を左上に格子点を持つ正方形は1個です。
D4を左上に格子点を持つ正方形は1個です。

4+3+2+1+
3+3+2+1+
2+2+2+1+
1+1+1+1
=30

です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高校数学・場合の数 長方形の数

以下の問題が全然分からなかったのですが、、
・平面状で縦には6本の平行線が3cmの間隔で並び、横にはそれらに垂直で交わる8本の平行線が2cmの間隔でならんでいる。この図の中にある長方形の個数を求めよ。
なんですが、ヒントに長方形は縦、横2本ずつの直線で1つ決まるとあり、答えも6C2*8C2=420 となっていました。
なんで2本なのか全然意味が分かりません。問題に欠陥ないでしょうか?どなたかお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

> ヒントに長方形は縦、横2本ずつの直線で1つ決まるとあり、答えも6C2*8C2=420 となっていました。
> なんで2本なのか全然意味が分かりません。問題に欠陥ないでしょうか?どなたかお願いしますm(_ _)m

縦2本、横2本の線を引っ張れば、
この4本の線に囲まれた長方形ができあがりますよね。
模範解答ではこの「4本の線に囲まれた長方形の数」を数えています。

Q格子点という用語について

 中学生の時、塾の問題で「格子点」という用語を知りました。その後学校の授業で「格子点を~」と口にしたら数学の教員に「格子点という用語は無い」と言われました。

 実際の所、「格子点」という用語は数学の世界に存在するのでしょうか。それとも、受験問題や塾の教材だけに出てくる隠語のようなものなのでしょうか。教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

格子点とはx座標、y座標ともに整数である点のことですよね?
中学生の頃に自分も習って、一般用語だと思っていました。
英語でもlattice pointという言葉があり、一般的な数学用語だと思います。

ちなみに、学習指導要領にこの用語は載っていないので、中学生が必ず知っている話ではありません。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/youryou/main4_a2.htm

しかし、「指導要領 格子点」で探すと、学習指導要領の"観察,操作や実験を通して"を満たすために格子点を取り入れた指導案というのを幾つか見ることができるので、教えてはいけない内容というわけでもないように思います。

...というわけで、数学の教員が不勉強なだけではないですか?というのが自分の感想です。

Q円の中に図形が何個入るのか

いくつか似ている質問をさせてください。
直径100cmの円の中に、一辺が1cmの四角形が何個入りますか?
直径100cmの円の中に、一片が1cmの正三角形の場合は何個入りますか?
直径100cmの円の中に、二等辺三角形ABCで、ABとACの辺の長さが1cmで、Bの角度と、Cの角度が45度の場合は何個入りますか?

数学は苦手なので、計算方法はできれば簡単に教えてください。

Aベストアンサー

1)半径が1cmの扇形(角度90度)の円弧の長さは0.5π。直径100cmの円周は100π。つまり、半径1cmの扇形が100/0.5=200個と1cm^2の四角形がいっぱいで直径100cmの円は成り立ちます。だから、面積を求めてやればOK?
 ((50×50×π)-200×(1×1×π/4))=2500π-50π=2450π≒7693個 (四角形の面積は1cm^2だから)
2)は角度60度の扇形
3)は135度の扇形
で考えて、それぞれの単体の面積を求めるってカンジですかね。

Q円と球の内部の格子点について

円と球の内部の格子点についてですが。

格子点とは座標系において、その値が整数であるような点のことです。たとえば、二次元平面(xy平面)では、(1、1)や(2、1)といった点を指し、(1.2、2.5)といった少数や分数となるような点は格子点ではありません。
問題はここからです。

xy平面において、原点中心、半径rの円を考えたとき、その内部に含まれる格子点の数をSrとする。ここで、rは正の整数とする。(例えば、単位円(r=1)の場合、条件を満たす格子点は(0,0)、(0,1)、(1,0)、(-1,0)、(0 ,-1)であるからS1=5である。)
Srを求めよ。これはもちろんrの関数になります。

次に、xyz座標空間になったとき、原点中心、半径rの球を考えたとき、その内部に含まれる格子点の数をVrとする。Vrを求めよ。

Vr/Sr をn→∞としたときの値を求めよ。

おそらく、これは発散するかと思います。SrやVrの求め方はおそらく区分求積法、法則性を見つけ出す(数列の漸化式を解く)方法かとも思うんですが、よくできないので、教えてください。
また、この極限値の問題はnC2 と nC3 に関係があるかと思います。
できれば、ヒントだけでなく、「答え」を教えてもらえるとありがたいです。

円と球の内部の格子点についてですが。

格子点とは座標系において、その値が整数であるような点のことです。たとえば、二次元平面(xy平面)では、(1、1)や(2、1)といった点を指し、(1.2、2.5)といった少数や分数となるような点は格子点ではありません。
問題はここからです。

xy平面において、原点中心、半径rの円を考えたとき、その内部に含まれる格子点の数をSrとする。ここで、rは正の整数とする。(例えば、単位円(r=1)の場合、条件を満たす格子点は(0,0)、(0,1)、(1,0)、...続きを読む

Aベストアンサー

Sr や Vr を r の式で表示するのは、難しそう。
lim[r→∞] Sr/(πr^2) = 1 と
lim[r→∞] Vr/{(4/3)πr^3} = 1 を示すのは、
それぞれ、円と球との求積そのもの。
円を正方形で、球を立方体で、覆うことを考えよう。
そこから、lim[r→∞] Vr/Sr の発散は言える。

Q方眼紙に含まれる長方形の数

方眼紙に含まれる長方形の数

高校数学で升目の中に長方形がいくつあるか数え上げる問題がありますよね?
解答には縦線と横線を2本ずつ選ぶ組み合わせが載っていますが、(mC2×nC2というようにです。)
これでは正方形の場合も数えることになってしまいますよね?
正方形も長方形の一種という考え方でいいんでしょうか?
どなたかご教授ください。

Aベストアンサー

 なかなか厄介な問題ですよね。私見ですが述べさせてください。

 まず長方形の定義を改めて考えてみます。長方形とは四角形のうち、
4つの角がすべて90度であるもの、といえると思います。

 ただ、これは正方形でも同じ定義を満たすことになりますよね。
要するに正方形は、長方形の中でも、4つの辺の長さが全て同じに
なるという「特別な長方形」であるともいえるわけです。

 というわけで、問題に「正方形は除く」とか別段の指示がなければ、
正方形も含めて数えてよいと思います。


人気Q&Aランキング