出産前後の痔にはご注意!

質問でもなんでもないですが
なんで磁束密度というのですか?

電場に対応するのは磁束密度ですよね。
実際 電気力線に磁束線
「場」という物理的状態はB=νHの方が合っています。
じゃあ
磁"場"という言葉はHよりBの方が似合っている気がします。
電場に対応するのが磁場 って方がわかりやすくないですか?
というどうでもよさげな質問に答えてくれる方回答お願いします

A 回答 (2件)

もともと、磁力については、磁力線と言うものを想定していますね、それの束になったものが磁束、束なら当然、蜜度が問題になります。


電場については、電力線、なんて線として想定していませんね。
>電場に対応するのは磁束密度ですよね
「よね」?、否、不同意です、この認識が誤り、電場に対応するのは磁場です。
したがって、以降はすべて根拠のない考えに基づく質問になります。
    • good
    • 0

>電場に対応するのは磁束密度ですよね。



違います。「電場」に対応するのは「磁場」です。

そして、その「磁場の大きさ」「磁場の強さ」を表わすパラメーターが「磁束密度」です。

「電場の大きさ」「電場の強さ」を表わすものとして「電気力線」とか「電束」があるのと同じです。

「電気力線」に「磁力線」が、「電束」に「磁束」が対応していると考えればよいです。

>「場」という物理的状態はB=νHの方が合っています。

それは単に「大きさ」を表わす「単位の換算」を意味しているだけで、物理的な「場」の実態を表わしているわけではありません。
物理量としては、「H は E-H 対応における磁場の大きさ」であり、「B は E-B 対応における磁場の大きさを表わす磁束密度」であって、「同じもの」でその単位換算に「透磁率 μ をかける」ということです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q金属原子以外は常温で自由原子をもたないんですか?

金属原子以外は常温で自由原子をもたないんですか?

Aベストアンサー

自由電子は半導体にも存在します。むしろ、自由電子を有する物質は金属と半導体に分類できると言うことが出来るでしょう。半導体の自由電子は金属の自由電子に準じる特性を有しますが、決定的に異なる点もあります。
第1に、金属の自由電子の密度は、金属原子と同程度の値であって、その値は温度で変わりません(絶対零度でも変わらない)。ところが、純粋な半導体の自由電子の密度は、金属よりも圧倒的に少なく、しかも指数的な温度依存性があって低温になるほど密度が小さくなります。このため、零下20度程度でも動作しなくなる半導体素子もあります。反対に温度が高くなるとの自由電子密度が大きくなって、早晩、半導体素子の制御が出来なくなります。高電圧が加わっている場合には、破壊に至る熱暴走を引き起こすのが通例です。(さらに、半導体の自由電子の密度は、それに導入された不純物濃度に決定的に影響される特徴もあります)
第2に、金属の自由電子の運動速度は1,000km/s程度で、しかも温度依存性がありません(フェルミ速度と言われてます)。ところが、半導体の自由電子は熱エネルギーに相応する運動エネルギー(m v^2/2 = (3/2)kT)を有します(いわゆる熱速度: v≈ 100km/s @300K)。金属の自由電子よりも大幅に小さく、しかも温度の平方根に比例して小さくなります。

半導体の教科書には、もちろん第1の特性がもたらされる理由が説明されています。ところが、第2の特性についての説明がないのが不思議です。

自由電子は半導体にも存在します。むしろ、自由電子を有する物質は金属と半導体に分類できると言うことが出来るでしょう。半導体の自由電子は金属の自由電子に準じる特性を有しますが、決定的に異なる点もあります。
第1に、金属の自由電子の密度は、金属原子と同程度の値であって、その値は温度で変わりません(絶対零度でも変わらない)。ところが、純粋な半導体の自由電子の密度は、金属よりも圧倒的に少なく、しかも指数的な温度依存性があって低温になるほど密度が小さくなります。このため、零下20度程度でも...続きを読む

Qアルキメデスの原理の説明の謎

①よくネットでは、満杯にした浴槽に物体を沈めた時、溢れ出た水と沈んだ物体の重量が等しいと記載されているのですが、同じ体積でも物体によって比重はマチマチですから、例えばガラス球とウラン球なら重量(比重)は当然違うでしょうから、溢れ出た水と沈んだ物体の重量が等しいというのは間違いではないかと思うのですが、如何でしょうか?

②よくネットの船舶関係の記事(特に軍用艦関係)では、船を浮かべた時に排水した水と、当該船舶の重量が概ね等しいとの記載が有ります。
「喫水線下の重量と、排水した水の重量が同じ」という意味なのか、「喫水線上の構造物も含めた船舶全体の重量と、排水した水の重量が同じ」という意味なのか、どちらの意味なのでしょうか?
※「痩せ馬」現象などの細かい誤差は考えません。

Aベストアンサー

水に浮かぶものをいれないと、成り立たないね。

喫水線上の構造物も含めた船舶全体の重量と、排水した水の重量が同じという意味。

Qこれまでに物理の問題で「質量をmとする」のように単位なしの物理量が与えられることが何回かありました。

これまでに物理の問題で「質量をmとする」のように単位なしの物理量が与えられることが何回かありました。これは量そのものを表すとかで,単位ありのときと特に差異なく考えればいいみたいに聞いたのですが,よく考えると例に挙げた質量などは無次元量ではないですよね?たしか物理量=数値×単位ですから,単位が変わると数値も変わってしまい(ex:1.0kg=1.0×10^3g),単位不明では諸々の公式が使えないと思うのですが,どうなのでしょうか?また,そもそも単位なしの物理量が量そのものを表すというのは単純に単位が不明で,質量がmと言われたらm[g]かもしれないしm[kg]かもしれない…それらをまとめてmと表す,ということですか?

Aベストアンサー

No.2です。「お礼」に書かれたことについて。

>ああ,不定ではなくむしろ任意と考えればいいのですね。

はい。

>質量をm[g],加速度をa[m/s^2]と与えると,質量の単位をkgに換算してから力F=ma/1000Nが求められますが,このように単位ごとに換算しなければいけないので,どんな単位でも運動方程式が成り立つわけではないですよね?

「ニュートン」という単位をそのまま使うからそういうおかしな話になります。
質量を「グラム」、長さを「cm」にするときには、力の単位を「ダイン」に変えて使います。
「1グラムの質量に、1 cm/s^2 の加速度を生じさせる力を1ダイン [dyn] とする」
という定義です。いわゆる「CGS単位系」(長さ:cm, 質量:g, 時間:s)における「力の単位」です。
これを使うことで「CGS単位系」においても
 F = ma
の式が成立します。

こういうことが「単位系」という考え方です。異なる単位系に単位を使う場合には、「換算」定数を介在させる必要があります。
 1 N = 1 * 10^5 dyn
など。
もし、力を「kgf」(キログラム重)にするのであれば、これは「MKSA単位系」でも「CGS単位系」でもないので、m:kg,
a:m/s^2 を使う場合には
 F = ma
の式をそのままでは使えないので、換算定数が必要です。

>だから教科書の公式を用いて解くような高校物理の問題で量を代表的にmなどと与えられても公式が使えず何もできないと思うのですがいかがでしょうか?

上に書いたように、きちんと「単位系」という考え方に従えば何の問題もありませんよ。高校の教科書にも、そういった「単位系」について最初に書いていると思います。

No.2です。「お礼」に書かれたことについて。

>ああ,不定ではなくむしろ任意と考えればいいのですね。

はい。

>質量をm[g],加速度をa[m/s^2]と与えると,質量の単位をkgに換算してから力F=ma/1000Nが求められますが,このように単位ごとに換算しなければいけないので,どんな単位でも運動方程式が成り立つわけではないですよね?

「ニュートン」という単位をそのまま使うからそういうおかしな話になります。
質量を「グラム」、長さを「cm」にするときには、力の単位を「ダイン」に変えて使います。
「1グラム...続きを読む

Q真空中の光速より早く情報を伝達することは可能? 長い棒があったとして、この端っこを押すと反対側の端っ

真空中の光速より早く情報を伝達することは可能?

長い棒があったとして、この端っこを押すと反対側の端っこは同時に飛び出しますが、これは一般的な感覚としては全く同時に思えます。

もしそうならば、光速より早く情報を伝達できているように思えます。
これはそうなのでしょうか?
それとも違うとすればどういう理由でしょうか?
人の目には同時に動いていように見えるけど、実際には同時ではなく、棒の端と反対側の端では遅れがあるということでしょうか?

Aベストアンサー

例えば長さ 1m の金属棒の端を押すと、端の動きが反対側の端に伝わるまで
0.2ms(5千分のー秒)とかそのくらいのオーダーの時間がかかります。
これは「実測」されている値です。

0.2 ms は人間には関知不能の短さですが、光は1 mを10億分の3. 3秒で
駆け抜けます。比較になりません。

例えば月まで鉄棒もし渡せたとすると、
地球で端を押すと月側の端が動くのは18時間後(^-^;
光なら1.3秒です。

Q矩形波のスペクトラムについて

立ち上がり/立ち下がり時間100psの矩形波をバンドパスフィルタ(帯域が1.5GHzから3GHz)に通したあとの出力波形をSimlinkを利用してシミュレーションしました。
入力矩形波の繰り返し周波数は(500MHz,500kHz,500Hz)で、それぞれデューティ比50%です。(立ち上がり時間/立ち下がり時間は100psで一定です。)

添付図の通り、出力波形は入力矩形波の繰り返し周波数によらず同じような振幅の波形が出力されました。

なぜ、入力矩形波の繰り返し周波数によらず同じよう振幅の波形が出力されたのでしょうか?

入力矩形波のスペクトラムを考えると、500MHzの矩形波の場合、500MHz(基本波周波数),1.5GHz(第3次高調波),2.5GHz(第5次高調波),3.5GHz(第7次高調波).....とスペクトラムがたつと思います。
バンドパスフィルタの帯域が1.5GHzから3GHzであれば通過するスペクトラムは第3次と第5次高調波だと思います。すなわち出力波形は第3次高調波と第5次高調波の足し合わせたような波形になると思います。

同様に500kHzの矩形波の場合は、通過する高調波成分は第3001次高調波から第5999次高調波なので、通過後の波形はその足し合わせになると思います。

第3次と第5次高調波あたりでは振幅はまだ大きいと思いますが、第3001次高調波あたりになってくるとほぼ0になると思います。
500kHzの入力矩形波の場合、上記バンドパスフィルタを通すと第1次から第2999次高調波を捨てることになるのでかなり大部分のエネルギーを捨てていると思います。
それなのに同じような出力波形になることに違和感を覚えます。

なにか私の考えに誤りはありますでしょうか?

有効帯域が繰り返し周波数によらず、0.35/(立ち上がり時間)で決まるといった話もありますが、そういった話も関係してくるのでしょうか?

宜しくお願い致します。

立ち上がり/立ち下がり時間100psの矩形波をバンドパスフィルタ(帯域が1.5GHzから3GHz)に通したあとの出力波形をSimlinkを利用してシミュレーションしました。
入力矩形波の繰り返し周波数は(500MHz,500kHz,500Hz)で、それぞれデューティ比50%です。(立ち上がり時間/立ち下がり時間は100psで一定です。)

添付図の通り、出力波形は入力矩形波の繰り返し周波数によらず同じような振幅の波形が出力されました。

なぜ、入力矩形波の繰り返し周波数によらず同じよう振幅の波形が出力されたのでしょうか?

入...続きを読む

Aベストアンサー

周波数領域からこの問題を攻めたことはないのですが、
フーリエ級数の場合、各級数は離散的な周波数を表す訳ですが、

周波数間隔が半分になるように級数の間を滑らかに繋ぐように埋めて
級数の個数を倍にすると、逆フーリエ変換で得られる波形の周期は
倍になりますが、周期に比べ十分時間が小さい部分の波形は
時間も含め変わらないそうです。

またステップのスペクトラムと方形波のスペクトルは
方形波が離散的という点を除いて同じなので、
時間の短い領域(t<方形波の半周期)ではステップも
方形波も同じということになりそう。

取り合えず、合わかってるのはここまで。

Qフレミングの左手の法則の原理がわかりません

磁界と直交する方向に電流が流れると、両方に直交する方向に力(ローレンツ力)が発生します。
ネットで調べても見つからないのですが、ローレンツ力はどうして発生するのでしょうか。
現在の科学で解明されていないのでしょうか。
分かっているとしたら中学生でもわかる様に解説いただけないでしょうか。

Aベストアンサー

もう少し厳密に言うと、物理の法則に理由がないというには、いくつかのパターンがあります。

① その理論がその時点において、最先端であり、他の理論や仮説も含めて、説明できるような理屈が存在しない。

 例えば、ニュートンが古典力学を発表し、万有引力があるんだ・・・といってから、それが、アインシュタインの相対性理論に上書きされるまでの数百年間、

・質量のあるものには、万有引力がある。地球から生じる万有引力が重力だ。

という理論にはそれ以上の説明はありませんでした。そう考えて作った力学の体系で、星の動き、ボールの軌道などを計算してみると完璧に一致している。だから、その理屈は正しい・・・というだけです。なぜ万有引力が生じるのか? いくら問いかけても答えはありません。

② その理論は、新しい理論に置き換えられているが、置き換えられたとしても、別の疑問にぶち当たるだけのこと。
 ①の例で言えば、アインシュタインによって、重力の仕組みは解明されています。

万有引力がなんてない。質量が存在すると、空間が歪む。その歪みに応じて、重力が発生するのだ・・・

 となりました。なるほど、万有引力がある理由は、わかったのですが、それなら
 
 なぜ、質量があると空間は歪むの?
 なぜ空間が歪むと、重力が発生するの?

 という別の疑問にすり替わっただけです。もちろん、単にすり替わったのではなく、一般相対性理論で厳密に計算することで、①では説明できなかった、さまざまな現象が計算可能になっていますが、どこまで行っても、物理は、その時点で自然を記述するに足る、もっとも確からしい仮説・・・であることには変わらない。いくら解明が進んでも、その理論には、本質的には原因も根拠もなく、自然がそうなっていることがわかった、でしかないのです。

③ その理論は、新しい理論に置き換えられているが、あるスコープ(スケール)で考える限り、古典論(旧理論)で十分なこと。
  一般相対性理論がいくら①を置き換えたといっても、ボールの弾道、自動車の加速、地球の重力を論じるのには、古典論で十分です。つまり、①は厳密には間違いだとわかった今でも、ある条件のもとでは、万有引力の理論は十分に役立ちつわけで、その範囲においては、万有引力に理由はない。自然はそうなっている・・・というのが、一般的です。

その相対性理論さえ、量子論のまえでは古典論とされ、場の量子論で、電磁気学はより洗練され、世は統一理論に向かっている・・・考えればきりがありませんが、どの場合にも、質問者がいうところの、理屈など存在しない。するわけがない。すると思っている時点で、物理のことを本質的には理解していないのだ・・・ということがポイントです。これは、①で言えば、わからないのになぜ万有引力が生じるのか?を執拗に聞くのと似ていませんか? (厳密には、②とも、③とも言えますが・・・)

難しい問題なので、たどり着きたいなら、頑張って勉強してくださいな。朝永振一郎先生の、物理学とはなんだろう・・・とか、アインシュタインの物理学はいかに創られたか?など、読んでみることをすすめます。

もう少し厳密に言うと、物理の法則に理由がないというには、いくつかのパターンがあります。

① その理論がその時点において、最先端であり、他の理論や仮説も含めて、説明できるような理屈が存在しない。

 例えば、ニュートンが古典力学を発表し、万有引力があるんだ・・・といってから、それが、アインシュタインの相対性理論に上書きされるまでの数百年間、

・質量のあるものには、万有引力がある。地球から生じる万有引力が重力だ。

という理論にはそれ以上の説明はありませんでした。そう考えて作った力...続きを読む

Q高校の物理の先生は大学入試の物理の問題を全部解くことが可能なのでしょうか。また、解けない問題が出た時

高校の物理の先生は大学入試の物理の問題を全部解くことが可能なのでしょうか。また、解けない問題が出た時はどのように対処しているのですか。

Aベストアンサー

だいたいは解けると思います。

先生は「この問題はこういうことをさせようとしているに違いない」「これを理解しているかどうかを試そうとしているな」という「出題者の意図」を読み取るのが得意なので、この方法で解けばよさそう、という解き方・戦略を立てるのは得意だと思います。
ただし、ひねった問題で、その「定石」の裏をかいたり、「ひっかけ」「罠」が仕掛けられていると、逆にまんまとひっかかる可能性はあります。

また、戦略が立てられても、現役生と違って「記憶力」が落ちていますから、「公式」だとか「定数」を忘れてしまって、「ちらっと見ながら」でないと解けないかもしれません。また、面倒な計算が苦手だったり(自分でやるときはパソコンや電卓を使う)、途中で計算間違いや「勘違い」をすることはあるでしょうね(多分現役生よりもケアレスミスは多い)。
さらには、「時間内に解ける」かどうかは分かりません。
なので、点数が高いかどうかは何とも言えません。

>解けない問題が出た時はどのように対処しているのですか。

ぱっと見て解き方が分からなければ、先生でもお手上げでしょう。考えれば、試験時間中に思いつく、思い出すというものでもないでしょうから。
家に帰って、本を調べて、類似問題を探して、・・・とやって解くのでしょうね。

だいたいは解けると思います。

先生は「この問題はこういうことをさせようとしているに違いない」「これを理解しているかどうかを試そうとしているな」という「出題者の意図」を読み取るのが得意なので、この方法で解けばよさそう、という解き方・戦略を立てるのは得意だと思います。
ただし、ひねった問題で、その「定石」の裏をかいたり、「ひっかけ」「罠」が仕掛けられていると、逆にまんまとひっかかる可能性はあります。

また、戦略が立てられても、現役生と違って「記憶力」が落ちていますから、「公式」...続きを読む

Q「先天性の人は、努力してきた後天性の人には敵わない(先天<後天)」とよく聞くのですが、本当でしょうか

「先天性の人は、努力してきた後天性の人には敵わない(先天<後天)」とよく聞くのですが、本当でしょうか?

Aベストアンサー

先天性つまりセンスでやってるやつは理屈で動いてないので修正や向上が難しいし、そもそも練習を好まない。
後天性は練習への耐性もあるし修正や向上の積み重ねである。って話なんだろうけど
小学生のころ運動神経抜群でヒーローだったやつが大人になったらただのサラリーマンで
ヘタクソだったやつが甲子園に行ってその後サラリーマンみたいな
中間層のどうでもいいレベルで通用する話であって
トップクラスは先天+後天じゃね

Qドップラー効果を考えていてふと疑問に思ったのですが、音源の速度が音速を超えた場合、観測者の聞こえ方は

ドップラー効果を考えていてふと疑問に思ったのですが、音源の速度が音速を超えた場合、観測者の聞こえ方はどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

衝撃波となって伝わってきます。
参考:戦闘機が頭上を通過する場合などを思い起こしてください

Q運動エネルギーが生じるのは力が働いているときだけですか? 例えば ある物体Pが一定速度vで滑らかな床

運動エネルギーが生じるのは力が働いているときだけですか?

例えば
ある物体Pが一定速度vで滑らかな床を滑っている時
運動エネルギーは1/2mv^2 ですか?

Aベストアンサー

>運動エネルギーが生じるのは力が働いているときだけですか?

いいえ。「動いている」つまり「運動量を持っている」ときには運動エネルギーも持っています。

力が働いているときには、その力は「仕事」をするので「運動エネルギーを増やす(あるいは減らす)」ことになります。「力が働いているとき、運動エネルギーが変化する」ということです。

>例えば
>ある物体Pが一定速度vで滑らかな床を滑っている時
>運動エネルギーは1/2mv^2 ですか?

その物体の質量が m であればそうです。


人気Q&Aランキング