x=析出量、b=溶液の量、S=温度変化まえの溶解度、S`=温度変化後の析出量
とすると、x/b=(S-S`)/(100+S)
となると書いてあったんですが、この公式がいまいち理解できません
また、同様に溶媒量をaとすると、
x/a=(S-S`)/100
となるのも理解に苦しんでいるので、ぜひ何故このようになるのか
教えていただけませんでしょうか?

A 回答 (2件)

S'は温度変化後の溶解度、の誤りでしょう。


溶解度がSであるということは、「水100gに対して物質がSgだけ溶ける」ということです。
これを踏まえて、具体的な数字を用いて考えてみましょう。

例えば、80℃で溶解度が50、20℃で溶解度が30である溶質があったとしましょう。
これを、水100gを基準にして考えてみると、80℃では50gまで溶かせますよね。つまり、
80℃では溶液は150g(=100+50)ですよね。では、これを20℃まで冷やしてみましょう。
すると、20℃では溶質は30gまでしか溶かせないので、50-30=20gが析出します。
この現象は、
『溶液100+50=150gに対して、50-30=20gの溶質が析出する』
ということですよね。これを
『溶液bgに対して、xgの溶質が析出する』
という形に置き換えて考えてみましょう。すると、上と下の関係は同等です。
そこで、両者の比を取ってみましょう。
(100+50):(50-30)=b:x
左辺は溶液150gの場合、右辺は溶液bgの場合です。

さて、本題では50g=S、30g=S'でしたから、この比の式は
(100+S):(S-S')=b:x
と変形できるので、内項、外項をとって整頓すると、
x/b=(S-S')/(100+S)
が導出されます。

上の解法では、溶液を基準に考えました。しかし、これを溶媒(=水)を基準に考えても
計算できるのです。つまり、
『水100gに対して、50-30=20gが析出する』=『水agに対して、xgが析出する』
このように考えて、両者の比を取ってあげましょう。すると、
100:(50-30)=a:x
→100:(S-S')=a:x
→x/a=(S-S')/100
が導出されます。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

おおっとほんとだ!
なるほど、ヴァカな僕にも理解できました、ありがとうございます
単なる比例計算だったんですね。
こんな簡単なことにきづかなかったとは・・・
何はともあれありがとうございました、
また何かありましたらよろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/08/02 02:01

S’は温度変化後の「溶解度」の誤りですね。



きっと式が抽象的だからわかりにくいんだと思いますよ。
解き方を身につければ溶解度の問題は解けます。
ですから実際に問題を用いて説明しますね。

[問]
硝酸カリウムの水に対する溶解度は20℃で32,
60℃で109,80℃で169g/100g水である。
60℃の飽和水溶液100gを20℃に冷却するとき析出する結晶は何gか。

[考え方]
この問題の場合、もとにする温度は変化する前の温度で考えます。
つまり、温度変化は60℃→20℃なので60℃で考えます。
 析出量(60℃→20℃)
--------------で2つの式を作り、=で結びます。
 飽和水溶液量(60℃)

[解]
まず求める析出する結晶をx(g)とします。
このとき飽和水溶液量は100gより
  x
-----という式が1つできあがります。
 100

また、60℃のときの飽和水溶液量は溶媒+溶質より100+109です。
60℃→20℃に冷却したとき、析出する結晶は109-32です。
 109-32
---------という2つ目の式ができあがります。
 100+109

この2式を=で結んでxを求めればいいのです。
(ちなみにこの場合、x=37gです)
私の式でいくとb=100,S=109,S’=32ですね。
溶媒量の方はあえて書きませんがやはり同じ事です。


結局tomasinoさんの書いた式に当てはめているのですが
実際問題を解いていき、その上で解き方を覚えていった方が賢明です。
参考書や問題集などに載っている公式は抽象的なものが多いです。
私の友達も問題集に載っている公式が全てだと思いこみ
少し問題のスタイルを変えられると全く解けませんでした。

一応、私の経験として・・・
授業中に少しは(教科書等で)問題演習をしますよね。
このときに公式ではなくて解き方を身につけて下さい。
解き方を身につければ公式のように丸暗記ではなくなるので
少し問題のスタイルが変わっても自分で考え、解くことができます。
私のテストの解答はいつも先生の作る模範解答とは違っていました。
でも自分のやり方で○をもらいましたし
実際、溶解度の問題はいろんな解き方があるそうです。
テスト直しノートには先生からこんなことを書かれました。
「自分なりの解き方を持っているところはすばらしいと思います。」
やはり「自分なりの解き方」を身につけることが一番です。
tomasinoさんも公式が分からなければ別の解き方を導き出してみて下さい。
きっとやりやすいと思える解き方があるはずです。
(最後の方はかなり本題からそれましたが)それでは頑張って下さい!!
    • good
    • 3
この回答へのお礼

むぅ、回答してくださるばかりか、僕のミスにまで
気づいてそれを踏まえた上で回答していただけるとは・・・
只者ではありませんね?・・・・失礼致しました。
今後の学習のアドバイスまでいただけてうれしいです。
ぜひとも参考にさせていただきます。
またよろしくお願いいたします

お礼日時:2001/08/02 02:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q胃がだいふ弱ってしまって困りました。 今日少し直ったとおもい普通の量の食事をしてしまい、また気持ち悪

胃がだいふ弱ってしまって困りました。
今日少し直ったとおもい普通の量の食事をしてしまい、また気持ち悪くなってしまいました。
胃が弱っているときは、どのような対処をすれば良いですか?

Aベストアンサー

消化の良いものを食べる
 添加物ぎっしりの食材は裂ける
https://www.youtube.com/watch?v=Iw6ZifH5-aQ
  

 塩分控えめに。


ジャンクフード・カップラーメンは禁止。
 固形物はよくかんで食べる


ちなみにどういう食生活ですか?

Q化学反応式について:AlN_s + 3/4O_(2g) = 1/2Al_2O_(3s) + 1/2N_(2g)

AlN_s + 3/4O_(2g) = 1/2Al_2O_(3s) + 1/2N_(2g) equals -ΔH_298 = 124.6 ± 0.0370 kcal/mol
という式について質問です。

1.下添え字の、s, 2g, 3s, 2g, 298とは何を表してるのでしょうか。

2.-ΔH_298 というのは反応により吸熱したということでいいでしょうか。つまり、124.6 ± 0.0370 cal/molのエネルギーを与えることによってAlNが酸化されアルミナと窒素になるということでしょうか。

3.ΔH_298のように反応熱や吸収熱(?)は実験的にはどのように求めるのでしょうか。

4.実験データを使わずに、理論的に左辺から右辺の反応の差が-ΔH_298 = 124.6 ± 0.0370 kcal/molと求めることはできますか。電子のポテンシャル計算か何かから求めるのでしょうか。

Aベストアンサー

式から判断すると
s:solid
g:gas
の意味です。
だから引用されている化学式が間違っています。
AlN(s)+3/4O2(g)=1/2Al2O3(s)+1/2N2(g)
です。

equalsが何かはわかりません。でも反応式とequalsとの間で切れているように思います。

298は温度です。298K=15℃です。

両辺のエネルギーを比較する場合の熱化学方程式では量の比較ですから「=」をっつかいますが反応式だけの時は→です。

○+○→○+○   △H=・・・

QHONDAライフのエアコンの風量が弱い

ライフの12年式に乗ってますが、エアコンが効きません。効かないといっても冷房と暖房は出るのですが、風量がとても弱くMAXにしてもそよ風程度しかでません。なぜか噴出し口を足にするとものすごい勢いで出ます。足の風量だったら普通に出るのですが、それ以外の顔やフロントガラスなどはものすごく弱いです。外気循環と内規循環も同じような症状です。どこか詰まってるのでしょうか?友達のワゴンRも全く同じ症状になってます。今から熱くなるのでそれまでには直したいのでご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ライフのエアコンがオートかマニュアルか知りませんが、エバポレーターのつまりまたはフィルター付きの車であればそれのつまり、と言う原因が考えられます。しかし足元にすると良いと言うことなので、ためしに吹き出し口を顔にした時 足元または、デフロスターから風が出ていないか(結構強い風が出ていれば、モード切替レバーの調整不良等)を確認する。自分で出来ることはここまでだと思います。プッシュボタンで変えるものは、モード切替モーター関係の不良の可能性があります。
No.1の方の言うようにルーバーということも(まさか) あとはディーラー等で

Q正規分布の問題で質問です! X~N(10,4)より、Z=X-10/2とおくと、Z〜N(0,1)である

正規分布の問題で質問です!
X~N(10,4)より、Z=X-10/2とおくと、Z〜N(0,1)である。
p(X<13)=p(Z<13-10/2)=p(Z<1.5)=0.9332になるのですが、この0.9332という数字はどうやって出すのですか?
教えて下さい!!

Aベストアンサー

式の書き方があいまいですが、

X~N(10,4)より、Z = (X - 10)/2 とおくと、Z〜N(0,1)である。

ということですね?

p(X<13)

は、Z = (X - 10)/2 とおくと
  X = 2Z + 10
ですから
  X = 2Z + 10 < 13
より
  Z < 3/2 = 1.5
となります。

 N(0,1) の Z と確率の関係は、「標準正規分布表」を見ればよいのです。
 例えば下記の「標準正規分布表」は、「Z > a の確率」が記載されています。上に書いてある「正規分布」のグラフの「黒い部分の面積」に相当する数値です。
https://staff.aist.go.jp/t.ihara/normsdist.html

 Z < 1.5 の確率は「1.5 ≦ Z の確率を調べて、1 から引く」ことで求まります。
 表より、「1.5 ≦ Z の確率」は、縦方向の「z欄」の「1.5」、横方向の「0」の欄が「1.50」なので、そこの数値「0.066807」を読み取ります。これより、「Z < 1.5 の確率」は
  1 - 0.066807 = 0.933193
となります。
 確率関数ですから、たとえばエクセルの関数「=NORMSDIST(1.5)」でも答が得られます。でも「標準正規分布表」を見た方が、直感的に何を求めているのかが分かります。

 なお、N(0,1)とは、「平均値が 0、分散が 1 の正規分布」ということです。ということで、Zの値とは「標準偏差の何倍か」ということを表わしています。「Z < 1.5 の確率」とは、標準偏差の +1.5倍より小さい値をとる確率」ということです。

式の書き方があいまいですが、

X~N(10,4)より、Z = (X - 10)/2 とおくと、Z〜N(0,1)である。

ということですね?

p(X<13)

は、Z = (X - 10)/2 とおくと
  X = 2Z + 10
ですから
  X = 2Z + 10 < 13
より
  Z < 3/2 = 1.5
となります。

 N(0,1) の Z と確率の関係は、「標準正規分布表」を見ればよいのです。
 例えば下記の「標準正規分布表」は、「Z > a の確率」が記載されています。上に書いてある「正規分布」のグラフの「黒い部分の面積」に相当する数値です。
https://staff.aist.go.jp/t.iha...続きを読む

Q0.5m3~1m3弱の量の砂を個人で買うにはどうしたら

お世話になります。
0.5m3~1m3弱の量の川砂を、個人で買うにはどうしたらよいでしょう。
自宅で使う為です。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

普通にタウンページで建材屋とか砂利販売の店を探して
近くの店に電話して頼めば買えます。
ダンプで買いに行ってもいいですが
車が無ければ配達してもらう事になります。
砂m3単価×数量+配達代2500円~3000円くらい(距離によります)
買いに行けば砂の代金だけですが。
数量は重機一杯いくらの世界でかなりアバウトなので
小型1台=1.5m3で注文した方がいいと思います。
配達はダンプの為、荷台を上げるのに上空に障害があると
荷降ろしできないので上空の電線等確認してください。
川砂にも種類があるので、何に使うかわかりませんが
実際にお店に行かれて見た方がいいと思います。

Q50μlの中の物体の濃度は約900ng/μl。 この中の物体量は、50μl×900ng/μl=450

50μlの中の物体の濃度は約900ng/μl。
この中の物体量は、50μl×900ng/μl=45000ng。

これを濃度200ng/μlに希釈したいのですが、
どんな計算式になるのかわかりません。

どんな計算式になるか教えてください。

Aベストアンサー

>50μlの中の物体の濃度は約900ng/μl。

はい。

>この中の物体量は、50μl×900ng/μl=45000ng。

はい。

これに水を加えて「200ng/μl」にするのですから、そのときの容量を X (μl) とすると

  200(ng/μl) × X (μl) = 45000ng

にすればよいので

  X = 225(μl)

「50μl」を「225 μl」にするので、加える水の量は
  225 - 50 = 175 (μl)


というより、そもそもの濃度が「約900ng/μl」のものを「200ng/μl」にすればよいのですよね?
だったら、容量(分母)を 4.5 倍に希釈すればよい。よって希釈後は
  50(μl) × 4.5 = 225(μl)
加える水の量は
  225 - 50 = 175 (μl)

Q吐出量が弱くなったエアーポンプ

何年も使用してきたニッソーのα4000のエアーが少ししか出ません。

交換パーツがあるようですが、取り替えたら新品並みの吐出量に戻るのでしょうか?

交換経験のある方教えてください。

Aベストアンサー

まず一度中身を見てください。
ポンプ部分のゴムに亀裂が生じたのか、弁の部分のゴムがへたって割れたりしていれば交換してすぐに元気になります。目視ですぐに分かると思います。
それでもなんだか怪しいなと思われた場合には、まず分解してもう一度組みなおしてください。それで一時的にでも回復すれば部品交換で済みます。安いですし、簡単に交換できますのでその部品を換えてみてはいかがでしょうか。。。

でも、磁石部分が弱っている場合には交換部品はなかったように思います。これは、磁石の動きを見て動き幅が小さくなっていることが多いです。電磁石が弱っているのでしょうね。

Q温度変化と圧力変化

質問です。
空調管理をしていない室内に保管しているフタ付き容器に対して、一日の温度変化に伴って圧力の変化は生じますか?
室温ですので温度変化は5℃前後だと考えています。
そのくらいの温度変化でもポリ容器(の口部)にかかる圧力は変化しますか?
色々と調べてみたのですがよくわからなかったのでもしわかる方がいらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#3です。訂正ですm(_ _)m

27℃ → T1=300K P1=nR*300
32℃ → T2=305K P2=nR*305
        ↓
27℃ → T1=300K P1V=nR*300
32℃ → T2=305K P2V=nR*305

Vが抜けてました。けれど、体積が変化しない容器を考えているので、結論(1~2%程度の変化)は変わりません。

Q温度高めで風量少なめor温度低めで風量多め

家庭でのエアコン使用についてお伺いします。

設定温度18度で風量を多めにしてまわすほうが
設定温度20~23度くらいで風量自動設定より体感温度が暖かく感じられます。
風量自動だとたいてい最初は多めで出ても、しばらくして静や弱の風量になります。
もちろん、そこで風量を調整すればいいのですが
18度程度でも十分暖かく感じられます。

そこで18度で風量は最大か上から二番目ぐらいの強さで使っているのですが
どちらの使い方がおすすめですか?(節電になりますか?)

Aベストアンサー

 風量を多めにすることによって空気が室内を循環し、天井付近に暖い空気が溜まらないような状態になっていると考えられます。普通は空気をかき混ぜるために扇風機やサーキュレーターなどを使ったりするのですが、おそらく家具の配置やエアコンの機能などで空気の流れが効率のいい状態になっているのでしょう。夏場になるとさすがにエアコンの位置関係からしてサーキュレーター無しでは効率が落ちる思いますが、冬場はそのままでいいと思います。

 消費電力についてはもちろん設定温度を冬は低め、夏は高めにした方が安く付きます。室外機と室内機の消費電力は圧倒的に室外機の方が上です。室内機はほとんど送風機の役割くらいしかありませんので、普通は数十ワット程度しか使用しません。ですので最近の省エネ対応エアコンの場合は室内機10%、室外機90%くらいの割合ですね。古いエアコンだともっと差は広がります。

 設定温度18度+風量多めの場合は室外機弱運転+室内機強運転になっており、設定温度22度+風量少なめの場合は室外機強運転+室内機弱運転になりますから、前者の方がずっと消費電力は下になっています。

 ただし夏場にドライ機能を使用すると室内機は100ワットくらい消費する場合もあります。しかも除湿効果は冷房の方が高かったりする場合が多いというおまけ付き。

 詳しい消費割合を確かめたい場合は室外機か室内機の側面などに貼ってある仕様表を見てください。室外機と室内機の消費電力がそれぞれ記されているはずです。

 風量を多めにすることによって空気が室内を循環し、天井付近に暖い空気が溜まらないような状態になっていると考えられます。普通は空気をかき混ぜるために扇風機やサーキュレーターなどを使ったりするのですが、おそらく家具の配置やエアコンの機能などで空気の流れが効率のいい状態になっているのでしょう。夏場になるとさすがにエアコンの位置関係からしてサーキュレーター無しでは効率が落ちる思いますが、冬場はそのままでいいと思います。

 消費電力についてはもちろん設定温度を冬は低め、夏は高めにし...続きを読む

Q温度差による水蒸気圧の変化で起こる生パン粉の包装袋の膨張は温度が低くな

温度差による水蒸気圧の変化で起こる生パン粉の包装袋の膨張は温度が低くなれば袋はしぼみますか?

微生物検査などでも問題のない製品(生パン粉)がこの猛暑で普段よりやや膨らんでいます。
製造時は約22~23℃の室内で包装し、流通時には40℃近くまで上がることもあります。
その後温度が下がれば袋の膨張はしぼみますか?
テストをする予定ですが、今すぐ結果を知りたい状況ですので、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

結論はしぼむと思います。

(1)空気の体積変化
温度が上がると膨張する原因は水蒸気圧の上昇だけではありません。
空気自体も膨張します。22℃→40℃だとすると、
(40+273)/(22+273)=1.061
で、6%膨張します。

(2)水蒸気圧による体積変化
生パン粉なので、袋の中の湿度がわかりませんが、
飽和水蒸気圧は22℃では26.4[hPa]
40℃では73.8[hPa]です。
大気圧は1013[hPa]ですから、体積比で言うと
5%くらいの変化になるでしょう。

(1)と(2)の両方によって体積は変化します。
冷却すると体積は戻りますが、(2)の空気中の水蒸気は結露して
水に変わるので、パン粉の水分分布が変化して品質が落ちます。
すなわち、内部はぱさぱさになり、表面がふやけます。
40℃から22℃では温度変化がゆっくりならば結露しないと
思いますが、できれば温度変化が少ないところの保存がいい
と思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報