光合成
6CO2+12H2O→C6H12O6+6O2+6H2O
呼吸
C6H12O6+6O2+6H2O→6CO2+12H2O

反応式はこうなっていますよね。
この式をみて(ひねくれているかもしれませんが)疑問です。

もし土の表面から水が蒸発しないようにできたとするならば
水は1回あげただけでよくないですか?
例えば最初12molの水をあげたら
光合成で使われて6molの水ができ、
それが呼吸で使われて12molできる。
・・・こんな風に水は植物体内で循環しませんか?
それとも水は植物体内で他のものにかえられるのですか?

でも実際は土の表面からは水は蒸発する(特に昼間)ので
昼間蒸発することを考慮して、朝たっぷり水をあげればいいのでは?
夜間は蒸発はあまり盛んではないので夕方は朝より少なくてもいいですよね?

よく分からない質問になってしまった気がします。
でもお願いします。これでも結構真剣に悩んでるんですから。

A 回答 (2件)

面白いところに目をつけましたね。


ある「理想的に単純」なモデルでは「そのとおり。水は1回あげればいい」ということができるでしょう。
ramurameさんの言われるとおり、植物は生長し、その材料には水から作った酸素と水素が使われますが、それとて、その成長重量分の(10gから1kgに成長するなら990g分+αの)水と二酸化炭素(ついでに所要の窒素やミネラルも)をあらかじめ閉じ込めたカプセルで育てればOK・・・と言えるかな。現に、地球はほぼ閉じた世界で水が循環してますからね。
でも、バクテリア・昆虫から哺乳類に到る多様性があって初めて「閉じている」という相互依存がありますから、「理想的な単純」がいかに難しいかは、やってみて初めてわかるでしょう。(莫大な金をかけて本気で実験している人たちもいます。)
まあカプセルでの実験でなければ、一番最初に「葉っぱからの蒸散」がいかに大きいかを知ることにはなるでしょう。

さて、水を、いつあげるかも、種類・目的・頻度・土質により、異なった答えが出ますが、今ごろの暑い時期、手抜き(毎日はあげない)する場合、夕方~早朝をおすすめしましょう。日中、水をあげると、乾ききったタオルが水を吸いにくいように、なかなか深くまで水がしみ込まず、(特に熱くなってしまった土ではなおさら)無駄に蒸発してしまいます。深くまでしみ込んでいれば、次の日の光合成の活発な時間帯に十分水分が供給されるでしょう。
いったんしみ込んだら深いところは意外と長く湿っています。また、根元にわらを敷くと劇的に水持ちが良くなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

この場合、葉からの蒸散はかなり大きな要素になるわけですね。
とても難しそうなことを実験している人もいるとは驚きです。

水をあげるのはやはり夕方~早朝ですか。
昼間水をあげると土の表面から水が蒸発して
ほとんど効果がないというのは聞いたことがありました。
「わら」を敷くとは初耳ですね。
これはわらが土の表面からの蒸発量を少なくするからですか?

お礼日時:2001/07/24 00:39

何だか、理論生物学とも取れるような御質問ですね。


生き物は成長すると言うことをお忘れになっていませんか?
水に限らず、CO2も、糖に代謝された後、セルロースなど植物を構成する物質になって植物に同化されます。
それと、水は、蒸散によっても失われます。
仮に、植物を完全に密閉した容器に入れて、蒸散によって植物体外へ出た水や呼吸で生じたCO2もリサイクルされるとします。
その場合、呼吸で消費される物質と、光合成で消費される物質の量が同じなら、植物は生長できません。

水遣りで、朝>夕の方が効率がよいのでは、と言うご質問ですが、これはガーデニングの分野になりますね。
朝に水遣りをすると、水が温められて、植物が茹だってしまうと言うことではなかったでしょうか?
ここは、ちょっと自信なしです。
生き物が相手なのだから、効率や理論だけで考えてはいけません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「成長」が重要なポイントなんですね。
確かに水などが循環するなら成長しませんよね。
なかなか勉強になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/07/23 21:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QRh-の血液はRh+の人に輸血できますか?

Rh-→Rh+の関係はO形→A型の関係と同じように思います。
ではRh-の血液はRh+の人に輸血できるのでしょうか。(ABO血液型は同じとして)

Aベストアンサー

可能ですよ。
なぜO→Aで輸血可能かご存知ですか?
AにはA型抗原・B型抗体があり
OにはA,B型抗体がそれぞれあります。
抗原・抗体が同じ型の組み合わせになってしまうと抗原抗体反応がおこってしまうので輸血ができないんですよね。
上と同様でRh-にはRh抗原が存在しないので、Rh+の人に輸血ができます。

Qd H2O について

d H2Oとは何のことなのでしょうか?
試薬の説明書にd H2Oに溶かすと書いてあるのですがd H2Oが何なのかわからなくて困っています。脱イオン水のことなのでしょうか?それとも蒸留水のことなのでしょうか?
もし脱イオン水の場合、ミリQを代用しようと思っているのですが大丈夫でしょうか?
ご存知の方、解答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

dH2O = distilled H2O のことです。蒸留水です。

Q解糖経路でのH2O生成量

C6H12O6 + 2ADP + 2NAD+ → 2C3H4O3 + 2ATP + 2(NADH + H+)

C3H4O3 + ADP + Pi + 2H2O + FAD + 4NAD+
→ 3CO2 + ATP + FADH2 + 4(NADH + H+)

NADH + H+ 1/2O2 + 3ADP + 3Pi → NAD+ + 4H2O + 3ATP

FADH2 + 1/2O2 + 2ADP + 2Pi → FAD + 3H2O 2ATP

を整理して、

C6H12O6 + 38ADP + 38Pi + 6O2 → 6CO2 + 38ATP+ 44H2O

となるのですが、上記4式を変換していくと
水分子の量が42個になってしまいます。

どこか式が間違っているのでしょうか?

Aベストアンサー

miniRHさんは,化学の知識がおありですから,化学の反応式のごとくに理解しようとなさっているのですね。しかし,生物の反応式は,一般にATPを反応式の中に入れることはしないのが普通です。解糖系では直接ATPが反応に関与しますが,電子伝達系では何ら関与しないからです。
(解糖)
C6H12O6 → 2 C3H4O3 + 2 ATP + 2 NADH2+
(CoA化+TCA回路)
2 C3H4O3 + 6 H2O → 8 NADH2+ + 2 FADH2 + 2 GTP + 6 CO2
(呼吸鎖)
10 NADH2+ + 2 FADH2 + 6 O2 → 12 H2O + (34 ATP)
ここでATP合成はこの反応には直接関係ありません。プロトンを汲み出すだけです。そのプロトンでATPaseを回せば最大以下のようになります。
FADH2 → 2 ATP
NADH2 → 3 ATP 合成

体調が良くなくもうろうとした頭で(先天性の面もあるのですが…)書いていますので間違いがあるかもしれませんが…

参考URL:http://133.100.212.50/~bc1/Biochem/index.htm

miniRHさんは,化学の知識がおありですから,化学の反応式のごとくに理解しようとなさっているのですね。しかし,生物の反応式は,一般にATPを反応式の中に入れることはしないのが普通です。解糖系では直接ATPが反応に関与しますが,電子伝達系では何ら関与しないからです。
(解糖)
C6H12O6 → 2 C3H4O3 + 2 ATP + 2 NADH2+
(CoA化+TCA回路)
2 C3H4O3 + 6 H2O → 8 NADH2+ + 2 FADH2 + 2 GTP + 6 CO2
(呼吸鎖)
10 NADH2+ + 2 FADH2 + 6 O2 → 12 H2O + (34 ATP)
ここでATP合成はこの反応には...続きを読む

QC19H28O2 (テストステロン)

銃をいじらせた若者たちの口の唾液を調べると通常の100倍ぐらいのテストステロンが検出。

テストステロンという粒子が脳の中でどのように動き、どのようにして神経作用に干渉して闘争本能が起こるかって何か分かっている事ありますか。

難しい質問ですよね・・・・・・・・

Aベストアンサー

概略は以下。

攻撃性の元になるのは脳内のE2(エストラジオール)という物質。
E2の濃度が高くなると攻撃性が抑えられ、低濃度の場合には攻撃性が高くなる。

テストステロンが脳へ到達すると、酵素「アロマターゼ」の作用によって、E2(エストラジオール)に変換される。

一方、視床下部から分泌されるGnIH(生殖腺刺激ホルモン放出抑制ホルモン)が動物の攻撃性を抑制する作用がある。

GnIHはアロマターゼを刺激して、E2(エストラジオール)をより著しく増産して濃度が高くなり攻撃性が抑制される。

GnIHは女性特有のホルモンだから、女性の場合はE2の濃度が高くなって攻撃性が抑制される。

男の場合には、GnIHは微量しか無いから、テストステロンから変換されるE2しか無く、濃度が低いから攻撃性が生まれる。

QA型B型AB型O型それぞれの人がもっているH抗原についてなんですけど・・・

A型B型AB型O型それぞれの人がもっているH抗原についてなんですけど、何故「H抗原」と呼ぶんでしょうか?A型赤血球ならA抗原が付いていると言いますし、B型赤血球ならB抗原が付いていると言うのは分かるんですけど、O型だけ何故「H抗原を持つ」というのでしょうか?A抗原もB抗原も持たないからすべての血液型が持っているH抗原の名前を使って呼んでいるだけですか?又H抗原の「H」って何かの略語ですか?知識をお持ちのかたよろしくお願いします!

Aベストアンサー

O型は正しくは0(ゼロ)型というべきだったのだそうです。
つまり、AもBも持っていないという意味で、0(ゼロ)だったのですが、誰かが0(ゼロ)をOと間違えて定着したと言う事なので、O型抗原というものがないので、H抗原になっているのだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報