【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

次の宋学士文集の漢文なんですけど、
世之為人子者、未嘗不欲顕其親。欲顕其親、唯載諸史牒、可以伝於悠久。然史法有例。非顕官貴臣及勲業殊異者、不書焉。於是往求辞章之家、採著行実、掲於墓門。及其至也、与史牒相為表裏。庶或少慰念親者罔極之思。或者以諛墓譏之。此豈人之情也哉。
この漢文の書き下し文を誰か教えてくれませんか?お願いします。

A 回答 (1件)

一部自信なく、また書き下せない部分もありました。

ご参考に。

世に人の子と為る者、未だ嘗て其の親を顕さんと欲せずんばあらず。其の親を顕さんと欲すれば、唯だ諸を史牒に載せ、以て悠久に伝ふのみ。然るに史法に例有り。顕官貴臣及び勲業の殊異なる者に非らざれば、書かざるなり。是に於いて往きて辞章の家を求め、行実を採著し、墓門に掲ぐ。其の至るに及ぶや、史牒と相い表裏を為す。庶或少慰念親者罔極之思。或る者は諛墓を以て之を譏る。此れ豈に人の情ならんや。

顕す=顕彰する、史牒=公的文書、辞章之家=文筆を生業とする者、行実=親の業績、表裏を為す=大同小異であるさま、諛墓=墓に綺語を刻んで却って親を冒涜すること
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q次の宋学士文集の漢文なんですけど、 世之為人子者、未嘗不欲顕其親。欲顕其親、唯載諸史牒、可以伝於悠久

次の宋学士文集の漢文なんですけど、
世之為人子者、未嘗不欲顕其親。欲顕其親、唯載諸史牒、可以伝於悠久。然史法有例。非顕官貴臣及勲業殊異者、不書焉。於是往求辞章之家、採著行実、掲於墓門。及其至也、与史牒相為表裏。庶或少慰念親者罔極之思。或者以諛墓譏之。此豈人之情也哉。
この漢文の現代語訳を誰か教えてくれませんか?お願いします。

Aベストアンサー

人の子たるもの、親を顕彰しようと思わないものはいない。親を顕彰しようとすれば、ただ文字として史書に記載して悠久に残そうとする。しかし前例にあるように顕官貴臣や勲業殊異の者でなければ役所の文書/史書に名を残すことは無い。そこで文章家を探して親の業績を採録し親の墓の門に刻み掲げる。詰まるところ役所の文書/史書と変わらないものになる。多くは親の恩に報い得ない気持をわずかに慰めるに過ぎない。また或る者は美辞麗句を並べたものとして譏られる/非難される。これがどうして人の子の真情であろうか(いや、そうではなかろう)。

Q次の説苑の漢文なんですけど、 成王与唐叔虞燕居、剪梧洞葉以為珪、而授唐叔虞曰、「余以此封汝。」唐叔虞

次の説苑の漢文なんですけど、
成王与唐叔虞燕居、剪梧洞葉以為珪、而授唐叔虞曰、「余以此封汝。」唐叔虞喜、以告周公。周公以請曰、「天子封虞耶。」成王曰、「余一与虞戯也。」周公対曰、「臣聞之、天子無戯言。言則史書之、工誦之、士称之。」於是遂封唐叔虞於晋。周公旦可謂善説矣。一称而成王益重言、明愛弟之義、有輔王室之固。
この漢文の現代語訳を誰か教えてくれませんか?お願いします。

Aベストアンサー

成王与唐叔虞、成王は唐叔虞とともに
燕居、寛いで過ごす
剪梧洞葉以為珪、梧桐の葉を剪り取って珪として唐叔虞に与えた
珪、諸侯に封じる時に天子が授ける玉「珪璧(けいへき)」
「余以此封汝。」、「お前を諸侯に封じよう」と言った。

以下は通釈のみで(笑)
唐叔虞は喜んで、周公に告げた。周公は成王にお目通りして「本当に唐叔虞を諸侯に封ずるのですか」と訊ねた。成王は「ただの冗談だよ」と答えた。周公はこれに対し「天子に戯れ言は無い。天子の発言は役人が記録し、工人は暗唱し、士人は称えるものである、(とても重要なものとして尊重される)と聞いている。」周公はこれを聞いて唐叔虞を晋侯に封じた。
周公旦はさすがに正しいことを言ったものである。これに感じて成王は益々発言に留意し、部下を愛する天子の道を確立し王室の基礎を確固たるものにする助けとなったのである。


人気Q&Aランキング