利用規約の変更について

自衛隊と第二次世界大戦について。
もし、自衛隊幹部(作戦本部等高官)が第二次世界大戦時のトップになったとすると、帝国は合衆国に勝利できると思いますか?(あくまで兵や物資は旧日本軍のもの)
(自衛隊の方々は戦争を起こさないことが最優先である、と言う理念の下任務に当たられてるとは知っていますが…ここではあくまで開戦することを前提でお願いします。)

質問者からの補足コメント

  • 自分の質問が不快感を与えてしまったのであれば、申し訳ありません。
    あくまで、単なるシミュレーション遊びとして質問させていただきました。
    なので、こうなるのかなーという予想でも結構です。気楽回答していただけると幸いです。

      補足日時:2019/02/21 00:07
  • この質問自体、過去について、もしこういう出来事があったらどう変わっていただろうなーという、極めて純粋な学問、疑問から生じたもので、戦争自体を助長するような内容ではないと考えております…(同時に下らない質問だと自覚しておりますが)

    因みにこの質問の背景としては、第二次世界大戦での日本の敗北は非論理的で非合理的、ずさんな計画によるものだと思っていて、それは軍上層部の楽観的な考えによるものだと思っています。そこで、もう少し頭の切れる者が指揮を執っていたらもう少しマシな状態で終戦を迎えられたのでは?と思い、その"頭の切れる者"の基準として、自衛隊幹部を挙げたのです。

      補足日時:2019/02/21 00:28

A 回答 (20件中11~20件)

「占領すること」が、唯一の勝つ方法ではないので、「勝てる」可能性はあると思うが…

    • good
    • 0

矢牧章海軍少佐が駐米武官として赴任するとき、同郷の大角岑生大将から次の助言を与えられた。


「まあ何だな。君が向こうへ行っての心得としては、とにかく、なにもやるな。
 どうか一つ君、ゆっくり遊んでおってくれ給え。」
つまり、なにがしかの情報を得たらこちらが有利に立てるとか、そういうスケールの相手ではなかったのである。
そういうスパイ活動をして露見して向こうの感情を逆なでするより、何もしない方がマシ、そういうことである。

山本五十六は開戦前近衛に「2年」と言った。
当時海軍の石油備蓄量が660万トンに達しようとしており、
1日1万トンの戦時消費と見積もれば、2年間は何とか食いつなげる計算だった。
「最初の1年や1年半は~」という有名なせりふも、こういう裏付けがあってのことである。

鉄鋼生産量、科学技術や工業水準、・・・

これが嫌でも向き合わなければならない日本の現実だった。
華々しい合戦だけでは勝利はつかめないのである。
    • good
    • 0

明治期の士官学校教官だったか


陸大教官だったかに招聘された
外国軍人教官による日本人士官の作戦立案傾向評価では
日本人は共通して御都合主義に走る、つまり自分の作戦に対し
相手はこうは来ないだろうといった
自分の都合ばかり優先の作戦を立てる傾向が
非常に強いと言われてました。
現在の自衛隊幹部は恐らくこういった傾向を
消された教育を受けていると事とロジスティックを
重視する当たり前の戦略を前提にすればですが
先ず戦争していない、出来なかったと思います。
    • good
    • 1

>もし、自衛隊幹部(作戦本部等高官)が第二次世界大戦時のトップになったとすると、帝国は合衆国に勝利できると思いますか?(あくまで兵や物資は旧日本軍のもの)



それは「日本が負ける」と言うことを知っていて、作戦に当るということなのでしょうか。それとも資質は自衛隊幹部だけど、情報としては当時の日本のままということでしょうか。

いずれにしても、たぶんですが「状況は変わらず、日本は戦争を行い負けた」と思います。なぜなら軍参謀レベルではコントロールできないほど政治的にも国民意識としても「戦争を起こす方向に向かっていた」からです。また日本軍だけでなく満州をコントロールしていた関東軍の問題もあります。政治家の圧力や国民の圧力(もちろん一般兵士の士気など含む)、さらには関東軍の圧力、などを踏まえたうえで、あれ以上の作戦を実行できるとは思えません。

少なくとも日本は「真珠湾を攻撃した時点」で負け確定だと思います。それこそ1年戦争ですぐに講和する準備ができたかどうかでしょうが、当時の雰囲気からすれば不可能だったと思います。

また、ミッドウエイ海戦までの日本軍の作戦はそれほど問題ないのです。ミッドウエイで敗北したことが転機につながっていて、海軍はその後米軍の工業力に勝つことが出来なくなったし、陸軍はだんだん補給路が米海軍に遮断されるようになって、勝てなくなったわけです。

自衛隊幹部がミッドウエイ敗退時に「講和や撤退を決断」できたかどうかが次の分かれ道だと思いますが、軍部全体からみれば気分的に不可能だったと思うし、山本五十六が戦死した後ではなお不可能だったでしょう。
 今でも米軍の自衛隊に対する評価は「優秀であるが、時に理解が及ばないほど自殺的な行動をする」というものらしいですから、今の自衛隊幹部が日本軍の司令部に居ても「撤退」は恥であり、日本人的な「玉砕」は免れなかったと思います。
    • good
    • 0

> それは軍上層部の楽観的な考えによるもの



なんでもかんでも軍人のせいにするのは、良く無いですね。
加藤陽子先生の一連の著作を読んでみて下さい。
軍事も馬鹿でしたが国民も相当に馬鹿だったという事が、良く分かります。
衆愚政治から戦争に突入していきました。
    • good
    • 0

この質問自体、過去について、もしこういう出来事があったらどう変わっていただろうなーという、極めて純粋な学問、疑問から生じたもので、戦争自体を助長するような内容ではないと考えております…(同時に下らない質問だと自覚しておりますが)」←もし・・なら 何でも良いのだから あなたが適当に考えればイイ・・



他人にまで 戦争を そんな くだらない遊びに付き合わすな・・


しかも 世界中に拡散するネットで・・
    • good
    • 0

気楽回答していただけると幸いです」←気楽回答出来ない事・・



学校でも 家庭でも 戦争の惨さを教わってる筈だが?
    • good
    • 0

そうだったら、そもそも米国と戦争しようなんて考えないでしょうね。


それが合理的思考というやつです。
    • good
    • 1

ここではあくまで開戦することを前提でお願いします。

」←武器を持って戦えば 勝っても負けても 子孫が その痛手を背負う・・

戦争が終わった今の時代に産まれていながら 何故 其処を考えないの?
    • good
    • 0

「開戦することを前提」なら勝てません。



国力が違いすぎますから、何をやってもダメですね。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q第二次大戦中の戦車が、現代の戦車を側面や背後から撃った場合、撃破できますか?

第二次大戦中の戦車(M4,T-34等)
現代の戦車(M1や90式などの第三世代戦車)であると仮定してください。

側面は無事な気がしますが、背後は大丈夫なんですかね。

Aベストアンサー

超至近距離で、静止していて、脆弱なポイントを狙える状況なら可能性はあるが、

履帯などを破壊して行動制約するのはまぁまぁ可能でも、撃破は難しい

複合装甲は、運度エネルギー弾には厳しい

Q自衛隊の演習有無について

知り合いの兄が陸自の3等陸尉なのですが
自衛隊に入ると絶対演習があると言っていました
演習のない部隊ってありますか?

Aベストアンサー

自衛隊で演習のない部隊はないと思います。
自衛官で演習のない職種もないと思います。

ですが、演習のない自衛隊の隊員はいます。

それは、防衛省の事務官や技官で、自衛隊の隊員ではありますが部隊ではないので、演習はありません。
よって、自衛官の制服も着ませんし、階級もありません。
ですが、自衛隊法の適用を受ける自衛隊の隊員です。

Q戦争と平和の差 戦争と平和ではどちらがお金がかかりますか? 核兵器、地雷など

戦争と平和の差


戦争と平和ではどちらがお金がかかりますか?
核兵器、地雷など

Aベストアンサー

例えば地雷自体のコストよりも、地雷を探知して処理するコストの方がはるかにかかります。
国防費に文句を言うのは容易いですが、いざ戦争になった際にかかる費用と失われる命に比べれば安いものです。

Q軍艦から軍用機宛のレーダー照射は国際法や条約に反するのですか

そもそも論としては、レーダー照射自体も日韓政府の主張だけであり、ほんとに在った事かどうか、庶民の立場からは確認する手段がありません。
政府がそういったと主張しているのか、海自が本当にそう言ってるのかも、報道を信じる以外ありません。
もし日韓政府の主張通り、あったと仮定してです。
レーダー照射それ自体は、条約や国際法に触れるのですか?
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018122300363&g=int
報道の内容によると、レーダー照射だけで発砲してませんし被弾してませんし犠牲者もいませんよね?
火器管制レーダー」と「水上捜索レーダー」の区別も、自衛隊がそうやって運用しているから外国もそうあるべきだという内容で、本来はその辺の専門的で細かい部分は国ごと軍団ごとに違いませんか?
国際司法裁判所に仮に話を持って行ったとして、日本に正当性があると解釈される話なんでしょうか?

Aベストアンサー

国際条約として、特定通常兵器使用禁止制限条約 (CCW) 議定書IV(失明をもたらすレーザー兵器に関する議定書)が1995年に採択され、1998年に発効されています。
今回の行為は上記の国際条約に違反しています。

レーザー照射は感知でき、感知したことはフライトデータレコーダーに記録されるので確認は可能です。
日本に正当性があることを証明するのは難しくないと思います。

Qアメリカが過去の戦争で最も苦戦した国は日本でしょうか?

なぜなら、最終奥義(原子爆弾)まで使わせたのですから。
今のところ、アメリカが核を使用した国は日本だけです。
ドイツにも、ソ連にも使っていません。

Aベストアンサー

日本だと思います。

「苦戦」が何を意味するのかによっても異なりますが、少なくとも「陸海空の総力戦」を行ったのはドイツと日本だけ、ドイツが主にイギリスとソ連が主敵国だったのに対して、日本はアメリカと太平洋の広範囲な領域で戦争を行っていますし、日系人を排斥する必要があるぐらいアメリカ国内の生活にも影響を及ぼしているからです。

Q海上自衛隊が行ったと主張する軍艦あての無線通信が在った証拠

https://youtu.be/GNBhAAMc2Hk?t=627
国際VHFで呼びかけと書いてあるけど無線機を動かしてる映像がありません。
ほんとうにやったんでしょうか。

Aベストアンサー

昨日の報道ステーションで、この問題について自衛隊などからの取材から詳しい説明がありました。
レーダーには周波数特性があってこの分析から韓国海軍の艦船からの証拠になるということだそうですね。

呼びかけについては、具体的な証拠は自衛隊側の録音だけですので客観的な証拠とは言いがたいでしょう。
しかし、無線機を動かしている映像があっても、フェイクだといわれればそれまでです。

つまるところ、水掛け論にしかなりません。
実際に事実をつきつけたところで、韓国国内情勢からみても韓国側が謝罪するはずもありません。
個人的には水面下で解決して韓国に恩を売るチャンスだったと思うのですが…

Q空母いずも搭載VTOLは、予想どおりオスプレイだけでは無くF35B。 しかしステルス性能を無視すれば

空母いずも搭載VTOLは、予想どおりオスプレイだけでは無くF35B。
しかしステルス性能を無視すれば、マクドネル・ダグラス社のAV-88ハリアーⅱのほうが安く多く買えるのでは?
F4ファントムからこれに変えれば良いのでは!

Aベストアンサー

AV-8BをAV-88と書いている時点で、ごくろーさん (^_^;

Qそもそも海自哨戒機は韓国海軍艦のそばに何故いたの?

韓国がレーダー放射したか、日本哨戒機が威嚇飛行したか…真実攻防
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-00000001-cnippou-kr

飛行機の速度から見たら船の動きは止まっていに等しいと思います。
これは偶然の遭遇なのですか?
それとも上空を行ったり来たり光学機器で撮影可能な距離をグルグルしていたのですか?
なぜその位置関係にあったのでしょう?

Aベストアンサー

哨戒機は哨戒活動をするものですよ。

QF15Jや空母やイージス艦がなく、核や弾道ミサイルもない国はどうやって国防してる

自衛隊のような豪華な装備と潤沢な予算がなく貧しい軍団のある国はどうやって国を守っているのですか

Aベストアンサー

国家が紛争を回避するように努力しています

Q海中にいる潜水艦の電池が切れ何も操作しないと、艦は沈下してしまうのですか? あるいは浮上してしまうの

海中にいる潜水艦の電池が切れ何も操作しないと、艦は沈下してしまうのですか? あるいは浮上してしまうのですか?
(もちろん、新鮮な空気の補充のため、いずれは浮上しなければならない、のでしょうが)

Aベストアンサー

帝国海軍は、自動懸吊装置を世界に先駆けて発明しました。注排水を自動で行い、海水の温度変化、塩分濃度変化等による海水比重の変化に対応して、動力を使わずに深度を保持する方法です。この為、注排水の圧搾空気が有れば、浮上も沈下もしません。

海水温度の複雑な日本近海では、この空気が無くなれば、浮上と沈下を繰り返します。そして海流に流されます。現在のそうりゅう型は、電池が無くとも動力を保持しています。通常型の潜水艦では考えられなかったスターリングエンジンですが、この動力により4ノット程度の速力と言われていますが、電池無しで数日の作戦行動が可能と言われています。

そうりゅう型もこのスターリングエンジンを廃止し、リチュウムイオン電池を採用し、一番艦が間もなく艤装が終わり就役します。この型は、鉛蓄電池の寿命を大幅に上回り、スターリングエンジンを必要としません。しかし電池が切れれば、動けません。将来的には、スターリングエンジンの改良型が登場して、より長時間の潜航が可能となると予測します。原子力潜水艦は、原子炉を冷却する循環ポンプが不可欠で、その水中行動の長期性と速力の優越性は、そうりゅう型の超静粛性で生かされません。

蛇足ながら、潜水艦映画でパイプから海水が噴き出すシーンがありますが、パイプ類にも耐圧船殻の圧力がかかっています。その溶接技術は、船殻に使われる超高張力鋼板と同等のレベルが必要です。この技術の優劣で、潜航深度が変わります。当然深深度潜航の場合の圧搾空気の利用は、深度に反比例して増大するので、深深度では長く水中に静止できなくなります。そして溶接技術は、機密事項で、豪州に技術提供したくない物でもあるのです。

帝国海軍は、自動懸吊装置を世界に先駆けて発明しました。注排水を自動で行い、海水の温度変化、塩分濃度変化等による海水比重の変化に対応して、動力を使わずに深度を保持する方法です。この為、注排水の圧搾空気が有れば、浮上も沈下もしません。

海水温度の複雑な日本近海では、この空気が無くなれば、浮上と沈下を繰り返します。そして海流に流されます。現在のそうりゅう型は、電池が無くとも動力を保持しています。通常型の潜水艦では考えられなかったスターリングエンジンですが、この動力により4ノット程...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報