青銅鋳物を水にぬらして放置すると白い析出物が出てきます。
鋳物業界などでは、白粉と呼ばれているようですが、成分としては、炭酸亜鉛、炭酸銅、酸化亜鉛、酸化銅と言われておりますが、発生の詳しいメカニズムや成分などの文献を調べても、探す事が出来ませんでした。
これに関する資料など有りましたら教えて下さい。
亜鉛めっき品等で白錆と言われているのと同様に白錆と言われる方も見えます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

直ぐに回答がほしいとのことですので、確証をとっていることが出来ませんでしたが、私の知識の中で考えられる説明をします。


青銅は、「銅合金の一種で、銅にスズなどを加えて合金としたもの」です。青銅の正確な混合物がわからないので少し怪しいですが、亜鉛なども多少、含まれているのではないかと思います。これらの、仮に、青銅中に「銅、スズ、亜鉛」が含まれていると仮定します。金属原子には、イオン化傾向というのがあって、イオンへの成りやすさが決まっています。これら3種があった場合は、「亜鉛」が一番イオンになりやすく後「スズ、銅」の順にイオンに成りにくくなります。この関係があるので、水や水に含まれる二酸化炭素(水と反応して炭酸となっている)らが反応する場合は、まず、亜鉛が反応します。理論的には、亜鉛がすべてなくなった後で、スズがなくなるまで反応し、スズもなくなってようやく銅が反応することになります。銅は、このイオン化傾向ということを考えると、理論的には、炭酸や、塩酸などとも反応しないことになります。
これらは、高校の化学で学習することですので、高校生2、3年生ぐらいの子供たちの方が詳しいと思えます。
また、亜鉛やスズはの水酸化物は、水に溶けにくいので、水と反応した場合は、反応後生じる水酸化物が、白色の沈殿(粉末状)になって出てきているのではないかと思えます。こんな、理由もあって、亜鉛メッキなどで生じる白錆と同様にいわれているのではないでしょうか。
    • good
    • 0

 どのような金属でも、水に接すると微量の金属イオンが溶出します。

これが水の中にとけている炭酸イオンと化合して、ご質問のような析出物を発生させます。

 なお、青銅を水にぬらして放置すると発生する析出物は、一般に緑青(ろくしょう)と呼ばれています。

 http://www.ion-net.co.jp/anzen.html

 お役にたてれば幸いです。--a_a

参考URL:http://www.ion-net.co.jp/anzen.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q真鍮製品の上手な磨き方

 仕事の話になるので日曜大工のカテゴリとそれますが、こちらで訪ねた方が確実だと思い質問致しております。

 会社に真鍮製品の在庫が豊富にあるのですが、保管が悪かったらしく製品の色が芳しくないものがたくさんあります。
 何れも新品なのですが、こんな色では売ることが出来ないと社員一同頭を悩ませており、その製品をなんとか販売できるまでにしろ!という大役を押しつけられてしまいました(涙)
 製品としては目に付くところで使用されるわけではないので新品同様までに綺麗にしなくてはいけないというわけではないのですが、ピカールで磨いて上司に見せたところNGと言われてしまいました。
 ピカールで磨いた以上に真鍮に光沢を持たせるには、どうやったらいいでしょうか?
 私的な考え方として、
・自動車用のコンパウンド剤を使用する
・スチームを使用する
 を考えています。
 ちなみに、ピカールは真鍮用のブラシとウエス(古タオル)を使って磨きました。

Aベストアンサー

#8です
以前写真現像(正確には現像停止)に使用した酢酸があることに気付き、試験してみました。

10%溶液を作り、汚れた真鍮を二時間漬けて置く。

引き出してティッシュペーパーで拭くと、ピカピカになっていました。留意点は

1.漬けておくだけで、擦ったり磨いたりの手間はいらない

2.10%も2時間も共に根拠はない。最適な値は他にあると予想される

3.真鍮に酸化膜以外の汚れが附着していると「酸洗い」を妨害するので、予めそのようなものは剥がしておく

4.酢酸の入手先は、私の場合ヨドバシカメラの写真用品売り場。その他薬局でも入手可能かもしれない(未検証)。いずれにせよレモン酢よりは大幅に安価

>#膨大な真鍮製品を大量のタバスコで拭きながら
>#噎せ返っている光景を想像して、ちょっと笑えました
>笑うなんて、非道い。(涙)
でも、ブラックユーモア的な情景がナントモ(^^;
 

Q真鍮(しんちゅう)の色

真鍮(しんちゅう)にシルバーの色もあるかどうか、
ご存知の方教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

2次加工はされた真鍮材の商品なのですか?それでしたら、ロジウムメッキなどのメッキを施したものならシルバー色になります。イミテーションのネックレスは真鍮で加工し、仕上げにロジウムを施してシルバー色にします。

Q真鍮をアンティーク調に変色させる方法

タイトルの通りなのですが、金ピカな真鍮を簡単に変色させる方法が知りたいです。

アンティーク調と言いましても真っ黒にしたいわけではなく、金色から少し暗いブロンズ色と言うか、茶色くしたいと言うか、表現が難しいのですが新品の金ピカから少しだけ色を落ち着かせたいのです。

酸化させるといいと書かれてるサイトもありましたが、実際手っ取り早く家庭にあるような物で変色が出来るのなら是非教えて頂きたいです。

例えば、お酢でも○時間か置いてたら変色するよ!みたいな答えを頂けると大変助かります!
100均で買い揃えれる物でも構いません!

是非、ご教授宜しくお願いします^^

Aベストアンサー

食塩水に漬ける。
オキシドール(過酸化水素水)につける。こちらは緑青ができるので、少しずつ様子をみて。

何時間かは、濃度や真鍮自体によりますので何ともお答えできません。

Qアルミニウムの腐食

アルミニウムが腐食する原因は何でしょうか?

また、どのくらい置いていたら腐食するんでしょうか?

Aベストアンサー

純粋なアルミは非常に反応性の高い金属です。
アルミサッシなど腐食されない材料として使用される理由は
傷ができたとき、瞬時に酸化皮膜(酸化アルミ)ができ、
それ以上反応が進まなくなるからです。
酸化アルミは透明な物質なので見かけ上はわかりません。
酸化アルミは非常に安定している物質なので腐食が起こりにくいのです。
ちょうど鉄棒の表面に黒さびをあらかじめつけておくのと同じ原理です。

アルミが腐食する理由としては、油や汚れなどが付着して
酸化皮膜ができる前に他の反応が起こった場合です。
つまり反応性の高いものが近くになく、いつもきれいにして空気に触れていれば
ほとんど腐食しないはずです。

Q電源 200V単相と3相の違い

電源 200V単相と3相の違いについて教えてください。
どう違うのでしょうか?
電気のことはぜんぜん分からないので詳しくお願いします。

あと、200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V30A(3相)から電源をとるとどうなりますか?(家庭用電源ではなく、会社の電源です)

200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V50A(3相)から電源をとるとどうなりますか?

Aベストアンサー

> 電源200V単相と3相の違い…

すでに三人の方から回答があるとおりですが、まだ出ていないことを補足します。
(なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。)
電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。大地に対する電圧です。単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。このため、住宅の屋内では原則として、三相200Vを使用することができません。ご質問は、会社ということですから、この点はクリヤされますが、そのサーバーが、対地電圧150V以上に耐える設計がなされているかどうかを、確認する必要があります。

> あと、200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V30A(3相)から電源をとると…

前項の問題がクリヤしたとして、次に、質問者さんの会社が、低圧受電か高圧受電かによって、この答えは変わってきます。
電力会社から200Vの低圧で受電し、単相と三相の二つのメーターが付いている場合、原則として単相負荷は単相契約で使用します。何らかの事情で単相負荷を三相契約で使用したい場合は、事前に電力会社と協議し、それなりに基本料金を支払うことが必要です。
6,000Vあるいはそれ以上の高圧で受電し、自社内で200Vに落として使っている場合のうち、電力会社との契約が「負荷契約」であったら、前述の低圧の場合と同じです。
高圧受電で、電力会社との契約が「変圧器契約」であれば、単相負荷を三相配線で使用しても、道義的には問題ありません、ただし、三相変圧器に単相負荷をかけると不平衡が生じ、電圧降下や変圧器の温度上昇を招く場合もあります。事前に十分な技術的検討が必要です。

> 200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V50A(3相)から電源をとると…

200Vで30Aということは、6kVAの容量といいます。200V50A(三相)は、17.3kVAですが、そこに6kVAの余裕があるかどうかを検討しなければなりません。単相の電源盤からとるとしても、同じです。余裕がなければ、電線を太くして、ブレーカも大きなものに取り替えることなどが必要になります。
どのような業種の会社か存じませんが、「エアコンのスイッチを入れたら、サーバーまで落ちてしまった」ではしゃれにもなりません。
経験的に、単相にしろ三相にしろ、6kVAもの余裕がある電源盤は、比較的少ないように思います。事前に電気工事業者と十分な打ち合わせをされることをお薦めします。

> 電源200V単相と3相の違い…

すでに三人の方から回答があるとおりですが、まだ出ていないことを補足します。
(なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。)
電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。大地に対する電圧です。単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。このため、住...続きを読む

Q銅が錆びる条件

緑青が発生して困っています。
品物は電気銅の板ですから、ほぼ純度は高い銅です。
緑青は銅が激しく酸化して生ずる錆びだと理解していますが、
私の認識では銅は鉄と違って、水道水に浸したくらいではすぐ
には(緑青を生ずる様な)錆びることはない・・・と思って
いました。
果たして銅は、酸や電気化学的に分解される状況以外に緑青を
生ずることがあるのでしょうか???
どなたか解りやすく教えて下さいませんか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>水道水に浸した
が問題でしょう。これが純水ならばご指摘の通りです。
水道水の海岸地帯の水道水の場合には、雨又は地下水の海水による汚染があって、NaClが結構含まれています。水道水が乾いて、NaClだけが残り、ここに結露して、3%NaCl溶液程度の水のま区が出きると、結構激しい腐食が起こります。

NaClのほかに、火山性硫化水素、亜硫酸ガス(NOx, SOxを含む)などがあります。
東京での銅飾りは、3-5年で腐る(腐食して穴があくこと)といわれていたのが、待機汚染防止法適応前の状態です。

微生物の蓄積や、部分的に覆われた時の隙間腐食により急激に腐食が進むときがあります。だから、金属製雨どいに落ち葉を貯めるなといわれています。

Q銅の緑青を取りたい!

シンクに置いてる銅製の三角コーナーが、しばらく使ってる間に緑青がみっちりついてしまい、洗っても取れません。水すらもたまりがちで困っています。
通常はコーナーの中にさらゴミネットを入れて使用し、ゴミがたまったらネットごと捨てています。

何か良い方法ありましたらおしえてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、きれいに汚れを落としてください。
次にお酢と塩をスポンジにつけてこすって下さい。
するとあら不思議、緑青は見る見るとれてきます。

お酢を使いますので手にも安心で、換気も必要ありません。
きれいに磨いたらそのまま使用してください。
きれいなままにしようと、何かでコートしてしまうと、銅の殺菌力が発揮できませんので・・・

Q青銅と黄銅の違いについて

水道のバルブの材質に青銅のものと黄銅のものがありますが、上水道で使った場合にどんな違いがありますか?教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。#1です。

> 青銅も黄銅もどちらも上水道に使用して問題ないと思いますが、
> 塩素に侵されやすいとかがあるんでしょうか?

一般的な話をすると、青銅の方が黄銅よりも耐食性は良いと考えられ、
脱亜鉛耐食は液温度、溶存酸素濃度、塩素イオン、炭酸ガス、遊離炭
素によるので塩素に侵されやすいと言うのは間違い無いですが、現実
問題として一般に販売されているバルブの耐食を考慮しなければなら
無いのはプラントや薬品を扱うなどの特殊用途になると思います。

ご存知でしょうが黄銅と言っても、C2100等の丹銅、C2600の70/30黄銅、
C2801の60/40黄銅をはじめ、ネーバル黄銅、アドミラリティ黄銅、アル
ミニウム黄銅などがあり、亜鉛の量によって強度と耐食性のバーター関
係になります。

耐食(主に脱亜鉛)を防止するためにはAs,Sb,Sn等の添加物を加えると
有効であってこれらの合金が規格化されています。
バルブの大手のkitzではKメタルと言っていますが、特殊用途でない限
り(水道水や海水に含まれる程度の各種イオン程度では)問題は無いと
考えられます。

もちろん青銅は脱亜鉛型の耐食はおこらず、Snの被膜生成により耐食性
もCuよりも良くなります。

特殊用途としては薬品の耐性、機械的強度によって珪素青銅やアルミニ
ウム青銅もありますが、このあたりりなると汎用品では無くなってくる
と思います。

腐食が心配な場合は、使用する雰囲気をバルブメーカーに伝え事前に
耐食試験を行う等してみてください。

こんにちは。#1です。

> 青銅も黄銅もどちらも上水道に使用して問題ないと思いますが、
> 塩素に侵されやすいとかがあるんでしょうか?

一般的な話をすると、青銅の方が黄銅よりも耐食性は良いと考えられ、
脱亜鉛耐食は液温度、溶存酸素濃度、塩素イオン、炭酸ガス、遊離炭
素によるので塩素に侵されやすいと言うのは間違い無いですが、現実
問題として一般に販売されているバルブの耐食を考慮しなければなら
無いのはプラントや薬品を扱うなどの特殊用途になると思います。

ご存知でしょうが黄...続きを読む

Qmin-1の意味は?

回転数とは思うのですが、min-1はどういう意味で、また何の略で、どう読むのでしょうか。

RPMであれば、round per minutesで
1分間の回転数という意味ですよね。

min-1とRPMはイコール(=)なのですか?
またなぜー1とつけるのでしょうか。

分かる方、お願い致します。

Aベストアンサー

#1の方の回答の通りですが、ちょっと補足めいたことを。

読み方は「まいふん」だと思います。そう言ってます。

rpmは[revolutions per minute]1分間あたりの回転数ですね。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=rpm
もしかすると「round」という言い方もあるのかもしれませんので否定はしませんが、
「revolutions」と言う場合が多いと思います。

で、なぜRPMを使わないかというと、
単位の表示方法を世界的に統一しようという動きがあり、(SI単位系を使おー)
「revolutions」は「回」という、それを表す単位がSI単位系に無いため、
RPM → min^-1 となります。

天気予報の気圧を表すミリバールという単位がヘクトパスカルになったのも
SI単位系を使おーという動きのためです。

インチ、ポンド、フィートなども使うのを避ける方向になっています。

Q銅のサビを取るには?

昔の万博の記念メダルに銅のサビ(緑青)がちらほら出てきました。
TVで放っておくとどんどん侵食していくと言っていたので、除去したいと思っています。
表面に傷が付かないように、サビを取る方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

銅なら酸ですよね。梅干にもレモンの汁にもクエン酸が入っているのでつけてみて下さい。キレイになります。レモンの代わりに食卓レモンでも大丈夫!
ただ、サビと思っていたのが汚れの可能性もありますから、その場合は別になりますね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報