青銅鋳物を水にぬらして放置すると白い析出物が出てきます。
鋳物業界などでは、白粉と呼ばれているようですが、成分としては、炭酸亜鉛、炭酸銅、酸化亜鉛、酸化銅と言われておりますが、発生の詳しいメカニズムや成分などの文献を調べても、探す事が出来ませんでした。
これに関する資料など有りましたら教えて下さい。
亜鉛めっき品等で白錆と言われているのと同様に白錆と言われる方も見えます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

直ぐに回答がほしいとのことですので、確証をとっていることが出来ませんでしたが、私の知識の中で考えられる説明をします。


青銅は、「銅合金の一種で、銅にスズなどを加えて合金としたもの」です。青銅の正確な混合物がわからないので少し怪しいですが、亜鉛なども多少、含まれているのではないかと思います。これらの、仮に、青銅中に「銅、スズ、亜鉛」が含まれていると仮定します。金属原子には、イオン化傾向というのがあって、イオンへの成りやすさが決まっています。これら3種があった場合は、「亜鉛」が一番イオンになりやすく後「スズ、銅」の順にイオンに成りにくくなります。この関係があるので、水や水に含まれる二酸化炭素(水と反応して炭酸となっている)らが反応する場合は、まず、亜鉛が反応します。理論的には、亜鉛がすべてなくなった後で、スズがなくなるまで反応し、スズもなくなってようやく銅が反応することになります。銅は、このイオン化傾向ということを考えると、理論的には、炭酸や、塩酸などとも反応しないことになります。
これらは、高校の化学で学習することですので、高校生2、3年生ぐらいの子供たちの方が詳しいと思えます。
また、亜鉛やスズはの水酸化物は、水に溶けにくいので、水と反応した場合は、反応後生じる水酸化物が、白色の沈殿(粉末状)になって出てきているのではないかと思えます。こんな、理由もあって、亜鉛メッキなどで生じる白錆と同様にいわれているのではないでしょうか。
    • good
    • 0

 どのような金属でも、水に接すると微量の金属イオンが溶出します。

これが水の中にとけている炭酸イオンと化合して、ご質問のような析出物を発生させます。

 なお、青銅を水にぬらして放置すると発生する析出物は、一般に緑青(ろくしょう)と呼ばれています。

 http://www.ion-net.co.jp/anzen.html

 お役にたてれば幸いです。--a_a

参考URL:http://www.ion-net.co.jp/anzen.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q炭酸飲料の二酸化炭素で地球温暖化?

 いつもご回答ありがとうございます。

 今、二酸化炭素(CO2)が原因で地球温暖化が起こっていると言います。それなら、例えばコーラなどの炭酸飲料も地球温暖化につながるのでしょうか。

 教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

400mlペットボトルの炭酸飲料一本あたりにふくまれる炭酸ガスはせいぜい1000ml程度。地球全体にどのくらいの二酸化炭素が存在するか想像もつきませんが、その膨大さと比較すれば微々たる量でしょう。

むしろ、炭酸飲料の缶やボトルを作る工程、もしくは販売店に運搬するまでの工程、販売店で販売する工程のほうがよほど地球温暖化に影響を与えていると思います。

Q5万t-CO2の二酸化炭素ガスと同等の温室効果を有する亜酸化窒素ガスの質量

原子量を炭素12、窒素14、酸素16とし、亜酸化窒素ガスの地球温暖化係数を310とするとき、5万t-CO2の二酸化炭素ガスと同等の温室効果を有する亜酸化窒素ガスの質量を求めるにはどうしたらよいのでしょうか。
単純に、
5万t÷310=5,000/31 t
でいいのでしょうか。

Aベストアンサー

正確には不明・・・なんじゃないですかね

一番温暖化に影響あるのが水蒸気で水蒸気が12マイクロメートル以上の広範囲で吸収しているのに対して、二酸化炭素は15マイクロメートル付近
 亜酸化窒素ガスは又違いますし資料によってどのガスがどの波長を吸収しやすいか、書かれ方が微妙に違います
 

参考URL:http://www.geocities.jp/obkdshiroshige/ondanka/ondanka.htm

Q二酸化炭素について(メタンガスと亜酸化窒素ガスについても)

(1)例えば、火力発電所で出てくる二酸化炭素をアルカリ液に吸わせるということが
できるみたいなんですが、そこからまた二酸化炭素を取り出すことってできるんですか?

(2)二酸化炭素を宇宙に放出したら、どうなりますか?

(3)メタンガスと亜酸化窒素ガスって化学的に回収できますか?
つまり、どの物質と結びつきますか?

(4)ついでに、メタンガスと亜酸化窒素ガスも宇宙に放出したらどうなりますか?

一つだけでもいいので、教えて下さい!!

Aベストアンサー

これについて研究して知っている範囲から。

【1について】
可能です。
アルカリ液というか、アミン系の液が現在は有望なんですが、こいつを高温高圧等の特定条件下に置くと、吸収された二酸化炭素が放出されますんで、これを圧縮して液化して回収するモデルプラントが開発されています。

ただし、この回収時のエネルギー(特定条件下を創り出すエネルギーですが)が膨大な量でして、例えば、ある発電所で実験的に動かしてみると、熱効率40%程度の発電所の効率が34%位に落ちます。(発電電力の1割~2割を回収エネルギーに回さなくちゃ行けないって事ですね)

【2について】
引力圏外に放出された炭酸ガスは、他の星の引力に吸い寄せられるまでは、放出時の運動エネルギー等で核酸していくでしょう。

地球環境がどうなるか自体は不明です。
炭酸ガスも元は酸素と捉えることも出来ますから、非常識な量を引力圏外に捨てると、地球上の酸素不足に繋がったりするかもしれませんが....。

【3について】
回収可能です。
メタンの回収液の組成は直ぐには出てきませんが、亜酸化窒素なら酸化してやって水に硝酸の形で回収することも可能ですし、回収しなくても、触媒を通して(途中でアンモニアも加えますが)やれば簡単に窒素と酸素にもどりまして、この方式は現在の大容量ボイラの脱硝装置に使われています。

【4について】
拡散についてはと同じですね。
地球上の物資総量の影響も2と同じです。


蛇足ですが....。

ロケット打ち上げに伴って新しく出てくるガス量。
手元の資料からのバクッっとした計算なんですけども、ryon2さんの云われる事は実際に起こりますね。

推進剤自体は液体水素と液体酸素ですから二酸化炭素は出てこないんですが、それらを製造するための元エネルギーを現在の国内電力として、さらにロケット本体の重量を仮に鉄系の材料に置き換え、H-2ロケットで打ち上げ成功率100%として計算したら、実際に笑っちゃう数字です。

これについて研究して知っている範囲から。

【1について】
可能です。
アルカリ液というか、アミン系の液が現在は有望なんですが、こいつを高温高圧等の特定条件下に置くと、吸収された二酸化炭素が放出されますんで、これを圧縮して液化して回収するモデルプラントが開発されています。

ただし、この回収時のエネルギー(特定条件下を創り出すエネルギーですが)が膨大な量でして、例えば、ある発電所で実験的に動かしてみると、熱効率40%程度の発電所の効率が34%位に落ちます。(発電電力の...続きを読む

Q配電盤の発錆について

キュービクル等の屋外に設置する配電盤で、チャンネルベースと配電盤の隙間から発錆するのを防ぐ、有効な手段はありますでしょうか?
聞いたところ、外側から隙間に対してコーキングするという手段があるそうなのですが、一般的なのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

前に電気工事をやっていたときの例(配電盤や中継ボックス)としては、コーキング、または、亜鉛メッキスプレーとか使ってました。

ただの錆止めとしてなら亜鉛メッキスプレーが良いと思いますが、隙間がある(防水)場合であればコーキングが良いかと思います。

細かい状況が(今は)創造できませんが、心配であれば内側からは耐火粘土、外側からはコーキングとかどうでしょう。

Q炭酸ガスを削減するには?

環境のことを調べていて、炭酸ガスを削減するには具体的にどのような方法があるかどうかと思い調べてみたのですがどうもよくわからなくて困ってしまいました。身近なことでなくてもいいので教えてください。

Aベストアンサー

>身近なことでなくてもいいので教えてください。

大きく分けて、二つの並行的なアプローチが必須です。

一つは、CO2排出量を増やさずに安全かつ効率的にエネルギーを得るためのアプローチ。もう一つは、人類を含めた動物のCO2排出量に見合うCO2吸収メカニズムを持続的に構築するためのアプローチです。

前者については、アメリカが提唱する「未来発電構想」が世界の主流です。脱石油戦略(水素燃料・燃料電池)によって究極的に「水素社会」の実現を目指しています。
具体的には、石炭(石油にくらべると相対的に無尽蔵な資源と言われる)をガス化して燃焼させ、発電と水素製造を同時に実現します。一方、水素製造過程で生ずるCO2を固定化する「炭素隔離技術」については、アメリカ・日本をはじめとする先進 14カ国によって、向こう10年間をめどに、CO2固定化技術を共同開発することが合意されています。

後者については、積極的な植林事業の推進、開発途上国を中心とした非木材紙の普及促進による森林保護等の重点施策によって、着実に森林資源の修復と増大を図り、植物によるCO2吸収メカニズムが継続的に構築されつつあります。

>身近なことでなくてもいいので教えてください。

大きく分けて、二つの並行的なアプローチが必須です。

一つは、CO2排出量を増やさずに安全かつ効率的にエネルギーを得るためのアプローチ。もう一つは、人類を含めた動物のCO2排出量に見合うCO2吸収メカニズムを持続的に構築するためのアプローチです。

前者については、アメリカが提唱する「未来発電構想」が世界の主流です。脱石油戦略(水素燃料・燃料電池)によって究極的に「水素社会」の実現を目指しています。
具体的には、石炭(石油にくらべる...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報