出産前後の痔にはご注意!

the smell of roses
という単数形 of 複数形 はあるのに、

the leg of tables
という単数形 of 複数形はないそうです。

この違いはなんでしょうか?

A 回答 (3件)

the smell of roses


バラはバラの匂いがするものなんで単数です

Curry with the fragrances of various spices
いろいろなスパイスの、いろいろな香がするわけです

the leg of tables
複数のテーブルの中の一本の特定の足ってことは、どれか一つのテーブルのものですので、、、
これはないかな
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>the smell of roses
バラはバラの匂いがするものなんで単数です
the leg of tables
複数のテーブルの中の一本の特定の足ってことは、どれか一つのテーブルのものですので

たしかにそうですね。
言われみて気づけました。
ありがとうございます!

お礼日時:2019/03/19 18:13

前者は、roses全体から香るsmellをひとかたまりとしてイメージしていると思います。


でも、足は普通、1つのテーブルを見てそれに付属する足 と言うように捉えますよね
このような違いがあるのでは。
    • good
    • 0

the leg of tables


これはどう考えてもおかしいでしょう?
テーブルの足だったら、The legs of table となるはずですよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qラ行のローマ字表記は「R」ではなく「L」の方がよいのでは?

ローマ字表記を決める時、どうして「R」になったのかは知りません。
でも、日本人は英語の「R」と「L」の区別が苦手です。
(英語以外の言語ではどうなのか分からないので、とりあえず「英語」で説明します。)

特にRが苦手です。
ということは日本人が「らりるれろ」と言っても、英語圏の人には「rarirurero」とは聞こえない、ということです。

新元号が「レイワ」に決まりました。
英語圏の人が巻き舌で「reiwa」と発音するのか、と想像したらウーーンと複雑な気持ちになりました。
「leiwa」の方が日本語の「れいわ」に近い発音になるのでは?とか
日本人が「レイワ」といった時、英語圏の人の耳に「leiwa」としか聞こえないのでは?
などと思いました。

発音的にはラ行は「L」の方が近いのではないでしょうか?
la、は「ぁ(小さいあ)」になってしまう、ということはありますが、「ぁ」はxaで表記すれば区別できます。

いまさら変えようもないことでしょうが、ラ行はなぜ「R」なのか、ローマ字表記について詳しい方からご意見を頂けると嬉しいです。

ローマ字表記を決める時、どうして「R」になったのかは知りません。
でも、日本人は英語の「R」と「L」の区別が苦手です。
(英語以外の言語ではどうなのか分からないので、とりあえず「英語」で説明します。)

特にRが苦手です。
ということは日本人が「らりるれろ」と言っても、英語圏の人には「rarirurero」とは聞こえない、ということです。

新元号が「レイワ」に決まりました。
英語圏の人が巻き舌で「reiwa」と発音するのか、と想像したらウーーンと複雑な気持ちになりました。
「leiwa」の方が...続きを読む

Aベストアンサー

ローマ字というモノは日本だけじゃなく、海外にもあって、その起源の殆どが「大航海時代に生まれた物」なのです。つまり、航海に同行し、キリスト教の布教に務めた宣教師たちが「現地の言葉を知るために、ポルトガル語またはスペイン語(どちらも原型はラテン語)で現地語の発音を記した」のが最初のローマ字化なのです。

日本では戦国時代に宣教師がやってきて、ローマ字の原型を作りました。この時点でラ行は「R」で表記されています。
次にローマ字が変化したのは幕末で、ヘボン式として残るローマ字方式がアメリカ人のジェームス・カーティス・ヘボンによって考案されました。

でもこの時もラ行の字は「R」で表記されています。理由は「英語ネイティブから見て日本語のラ行はLの発音ではないから」です。
もう少し付けたして言うと「ヨーロッパ言語において、Lの発音は比較的同じだが、Rの発音は各国語によって異なり、その幅が許容されているから」です。

ラ行のうち「リ」はかなりLの発音に近いと言っていいでしょう。「リ」だけ取れば英語ネイティブもローマ字をLにしても納得します。しかし、「ラ」の発音は英語のLの発音とは全く異なりますし、同様に「ル・レ」はRとLの中間「ロ」はRのほうが近い発音なのです。

なので「ヨーロッパ言語のLの発音と異なる揺れ幅がある以上、Rで表記するのが英語(ヨーロッパ言語)の感覚からして正しい」のです。

ローマ字というモノは日本だけじゃなく、海外にもあって、その起源の殆どが「大航海時代に生まれた物」なのです。つまり、航海に同行し、キリスト教の布教に務めた宣教師たちが「現地の言葉を知るために、ポルトガル語またはスペイン語(どちらも原型はラテン語)で現地語の発音を記した」のが最初のローマ字化なのです。

日本では戦国時代に宣教師がやってきて、ローマ字の原型を作りました。この時点でラ行は「R」で表記されています。
次にローマ字が変化したのは幕末で、ヘボン式として残るローマ字方式がア...続きを読む

Qなぜ不定冠詞なのか分かりません。

This is the office that he works in.
officeの前に定冠詞があるのは彼が働いているオフィスは常識的に1つしかない、または「彼が働いている」と限定しているからだと教わりました。

それなら以下の文はなぜ不定冠詞なのでしょうか?
I have a son whose name is Taro.
タロウという名前の息子だって常識的に「私」からしたら1人しかいないもしくは、「タロウという名前」と限定していると思うのですが、なぜ不定冠詞なのですか?

Aベストアンサー

This is an office that he works in.を✕にしてますが、参考書では〇です。。
本当に✕ですか?

→ 私の最初の回答は話しを簡潔にするため「一般的」な回答をしました。 しかいご質問があったのでお答えします。 もし、その人がいくつかの事務所で働いているのであれば、理屈上はThis is an office that he works in. でも間違ではありません。ただ「いくつかの事務所の内の一つの事務所」をいいたのであれば、かなりの数の人は This is one of the offices that he works in. のように言うでしょうし、そのほうが自然です。

このように定冠詞、不定冠詞は奥が深いです。

Q英語の意味が分かりません

Native peoples knew it by several names, but it’s the one that explorer John Wesley Powell gave it in 1869 that stuck: the Grand Canyon.

この英語の和訳を教えてください。
the oneとはどう訳せばいいのか分からす困ってます。。
that stuckとは冒険家が立ち尽くしたという意味でしょうか?

Aベストアンサー

先程の訂正です「関係代名詞以外」→「関係代名詞以下」です。
 それから、補足で仰ってる「『接続詞that』の後には完全な文が来る」は全く正しいですよ。高校生だとしたらよく勉強されてますね。私が言った「完璧に見分けられる」の一つの根拠です。

Q「仮定法」って具体的に何を指す?

こんにちは。今日は春分の日ですね。春分の日は英語では Vernal Equinox Dayと言いますよね。
vernalとはラテン語で春を意味するverから派生した形容詞ですね。そして、Equinoxとは これもラテン語の aequus(等しい)とnox(夜)と由来しています。つまり、昼と夜の長さが同じことを意味しています。
さて、蘊蓄はそれくらいにして、英語は好きでも、文法は あまり面白くないっていう人って少なくありませんよね。でも、 私は 文法を覚えるのが楽しかったです。しかし、そんな私でも なんか釈然しな
くて 文法がつまらなくなったのが、「仮定法」のところです。

概ね、このように習うかと思います。

≪「仮定法」というのは、「現在や過去の事実とは異なること」を話す時に使う文法です。「もし~なら、~なのになあ。」ということを表現します。≫


例えば、次の文です。典型的な仮定法過去の文ですね。


If I were a bird, I could fly to him.

私は なぜ英語は「仮定法」というのだろう?と不思議に思います。別に動詞の変化形が特に異なっているわけではないのに。

ちなみに、この英文をイタリア語に訳すと こうなります。

Se fossi un uccello, potrei volare da lui.

この文では、仮定の部分を表すところを条件節と呼んで、ここが接続法になり、主節が条件法になると説明されます。
むしろ英語が無駄に文法を難しくする用語を使いすぎなのではないかと思っています。
そもそも英語の「法」という言葉も何なのだろうとよく分かりません。
ですから、“「現在や過去の事実とは異なること」を話す時に使う文法”というのが、
動詞の叙法のことを指すのか、構文そのものを指すのか 曖昧きわまりありません。
むしろ英語は無駄に文法を難しくする用語を使いすぎなのではないかと思っています。
そこで質問ですが、「仮定法」とは一体 何を指しているのでしょうか?

こんにちは。今日は春分の日ですね。春分の日は英語では Vernal Equinox Dayと言いますよね。
vernalとはラテン語で春を意味するverから派生した形容詞ですね。そして、Equinoxとは これもラテン語の aequus(等しい)とnox(夜)と由来しています。つまり、昼と夜の長さが同じことを意味しています。
さて、蘊蓄はそれくらいにして、英語は好きでも、文法は あまり面白くないっていう人って少なくありませんよね。でも、 私は 文法を覚えるのが楽しかったです。しかし、そんな私でも なんか釈然しな
くて 文...続きを読む

Aベストアンサー

単に、そのような名称を名付けただけでしょう(思い付きで?)
無駄に文法を難しくする用語・・・;全くですね、同意します。
文法は、基本、後付け理論であるからとは言え、
不適切な言葉は適切な言葉に変更すべきでしょう。

Qmet for an emergency meeting の解釈

高校生が自殺したことに関連してアメリカのニュース記事につぎのような箇所がありました。

On Sunday afternoon, more than 60 school, county, city, child services and law enforcement officials, as well as mental health specialists, teachers and parents, met for an emergency meeting.

最後にある met for an emergency meeting の解釈についてですが、「緊急集会を持った」のような意味に取るのですが、何か違和感があります。それであれば had an emergency meeting のほうが普通のような気がします。この点どうでしょうか? それとも met for an emergency meeting は「緊急集会を話し合うために会合を持った」ということでしょうか?

Aベストアンサー

最後にある met for an emergency meeting の解釈についてですが、「緊急集会を持った」のような意味に取るのですが、何か違和感があります。

→ 「緊急集会を持った」の意味にとるのが正しいです。おそらく meet がダブっているので少し変に感じられたのだと思います。 この meet for ~ は、前から「会って(一緒に)~する」のように感じ取るのがいいと思います。 meet for lunch (会って昼飯を食う)、meet for drinks (会って酒を飲む)などはよく友人と交わす言葉です。

QAll of Tom's cooking is delicious. この文おかしくないですか?お願

All of Tom's cooking is delicious. この文おかしくないですか?お願いします

Aベストアンサー

all ofで言うなら、Tomの後ろの名詞は「料理」なので、dishesの方がいいです。
All of Tom's dishes are delicious.

関係代名詞を使って、
All that Tom cooks is delicious.
この場合は「トムの料理するもの全て」を量として見たらis(単数)で受けます。5品や8品とか数のことだとしたら、are(複数)になります。それはその場の状況で変わるでしょう。

Qおかしいと思う。 あるアプリの設定である。 Realisticが現実的、 Visibleが目に見える

おかしいと思う。

あるアプリの設定である。
Realisticが現実的、
Visibleが目に見える
という日本語訳になった。visibleは本当はどうやって訳すのか。できたら他の訳も教えてほしい。

Aベストアンサー

Realistic と Visible のあいだをスライドさせるということは、

Realistic は「写実的に細かく」
Visible は「見える」つまり、見えればよい程度ということです。

画質を犠牲にしてメモリーの負担を軽くすれば、画像の描出が早くなったりしますよね。

Qthe dog whose statue is in front of Shibuya Statio

the dog whose statue is in front of Shibuya Station.

答え:渋谷駅の前にその像がある犬

「Best Avenue」という参考書に、日本語に訳せという上記の練習問題があるのですが、この日本語おかしくないですか?

Aベストアンサー

the dog whose statue is in front of Shibuya Station=渋谷駅の前にその像がある犬
で、どこにも間違いはありません。引用のものにはピリオドが見えていますが、これは
文ではないので、ピリオドは不要です。忠犬ハチ公の説明でしょうか。
"先行詞+関係代名詞+動詞を含む語句" は、名詞である先行詞がまず大事で、その後に
来る関係代名詞+動詞を含む語句は、先行詞がどういう名詞かを説明・修飾します。この
場合、まずは、犬です。どのような犬かが、whose statue is in front of Shibuya Station
の部分。be 動詞は場所を表す語句を伴うと、大概は、ある・いる、の意味ですから、全体
として、”渋谷駅の前にその像がある犬”で正しいわけです。ただ、違和感があるとして、そ
れは、通常の会話などに於いては、”渋谷駅の前に<その像がある犬>”などと言うことがほ
とんど無いので、どこかおかしいなと感じられるのだろうと思います。”渋谷駅の前に像があ
るその犬”にしたら、少しは違和感が薄らぎますか。外国語を日本語に移し替えるわけなので、
訳文に違和感が伴うのは、ある意味、仕方がないと思った方が良いかもしれません。

the dog whose statue is in front of Shibuya Station=渋谷駅の前にその像がある犬
で、どこにも間違いはありません。引用のものにはピリオドが見えていますが、これは
文ではないので、ピリオドは不要です。忠犬ハチ公の説明でしょうか。
"先行詞+関係代名詞+動詞を含む語句" は、名詞である先行詞がまず大事で、その後に
来る関係代名詞+動詞を含む語句は、先行詞がどういう名詞かを説明・修飾します。この
場合、まずは、犬です。どのような犬かが、whose statue is in front of Shibuya Station
の部分。be...続きを読む

Qhad plannedの代わりにplannedでもいいでしょうか

ミッドウェイ海戦を描いたMidwayというアメリカ映画を見ました。

日本軍の暗号電文を解読していた米軍の航空母艦が、南雲(なぐも)中将率いる日本軍航空母艦によるミッドウェイ島への攻撃日時を予測し、ミッドウェイ島の近くで日本軍を待ち伏せします。

日本軍は米軍の航空母艦はハワイにいるとして作戦を立てていたので、ミッドウェイ島の近くで米軍の航空母艦を発見したとの索敵機からの知らせを受電した日本軍の航空母艦は大混乱しますが、その500km後方の旗艦大和でその知らせの電文を見た山本五十六連合艦隊長官とその部下黒島大佐とが次の会話をします。

Yamamoto: One carrier! Close to Midway! Not Pearl Harber!
Kuroshima: Admiral Nagumo would simply destroy it a few days earlier than we had planned.

黒島大佐の言葉の意味は「敵航空母艦がハワイではなくミッドウェイで待ち受けていたとしても何の問題もない。この敵航空母艦は南雲中将が予定よりも数日早くハワイより手前のミッドウェイで撃沈することになるだけだ」という意味だと思います。

had plannedのところはplannedとしても間違いではないでしょうか。
もし間違いではないのなら、had plannedとplannedとではニュアンスにどのような違いがあるのでしょうか。

ミッドウェイ海戦を描いたMidwayというアメリカ映画を見ました。

日本軍の暗号電文を解読していた米軍の航空母艦が、南雲(なぐも)中将率いる日本軍航空母艦によるミッドウェイ島への攻撃日時を予測し、ミッドウェイ島の近くで日本軍を待ち伏せします。

日本軍は米軍の航空母艦はハワイにいるとして作戦を立てていたので、ミッドウェイ島の近くで米軍の航空母艦を発見したとの索敵機からの知らせを受電した日本軍の航空母艦は大混乱しますが、その500km後方の旗艦大和でその知らせの電文を見た山本五十六連...続きを読む

Aベストアンサー

have planed なら現在まで計画しており今も生きているニュアンスが出そうに思います。なお would は過去ではないので時制の一致など無関係です。

Q意味をおしえてください

Eddie ate dynamite good bye Eddie.

Aベストアンサー

直訳すれば『エディがダイナマイトを食べた、サヨナラエディ』。

これはギターの6弦を調弦する時の語呂合わせで、英語の頭文字は EADGBE となっていて、日本式にはミラレソシミです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A