君が代ってどう思いますか。
ちなみに私の周りでは儀式などで唱うときはほとんどだれも唱ってなかったし、周りはかなり気まずい雰囲気があったように記憶しています。
また、テレビでアメリカのある大会で君が代が流れたけど、そこにいた日本人は気まずい顔をして突っ立っているだけで、
唱うことすらできなかったです。対照的にそこにいたアメリカ人は誇らしげに唱っていましたが。
ということで今回の質問では
1君が代を自信を持って唱えるか
2君が代を自信を持って唱えない人を見てどう思うか
3君が代を自信を持って唱うべきか
4外国に言って国歌を唱ってよと言われてかつ、周りの人が全員唱ったあとだったりして断れないときどうするか

などについて聞きたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (25件中21~25件)

(1)唄えます


(2)教育のゆがみを感じます。また、国際感覚のない人であると感じます。
(3)国際人であろうとするなら、世界の常識を考えるなら、当然のことでしょう。
(4)唄います

国際競技大会などで他国の国歌や国旗に敬意を払うという世界常識の欠如した選手や観客‥ほぼ間違いなく日本人ですネ。
原点に帰って考えてみましょう。
君が代の歌詞は世界に類をみないような平和的な内容です。
そして、1100年も前に作られた『古今和歌集』巻第七賀歌を出典とする世界で最も歴史のある歌詞でもありますネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
うーん。世界でもっとも古い歴史を持つ歌詞だったとは知らなかったです。
とても勉強になります。

お礼日時:2001/08/01 19:57

1.歌えます


2.どう思うでしょうね。少なくともすばらしいことをしているとは思いませんね。
3.自信がどうかは知りませんけど公の場では歌うべきでしょうね。
4.歌います。

問題は2番目ですよ。
konojiさんがおっしゃるとおりです。
学校教育で、どう教えるか、悪いところだけを教えれば、どんな歌でも悪く感じるでしょうしね。
まあ、好き嫌いもですけど、問題は公の場で他の外国の方が歌われて、自分たちは歌えないというのは情けないですよ。否定するのはかまいませんけど、メリハリはつけるべきですね。
嫌だから、今にそぐわないからただ歌わないならず~っと変わりませんよ。
それに感じも悪いでしょうし歌わなくていい結果が出るとも思いませんよ。
もし変えたいなら、歌う場では歌い、変えたいなら他の方法で行動を起こすべきだと思いますけどね。私には、歌わない人は背景などを考えたとしても、良い行動をとっているように見えませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
君が代に対してうやむやな立場をとり続けて来た人は、
4のような状況でかなり困るのではないかと思われます。
私のような人ですが^^;
賛否のけじめをつける必要性を個人的にも感じます。

お礼日時:2001/08/01 19:55

1  はい歌えます。


2 「歌えない」のでは無くて「歌いたくない」もしくは「歌う気がしない」のでは無いかと思います。
3 必要無いと思います。
4 たぶん「君が代」を国歌として歌うと思います。
    • good
    • 0

この質問の回答はかなり意見がわかれると思います。


・・
歌詞の意味を承知した上で私自身は抵抗なく歌えます。
(私は天皇崇拝者ではありません)
*自信を持って歌うべきか?・・・質問の意図がよくわかりません。
国家の歌い方までアメリカナイズされる必要は無いと思います。

これは,日の丸問題と共によく議論されますが
この議論の根本的な原因としては
教育現場における教師側の指導にも問題があると思います。

いわゆる,戦時中の天皇崇拝の名残として扱われますが,表に現れている一面だけを問題化しているように思え,ある意味そのような議論自体に不快感を感じます。

君が代の「君」は確かに天皇のことです。
しかし,それは古事記にある神話の時代をへて現代までつづく日本の歴史そのものです。これを除外して今の日本を語る事は絶対に出来ません。

なぜ,日教組がこれについてこれだけ問題化するのかよく理解できません。

美しい歌だと思います。
又,大声で肩を組ながら歌うような歌ではなく,もっと内面的な物の美しさをもとめた歌詞だと思います。
そういう意味でこの歌には日本の,“わびさび”というものが込められた世界に誇れる国家だと私は思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
たしかに君が代には現代では独特の雰囲気があると思います。
私ももう少し君が代について勉強したいと思います。

お礼日時:2001/08/01 19:51

回答は年代によって大きく異なるでしょう。



1.歌えます。
2.教育の影響、犠牲者、かわいそう。
3.歌うべきです。
4.下手でも歌うべきです。

戦争によって国家感、価値観が大きく変わり、新憲法のもと、新生日本がスタートしました。しかし、憲法に国旗、国歌の明記がなかったために教育現場で様々な解釈が生まれました。時の文部省は日教組との摩擦や教育現場での混乱を恐れて、明確な方針を示すことが出来ず今日にいたっています。国歌はスポーツで国を代表する歌になり下がっています。世界の国歌で国民投票によって決められたのはほとんどなく、独立時の事情で決められた国歌が歌い継がれているのがほとんどです。従って、中には平和な現代にそぐわない歌詞もありますが、変更されることもなく歌われています。これは学校教育で国の独立に至る歴史を教え、その歴史の中から生まれた国家を大事に、誇りを持って歌うよう教えているからです。

日本の場合、外敵と戦って独立した歴史がなく、明治維新は徳川体制を倒した新政府が国家意識の乏しかった国民に強引に欧米の国家感や制度を押し付けてきました。国が独立した喜びを歌った欧米の国歌を真似て急遽制定したのが現在の国歌なのでもともと国民が感激して歌う国歌ではなかったと思います。第二次大戦に敗れたときが新しい国歌制定のチャンスだったはずですが、当時の政権担当者にも国民にもそのような心の余裕がなかったのだと思います。その後、国歌は長い間、政党や日教組にもてあそばれて来たように思われます。一歩、国を出ると日本の国旗や国歌感がいかに歪められ中途半端に放置されているかがよく分かります。世界の隅にある国ならあまり注目されませんが、第二の経済大国日本が、国民が等しく誇れる国旗も国歌も持たない国だというのは情けなくなります。このような国は、いったん経済力が落ちれば尊敬するに値しない国になるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ご意見参考になります。

お礼日時:2001/08/01 19:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本国歌「君が代」の歌詞の意味

恥ずかしながら、タイトルと似たスレッドを国語カテで見つけ、初めて歌詞の意味を(先ほど)知りました。
今まで日本国民は当然、国歌斉唱すべきと無批判に感じていましたが、歌詞の意味を考えると微妙な心境です。

ところでみなさん「君が代」の歌詞の意味ってご存知ですか? また知っている方はどういった経緯でそれを知りましたか?現在では義務教育で国歌の意味を教えているんでしょうか?

1.君が代の歌詞の意味を知っているか?
2.知っている場合、どこで知ったか?
3.知った前と後で心境の変化は?

といったところで回答お願いします。

Aベストアンサー

1.知っています。
2.父から聞いた&その後の書物などのの独自調査。
3.所見が幼少時だったので特に変わりません。今も別に是非については特にどっちも思っていません。そういう国が日本だと捉えているから。

で、確かに「君」についての解釈論があるのも知ってるし、杓子定規に論じれば色々解釈できるのでしょうが、実際に制定された時代の背景からすれば、「君」がなにを対象にしたものかは自ずとはっきりしてきます。ただ何処にも明文化されていないだけです。色々とれるという解釈法は、これまたそれが議論され始めた当事の時代背景から、はっきりさせるとアンチな人たちへの大きな反対のよりどころになってしまうので、はっきりしてないのをいいことに「こうも取れるんだからまぁいいじゃん!」的な収束を願う人間が持ち出した後付解釈法でしょう。

で、私は、実際には「君」は天皇個人でしかないと思います。
(アンチな人は、だからダメなんだよ。というんでしょうが。)
もっと前提をはっきり正直に定義して私はその上で是非を議論すべきだとは思いますね。なにかごまかそうという事考えずに。

もし、当事・以前はそうじゃなかったけど、文言の引用元を考えたら、他の解釈もできるものなんだから、これからはそう解釈していこうよというのなら、それはそれで一向に構わないとも思いますし、
私的には、その上でなおかつ君が天皇個人でも別に君が代でもいいんじゃないかなとかは思っています。決して天皇崇拝者でも皇室信奉者でもないですけどね。時代が変って権力の具合が大きく変ったとはいえ、実際に日本の法律の一部に制度として象徴としての天皇制が残っているのは事実で、そうである限りはいろんな意味で日本の国の有り様を表している?伝えている大きな意味を持っている歌なんじゃないでしょうか?と私は大きく捉えていますけど。(人々に、なぜ今の日本でこういう歌なの?という疑問や議論になる時点でGJ!な歌だと思います。)

1.知っています。
2.父から聞いた&その後の書物などのの独自調査。
3.所見が幼少時だったので特に変わりません。今も別に是非については特にどっちも思っていません。そういう国が日本だと捉えているから。

で、確かに「君」についての解釈論があるのも知ってるし、杓子定規に論じれば色々解釈できるのでしょうが、実際に制定された時代の背景からすれば、「君」がなにを対象にしたものかは自ずとはっきりしてきます。ただ何処にも明文化されていないだけです。色々とれるという解釈法は、これまたそ...続きを読む

Q地鎮祭の儀式で関西と名古屋の違いはあるのでしょうか?

先日、実家(関西)の地鎮祭にて、
皆で「弥栄!」と高らかに言い盃をいただきましたが、後日、名古屋の不動産会社に勤めていた知人に、その事を話すと、聞いた事がないし、そういう時は乾杯とか、おめでとうございますと言うとの事でした。

神道では乾杯という言葉は使わないと思ってました。
乾杯は地鎮祭には相応しくないと思いますが、
本当はどうなのでしょうか?
不動産屋がおめでとうございますというなら、施主はなんというのでしょうか?
地域が違うからなのでしょうか?
流派がちがうのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

弥栄はもまたおめでたい時、ハレの場面に使う言葉ですから特におかしい訳ではないですよ。
むしろ名古屋みたいにそういったシーンを大事にする土地柄で聞いたことがない方に私は驚きました。

地鎮祭はその土地の神様に工事の安全やその家に住む人たちの多幸を祈る神事です。
ですから乾杯!では違和感を覚えるのでは?
施主さんでしたら自分の家の祝い事なのでありがとうございますとか宜しくお願いしますと後から挨拶すればいいのでは。

確かに多少の地域性もありますが、基本的に神道の場合神様は違えど流派はありません。
(教派神道もありますが・・・。)

Q君が代の歌詞の意味は?

君が代は ちよにやちよに さざれいしの 巌となりて こけのむすまで 

これってどういう意味なんですか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

こちらをどうぞ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%9B%E3%81%8C%E4%BB%A3

Q浄土真宗の家のものが、あびらうんけんと唱えてもいい?

以前付き合っていた彼氏の家が熱心な仏教徒で、大阪は生駒山宝山寺へ月参りにいくので、わたしももともと興味があったのでいつも一緒にいっては「あびらうんけんあびらうんけん」とご真言とともに般若心経をとなえていました。

月参りは途中でやめてはいけないしばちがあたるのと聞いたのですがそれは本当ですか・・・?もうだいぶあいてしまっていますが。

よく考えたら私の実家は浄土真宗らしいのです(熱心ではないと思いますが)、あびらうんけんって真言宗ですよね。(般若心経は死んだ祖父も唱えてたような気もするけど。。)浄土真宗の家のうまれの人は「あびらうんけん」唱えるのをやめたほうがいいでしょうか。
もしくは、浄土真宗から勝手な判断で個人で真言宗にくらがえしても大丈夫でしょうか。
般若心経を唱える前に、なにかとなえたいのですが、なにをとなえたらいいでしょうか
仏様をどなたか、おしたいしたいのですが、どなたが私にあっているのかわかりません。
大日如来様は真言宗ですが、熱心でないとしても仮にも浄土真宗の家のものがおしたいしても大丈夫でしょうか。
わかりにくい文章ですみません。

以前付き合っていた彼氏の家が熱心な仏教徒で、大阪は生駒山宝山寺へ月参りにいくので、わたしももともと興味があったのでいつも一緒にいっては「あびらうんけんあびらうんけん」とご真言とともに般若心経をとなえていました。

月参りは途中でやめてはいけないしばちがあたるのと聞いたのですがそれは本当ですか・・・?もうだいぶあいてしまっていますが。

よく考えたら私の実家は浄土真宗らしいのです(熱心ではないと思いますが)、あびらうんけんって真言宗ですよね。(般若心経は死んだ祖父も唱えてた...続きを読む

Aベストアンサー

 私は浄土真宗の人間ですから、浄土真宗の立場については少しお話できるとともいます。
問1、月参りは途中でやめてはいけないしばちがあたるか?
 浄土真宗の立場からすれば、そのようなことはまったくありません。父母が自分の子供を不幸にしてやろうと思うかどうかということです。たとえ墓参りにこなくとも、毎日一生懸命生きている自分の子孫たちを不幸にしようとする御先祖様はいないと私は思います。そして、こちらがわは自分の父母やご先祖様に不幸でいてほしいとは思わないでしょう。お互いにそう思っていれば良いのではないでしょうか?
 浄土真宗でも他の宗派と同じように、墓というものを大切にします。ただ、墓はあくまで遺体の奉安所であり、故人とのつながりを確かめ合い、今をご先祖様方のお陰をもって生かさせていただいていることを、感謝する気持ちをあらわす場所です。「墓に亡くなった故人の魂が宿る」とか「墓参りしないと罰が当たる」などは迷信としてとらわれません。
 墓参りについて言えば、それを仏縁として自分自身が仏様の教えに会うということを大切にします。

問2、浄土真宗の家のうまれの人は「アビラウンケン」唱えるのをやめたほうがいいのか?
 浄土真宗の立場からすれば、望ましくないということは言わなければなりません。基本的には浄土真宗は「南無阿弥陀佛(阿弥陀様に身も心もお任せします)」という趣旨の宗派だからです。もしあなたのおっしゃる「あびらうんけん」が「オンアビラウンケン」ということであるのなら大日如来に身も心もお任せしますという意味ですから、二人の仏さん同時に任せちゃう浮気者になっちゃいますよ(笑)まあ、「大日即弥陀(大日如来=阿弥陀如来)」なんて考え方もあるくらいですから、仏様はそんな堅いことは言わないでしょう。ですが、浄土真宗としてはあくまでメインは阿弥陀様です。

問3、浄土真宗から勝手な判断で個人で真言宗に鞍替えしても良いか?
 宗旨替えということに関して言えば、かまわないと思います。もし宗旨替えをするのであれば、家族にその旨はしっかり伝えたほうがいいでしょう。もし、自分が家の施主(寺にその家族の代表として登録されている人)であるならば、しっかり寺に出向き「離檀(檀家をやめる)」届けをしなくてはいけません。それが、義理かと思います。

問4、般若心経を唱えるまえに何か唱えたい。
 これも質問の意図が、「般若心経をよむ以前に他の経典にも触れておきたい」ということなのか「般若心経をよむ直前に、何か称える真言をおしえてほしい」のかがちょっと曖昧なのでわかりませんが、
 まず前者ならば、仏教全般を学びたいのでしたら般若心経はもってこいのお経だと思います。しかし、浄土真宗の立場で言えば『般若心経』はよみません。分かりやすく解説すると「般若=仏の智慧」ですから、『般若心経』は「仏の智慧の心のお経」となるわけです。そのような尊いお経をわれわれのような凡夫(なかなか煩悩から離れられない人々)が正確に理解できないという立場からよみません。浄土真宗では『正信偈』という偈文から、入るのがわかりやすいと思います。
 そして後者であるならば、そちらの専門の方に聞くのが最も良いでしょう。(こんな答えですみません。)

問5、仏様をどなたかおしたいしたいが、どなたが私にあっているのかわかりません。
 厳しいようですが、あなたがわからないのであれば私にもわかりません。仏教は自覚の宗教などといわれることがあるそうです。自分と見つめ合ってよく考えてみなくてはなりません。
 また多くの宗旨に触れるというのもいいかもしれません。私も今は浄土真宗であるといっていますが、多くのお寺をたずねたり、本を調べたり、仏教系の大学の講義を聴いたり、試行錯誤した時期がありました。そうしたことで、見えなかったことが見えてくることもたくさんありました。目からうろこで楽しいですよ。そして私は、浄土真宗は適していると思ったので、浄土真宗を名乗っています。
 あなたがそうなるかどうかはわかりませんが、しっかり自分の眼で見極めることが大切です。そして、自分が信じるべきものに出会ってください。

問6、大日如来様は真言宗ですが、仮にも浄土真宗の家のものがおしたいしても大丈夫でしょうか?
 これは問2の答えと同じです。そんなケチなことは仏様は言わないと思います。

えー、ながながかきましたが、煎じ詰めて言えば「自分がどの教えをもって生きて生きたいかです」それぞれの宗派にそれぞれ良いところがあるはずです。そういった多くの仏教を学ぶことで自らの仏教観をもってほしいと思います。人から言われたことを鵜呑みにするだけでなく、自ら考える力を養ってください。

駄文を書き連ねてきてしまいました。申し訳ありません。参考にしていただければ幸いです。合掌 南無阿弥陀佛

 私は浄土真宗の人間ですから、浄土真宗の立場については少しお話できるとともいます。
問1、月参りは途中でやめてはいけないしばちがあたるか?
 浄土真宗の立場からすれば、そのようなことはまったくありません。父母が自分の子供を不幸にしてやろうと思うかどうかということです。たとえ墓参りにこなくとも、毎日一生懸命生きている自分の子孫たちを不幸にしようとする御先祖様はいないと私は思います。そして、こちらがわは自分の父母やご先祖様に不幸でいてほしいとは思わないでしょう。お互いにそう思...続きを読む

Q君が代の『君』の意味

 歴史に興味ある者ならば、歴史上の登場人物の文(手紙)を目にする事が多いと思うが、その文を目にするごと日本は凄い国だと感心する。
 例えば、代表的に言い表せるなら、時の政権を担っていた豊臣家を打ち滅ぼした徳川が豊臣家に変わって政権を奪取したにせよ、その後も現在に至り、豊臣家の膨大な歴史的文献や秀吉が茶々に送ったとされる恋文も多く現存する。それは、室町幕府時代の物や平安時代の物も現存していることに、私は先人の日本人(和の国)への感謝の気持ちを送りたい。
 こういう事は、あの国と特に、あの国の属国には無い、前政権を打ち滅ぼしたならば、血縁縁者の皆殺しは勿論、全ての関連施設を焼き打ち破壊させ、全てを無に返して全部パ~にしてきたのだから、今も事実歴史を守るという歴史遺産の重要性を重んじる奴が1人も居ね~、パ~しか居なくなる訳だな!!
 
 さて、本題の『君』についてだが、
 諸説いろいろあるが、左巻きのバームクーヘンや左巻きの巻きずししか食わない、何でも左巻きが大好きな左巻きさん達は、『君』を時の天皇、1人だけ指していると解釈したいようだが、
 少なくとも幕末、世界を知り日本の行く末を誰よりも危惧していたであろう坂本竜馬や三岡八郎(由利公正)の文や俳句を拝見すると、『君』という文言が随所に現れる、その『君』の部分の文章の前後から推察されるに『君』という意味は日本・日本国民、全体を表せている事が解る。
 維新後、日本の中核を成していた大蔵省の実質的な実務者(松平春嶽ではない)三岡八郎(由利公正)が、日本の国歌の立案にも携わっていたことは容易に想像がつく。
 近代日本の礎となった明治時代、中枢で自身の持てる能力をフルに発揮していた者は主に長州藩・薩摩藩の出身者が多かったが三岡を初め陸奥や後藤など、特に竜馬との親交が深かった者も多いし、何よりも船中八策を例にとり明治維新の原案としたことが何を語るか?竜馬が『君』を日本と指していた事に触れ、君が代の意志に繋がったと言えよう。私見だが、竜馬は天皇自体も日本の一部と考えていたと思える。

 幕末から近代日本(明治維新)にかけ命を掛けた志士たちの功績を踏みにじり本当の意味を無に返すバカどもは、日本の帝国主義時代のプロパガンダだけを見て、日本の事を悪に仕立てるが、日本を象徴する国歌なり国旗なり旧憲法を、なぜ嘘の歴史感に変えたがる?
 また、なぜ、初頭教育で一番大切な近代日本史を教えないのか?

 歴史に興味ある者ならば、歴史上の登場人物の文(手紙)を目にする事が多いと思うが、その文を目にするごと日本は凄い国だと感心する。
 例えば、代表的に言い表せるなら、時の政権を担っていた豊臣家を打ち滅ぼした徳川が豊臣家に変わって政権を奪取したにせよ、その後も現在に至り、豊臣家の膨大な歴史的文献や秀吉が茶々に送ったとされる恋文も多く現存する。それは、室町幕府時代の物や平安時代の物も現存していることに、私は先人の日本人(和の国)への感謝の気持ちを送りたい。
 こういう事は、あの国...続きを読む

Aベストアンサー

「君が世は」、あなたがお住まいの世界は、って意味くらいは、わたしのように満足な日本語を話せない外国人でも知っています。

世界中に国の数だけ国歌がありますが、日本の国家ほど、平和を追求したものはなし、でほとんどの国のは、敵の大砲の轟音にもおじけず、勇敢に戦え、です。

長い歴史のある国では、いい時もあれば、悪い時も、それを素直にすべて認めて、ご先祖様に感謝しながら、子孫に模範を示すことが国民の義務。その悪い一部分だけを取り出して、すべてを悪しという考えのお方では、未来の子孫に模範を示すことを否定されているだけの存在。

そのクセに、少しお金がたまると、菊のご紋の日本国旅券を携帯して、海外旅行し、本人はバカでも、昔の人が何千年もかけて築きあげた日本人への信頼のもとに、尊敬されて旅行が続けられるのに、自分の国の歴史も知らず、なぜ信頼されてきたかのも知らない大バカが威張りちかしの勝って気ままな大バカ行為の限り。

なぜ、そんなに日本の悪口を言うのが平気なら、日本国籍を放棄で、日本人をやめ、日本に住む難民になれ、って言いたくなります。菊のご紋の日本国旅券を使うの拒否と、まずは実践することです。

日本は、「君が世の」の歌詞どおり、千年どころか八千年も、小さな石が寄り固まったさだれ石のように、外敵にも内的にも、自然災害にもビクともしない国なりを、これから千年もは八千年も確実に続いて欲しい国です。

「君が世は」、あなたがお住まいの世界は、って意味くらいは、わたしのように満足な日本語を話せない外国人でも知っています。

世界中に国の数だけ国歌がありますが、日本の国家ほど、平和を追求したものはなし、でほとんどの国のは、敵の大砲の轟音にもおじけず、勇敢に戦え、です。

長い歴史のある国では、いい時もあれば、悪い時も、それを素直にすべて認めて、ご先祖様に感謝しながら、子孫に模範を示すことが国民の義務。その悪い一部分だけを取り出して、すべてを悪しという考えのお方では、未来の子...続きを読む

Q家のお稲荷さんを元に戻すような儀式ってありますか?

家にお稲荷さんが祀ってあります。正直うちは素封家でもありませんし羽振りがよかった時代もありません。なんであるのか身分不相応で不思議な感じです。我が家よりずっとお金持ちのお宅もありますけどお稲荷さんは祀ってないです。やっぱり身分不相応なんでしょう。なもんで由来もよく分からずこれからもきちんとお世話できるか分からないのお柱というか神様がでっかい神社にうつっていただく儀式や作法ってありますかね。お金がかかっても良いです。本式でやりたいんですけど。

Aベストアンサー

こんにちは

近くの神社でお話されたほうが良いと思います
遷座(せんざ)のお祭りというのをしてもらうようです

Q「君が代」の歌の意味が知りたいです

小学校~中学校のとき歌っていたのですが意味は全く知りません^^;
どういう意味なのでしょうか?
なぜ国歌なのですか?

Aベストアンサー

for-tepさん、こんにちは。

こんな解釈もあります。
http://nonbiri.boo.jp/sinwa54.html

Q妙な儀式

今年の正月は久しぶりに実家に帰ろうかと思ってるのですがひとつ嫌な事があります。

それはうちの親の宗教なんですが妙な宗教儀式をしなきゃいけないんです。
自分は無宗教だし親の宗教も嫌いなので参加したくないのですが昔からやっている事で強制なんです。

なんとか上手く断る事は出来ないもんでしょうか?
どう言えば納得してもらえるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは

直接、いやなのでやめてほしい
自分はそういうのは好きではない。と言った方がいいと思います
自分にやっても効果がないし無駄だから。と


いい気分じゃないから。と
がんばってください

Q君が代の歌詞の意味

そのまま ズバリです。
ニュースなどで問題になっていますが 問題になる意味がわかりません。
歌詞に問題があると聞いたことがあります。
歌詞の意味することを教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

どうもNO9です。

「日本」の国号の意味についてですが、
日本の「日」は、大和言葉で「ひのかみ」という意味があります。
そして、「本」は、「もと」、「はじめ」という意味で、最初、始まり、起源、などの意味があります。ブックではありません。
そして、天皇の皇祖神は天照大神(アマテラスオオミカミ)という女帝の太陽神です。
つまり、「日本」=「もとはひのかみ」=「天照大神」ということです。

また、こういった意味もあります。
「日」は太陽を意味し、「本」は先ほど言った通り、始まりなどの意味があります。
そして、日本は世界では極東と呼ばれるほど、東に位置しています。日付変更線のすぐ近くです。
「東」は、太陽の昇る方角です。つまり、東は太陽が昇り始めるところです。
ですから、「日本」=「太陽が昇り始めるところ」=「日出づる処」という意味でもあります。

なお、「日本」というのが国号として成立したのは、西暦689年といわれています。

(↓ここから先は、余談です)
ちなみに、その「日出ずる処」というのは、聖徳太子が遣隋使に持たせた国書で用いた言葉としても有名です。当時の天皇は推古天皇です。
「日出る処の天子、書を、日没する処の天子に致す。つつがなきや。」
これを、見た隋の皇帝は、「わが国が日没する処とは失礼だ」と怒ったと言われますが、実は違います。
確かに、隋の皇帝はそういった意味でも怒ったのかもしれません。しかし、一番許せなかったのは、日本の天皇も隋の皇帝と同じ「天子」という文字を使ったからです。
隋は「皇帝」ですから、世界の支配者と思っていました。隋からすれば日本は属国です。その日本がこともあろうに、「皇帝」と対等の文字を使ったのです。つまり、聖徳太子がその国書で一番言いたかったことは、日本の独立宣言です。
ですから、日本は「王」ではなくて、「天皇」という独自の呼称を用いているのです。

こういったことから、日本の歴史はそこから始まったと考える人もいます。が、「もっと前からで2000年以上だ」、とする人や、「日本と天皇は一体だから皇紀で考えるべきだ」という人もいます。ただし、皇紀には神話も含まれます。皇紀でいうと今年は2667年です。
ちなみに、聖徳太子による国書が隋に出されたのが、西暦607年のことです。それは、つまり「天皇」という君主号が成立した年と考えられます。そして、それが西暦607年ということは、今年はそれからちょうど1400年の年です。
また、推古天皇も天照大神と同じく女帝です。どちらも始まりは女帝ということで、なにか運命的なものを感じます。こじつけかもしれませんが。

なお、日本は世界の中で最大かつ最古の君主国と言えます。
君主国で二番目に人口が多いタイ(約六千万人)と三番目のイギリスの人口(約六千万人)を足しても日本の人口(約1億3千万人)にはかないません。また、日本の皇室が確立したのは四世紀頃と考えられていて、二番目に歴史のあるイギリスは11世紀後半です。その差は約700年です。

そういえば、GHQのマッカーサーはかつて、日本は12歳の少年のように幼い国のようなことを言いましたが、当時では、約170年の歴史しかないアメリカに言われたくありません。しかも、アメリカ人らしく自分の価値観で相手を遠慮なく断じるその傲慢さが、素晴らしいですね(笑)。しかし、それに納得してしまう多くの日本人の人の良さには、本当に感服です。
あと、GHQと天皇で言えば、天皇の「人間宣言」があります。これも誤解があります。当時、天皇を本気で神様とは誰も思っていなかったと思います。思っていたとしても「神」とはニュアンスが違います。
というのは、「神」と「カミ」は違うからです。
「神」は一神教でいうまさに神様(例えばGOD)をいいますが、日本の神道宗教でいう大和言葉の「カミ」は、八百万の神(カミ)をいいます。なので、本当はカミを「神」としたのは誤訳なんです。
そして、八百万の神は、文字通りなんでも神様になります。貧乏すら神様になります(笑)。もちろん、動物も神様になります。神社に行くと鳩や馬も神様として奉られていたりします。
ですから、語弊を恐れず言ってみれば、天皇はその神々の代表に過ぎないということです。
「天皇」には、北極星という意味もありますが、北極星は他の星々と同じ星に過ぎません。ただ、その北極星が中心となって、他の星々(私達)が回っているということです。つまり、天皇は国の求心力ということです。
それを、GHQに天皇を紹介したときに、この人は神様ですと紹介したため、一神教のしかも自分がNO1のアメリカはびっくらこいたのです。
それで、「人間宣言」となったわけです。
あと、天皇は神主さんのトップといったこともあり、要するに「祈る人」でもあります。
ですから、天皇には宗教的な意味もありますから、「天皇主義」は確かに危険な面があるかもしれません。しかし、「天皇制」は守るべきだと思います。

というのは(いい加減長く書き過ぎなので、細かいことは避けます)、他の君主制の国を見ると分かりますが、君主制の国は安定している国が多いです。
国をテーブルとすれば、それを支える足が君主制の国は、主に3本になるからです。「国民」と「国家」と「君主」の3つです。ですから、2本や1本で支えている国よりずっと安定します。しかも、3本の良いところは、1本が短くなってもグラグラしないところです。
実際、日本は約1億3千万人という膨大な人口を抱えながら、国民に高度な教育が施され、個人の尊重が保障され(憲法13条)、その上言論の自由(憲法21条1項)までかなり保障されていて、なんら国内の統合に問題が特にありません。
こういった国は、世界に類を見ないです。

以上、またもや余談だらけで失礼しました。また、私は専門家ではないので、正確性に書ける記述があるかもしれません。あしからず。もちろん、いい加減に書いたわけではありません。
では、少しでも参考になればと思います。

どうもNO9です。

「日本」の国号の意味についてですが、
日本の「日」は、大和言葉で「ひのかみ」という意味があります。
そして、「本」は、「もと」、「はじめ」という意味で、最初、始まり、起源、などの意味があります。ブックではありません。
そして、天皇の皇祖神は天照大神(アマテラスオオミカミ)という女帝の太陽神です。
つまり、「日本」=「もとはひのかみ」=「天照大神」ということです。

また、こういった意味もあります。
「日」は太陽を意味し、「本」は先ほど言った通り、始ま...続きを読む

Q君が代への反対と賛成

君が代や国旗に反対を示す人たちは、左翼の人だと聞いたことがあります。

私の友人は部落出身で、君が代を聞くと「差別されていた時の話を思い出すからあまり聞きたくない」と言っていました。

これも、左翼になるんですか?

また、君が代を聞くと差別されていた時の話を思い出す、というのは
君が代=天皇の繁栄を願った歌であり、戦前の独裁政治の象徴だという解釈によるものだからですか?

Aベストアンサー

いいえ
いわゆる反対派には大きく3つに分けられます
例えば日本国国歌「君が代」の場合ですと

(1)権力が特定の思想を強制することへの反対
(2)国歌「君が代」に反対
(3)国歌という概念そのものに反対

そのうち反対派の主力は(1)で、この場合は国歌「君が代」を認める立場でも(1)に賛成する人もいます(保守系文化人の上坂冬子<故人>や、右翼の鈴木邦夫もこの立場です)
そして反対派の主流は、「君が代は戦争の歌だから」とか「日の丸は侵略のシンボルだから」といって反対する意見を、成立の歴史をしっかりと学んでいない幼稚な理論としています。
 つまり、君が代・日章旗を認める立場も、認めない立場も思想信条の自由として、尊重すべきである。権力が、特定の思想を推し進めたり、抑圧してはならない。また国旗・国歌を特定思想をあぶり出す踏み絵に用いてはならないということでしょう。
 特に保守派では、国旗・国歌は自発的に尊信できる心が生まれる。そんな国土や文化へ発展したいという面もあるので(1)に賛同できるという人もいるのでしょう
(今上陛下も国旗や国歌について「強制的でないほうがよい」というようなことを思わせるご発言をされています)


(2)の場合では「君が代」でなければ、それを強制的に歌わせることに賛同できることにもなり得ますので、(1)とは部分的には強調できても、当然に対立要因はあります。

(3)の場合では、どのような内容であっても、国歌というものを制定することに反対ですから(2)とは相容れません。

>>君が代や国旗に反対を示す人たちは、左翼の人だと聞いたことがあります。
おそらくその「左翼」というのは思想云々ではなく、単なるネットスラング、自分にとって気にくわない考えを持つ者に対しての罵倒や悪口レベルのレッテルにすぎないでしょうね

いいえ
いわゆる反対派には大きく3つに分けられます
例えば日本国国歌「君が代」の場合ですと

(1)権力が特定の思想を強制することへの反対
(2)国歌「君が代」に反対
(3)国歌という概念そのものに反対

そのうち反対派の主力は(1)で、この場合は国歌「君が代」を認める立場でも(1)に賛成する人もいます(保守系文化人の上坂冬子<故人>や、右翼の鈴木邦夫もこの立場です)
そして反対派の主流は、「君が代は戦争の歌だから」とか「日の丸は侵略のシンボルだから」といって反対する意見を、成立の歴史をし...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報