人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

日教組ご推奨絶対の自信作・新国歌『緑の山河』と『君が代』では、どちらがどのように優れていますか。具体的に欠点を上げ、批判してください。「緑の山河」の曲は佐村河内守の曲よりもはるかに劣っている。
緑の山河

【作詞】原泰子
【作曲】小杉誠治

1.戦争(たたかい)越えて たちあがる
みどりの山河 雲はれて
いまよみがえる 民族の
わかい血潮に たぎるもの
自由の翼 天(そら)をゆく
世紀の朝に 栄あれ

2.歴史の門出 あたらしく
いばらのあゆみ つづくとも
いまむすばれた 同胞(はらから)の
かたい誓いに ひるがえる
平和の旗の さすところ
ああこの道に 光あれ


なお、メロディは下で聴取できる。情けなくて涙が出てしまうほど、醜悪・低劣であり、悪辣でもある曲だ。

緑の山河


www.utagoekissa.com/midorinosanga.html -

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

なにか、題名だけ見たら、


北のあの国の歌のようですね。

賑やかな国歌が多い中、スローで雄大な君が代って、嫌いじゃないんだけどなぁ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/03/11 13:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング