ちょっと気になったんで質問させて下さい。

おとといの夜、家の近くでゴキブリの死体を見つけました。翌日の昼同じ所を通ってみると、その死体の周りと上に、小さいアリ達が一生懸命埃や砂、枯葉クズなどを集めて乗せているんです。その日の夕方見てみると、死体は埃・砂・枯葉クズなどでこんもりと見事に覆われ、下に何があるのかわからないような状態になってました。

これは一体どういう行動なのでしょうか?ちなみにその現場はコンクリートの上で、下に土はありません。今もその状態のまま保たれてます。すごく気になるんで,ご存知の方,教えてください!

A 回答 (3件)

これはトビイロシワアリがよくする行動で他のアリに取られないためにする行動のようです。


が、本当のところはよくわかっていないようです。
確かに餌にも砂粒をつけるという行動は取りますが、接着剤なんかにも砂粒をつけてしまいます。

詳しいことは

わたしの研究 アリに知恵はあるか?
石井 象二郎 (著) 単行本 (1991/12/01) 偕成社

を読んでみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさん本をかかれているのですね。専門家の方からの回答うれしかったです。どうもありがとうございました。

見た目はトビイロシワアリに似ていたような気がします。
数日後見てみたら砂だけが丸く残っていて、ゴキの死骸はなくなっていて、足と羽の一部分がすぐ近くに残ってました。やはり、後でどこかに移動したみたいですね。

お礼日時:2001/08/06 19:17

アミメアリだと思います。


5mmもないちょっと赤っぽいアリじゃないですか?

この種は女王アリを持たず、働きアリが産卵できます。
そしてふだんは放浪生活を続けているのですが、
適当なところでキャンプを張り、そこで育児をします。
このアリは小さな獲物は加えて運びますが、
大きなエサがあるとそこにベースキャンプをはり、
エサの周りに砂粒を運んできて巣を作ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろんなアリがいるんですね。女王アリがいない種がいるとは知りませんでした!どうもありがとうございました。

でも、私が見たアリは黒かったんです。。。それと、その後その周辺でアリは見かけなかったので違う種類なんだと思います。もしアミメアリだったら観察できて楽しかったと思うので残念です。

お礼日時:2001/08/06 19:21

 これはですね。

ライバルに餌を取られるのを防ぐためだったはずです。
 大きすぎていきなりは運べない場合、このように隠すことで、横取りされるのを防ぐんじゃないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにそのときにはアリが10~15匹くらいしかいなかったので、その餌を運ぶのは不可能だったと思います。

それにしても、アリも賢いのですね。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/08/06 19:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q松が砂とアリに覆われてました。

松が砂とアリに覆われてました。

山から取ってきた10センチくらいの細い松の苗に、砂が大量に貼り付いていました。
昨日まで二日間雨降りでしたが、明らかに不自然に張り付いてました。
気味悪いな、と砂を剥がしにかかったところ、その砂の上に、とても小さな蟻の群れが大量に蠢いているのを見てしまいました。光を当てて黒アリであることを確認しました。大きさは目測で、おそらく3mmくらいかと思います。
松は砂場の砂に腐葉土を混ぜたものに植えてます。同じプランターに植えてある三本の松のほかの一本には砂が貼り付いてませんが、やはりよく見るとウジャウジャいました。残りの一本には蟻がいませんでした。

このアリは一体何をしているのでしょうか。松に悪影響がなければ良いのですが・・・。
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

蟻が砂を唾液で固めてトンネルを造ったのです
おそらく隠れて樹液を食べるのが目的です

Q生物に関する迷信? 例えば「駝鳥は砂に頭を突っ込んで…」

お世話になっております。



経済・政治の評論家が、状況変化について警告するときによく使う喩えに、

(1)カエルを熱湯に入れると驚いて飛び出すので助かるが、水に入れて徐々に温めると、
心地よくそのままつかっているので、茹で蛙になってしまう

というのがありますよね。
ソンナバカな!と思うのですが……生物学的な根拠でもあるのでしょうか?
以下もよく聞きます。どれも眉唾のように思いますが、間違いだとしても、昔の人が
そう誤解したのも無理はないといえる理由が、何かあるのでしょうか? 
例えば「(ナマズは地震の前兆を察知して騒ぐから)地震はナマズが起こしている」みたいな。

(2)獅子は我が子を千尋の谷に落とし、はい上がってきた子だけを育てる
(サバンナに絶壁がある?)

(3)駝鳥が危険を感じると砂に頭を突っ込んで、敵を見まいとする

(4)キジは巣に身を伏せて我が身を焼き、野火から子を守る

(5)ペリカンは胸をつついて血を流し、子をやしなう(西洋の俗信)

くだらない質問ですみません。

Aベストアンサー

2のダチョウの件ですが、ダチョウは砂嵐が来ると頭を砂嵐から守る為に(猛烈に砂混じりの嵐は潅木林でも砂は防げないので)、地面に頭が入る程度の窪みを掘り砂嵐から身を守ります。ダチョウが、サハラ砂漠のような地域に生存してるとはだ~れも書いて無い。けど、サバンナのような地域には棲息し、そのような草原と砂漠地帯が混同した地域も砂漠と呼ぶので、質問者の方がどこそかで聴いた様な誤解を招くのだろうかな。

敵を見まいとしての行動では無くて、砂嵐から身を守る時は頭を地面に突っ込むのだよ。

尚、蛙も普通の水の鍋に入れた状態から、徐々に鍋を加熱すると、最後はモガクけど茹であがります。南無~~♪

なぜ、飛び出さないか?と言うと、沸騰し始めると、鍋のソコから泡が立ちこめ、蛙の浮力は低下します。泡が立ちこむと、浮力も低下し、飛び跳ねる為に用意しておかないとダメな蛙の水面での位置を維持できません。

バミューダトライアングルで、船が沈没するのも、メタンハイドレードにより泡が立ちこめ、船の浮力が低下して沈むのです。

Q【科学・矛盾脱衣】矛盾脱衣とは極寒地で遭難した人が死体で見つかったときに自ら服を脱いで全裸の状態で見

【科学・矛盾脱衣】矛盾脱衣とは極寒地で遭難した人が死体で見つかったときに自ら服を脱いで全裸の状態で見つかることを言います。

実際はどうなんでしょう?

プールで服を着たまま風に当たると上半身裸のときより早く体温を奪われている感覚になります。

極寒地で服着てたらもっと体温が奪われて早く死ぬのではと思いました。

服を着ていた方がいいのでしょうか?

場所は雪とします。
地上にいます。

Aベストアンサー

確か幻覚で脱いでしまうので、当人の意志ではどうにもならないはず

Q枯葉になっても落葉しないものがありますが、これはどうして

枯葉になっても落葉しない樹の種類があります。
これはどうしてでしょうか?
通常は冬の間には不要になった葉が枯れて落ちます。
なのに枯れても落ちないのは不思議です。
樹にとってどういう意味があるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

樹木の葉は,コストと利益の関係で葉をつけています。葉を作る際のコストと維持するコスト,それに対して光合成により得られる利益,この2つの曲線に囲まれた中で葉を維持できるわけです。

熱帯地方の常緑樹は,大きな立派な葉をつけています。作り出すにも維持するにもコストがかかりますが,光合成量が盛んですから,すぐに元が取れまして,半年ほどで効率が低下すると緑のまま葉を落とします。

方や寒帯の針葉樹は,コストのかからない小さな葉をつけます。しかも1年ではコストを回収できませんから2・3年葉をつけることになります。

さて,本題の温帯の広葉樹ですが,ブナのような北に生息します木は,コストをあまりかけない,比較的小さな薄い葉をつけまして,コスト回収が済むと直ちに離層を形成し葉を落とします。しかし,コナラのような葉が大きく厚くコストをかけすぎたものは,すぐにコスト回収できず,いつまでも離層が形成されません。そのような中途半端な樹木は,離層が形成されませんので枯れても落葉しないわけです。

どんな意味があるのかは,厳密に利益・コスト計算してみないと解らないのではないかと思います。

樹木の葉は,コストと利益の関係で葉をつけています。葉を作る際のコストと維持するコスト,それに対して光合成により得られる利益,この2つの曲線に囲まれた中で葉を維持できるわけです。

熱帯地方の常緑樹は,大きな立派な葉をつけています。作り出すにも維持するにもコストがかかりますが,光合成量が盛んですから,すぐに元が取れまして,半年ほどで効率が低下すると緑のまま葉を落とします。

方や寒帯の針葉樹は,コストのかからない小さな葉をつけます。しかも1年ではコストを回収できませんから2...続きを読む

Qなぜ膀胱は半分のみ覆われているのか?

題名どおり、なぜ膀胱は半分(上面)のみ漿膜でおおわれているのでしょうか?

Aベストアンサー

追加
失礼しました。膀胱と精嚢を間違えました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報