[PR]ネットとスマホ OCNでまとめておトク!

旅費交通費で現金100000円を一旦出金伝票にて出金しました。
(海外滞在費だったのですが本当は仮払いするべきだったのでしょうか)
その後、使った分から差し引いた残金が戻ってきました。
入金伝票で現金出納帳に戻す方法はありますか?
またそうでない場合、どのようにして現金出納帳に戻せばいいのか
方法を教えて頂けませんか?
上記説明不足でないといいのですが・・・・。
宜しくお願いします。

A 回答 (5件)

#3の追加です。



精算時(2万円が戻ったとして)
現金 20000 /旅費交通費 20000

この仕訳をもとに現金出納帳に記帳して、現金が金庫にはいれば、出納帳の残高と金庫の中身が一致しますが・・・・。

質問の意図を勘違いしていたら 、再度補足してください。

この回答への補足

お陰様で無事処理できました。
アドバイス下さいました皆様ありがとうございました。
不慣れなためまた「?」な質問をする事もあると思いますが宜しくお願いします。

補足日時:2004/12/17 13:15
    • good
    • 1
この回答へのお礼

たびたびありがとうございます。
なるほど・・・やっと理解出来ました。
現金出納帳には入出金で票だけの記帳かと思っていました。(私の解釈間違ってます??)
ありがとうございました。

お礼日時:2004/12/16 11:51

本来は下記のようにすべきです。


(1)出金時 仮払金/現金 
(2)精算時 旅費/仮払金 
     現金/仮払金

「入金伝票で現金出納帳を戻す方法」が何を意図しているのか良くわからないのですが、(1)入金伝票の相手側が売掛金かなにかで固定されているのでしょうか?それなら入金伝票+振替伝票の両方を使うことになります。ちなみに、この回答は現金出納帳ではなく、現金の総勘定元帳を前提に書いています。現金出納帳は仕訳が不要であるため、伝票は不要です。
会社によって、会計処理、システムは様々なので、的外れの回答だったら詳細な状況を追加してください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
今後の参考にさせて頂きます。
no.3のコメントにも書きました通りの質問でした。
当方、パソコン会計を併用しておりますが、手書きの台帳は必要との事でしたので現金出納帳、売掛・買掛等必要と言われたものは全て手書き台帳を作成しています。
こちらこそ変な質問をしてしまいすみませんでした。

お礼日時:2004/12/16 11:14

#1の追加です。



現金出納帳に記入するのは「入金伝票」と「出金伝票」だけです。
振替伝票は現金出納帳には記帳しません。

振替伝票は現金の出入りに関係のない取引に使い、借方か「現金」ま場合は「入金伝票」を、貸方が現金の場合は「出金伝票」を使います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しいところありがとうございます。
NO.3で教えて頂いた事は一応把握しております。
現金は既に出納帳へ戻っているので、現金残高と現金出納帳残高の金額がその分合わなくなるのでは?と思ったのです。
経理に関してうといのに、諸事情で経理業務も併務しているので的はずれな質問をしているかもしれません。

お礼日時:2004/12/16 11:07

私も#1さんと同様で、逆伝を起こす事で戻します。



現金 ***** / 旅費交通費 *****

次回からは「仮払」で処理することをオススメします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
次回からは忘れないように仮払い立てます。
NO.1さんの欄にも書いたのですが、もし教えて頂けるのでしたら宜しくお願いします。

お礼日時:2004/12/15 19:40

既に「旅費交通費」で処理している場合は、残金を「旅費交通費」で受け入れまする



支払時
旅費交通費  100000 /現金 100000

精算時(2万円が戻ったとして)
現金 20000 /旅費交通費 20000

本来は金額が確定していないので、「仮払金」で処理をします。

支払時
仮払金  100000 /現金 100000

精算時
旅費交通費 80000  仮払金 100000
現金    20000
    • good
    • 0
この回答へのお礼

最初に仮払いを立てるのが本当なんですね。
今後、注意します。勉強になりました。

あまりにも初歩的な質問ですみません、
振伝で処理したら現金出納帳へはどうやって反映されるのでしょうか?

お礼日時:2004/12/15 19:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現金出納帳のつけ方を教えてください。

仮払金で1万円出したとして、5000円使って5000円お釣りを持ってきたときの現金出納帳のつけかたを教えてください。
      収入   支出
仮払金        10000
旅費交通費       5000 
預り金    5000
 
こんな感じで書いたら支出は5000円なのに10000円でたことになりますよね。。

Aベストアンサー

単式簿記ですか。それなら本当に金庫からの出入りだけを記録すればよいのです。

        収入   支出
旅費交通費仮払    10000
仮払戻入 5000

複式簿記なら、
仮払金 10,000円/現金 10,000円
旅費交通費 5,000円/ 仮払金 5,000円
現金 5,000円/ 仮払金 5,000円

Q仮払金精算について教えてください

先日、社員に交通費として10,000円の仮払いをしました。
出金伝票に
勘定科目 仮払金
摘要   交通費
金額   10,000

その社員が戻ってきたので、交通費精算をしたいのですが。
どの伝票を使用していいのか、又、記入方法を教えてください。
精算金額は 11,500円で仮払金より多く使ってました。

Aベストアンサー

はじめに
  仮払金10,000 / 現金10,000

清算
  交通費11,500 / 仮払金10,000
             現金 1,500

Q戻入

間違えて旅費の支払いをした場合の戻入方法として、本来支出科目である旅費で収入伝票を起こしても良いのでしょうか。伝票上のお金の流れとしては、問題ないようなのですが・・・。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>支払いの勘定科目は「普通旅費」ですので、収入伝票も「普通旅費」で収入し、支払時は、借方「普通旅費」、収入時は貸方「普通旅費」となるわけですね。

その通りです。
処理したときと、戻り入れの時とで、借方とか仕方が反対になります。

Q仮払金戻りの金額ミスについて

経理初心者です。
先日、社員の出張がありましたので切符代を支払い、仮払金として\10,500処理をしました。

仮払金 10,500 / 現金 10,500

出張から戻った際に私の会社では仮払金を満額戻し、その他の旅費との合計額で出金処理という風に精算をするのですが
(仮にその他の旅費の額が\2,000とします)
仮払額の受入額を誤って\10,000、その他の旅費との合計額もマイナス500円の\12,000として伝票を入力し提出してしまいました。

現金  10,000 /  仮払金 10,000
旅費  12,000 /  現金  12,000

その後に本社へお金を返金してしまったので、未払い金として差額を計上し翌月に差額を出金するようにといわれました…。
仮払の受入額は\10,500に戻して…とのことでそれまでは分かったのですがその先の仕訳の仕方がどうしてもわかりません。

わかりにくい文ですみません。
ご教授お願いします。

Aベストアンサー

実際の現金の動きがどのようになっているのか次第だ。


ひょっとして、次のいずれかかい。出張から帰った社員から10,000円を実際に戻してもらい、12,000円を実際に支払った。または、仮払を超えた分である「その他の旅費の額」2,000円を実際に支払った。あるいは、出張から帰った社員からは10,500円を実際に戻してもらい、12,500円を実際に支払った。

仮にいずれかであれば、その社員に対する精算はきれいに終えている。仮払の受入と旅費とがともに500円ずつ少ない。足りない仕訳を追加で入れるのなら、「旅費 500/仮払金 500」の仕訳で足りる。分かり辛ければ、次のように誤った仕訳の反対仕訳と正しい仕訳とを切るといい。3段目と4段目は、セットの複合仕訳だ。
仮払金  10,000 /  現金 10,000
現金  12,000 /  旅費  12,000
現金  (実際の回収額) /  仮払金 10,500
旅費  12,500 /  現金  (実際の支払額)

そして、本社に返金した金額と、本社と独立した会計処理をおこなっているのかどうか(つまりは本支店会計を採用しているのかどうか)によって、さらに追加の仕訳が必要かどうかが決まる。本社に返金したのが10,000円で、実際に返金すべきだったのが10,500円であり、本社と独立して会計処理をおこなっているのであれば、このような仕訳をさらに追加すればいい。科目は一例だ。
本社  500 / 本社未払金  500
本社と独立して会計処理をおこなってはいないのであれば、未払金は計上しない。


そうでなく、出張から帰った社員からは10,500円を実際に戻してもらい、12,000円を実際に支払った。すなわち、社員への支払額が500円足りていなかった。

仮にこうだったのであれば、仮払の受入とその相手勘定である現金の入金、旅費がそれぞれ500円足りず、その社員に対する未払金500円が発生している。次のように誤った仕訳の反対仕訳と正しい仕訳とを切るといい。4段目と5段目は、セットの複合仕訳だ。
仮払金  10,000 /  現金 10,000
現金  12,000 /  旅費  12,000
現金  10,500 /  仮払金 10,500
旅費  12,500 /  現金  12,000
          / 従業員未払金 500

これに加えて本社に対する未払金を計上するかどうかは、先に述べたのと同じだ。


実際の現金の動きや本社との間の会計処理などにつき、想定したものと異なっているのであれば、その旨補足をするか、いったん質問を締め切って新たに質問するかしてはどうだろう。

実際の現金の動きがどのようになっているのか次第だ。


ひょっとして、次のいずれかかい。出張から帰った社員から10,000円を実際に戻してもらい、12,000円を実際に支払った。または、仮払を超えた分である「その他の旅費の額」2,000円を実際に支払った。あるいは、出張から帰った社員からは10,500円を実際に戻してもらい、12,500円を実際に支払った。

仮にいずれかであれば、その社員に対する精算はきれいに終えている。仮払の受入と旅費とがともに500円ずつ少ない。足りない仕訳を追加で入れるのなら、「旅費 ...続きを読む

Q旅費清算と仮払金の処理について

前任が退社し、経験浅いながら日々ひとり経理を行っている者です。
(1)出張旅費のため仮払金20000円を現金で渡した。
(2)月末に旅費清算書で清算し、実際使用分は18500円で、残金を返金するところ、返金せず、次月の出張で使用するため持ち越してしまった場合の処理を教えてください。
前任者から引き継いだ仕訳の処理は
(1)仮払金20000/現金20000
(2)旅費交通費18500/現金18500
(3)現金18500/仮払金18500  と教わりました。 
しかし(2)(3)では実際に現金は動いていないし、現金の間違いを避けるため、私としては、
(1)仮払金20000/現金20000
(2)旅費交通費18500/仮払金18500  で処理したほうがわかりやすいのですが、会計原則上あるいは税務上の決まりがあって私の処理より前述の前任者の処理の方が正しいのかどなたか判断いただける方はいないでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。

mkichi4649のやり方で良いと思いますよ。
実際に動きがあったように仕訳をすれば良いと思うので
mkichi4649の方がすっきり、わかり易いと思います。

仮払に補助科目はありますか?
残金1,500円がいつ処理されるかわからないので

(1)仮払金20,000/現金20,000
(2)旅費交通費18,500/仮払金20,000
 仮払金   1,500

とすると、帳簿の仮払に1,500円という数字が残り
どの仮払いの残かわかり易いと思います。

参考になれば幸いですが、
人によって仕訳け方が異なるので
前任の方のやり方を参考に、
自分のやり方で良いと思います。

ただ、会社の決まりであれば別ですけどね。

Q差額分を現金返金の場合

パートで経理の仕事をしています。
先週、ミスをしてしまって、お客さんに渡す請求書の金額を間違えてしまいました。その差額分を現金で返金になったのですが、現金出納帳には何と書いたらいいんでしょうか?

Aベストアンサー

摘要欄に「得意先○○へ過剰請求分返済」と書きます。
相手科目は、入金の時に使用した科目です。

Q支払金額間違い、返金の際の会計処理について

いつもお世話になります。下記の場合の仕訳の方法を教えて下さい。

(1)講師の先生2名へ銀行振込にて講師料支払い。
A先生…20000円
B先生…14000円
のはずが、B先生のみ当方の計算ミスで誤って20000円振り込んでしまった。

(2)B先生へ差額返金の旨連絡し、銀行振込にて返金してもらったが、先生も金額を間違え最初に5000円のみを返金。さらに連絡し後日1000円返金。

ということで一応金額はあったのですがこの場合借方・貸方の科目どのように処理したらよいのでしょう?検索したのですが逆のパターンはよくあるみたいで(相手方が多く振り込んできた、というもの)そのトピでは仮受金、という科目で処理なさっているみたいなのですが、いまいちよくわかりません。振込手数料はひとまずお考えなしでお願いします。

当方NPO法人団体です。会計ソフトはソリマチ会計王NPOLimitedを使用しています。私自身は会計初心者、必死で簿記を勉強しながらやっているところです…。初歩的な質問かと思いますが、よろしくお願いします!

Aベストアンサー

もし、B先生の口座に振り込んだ時、「報酬」という科目を使ったとしたら、
〔借方〕報酬20,000/〔貸方〕普通預金20,000

B先生から当社の口座へ振り込まれた時、「報酬」を減額します。
〔借方〕普通預金5,000/〔貸方〕報酬5,000

さらに、二回目も、
〔借方〕普通預金1,000/〔貸方〕報酬1,000

です。

「報酬」でなく「支払手数料」という科目を使ったとしたら、「支払手数料」を減額します。つまり、同じ科目の減額処理をして下さい。

Q立て替えた費用の現金出納帳の記載の仕方で困っています。

経理初心者です。本を読んでもまだ理解ができていない事、またお金もなく、会計士の方にお願いする事ができないため些細な事とは思いますが困っております。どうかよろしくお願い致します。
たとえば社長・役員の人が経費の一部(たとえば水道代4986円)を現金で立て替えて支払い、その立て替え分がいつ返せるか分からない場合(もしかしたら何年かは返せない、本人も了承済み)の場合の現金出納帳の書き方は

  摘  要          入金  出金

借入金 山田太郎        4986
光熱費 ○○(コンビニ名など)     4986

でよろしいのでしょうか。また、これは口座を通さずに現金です。なので、銀行帳には記載する必要はないと理解しているのですが、いかがでしょうか。勘定科目は未払費用ではなくて借入金でよろしいのでしょうか。
そして、別に、借入金表(未払費用表)を作成して、誰がいついくら何の支払いをするためにお金を立て替えたという事がわかるようにする。
また、これを社長・役員ではなくて社員が立て替えて支払い、いつ返せるか分からない場合でも同じ処理の仕方でよろしいのでしょうか。このような事はきちんとした企業ではあり得ない事とは思うのですが、
私の会社ではまだ設立したばかりというのもあるとは思うのですが、誰かが立て替えて(ほとんどは社長です)返せるようになったら返そうという事になっています。。。
すいませんがどうかよろしくお願い致します。

経理初心者です。本を読んでもまだ理解ができていない事、またお金もなく、会計士の方にお願いする事ができないため些細な事とは思いますが困っております。どうかよろしくお願い致します。
たとえば社長・役員の人が経費の一部(たとえば水道代4986円)を現金で立て替えて支払い、その立て替え分がいつ返せるか分からない場合(もしかしたら何年かは返せない、本人も了承済み)の場合の現金出納帳の書き方は

  摘  要          入金  出金

借入金 山田太郎        4986
光熱費...続きを読む

Aベストアンサー

 #2さんのとおり、借入になると思います。複式簿記ですから、

借方科目:水道光熱費
貸方科目:借入金

 というような感じになるかと思います。
 返済まで何年かかろうと関係ありません。もし、あとで経営者に立替分の費用を払ったなのなら

借方科目:借入金
貸方科目:現金

 というようになります。
 もし、経営者がそのまま自腹を切るつもりで、会社の建て替え分はもういらないよ…という場合には、それは債権放棄(借金の棒引き)を受けたことになり、収入になります。

借方科目:借入金
貸方科目:雑収入

 という感じでしょうか。

 ちょっと話はそれますが…

>  摘  要          入金  出金

>借入金 山田太郎        4986
>光熱費 ○○(コンビニ名など)     4986

 この場合、「コンビニに」お金を払ったわけではなく、「コンビニで」お金を払っただけですから、適用の支払先は市町村の水道局や電力会社名などになると思います。

Q受講料の仕訳の仕方

仕訳の仕方を教えて下さい。

仕事で必要な講習を会社負担で社員に受講させました。このとき、受講費用はどういう勘定科目にすればいいのでしょうか?

受講すると資格が得られるのですが、個人に対する資格ではなく、会社に対する資格となります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前の方が答えてみえるように「福利厚生費」で一般的にはよろしいかと思います。
また、講習会などがよくある場合には、「研修費」なんていう科目を使われても良いと思いますよ。
今年から「人材育成投資税制」なんてのも始まりましたんで、人材育成関係の費用だけ「研修費」なんていう別科目で管理しておくとわかりやすいかもしれませんね。

Q町内の老人会会計担当です。仮出金と精算後の

処理方法を教えてください。昨年の4月に会計を引継ぎしました。

会には、カラオケクラブやグランドゴルフ、園芸クラブなど5つのクラブがあり、それぞれに責任者がいます。
カラオケクラブを例にとると、昨年は2万円を使いましたので、今年度の予算は、2万円に設定し、4月1日付で、予め、2万円を仮出金伝票を起伝し、カラオケクラブ責任者に渡しました。


出納帳の勘定項目は、4月1日、仮出金、カラオケクラブ○○殿 支出欄に20000円と記帳。


3月末の決算日近くに、責任者が、今年度中に払った領収証、レシート(合計19000円)と余った現金(500円)を私に返します。


この場合の、出納帳の記帳を、3月20日に行うとして、


一旦、仮出金の20000円を、入金伝票を発行して、3月20日「借受金戻し」として、入金欄に、20000円と記帳。
次に、何枚かの領収書の金額(計19500円)を出金欄に記帳。


この方法でよいでしょうか?


又、処理日の日付ですが、領収書、レシートは8月とか11月がありますが、そのままの日付で、3月20日の支出欄に記帳すると不具合はありますか?


よろしくお願いいたします。
経理とか会計等は全く無知なので、この質問が皆様に伝わるか不安です。

処理方法を教えてください。昨年の4月に会計を引継ぎしました。

会には、カラオケクラブやグランドゴルフ、園芸クラブなど5つのクラブがあり、それぞれに責任者がいます。
カラオケクラブを例にとると、昨年は2万円を使いましたので、今年度の予算は、2万円に設定し、4月1日付で、予め、2万円を仮出金伝票を起伝し、カラオケクラブ責任者に渡しました。


出納帳の勘定項目は、4月1日、仮出金、カラオケクラブ○○殿 支出欄に20000円と記帳。


3月末の決算日近くに、責任者が、今年度中に払った領収証、レシート...続きを読む

Aベストアンサー

>済みません、ここが、無知故によく解からないのですが・…

仮定の数字ですが、

・会費収入 100,000円
・市その他から補助金収入 50,000円
・仮払金の戻り 500円

のとき、年間の収入合計は「仮払金の戻り 500円」を含めず、15万円だけだという意味です。

年間の支出合計も同様で、「仮払金 2万円」は含めず、レシート類がある 19,500円のみを決算対象とします。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング