質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

 グラム染色でルゴール液を使ったのですがルゴール液にはどんな役割があるんですか?教えてください。
12月21日までに出来ればおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

昔習った知識ですが,,,,



細胞質膜の外側に細胞壁だけを持つ菌(グラム陽性菌)では,細胞壁成分と結合したクリスタル紫がヨード処理(=ルゴール)によってアルコール不溶性の複合体となり,これが黒紫色(=グラム陽性)に染まる.

一方,グラム陰性菌は細胞壁の外側にさらに外膜をもっているためヨードの透過を妨げられ,細胞壁に結合したクリスタル紫はアルコール可溶性のまま留まり,アルコールにより脱色されてしまう.

zero57さんは細菌学についていろいろ熱心にご質問されているようですが,下記のサイトでは専門の先生に質問できますので,興味があれば覗いてみてください.

参考URL:http://www.jarmam.gr.jp/situmon/kensa_index.html
    • good
    • 0

似たような質問を多数なさっていますが,レポートはご自分の力で完成して初めて意味あるものになるのではないでしょうか。

老人のお小言でした。

染色とは体験的な学問です。理論的に行われてきたものではありません。こうして染めたらこのように染まったといった感じです。

グラム染色は,細菌の基本的な染色法ですが,同様にその完全な染色機序は解明されていないのではないでしょうか。ただし,細菌の細胞壁の構造と密接に関係していることは知られていますよね。

ご質問のルゴールは,ヨウ素がゲンチアナバイオレット等の色素と結合し細胞壁を通過するために,脱色しても細胞壁内の色素は脱色されませんから染まって見えるものを陽性細菌としているのではないでしょうか。

参考URLを挙げておきます。細菌の基本からお勉強してください。

参考URL:http://micro.fhw.oka-pu.ac.jp/microbiology/micro …
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本試験と空試験

容量分析における、この2つの用語のきちんとした説明ができません。
できる方、おしえていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは 何方からも解答が無いので、浅学を省みず、、、
 容量分析で言う空試験は、2つに大別されます。
 まず、「逆滴定」の場合
 過剰な反応試薬を加えて一定時間置き、次いで反応し残った反応試薬を滴定するものですが、この場合の「空試験」は、試料を加えない、反応試薬のみの分析をいいます。「本試験」は試料を加えた場合です。
 一方、普通の滴定では、試料を加えたものを「本試験」(と言う言い方は、自分には馴染みが無いのですが)と言い、この場合の「空試験」の意義がaitatataさんには解からないのでしょうか。
 試験に用いる試薬に不純物が有り、本試験に対してマイナス又はプラスに作用する場合が、まま有ります。
 この、不純物によるズレを補正するため、「空試験」を行います。 つまり、試料を用いないで、「本試験」と全く同じ操作を行う訳です。
 

Qオキシダーゼ反応ってどんなのでしたっけ?

細菌の同定に用いるオキシダーゼ反応ってどんな反応ですか?

手持ちの本に載っていなかったので教えてください。
たしか、細菌を2分する視標だとおもったんですけど。

これが陽性の菌と陰性の菌で何か違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

細菌の同定に用いるのに「カタラーゼ反応」があります。
コロニーに過酸化水素水をかけて酸素の発生の有無を調べるやつです。
見当違いならすみません。

Qスクロース溶液とKCl溶液の限界原形質分離濃度の違いについて

スクロース溶液とKCl溶液の限界原形質分離濃度の違いについて

生物学の実験で、原形質分離の実験をした際、この2つの限界原形質分離濃度に違いがあるので説明しなさいといわれたのですが、私の実験結果では2つとも限界原形質分離濃度は同じだったので、説明が出来ませんでした。

理論上はスクロースはKClの2倍の濃度になるはずなのですが、何故でしょうか?
ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

溶液の浸透圧(Π)は、気体の状態方程式と同じように、
Π=CRT
で求められます。C:モル濃度 R:気体定数 T:絶対温度
従って、浸透圧は温度が同じなら、溶質の種類によらずモル濃度(溶液単位体積あたりに含まれる溶質分子の数)に比例するわけです。

KClは電解質で、水溶液中では KCl → K+ + Cl-
と電離します。
イオンは分子ではありませんが別々の粒子として振る舞いますので、粒子数は溶解前の2倍となるわけです。一方、スクロースは非電解質ですので水溶液中でも粒子数は変わりません。

Qウィンクラー法とアジ化ナトリウムについて

ウィンクラー法という、水中の酸素を亜マンガン酸で固定させ、KIと硫酸酸性で反応させて生成したヨウ素をチオ硫酸ナトで適ていするという方法があります。ここで、硫酸酸性にする理由はなんでしょうか。また、この方法は還元性物質の存在により、酸素が消費されてしまうので、(ここまでは理解できます)アジ化ナトリウムNaN3を加えて妨害を防ぐそうです。アジ化ナトリウムを加える理由はなんでしょうか。頭悪くてごめんなさい><分かりやすく教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

ウィンクラーのヨウ化カリウム-アジ化ナトリウム変法では、
 1)マンガン塩による溶存酸素の固定
  (Mn(OH)2→Mn(OH)3 ; Mnは溶存酸素によって2価から3価に酸化)
 2)ヨウ素・チオ硫酸塩を使った逆滴定
の二段階の操作を行います。

これは、そのままでは溶存酸素が放出されやすい為、
採水地点から実験室までの移動中に放出されないようにする
必要があるからです。

この1段目の、マンガン塩による酸素固定の反応はアルカリ性で行う必要があります。
一方、2段目の逆滴定では、KIからヨウ素を遊離させるのと、そのヨウ素とマンガンを
定量的に反応させるために、酸性下で行う必要があります。
そのため、『滴定時に』硫酸酸性にします。


また、亜硝酸イオンが共存する場合(→河川水では常時共存)、
溶存酸素によるマンガン塩の酸化が定量的に行われず、
一部の酸素が亜硝酸イオンの酸化(→硝酸イオンに変化)に
使われたりしてしまいます。
これを避ける為、アジ化ナトリウム(→還元剤だが、(測定法の
条件下では)溶存酸素やMn(OH)3を還元しない)を添加し、
亜硝酸イオンを分解してやります。
他の還元剤、例えば亜硫酸塩などでは、溶存酸素と反応したり、
精製させたMn(OH)3まで還元してしまう為、
アジ化ナトリウムを使用する必要があるわけです。

参考URL:http://gakuen.gifu-net.ed.jp/~contents/kou_nougyou/jikken/SubKankyo/7/index.html

ウィンクラーのヨウ化カリウム-アジ化ナトリウム変法では、
 1)マンガン塩による溶存酸素の固定
  (Mn(OH)2→Mn(OH)3 ; Mnは溶存酸素によって2価から3価に酸化)
 2)ヨウ素・チオ硫酸塩を使った逆滴定
の二段階の操作を行います。

これは、そのままでは溶存酸素が放出されやすい為、
採水地点から実験室までの移動中に放出されないようにする
必要があるからです。

この1段目の、マンガン塩による酸素固定の反応はアルカリ性で行う必要があります。
一方、2段目の逆滴定では、KIからヨウ素を遊離...続きを読む

Q染色についての疑問なのですが、誰か教えて下さい。

病理学実習で行った最も有名で、1番popularなHE染色についてなのですが…
(1)今回実習で行ったのは、カラッチのヘマトキシリンだったのですが、他には、どんな種類が存在しますか?
(2)カラッチのヘマトキシリンを作ったときに、いろいろな物を加えました。それで、ナノですが、ヘマトキシリン液についての原理を知れば、入れた物質の役割が分かるのではないかと考えました。そこで、質問です!!ヘマトキシリン液の原理って、何ですか?
(3)染色には、退行性と進行性があり、退行性の染色液には、”分別”と言う操作が、必要って、文献に書いてあったのですが…分別には、どんな種類の薬品を使うのですか? 実習では、0.25%塩酸を用いました。
(4)試薬が、良ければ、色出しの操作は、不要みたいなのですが、色出しって、何なのですか?色出しには、どんな試薬が、使われているのですか?

だれでも良いので、こんな馬鹿な私に教えて下さい。

Aベストアンサー

実習の時に質問すりゃぁいいのに…ま、病理医にはわからんか。

私の場合普段はマイヤーの処方を薄い切片用にアレンジした「ダブ
ルマイヤー」を常用していますが、必要ならカラッチやギルも調整
します。ハリスは水銀を使うからパス。ワイゲルトの鉄ヘマトキシ
レンはHE染色用ではありません。

処方の基本は、「色素」+「酸化剤」+「媒染剤」です。酸化剤には
ヨウ素酸ナトリウムを常用します。これで無色のヘマトキシレンが
ヘマティン色素になります。媒染剤は金属イオンを添加して色ラッ
クを形成させ組織との結合を強くするもので、ミョウバンを使うと
青紫になります。ここで鉄を使うと茶褐色っぽい色になりますね。
最後に安定剤として抱水クロラールやグリセリンを混ぜて完了。色
ラックが正に帯電しているため、負に帯電するリン酸基やカルボキ
シル基と結合しやすいわけです。

分別ですが、上記の理屈で染まるからにはpHの影響ってモノを受け
るわけで、pHが4くらいだと結構なにもかも染まってくるんです。こ
れを、染めた後で塩酸アルコールなどでpHを下げて、リン酸基のと
ころだけ残してカルボキシル基のところを脱色してやるのが「分
別」という作業です。全体を染めてから要らないところを抜くから
「退行性染色」。逆に最初っから酸を加えてpH2とかの染色液を作
り、リン酸基リッチのところしか染まらないようにしたのが「進行
性染色」。カラッチが退行性染色の代表で、マイヤーが進行性染色
の代表です。

色出しってのは、ヘマトキシレンで染色した後でしばらく流水で洗
うステップですが、これはpHを上げています。すると水素イオンが
色ラックに干渉し難くなり、赤褐色から安定した青紫色になって、
褪色もしなくなります。

以上、藍染めと全く同じだよっていう話でした。

実習の時に質問すりゃぁいいのに…ま、病理医にはわからんか。

私の場合普段はマイヤーの処方を薄い切片用にアレンジした「ダブ
ルマイヤー」を常用していますが、必要ならカラッチやギルも調整
します。ハリスは水銀を使うからパス。ワイゲルトの鉄ヘマトキシ
レンはHE染色用ではありません。

処方の基本は、「色素」+「酸化剤」+「媒染剤」です。酸化剤には
ヨウ素酸ナトリウムを常用します。これで無色のヘマトキシレンが
ヘマティン色素になります。媒染剤は金属イオンを添加して色ラッ
クを形成さ...続きを読む

QDPD法について

遊離残留塩素と全残留塩素の測定がそれぞれ違うみたいなのですが、(遊離残留塩素は中性で酸化させて、全残留塩素はKIで処理してから、測定する)どうしてこのような反応になるのか理解できません。とても飲み込みが悪い方なので、簡単に説明していただければ幸いです。

Aベストアンサー

遊離残留塩素というのは、Cl2やそれを水やアルカリに溶かした際に生じるHClOおよびClO-を意味します。
これらは酸化力が強いために、測定前にKIで処理する必要がありません。
それに対して、全残留塩素というのは遊離残留塩素と結合残留塩素の合計です。結合残留塩素というのは、モノクロラミン(NH2Cl)、ジクロラミン(NHCl2)、トリクロラミン(NCl3)などの窒素と結合している塩素のことです。
これらの結合残留塩素は酸化力が弱いために、通常の測定にはかかってきません。したがって、酸化されやすいI-を加え、それがI2に酸化されることを利用して測定しているわけです。
クロラミンの場合の反応式は下記のようになります。
NH2Cl + 2KI + H2O → NH3 + KCl + I2 + KOH

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。

Qだ液アミラーゼの活性化

だ液アミラーゼは、ナトリウムイオンではなく、塩素イオンによって活性せれるのはなぜですか??
教えてください!!

Aベストアンサー

アミラーゼは、pHがだいたい中性のところで活性を持つ酵素です。働きは、でんぷんの加水分解ですね。

アミラーゼは酵素ですし、活性化部位をもちます。この部分で、水(H20)をでんぷんのグルコース同士の結合に付加して、加水分解をします。

塩化物イオンは負電荷を持ち、この活性化部位の近くの正電荷を持つリシンなどのアミノ酸に引き寄せられます。(ナトリウムイオンは引き寄せられないですね)
活性化部位にある水分子は、この塩化物イオンの負電荷のおかげで、少し分極することができます。つまり、ほんのH2Oが少しだけH+とOH-に分かれることができるのです。実はこのように分極していた方が、ちょっとだけグルコース同士の結合を加水分解しやすいのです。
このようにして、塩化物イオンの存在により、アミラーゼは活性がだいたい5倍くらいあがるようです。
また、硝酸イオン、臭化物イオン(両方とも一価の陰イオン)でも活性が少しあがるようです。

Q抗原抗体反応

1.抗原と抗体が最適比で混合されたときに抗原-抗体沈殿物が最も多くできるんですよね?でも考えてみると、抗体が過剰な分には、できる沈殿物量は同じなのでは?
2.また、クラススイッチにはT細胞のサイトカインが必要ですが、具体的にクラススイッチがどのようにおこるのか教えてください

Aベストアンサー

 抗原抗体反応では様々な格子の様な三次元構造の抗原抗体複合体ができます。抗原と抗体が最適比で混合した場合は大型の格子ができて沈降反応を示します。つまりこのとき、沈殿物量がもっとも大きくなります。
 ところが抗体または抗原が過剰になると格子が小さくなっていて、最終的には格子は生じなくなります。ということは小さいので沈殿しなくなります。
 電子顕微鏡でこのような現象は証明されています。

 クラススイッチって……
  IL-4→IgG1,IgE
  IFN-g→IgG2,IgG3
  TCG-b→IgG2a,IgA
 もっと具体的にどのように作用するかとか知りたければ「免疫生物学」あたりを調べてみるのがよろしいかと思います。生物系医学系大学図書館には必ずあると思いますし。

 なかなか一般人にしてはマニアックな質問でたぶん大学生ですか?

QλDNA

タイトルどおりλDNAはどのような(性質、形状)DNAなのでしょうか?手元にある辞典などで調べたりネットを検索したのですが、見つかりません。教えてください。

Aベストアンサー

λファージの生活環(life cycle)や、複製相については、英語サイトですが、これらが参考になると思います。
イラストやアニメを見るだけでも理解の助けになるでしょう。

http://www.blackwellpublishing.com/trun/artwork/Animations/Lambda/lambda.swf
http://pathmicro.med.sc.edu/mayer/phage.htm
http://home.earthlink.net/~dayvdanls/lambdavideo.htm

分子生物の教科書をお探しでしたら、いい本はいろいろありますが、定番であり、生物系の大学生なら必読、必携とも言える、
Molecular Biology of the Cell(訳本 細胞の分子生物学)を推薦します(ちゃんと勉強するつもりならWebに頼るのはおよしなさい)。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4315517305/ref=pd_rhf_p_1/250-8222672-0245809

λファージの生活環(life cycle)や、複製相については、英語サイトですが、これらが参考になると思います。
イラストやアニメを見るだけでも理解の助けになるでしょう。

http://www.blackwellpublishing.com/trun/artwork/Animations/Lambda/lambda.swf
http://pathmicro.med.sc.edu/mayer/phage.htm
http://home.earthlink.net/~dayvdanls/lambdavideo.htm

分子生物の教科書をお探しでしたら、いい本はいろいろありますが、定番であり、生物系の大学生なら必読、必携とも言える、
Molecular Biology of...続きを読む


人気Q&Aランキング