ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

私は学校でカビの培養をしています。
培地にカビ(?)が出てきはするんですが、本当にカビなのか、細菌なのかよく分かりません。
何か見分ける方法というか、見た目に違いはあるんでしょうか。顕微鏡などで拡大したときではなく、培地に出てくる目に見えるときのことです。

A 回答 (2件)

こんにちは。

細菌を中心に真菌類も扱ってる者です。
表現型(いわゆる見た目の特徴)だけで、細菌が真菌かを見分けるのはとても難しいと思います。
それというのも、見た目は微生物それぞれですし、培地の種類によっても変わります。
No.1の方の捕捉なんですけれど、細菌でも外生胞子をつける分類群、主には放線菌と呼ばれる細菌はコロニーが毛羽立っていて、真菌にとてもよく似ています。
ですので、ツルツルしたコロニーが細菌というのは、グラム陰性細菌の主な特徴になるかと思います。
その原因はグラム陰性細菌の膜構造にありますので、興味があれば調べてみてください。

一方、真核生物である酵母のコロニーは見たことがありますか?
とても細菌のコロニーに似ていて、ツルリと丸い形をしています。一見、細菌のコロニーのようです。
大きさもそんなに大きくはありません。

また、コロニーの形は様々で、運動性(主に鞭毛を持つ細菌に多い)を有する細菌のコロニーは、周囲の形が不均一です。Undulate, Laboteなどと呼ばれるmarginを示します。

以上のようなことから、見た目で細菌か真菌か見分ける方法というのは「これ!」というのはないかと思います。光学顕微鏡があれば、区別できます。
また、これはちょっと質問の趣旨から外れてしまうかもしれませんが、抗カビ剤を入れた培地に植え継いで、生育を見てみることで判断するのはどうですか?
あるいは逆に抗生物質を使って、細菌が生えない培地で生育するかをみてみるとか・・・。
そうすれば、気になるコロニーが細菌か真菌かをDNAとか調べたりしなくても、寒天固体培地だけで見分けられるかもしれません。だた、どのような細菌または真菌を標的に培養しているのか詳しく書かれれていないので、うまく条件があわせられれれば・・・・ということになります。
    • good
    • 5

目で判断して100%ということはないのですが、総論で。



細菌は、ツルツルしたコロニーを形成し、
そのコロニーは培養し続けても直径数ミリくらいにしかなりません。
コロニーは円形です。

カビは、ボアボアと綿毛っぽいコロニーを形成し、
放っておくとシャーレ一面に増えます。
必ずしも円形ではありません。
胞子を出すと粉っぽく、色が変わるものもあります。

増え方(広がり方)はカビの方が早いでしょう。

ツルツルコロニーを形成しない細菌もいますので、あくまでご参考までで。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q細菌、放線菌、真菌の違い

はじめまして。
基本的なことだと思いますが質問させていただきます。

細菌、放線菌、真菌の違いについて教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず放線菌は大きくは細菌に含まれる分類です。
細菌、放線菌は原核生物で核膜を持った核がありません。
細胞の中のDNAは核様体の形で存在しています。

対して真菌は細胞の中に核膜という膜で包まれ、細胞質と区別されている核を持っている生物で、真核生物呼ばれる分類となります。真核生物は動物、植物、真菌、原虫などが含まれている分類群になります。
真菌はカビ、きのこ、酵母などが含まれている生物群です。

原核生物は殆どが単細胞の細菌類です。その細菌類の中で放線菌という分類があります。放線菌の他の細菌に比べて違うところは外見で、カビのように糸状になっているところです。さらに放線菌は菌体の外側に胞子を作ることで
す。この胞子のつき方が分類の指標のひとつになっています。カビとの違いは大きさがちがいます。放線菌のほうがうんと小さいものです。

さて放線菌以外の細菌ですが、大腸菌、乳酸菌、ブドウ球菌などがよく聞かれます。ほとんどが単細胞で放線菌のような細胞が集まって特定の構造を作りません。また胞子は作らないか、作る種類では細胞の内部に芽胞という内生胞子を作ります。大きさは細菌は放線菌と同じく真菌よりもかなり小さいものです。

まず放線菌は大きくは細菌に含まれる分類です。
細菌、放線菌は原核生物で核膜を持った核がありません。
細胞の中のDNAは核様体の形で存在しています。

対して真菌は細胞の中に核膜という膜で包まれ、細胞質と区別されている核を持っている生物で、真核生物呼ばれる分類となります。真核生物は動物、植物、真菌、原虫などが含まれている分類群になります。
真菌はカビ、きのこ、酵母などが含まれている生物群です。

原核生物は殆どが単細胞の細菌類です。その細菌類の中で放線菌という分類があります...続きを読む

Q細菌の寒天培養

高校の科学部で、身近な細菌を調べることになりました。

寒天培地で培養してできるコロニーから判定する際の参考に、代表的な細菌のコロニーの特徴を記した、資料(写真)などが載ったサイトを探していますが、意外と見つかりません。
(培地の作り方や、培養方法などはみつかるのですが)

どなたか、ご存知でしたら教えて下さい。

食中毒を起こすような細菌の資料があるとうれしいです。
一応、嫌気性細菌を培養するための設備もあります。

Aベストアンサー

こんにちは。
生物系の学生で、同じような実験の経験があります。
コロニー形状だけから細菌の種類を同定するのは難しいでしょう。
お望みのような資料が少ないのもそのせいだと思います。
他にもグラム染色や顕微鏡観察などで、より詳しく調べる予定なのでしょうか?

また、使う培地の種類によっても、生えてくる菌は違います。
特定のタイプの細菌を得たいなら、その細菌がよく生えるような培地を、
単に色々な種類の細菌を見てみたいということなら標準培地を使います。

コロニーの分類には、コロニーの形、色、透明度、大きさ、隆起、表面がなめらかかどうか、
コロニーのふちがギザギザかスムースか、硬いか柔らかいかなどを見てみるといいと思います。

一応、多少の参考になるかな?と思ったURLをいくつかご紹介しておきますね。
ご自分でも、「食品 検査 細菌」、「コロニー 形状」などのキーワードで
検索してみると、参考になるものが見つかるかもしれませんが、
基本的には私も#1さんと同様、大きめの図書館などで
微生物学系の本を見たほうが正確ですし、近道だと思います。
「微生物の分類と同定」(学会出版センター)などがおすすめです。

■細菌汚染検査
コロニーの観察項目と分類について図つきで説明があります。
下のほうにコロニーから汚染を判断する基準についての表もあるのですが、
それぞれ使っている培地が異なるので、あまり役に立たないかな。
http://www.setsunan.ac.jp/pharm/ftphome/homepage/bisei/1500TXT.html

■細菌検査装置「アルゴス」のQ&Aページ
1. 基礎知識 の部分が役に立つのではと思います。
http://www.arttec-net.com/argos/answer.htm

■ 食品検査における細菌培養について
http://www.jarmam.gr.jp/situmon/shokuhin_kensa.html

こんにちは。
生物系の学生で、同じような実験の経験があります。
コロニー形状だけから細菌の種類を同定するのは難しいでしょう。
お望みのような資料が少ないのもそのせいだと思います。
他にもグラム染色や顕微鏡観察などで、より詳しく調べる予定なのでしょうか?

また、使う培地の種類によっても、生えてくる菌は違います。
特定のタイプの細菌を得たいなら、その細菌がよく生えるような培地を、
単に色々な種類の細菌を見てみたいということなら標準培地を使います。

コロニーの分類には、コロ...続きを読む

Q菌数?コロニー数?

エアクリーナーを使用中の室内で、浮遊菌数を測定するためにエアサンプラーを用い測定を行う予定です。
初歩的なんですが、菌数と、コロニー数はどう違うのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

「菌数」とは,呼んで字のごとく菌の数のことです。その「菌数」を数える手だてとして,菌を培養して「コロニー数」を数える方法(「平板培養法」や「混釈培養法」)があるわけです。
ですから,培養法での検査結果としては「菌数=コロニー数」と考えてしまってかまわないと思います。

ですが厳密には・・・
1.コロニー数は生菌の数のみを反映するので,死菌を含めた「総菌数」とは大きく異なる。
2.生菌1個が,必ずしも肉眼で確認できるコロニーになるまで増殖するとは限らない。
3.菌体が集塊状になりやすい菌は,複数個の菌で1個のコロニーを作りうる。
・・・などの理由で「菌数≠コロニー数」になるのでご注意ください。


言葉の正確性を期すのであれば,菌数の単位を「CFU(colony forming unit:コロニー形成単位)」と表現すればよいと思います。
1CFUとは「1個のコロニーを作るだけの菌量」ということです。

つまり,1m3あたりの菌数を培養法で測定した場合,結果を
「○○CFU/m3」
とすれば学術的にも正しい表記となります。

「菌数」とは,呼んで字のごとく菌の数のことです。その「菌数」を数える手だてとして,菌を培養して「コロニー数」を数える方法(「平板培養法」や「混釈培養法」)があるわけです。
ですから,培養法での検査結果としては「菌数=コロニー数」と考えてしまってかまわないと思います。

ですが厳密には・・・
1.コロニー数は生菌の数のみを反映するので,死菌を含めた「総菌数」とは大きく異なる。
2.生菌1個が,必ずしも肉眼で確認できるコロニーになるまで増殖するとは限らない。
3.菌体が集塊状...続きを読む

Q放線菌と糸状菌

こんな文章が載っていました。↓

『有害な微生物の増殖を抑制』
 キトサンを土壌に散布すると、キトサンを餌とする菌類(放線菌や糸状菌)が増殖する可能性があります。しかし、放線菌はキトサンに出会うとキトサン分解酵素を出す為、キトサンを細胞壁に持つ糸状菌は増殖できなくなります。その結果として有用菌である放線菌は増殖し、有害菌である糸状菌の増殖はおさえられる事になります。

放線菌と糸状菌の違いなんて、胞子をつくるとか
節があるとか、菌糸の太さが違うくらいしか思いつきません。

ならば何故、糸状菌が悪者で、放線菌は増殖してもいいことになっているのでしょうか?

Aベストアンサー

もちろん、放線菌の全てがイイモノで糸状菌の全てがワルモノだと言っているわけでは無いと思います。

糸状菌の中には、植物に感染する、植物病原菌としての性質を持ったものがいます。(イネいもち病菌などが代表的な例です)

このようなものが増えるのを防ぎたいということでしょう。もちろん、ワルモノの糸状菌だけを選択的に退治することは、この技術では不可能でしょうから、ワルモノもそうでないのも、一緒に退治してしまうという考え方だと思います。

Q微生物のコロニーについて

 微生物のコロニーには白色や黄白色など色があるものが存在すると思うのですがどうしてですか?教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

基本的には、微生物自身の色は半透明だと思います。
たくさん集まってコロニーになると、乳白色のやや半透明に見えるのが一般的でしょう。酵母のように細胞が大きいと不透明に見えるものもあります。

コロニーに色がつく原因は、微生物の2次代謝産物の色です。様々な色素を産生する菌がいます。黄色はフラボノイド系の色素である場合が多いです。オレンジや赤になるのはカロテノイド系色素を産生するからです。緑膿菌になると、フルオレセインやピオシアニンなどの蛍光物質を産生して、紫外線を当てると培地が蛍光を発します。また、フザリウム属のカビの中には紫色の色素を出す奴もいます。

産生された色素が水溶性の場合は、培地に色素が溶け出すため、コロニー周囲の寒天にも色がつきます。色素が脂溶性の場合は、コロニーだけに色がつくことになります。

色素産生の度合いは、培養温度や、酸素濃度などの環境によって変化します。
黄色ブドウ球菌の場合、発育至適温度は30~40℃ですが、色素産生は、室温付近の方が活発です。
また、コロニーが寒天の中にあると乳白色コロニーで色素を産生していないのに、寒天表面に塗抹すると色着きのコロニーになるものもいます。

微生物て面白いですよ^^

基本的には、微生物自身の色は半透明だと思います。
たくさん集まってコロニーになると、乳白色のやや半透明に見えるのが一般的でしょう。酵母のように細胞が大きいと不透明に見えるものもあります。

コロニーに色がつく原因は、微生物の2次代謝産物の色です。様々な色素を産生する菌がいます。黄色はフラボノイド系の色素である場合が多いです。オレンジや赤になるのはカロテノイド系色素を産生するからです。緑膿菌になると、フルオレセインやピオシアニンなどの蛍光物質を産生して、紫外線を当てると培地...続きを読む

Qカビの寒天培地について

中学生です。私は化学系の部活に入っていて、夏休みに自由研究と言うのか、実験・観察・調べ学習をします。今年私はカビの研究をしようと思いました。

それで私は、カビを培養する為に寒天培地を作ろうと思っています。インターネットで調べるとカビの培養には「ポテトデキストロース寒天培地」が適しているとわかりました。
これを寒天・ジャガイモなどを使って作りたいです。
やり方は、
http://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/hyoujun_gijutsu/kinoko/1-5.pdf
こちらの図3を参考にするつもりです。
しかし、学校でジャガイモを剥いて……とするのは大変時間もかかると思うので、上のやり方の③までを家でやって、一リットルにしたものを持って行き、再度温めたいのですが……これが可能かどうか、ということを質問させて頂きます。その再度温めるまでの時間も、さすがに12時間以上開くとダメでしょうか。
それと、③では上澄みに水を加えると書いてありますが、それは②でとった上澄みに水を加えるということですか?
また、⑧の後の加熱殺菌を電子レンジでやるとすればどういう手順になるでしょうか。滅菌は、圧力鍋もオートクレーブも電子レンジもない状況だとできませんよね。

素人です。質問以前の問題で、やりやすい方法や別の作り方があれば、お教えください。カビなんて、少しの栄養分があれば生えると思うのですが……この手順を踏まないといけないのでしょうか。
最低限、自分で寒天培地を作れれば、もっと簡易的なもので構いません。滅菌なども、しなくても良いというのならばそれで結構です(あくまで自由研究の範囲なので)。
今日中にご回答頂ければ幸いです。

中学生です。私は化学系の部活に入っていて、夏休みに自由研究と言うのか、実験・観察・調べ学習をします。今年私はカビの研究をしようと思いました。

それで私は、カビを培養する為に寒天培地を作ろうと思っています。インターネットで調べるとカビの培養には「ポテトデキストロース寒天培地」が適しているとわかりました。
これを寒天・ジャガイモなどを使って作りたいです。
やり方は、
http://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/hyoujun_gijutsu/kinoko/1-5.pdf
こちらの図3を参考にするつもりです。
...続きを読む

Aベストアンサー

単純にカビがはえれば良いと言う事であれば、寒天培地に適当な栄養物があれば良いわけです。
重要なのは、他の雑菌や真菌などが倍地に入っていない事ですから、滅菌処理が重要になります。
120℃以上のオートクレープが適当ですが、無ければ煮沸時間を充分長くとる事でも可能と言えます。
作ってから、長時間保存した場合は、その間に雑菌が繁殖する可能性があるので、滅菌してもなんらかの物質が残る可能性はあります。(雑菌や真菌は滅菌できれば、増殖はしません)
単純に、コロニーの形成を目視するだけならば、倍地の分析は不要ですよね?
そうであれば、あまり厳密に考えないで、作りやすい倍地を作れば良いと思いますよ。
単純に言えば、寒天とブドウ糖(グルコース)だけでも、カビは繁殖すると思います。

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

Qオートクレーブ121℃15分の意味

今日、友人に何で培地を滅菌する際にオートクレーブで「121℃で15分」するのかまた、なぜ100℃以上の温度で加熱するのかわかるか尋ねられました。
私はわからずに答えを聞いたのですが、友人は答えを教えてくず自分でも調べたのですがよくわかりませんどなたか教えてください。

Aベストアンサー

 微生物の滅菌を行うとき大きな問題になるものに、一部の細菌が形成する芽胞の存在が挙げられる。
 芽胞はバシラス属やクロストリジウム属などの一部の細菌が生育環境の悪化に伴って形成する耐久型の構造であり、温度や薬剤などによる殺菌に対して極めて高い抵抗性を示す。
 通常の生物は100℃の湯で煮沸するとごく短時間のうちに完全に死滅するが、芽胞は通常の生活環境に存在する生物の中では最も耐熱性が高く、30分間以上煮沸しても生き残り、完全に死滅させることはできない。
 芽胞の状態にある細菌まで完全に殺す(=滅菌する)には、より高温での処理が必要となる。

 オーブンと同様の原理による乾熱滅菌では、180℃30分以上(または160℃1時間以上)の加熱によって芽胞を完全に殺すことが可能であるが、この方法では水分を含む物体や、培地などのような水溶液そのもの、あるいは高熱に弱いプラスチック類を滅菌することができず、金属やガラス器具だけにしか使えないという欠点がある。
 これに対して、オートクレーブ滅菌では通常、2気圧の飽和水蒸気によって温度を121℃に上昇させ、20分間処理することで、対象物の水分を保持したまま、しかも乾熱滅菌より低い温度、短い時間で滅菌を行うことが可能である。
 これはオートクレーブが水分存在下での加熱(湿熱)であるため、高温で促進された加水分解反応によって、微生物を構成する生体高分子の分解が促進される分、乾熱よりも効率よく滅菌されるためだと考えられている。

 微生物の滅菌を行うとき大きな問題になるものに、一部の細菌が形成する芽胞の存在が挙げられる。
 芽胞はバシラス属やクロストリジウム属などの一部の細菌が生育環境の悪化に伴って形成する耐久型の構造であり、温度や薬剤などによる殺菌に対して極めて高い抵抗性を示す。
 通常の生物は100℃の湯で煮沸するとごく短時間のうちに完全に死滅するが、芽胞は通常の生活環境に存在する生物の中では最も耐熱性が高く、30分間以上煮沸しても生き残り、完全に死滅させることはできない。
 芽胞の状態にある細菌まで完...続きを読む

Q原核生物と真核生物の違い

原核生物と、真核生物の違いについて教えてください(><)
また、ウイルスはどちらかも教えていただけると嬉しいです!

Aベストアンサー

【原核生物】
核膜が無い(構造的に区別出来る核を持たない)細胞(これを原核細胞という)から成る生物で、細菌類や藍藻類がこれに属する。

【真核生物】
核膜で囲まれた明確な核を持つ細胞(これを真核細胞という)から成り、細胞分裂の時に染色体構造を生じる生物。細菌類・藍藻類以外の全ての生物。

【ウイルス】
濾過性病原体の総称。独自のDNA又はRNAを持っているが、普通ウイルスは細胞内だけで増殖可能であり、ウイルス単独では増殖出来ない。



要は、核膜が有れば真核生物、無ければ原核生物という事になります。

ウイルスはそもそも細胞でなく、従って生物でもありませんので、原核生物・真核生物の何れにも属しません(一部の学者は生物だと主張しているそうですが、細胞説の定義に反する存在なので、まだまだ議論の余地は有る様です)。



こんなんで良かったでしょうか?

Q寒天培地の保存期間について

粉末寒天培地からオートクレーブを使って作った寒天培地は性能が落ちない状態で何日くらい冷蔵庫で保存できるのでしょうか?(一般生菌用寒天培地、デソキシコレート寒天培地、マンニット食塩培地など)

Aベストアンサー

用途次第でしょうが
僕の経験上、3ヶ月前のアンピシリン添加のLB寒天培地でも
大腸菌の形質転換後の選択には使用可能でした。

性能が落ちる原因は、
有効成分の劣化(分解)という意味とほぼ同じだと思われるので
抗生物質、色素、ビタミンなど分解しやすいものの含有量や
用途の精度次第で変わってきます。
通常は長くて1ヶ月、特殊なプレートは1週間が目安でしょうね。


人気Q&Aランキング