プロが教えるわが家の防犯対策術!

韓国語と中国語どっちが好きですか?

質問者からの補足コメント

  • みなさんありがとうございました‼️

      補足日時:2020/03/11 22:45

A 回答 (5件)

朝鮮語。

日本語と何となく似ている単語がたくさんあるし、発音が簡単。

片言朝鮮語で、世界中のどこにである韓国キャバに行って、実践も簡単だし。ぼったくらるか、良心的価格は、30分ほどして、「チュカンケサン(中間計算)」で確かめられるし。

中国語は、シンガポールでおぼえた中国語が、広東ではさっぱり通じずで、自信喪失。それに、国が大きすぎて、キャバのシステムも違いすぎて、さっぱりわからん。一人でキャバに乗り込んでいくには、かなりの勇気と金が必要。
    • good
    • 2

韓国語ですね。



韓国語は、英語のようにアルファベットの組み合わせなので、50くらいのものを全て覚えれば、
どんな難しい単語でも読むことができます。

また、韓国語は、「日本語」+「英語」から作られているようなものなので、発音がすごく似ています。

イントネーションについても特に気にする必要はありません。


反対に、中国語は、日本語のように漢字なので読み方がそれぞれ違い覚えるのが大変ですし、
発音にイントネーションが4種類あり、漢字それぞれによって違うので
韓国語よりも遥かに覚えるのが大変です。



✔韓国語
家族 가족 カジョk
美容 미용 ミヨng
獅子(ライオン) 사자 サジャ
車  차  チャ
過程 과정 クァジョng
    • good
    • 1

実際に両方の言語を少しだけ習ったことがあるんですが、発音的には韓国語の方が覚えやすかったです。


結構韓国語だと日本語と発音が共通している言葉もあります。

中国語と言っても北京語、広東語、上海語、温州語と地方によって同じ漢字の発音の数が全然違うので、北京近辺で話すいわゆる普通語という中国語だけ話せても地方にいくと筆談でしか会話できなかったりすることもたまにあるそうです。
で、私は「そり舌音」がどうしてもうまくできず、中国語はあきらめました。

ですから、個人的には韓国語の「巻き舌音」の方が中国語の「そり舌音」よりはまだなんとかなったので、韓国語の方が好きかな。
    • good
    • 2

広東語と北京語どちらが好きですか?

    • good
    • 2

ごめんなさい!


どちらも嫌いです。
どちらか一方なら
ゆっくり喋る韓国語ですかね~。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング