初めての店舗開業を成功させよう>>

感染者数が本当は発表された10倍もいるとか本当?なぜかみんな今の感染者数信じてないけど、俺は逆に10倍いるという情報の方が信用ならんわwwwwじゃあ、1日に200人いた日は本当は2000人感染していると言っているようなものでしょ。そう考えるとおかしすぎる。その考え方するのはお前らがびびり過ぎてるだけwww

質問者からの補足コメント

  • そりゃ、かかった人全員が検査できてるとは限らないから少しは多いと思うけど、10倍は言い過ぎ。

      補足日時:2020/05/23 16:13

A 回答 (4件)

思うに、この話には出どころがふたつあって、まぜこぜになってる感があります。



ひとつは「日本はPCR検査数が少なすぎる!」とひたすら主張している人々です。彼等の主張によれば、日本政府は患者数を少なく見せかけるためにわざと検査数を絞っている、真の患者数は公表数よりずっと多い10倍だ100倍だというのです。

たしかに感染拡大期に検査能力が追いついていなかったことは事実ですが、10倍という具体的な数字には根拠がありません。専門家の報告によれば、おそらく軽症重症の比率といった情報を使っているのだと思いますが、2月末の時点で約2.3倍いただろうと推定されています。

もうひとつは他の方も指摘している、抗体検査の結果です。ドイツやアメリカや日本でコロナの自覚症状がない人々が検査されて、それぞれの地域における公表患者数よりはるかに多い、概ね数十倍程度の割合が陽性という結果が出ています。

で、実際に10倍またはそれ以上いたとして、それは特に怖いことではありません。

PCR検査と違い、抗体検査の陽性は治りかけまたは既に治ったことを意味します。他人にうつす恐れはほぼない。むしろ彼等は再びウイルスに曝露されても感染しない可能性が高い、たくさんいたほうがラッキーと言える数字です。

かつ、抗体検査の陽性者は知らず知らずのうちに感染して治っていた、つまり武漢コロナに感染しても無症状で終わってしまう人の割合は今まで思われていたよりずっと多いことを意味します。
    • good
    • 0

勘違いしないでください。



10倍と云うのは、神戸市民病院の外来患者1000人(無作為)を対象に、抗体検査を実施。
その結果3.3%が抗体陽性から推計されたものです。

抗体検査と云うのは、新型コロナの感染歴を調べるもので、保菌とか発病とは無関係。
つまりは、感染しても無症状であったり、本人も気づかない間に完治していたと云う事なんですよ。

これに対し、PCR検査や抗原検査は、保菌の有無を調べるもの。
公表されているのは、PCR検査や抗原検査で陽性反応が出た人の数。
要は、感染キャリアは、陽性者の10倍居ると云う事。

インフルエンザを始め感染病に対しては、多くの人が抗体を持っています(集団免疫と云う)。
だから、街中で感染しても、爆発的な感染拡大には至らないのです。
    • good
    • 0

別に何倍でもいい。

結局自分も咳がずっと続いていても検査もなにもできない。
    • good
    • 0

誰に対して言っているのか良く分からんが・・・・・



まぁ仮に仮に10倍だとしよう感染者が
だとしても、重症者や死者が10倍って事にはならんから
仮に10倍だとしても・・・・
で?の世界

と、君は言いたいということ

俺的には10倍でも1.1倍でもどっちでも良いけど
感染が広まるのは困るが、医療環境が破綻しなきゃ最悪には至らないから
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報