2学期入ったら、"バスケ"のペーパーテストやるので
教科書みていたら
「レイアップのシュートのとき空中でキャッチして
地上についたときを一歩目とする」
と書いてあって、でもどう見てもキャッチしているとき
地上を踏んでいるのですが、これは見間違い??
レイアップシュートのときは、空中の時は数えなくても
地上についたら一歩と数えるから、これは2歩目・・?
じゃないの?と考えています。
もうあんまりやっていないので、わかりません(汗)

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (2件)

これは、レイアップに限らどの様な時でも同じです。


 
 ボールを手にキープしたその瞬間から考えて、足その時どちらかの足が地面についているならその足が第一の足となり、もし両足が地面についているなら両足が足が第一の足となりその次に動いた足が第二の足となります。

 また、ボールを手にキープ瞬間両足が地面から離れていたらその後に地面についた足が第一の足となります。

 この後、ドリブルをする場合はその第一の足が地面から離れる前にボールを手から離さなくてわなりません。
 パス又はシュートの場合は、第一の足が地面から離れてもその足が地面に着くまでなら、トラべリングになりません。

 この場合はシュートの場合で考えてください。

 後もう一つ、これは1995年度日本バスケットボール協会競技規定から採用されたルールですが。ほとんどの人が一歩目、ニ歩目と言っていますが。実際は歩数ではなくテンポ考えてください。つまり、ジャンプをして両足で着地した場合は両方の足が一歩目となります。その後、ボールをもったままジャンプしてもそのテンポがドン・ドンと、バラバラにならず両足が一度にドンとなればトラベリングになりません。

 いろいろと余計な事まで言ってしまいすみません。僕はまだ中3なのですがもう7年もやっているといろいろ語ってしまうのです。しかしバスケを教えるなら最低10年は経験がないと・・・  他にも聞きたい事があったらどんどんきいてください。
    • good
    • 0

これは、ドリブルシュートあるいはランニングシュートの時を念頭に書かれているのでしょうか?


状況によっては、ゴール下でパスを受けてそのままレイアップシュートということもあり得るのですが…

いずれにしても、空中でボールをキャッチした場合は、地上に着いた時が一歩目です。また、どちらか又は両方の足が地面についている状態でキャッチした場合は、すでに一歩なので(両足の場合はどちらかの足がピボットになります)あと一歩しか使えません。

Gir Babyさんが混乱したのは、文と絵(または写真)とが矛盾しているように見えたからだと思うのですが、絵(または写真)は、「空中でキャッチして地上についた」瞬間のものなのではないでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ