プロが教えるわが家の防犯対策術!

5%の食塩水と200gと10%の食塩水300gを混ぜると、何%の食塩水ができますか。
答え、8%

解説願いします。

質問者からの補足コメント

  • HAPPY

    たくさん回答いただきありがとうございました!
    明日、spiなのでガンバりたいとおもいます!

      補足日時:2020/10/15 22:45

A 回答 (4件)

まず食塩の重さを計算する。


その量を水溶液の重さで割る。
40g➗500g=0.08
なので8%
です。
    • good
    • 0

>5%の食塩水と200g



食塩が 10 g、水が 190 g ということです。

>10%の食塩水300g

食塩が 30 g、水が 270 g ということです。


「濃度」の定義から、このようになることは分かりますか?

それを混ぜれば、
食塩が 10 + 30 = 40 g
水が 190 + 270 = 460 g
になります。これは算数の問題。

その濃度は
 40[g] / (40[g] + 460[g]) = 40/500 = 0.08 = 8%
です。
    • good
    • 0

解説の前に、


質量%濃度=溶質の質量(g)/溶液の質量(g)  ① ← この定義は何が何でも覚えておくこと。

5wt% 食塩水200g に含まれる 食塩 200g×0.05=10g
10wt% 食塩水300g に含まれる 食塩 300g×0.10=30g

溶液の濃度は①であるので、2つの食塩水を混ぜると
(10g+30g)/(200g+300g)=40/500=0.08=8wt%
答え 8wt%

濃度の定義を覚えていたら、むつかしくない問題です
    • good
    • 0

食塩の総量は



200g×5%+300g×10%=40g

水・食塩の総量は

200+300=500

40g÷500g=0.08→ 8% となります。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング