プロが教えるわが家の防犯対策術!

たしか窒素って空気中の空気分子の80%くらいを占めていましたよね
そんなにあるなら当然呼吸として人体に入ってきてると思うのですが
あんまり活用されてるとは思えないので、呼吸として入った後はどこに行ってしまうのか?
教えてください。

A 回答 (5件)

 こんばんは。

聞きかじりですが……

 人間は常に呼吸しています。酸素を吸って、炭酸ガスを吐いています。おっしゃるとおり、空気の約2割は酸素で空気の残りの8割は殆ど窒素です。人間が窒素を吸っても、そのまま出て行きます。

 でも、不思議なことなんですが、人間をある密封容器の中に入れて、容器の中から窒素をいくらか抜き取り、まわりの空気が通常時の空気よりも窒素量が低い状態にしてみますと容器中の窒素は外側から補われることがないにもかかわらず、容器中の窒素量の割合は通常と同じく元通りになるそうです。
 ということは人間の内部から窒素が補充されたということになります。人はこれまで慣れ親しんできた通りの量の窒素がまわりにできるように、自分の持っていた窒素を空気中に放出するということです。人は身体の内部と、人を取り囲む窒素との間に正しい平衡関係を作り出さなければならないからだそうです。外部の窒素量が不均衡に少ないことは人にとって許されないことなのです。窒素を呼吸するという必要は無いのかも知れませんが、窒素は人にとって大切なもので、空気中に存在するだけの量の窒素がどうしても必要なのだそうです。
 自然あるいは人間って不思議ですね。ん~
    • good
    • 8
この回答へのお礼

o24hiさん、解答ありがとうございます。
それにしても恐ろしいですね。光の性質やアボガドロの定理での「一定空間内の空気分子量が同じ」など、均一というものが何らかの「宇宙のルール」みたいで・・・・
窒素はその地球での調整元素のひとつで、人間や生物がその調整役・・・、なんて想像が膨らみます。

お礼日時:2004/11/06 20:55

基本的に、そのまま出てゆきます。



赤血球は4分子の酸素をくっつけることが出来るのですが、例えば一酸化炭素は其の数百倍の力でくっつきますので、一酸化炭素中毒は怖いのです。

同じことが窒素にも言え、窒素はCOの反対にくっつく力が弱いのです。

此の、赤血球の力以外にも血液に溶け込むのですが、それは極少ない量で、健康の場合・普通は考えません。
病気で赤血球が少ない場合などは、高圧で溶かし込みます。


蛇足:
我々が病人に酸素投与する場合は、動脈血採血をして調べることが一番、体内の酸素濃度を反映します。もっとも物凄い痛みもあるし、連続的に見られないので今は簡易的に行う機器があります。

此の場合は、100%酸素の注意は脳の酸欠に成ることです。 これは酸素は基本的には毒なので、重要な臓器である脳にコレだけが入ることを監視しているセンサーが頸動脈分枝部にあるのです(二酸化炭素を計測している)。
fetalbabyの場合は更に難しいですが・・・。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

なるほど、窒素は赤血球にくっ付きにくいから
殆どは、そのまま出ていくのですね。

解答ありがとうございました。

お礼日時:2004/11/07 21:08

>タンパク質を分解すると発生するものです。


そうです。たんぱく質はNを含む有機物です。
(なら少し専門的に説明します)^^

高水圧の潜水夫の酸素タンクには窒素、酸素が8対2で配合されています。
高圧化では窒素は人体の組織に溶けこみます。

このまま気圧を一気に下げると組織に溶け込んだ窒素は気体化してしまいます。
窒素酔い、酸素酔いなどで危険になる場合もあります。

では質問の、常温常圧では溶け込まないのか?

二酸化窒素は体内に取り込まれると、呼吸器疾患の原因になります。

下記URLでは鼻腔で酸化窒素(一酸化)が作成される。
こうありますが、教科書や文献以外は記憶に留めておく程度にすべきです。

二酸化窒素は水に溶解し易く、亜硝酸水として人体には溶け込みます。
酸性雨などがこれです。

しかし、水の中に窒素が存在するので窒素は呼吸で水分を仲介して吸収される。
これは間違いです。

空気中の窒素自体は水に溶解し難いので、人体には吸収され難いのです。

もし、窒素が人体に吸収され易ければ、体内は亜硝酸で侵されてしまいます。

参考URL:http://homepage3.nifty.com/dent-okabe/newpage9%2 …

この回答への補足

カキコミありがとう御座います。

>高水圧の潜水夫の酸素タンクには窒素、酸素が8対2で配合されています

ここでまず驚きました。必要性があまりないなどと勘違いしていたので窒素も通常の濃度でいれなきゃ他の濃度が高くなりすぎて毒になると、どこかで聞いたのを思い出しました

>下記URLでは鼻腔で酸化窒素(一酸化)が作成される。

アレ?窒素は高温じゃなければ酸化されづらい物質じゃなかったのか・・・??? などと教科書浅読みレベルの知識しかないので、ワケが分りません

>亜硝酸水として人体には溶け込みます。
>空気中の窒素自体は水に溶解し難いので、人体には吸収され難いのです。

eria77 さんとリンク先の文章を読むと窒素は人体の組織に必要なものですよね。
それは水道水など飲料として水から摂取されるわけでも、呼吸として空気中から水(水蒸気?)を仲介して摂取されるのでもなく鼻腔により酸化させて吸収している。
そー理解して良いのでしょうか?

補足日時:2004/11/07 02:02
    • good
    • 1

こんにちは。


窒素は少しは人体に入ると思います。

アンモニアに変化して強制排泄されるのではないかい?(NH4)^^;
    • good
    • 1
この回答へのお礼

多分違うと思います。アンモニア(NH3)はアミノ酸(NH2アミノ基)つまりタンパク質を分解すると発生するものです。そのもとは空中窒素固定菌が植物に利用できる窒素にして、植物が有機物にして→動物がデンプン、炭水化物、糖質として摂取してたような気がします

お礼日時:2004/11/06 20:48

・・・そのまま肺から出ます。

    • good
    • 2
この回答へのお礼

まじですか!
御解答ありがとうございます

お礼日時:2004/11/06 20:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ空気中に窒素あ80%もあるのか

 なぜ空気中には窒素が80%近くもあるか。

 酸素が多すぎ(60%以上)ると酸素中毒になるとか、窒素が多すぎると、文字通り窒息死する、というところまでは分かったのですが、なぜ、地球上には窒素がこんな(約80%)にも多いのでしょうか。
 もっと酸素の割合が多くてもよさそうなものですが。

 『酸素が約20%+窒素約80%』前後というのが、生態系において、最も快適あるいは都合のいいバランスなのでしょうか。


 どうか教えてください。

Aベストアンサー

たぶん、ですが窒素の量は最初から決まっているんでしょうね。
堆積岩などに閉じ込められる分も多少はあるのかもしれませんけど。

で、酸素のほうですが、何億年というスパンで見ると酸素濃度はそれなりに上下しているようです。
古生代は酸素が現在の2倍近くあって、昆虫や動物は現代より活発に動き回っていたなんて話も聞きます。現代では考えられないような巨大なムカシトンボなどが飛べたのも、ひとえに生体が豊富な酸素を使えたから‥という話です。
逆に火山活動や気候変動の影響で酸欠気味の時代もあったようです。

窒素はどうか分かりませんが、酸素・炭素については、海に溶けたり、鉱物に形を変えたり、空気中の炭酸ガスになったり、いろいろなので生態系・気候・太陽活動などのバランスで酸素や二酸化炭素の濃度は上下してもおかしくはないはずです。
いずれにせよその都度適応した生物が栄えた訳でしょう。

あと酸素が多すぎると何でもかんでも燃えやすくなるので、山火事などで酸素が消費されて、結局それほど濃度はあがらない‥という話も聞いたような気がします。

何だか自信なさげな回答で恐れ入りますが。

たぶん、ですが窒素の量は最初から決まっているんでしょうね。
堆積岩などに閉じ込められる分も多少はあるのかもしれませんけど。

で、酸素のほうですが、何億年というスパンで見ると酸素濃度はそれなりに上下しているようです。
古生代は酸素が現在の2倍近くあって、昆虫や動物は現代より活発に動き回っていたなんて話も聞きます。現代では考えられないような巨大なムカシトンボなどが飛べたのも、ひとえに生体が豊富な酸素を使えたから‥という話です。
逆に火山活動や気候変動の影響で酸欠気味の時代もあ...続きを読む

Q呼吸時の酸素と二酸化炭素の出し入れ

息を吸う時は主に酸素を吸って、息を吐く時は主に二酸化炭素を吐くみたいですが、どうして酸素が二酸化炭素に変わったのでしょうか?
普通に考えたら吸った酸素はそのまま吐き出される気がするのですが・・・

Aベストアンサー

そもそも、この質問を考えるには、人はなぜ酸素を吸うのか、吸った酸素で何をするかを知っていなくてはなりません。

酸素と二酸化炭素の運搬の化学的な説明はほかの方がされているので省きます。

人が酸素を吸う理由:
生きていくためのエネルギー、具体的にはATPを得るためです。
赤血球から運搬されてきた酸素は全身の細胞に運ばれます。そして、細胞が保有する糖分や脂肪分と結合します。
このとき「解糖系」「クエン酸回路」「水素伝達系」という3段階の反応が起きます。細かく説明するとややこしいし長くなるので、興味があればご自分で検索するか専門書で調べてみてください。

大雑把に説明すると、糖分や脂肪分と酸素が化学反応を起こして結合すると、エネルギーがでます。これは化学的には燃焼と同じ反応です。通常の燃焼なら発生したエネルギーは熱や光、場合によっては衝撃波などの形で放出されますが、細胞内では、化学エネルギーの形に変換され、具体的にはATPという物質を作るのに使われます。
ATPは人が生きていくための基本的なエネルギー源であり、「エネルギーの通貨」とも例えられます。筋肉が動くのも、神経が情報伝達するのも、内臓が働くのも全てATPが保有する化学エネルギーを利用しています。

そして、エネルギーを生み出すのに使われた糖分と脂肪ですが、これは酸素と結合して酸化され、最終的に水と二酸化炭素にまで分解されます。
水の水素と二酸化炭素の炭素は糖分や脂肪由来です。この二酸化炭素は細胞から血液によって肺に輸送され、呼気として放出されます。

これは非常に大雑把な説明で、実際はもっと複雑です。
まだ疑問点があれば補足してください。
では、失礼しました。

そもそも、この質問を考えるには、人はなぜ酸素を吸うのか、吸った酸素で何をするかを知っていなくてはなりません。

酸素と二酸化炭素の運搬の化学的な説明はほかの方がされているので省きます。

人が酸素を吸う理由:
生きていくためのエネルギー、具体的にはATPを得るためです。
赤血球から運搬されてきた酸素は全身の細胞に運ばれます。そして、細胞が保有する糖分や脂肪分と結合します。
このとき「解糖系」「クエン酸回路」「水素伝達系」という3段階の反応が起きます。細かく説明するとややこしいし長くな...続きを読む

Q空気中の成分の78パーセントは、窒素ということですが、 呼吸してれば、酸素よりも当然窒素の方が多く、

空気中の成分の78パーセントは、窒素ということですが、
呼吸してれば、酸素よりも当然窒素の方が多く、肺に入ってる事になると思います。
呼吸は酸素を吸い込んで、二酸化炭素を排出するガス交換と聞きますが、窒素は呼吸の際どの様になってるんでしょうか?
血液中に取り込まれたりしないんですか?

Aベストアンサー

基本的に、反応性が高い物質では無いのです。
酸素なんかは、鉄と反応して酸化鉄を作っちゃったり、方々で反応しますが、窒素は。
農業分野で、肥料、なんてのがあるわけですが、窒素分、アンモニアやら硝酸やらも肥料のうちなのです。
豆科に多いのだろうと思いますが、空気中の窒素を根っこで肥料分に変えてくれる、すげぇ~、ってな扱いなのです。
豆を植えておけレンゲを植えておけ、そうすれば畑が肥える、と。
ハーバーボッシュ法というのが開発されて、空気中の二酸化炭素からアンモニアが大量生成できるようになり、たぶんそこから化成肥料が作られるようになったのだろうと思います。
昔は豆でも植えておかないと土地が痩せてしまっていたのに、今ならお金を出せば、窒素肥料分だけならいくらでも増やせる。
それで耕作可能地が広がったのです。
人間が60億人70億人居て、それでも大して食糧問題が起きない(戦争で物資の輸送路が絶たれた、独裁者が自分の懐に入れている、というので無ければ)のはそういう理由です。

自動車の排ガスや工場の排ガスなどで、NOxという言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、これが窒素酸化物です。
窒素のNと酸素のO、窒素一つに酸素がいくつつくのか、その数がxです。
空気の78%を占める割には少ししかできない、とも言えます。
少し火をたいたくらいでは、畑の肥料として十分な量の窒素酸化物は得られないのです。
そのくらい反応性が低いのです。

我々が色々な化学実験をするとき、空気中の酸素や二酸化炭素があると、それと反応してしまって目的の化学反応が行えない、なんてことがあるのですが、そのとき、反応容器内に窒素ガスを満たして、酸素や二酸化炭素や水蒸気を追い出して実験する、なんてことがあります。

なお、ヘモグロビンは、二酸化炭素とも結びつきますし、一酸化炭素や青酸とも結びつくでしょう。
細胞中の二酸化炭素を肺に運んで放出する、という役割もあります。
二酸化炭素より酸素の方が遙かに結びつきやすいということです。
窒素ガスと結びつかないのは上記の理由です。
また、窒素ガスが血液も含む液体中に溶け込むということと、ヘモグロビンに結合するということとは別の現象です。
空気中の窒素ガスが、存在していてもたぶん我々に何もしてくれないのと同様に、血中に取り込まれてもたぶん何もしないでしょう。

基本的に、反応性が高い物質では無いのです。
酸素なんかは、鉄と反応して酸化鉄を作っちゃったり、方々で反応しますが、窒素は。
農業分野で、肥料、なんてのがあるわけですが、窒素分、アンモニアやら硝酸やらも肥料のうちなのです。
豆科に多いのだろうと思いますが、空気中の窒素を根っこで肥料分に変えてくれる、すげぇ~、ってな扱いなのです。
豆を植えておけレンゲを植えておけ、そうすれば畑が肥える、と。
ハーバーボッシュ法というのが開発されて、空気中の二酸化炭素からアンモニアが大量生成できるよ...続きを読む

Q呼気の成分

呼気で風船を膨らませて液体窒素に入れました。呼気は液体になりました。もし呼気の大部分が二酸化炭素だったらドライアイス(粉末)になると思うので、液体の成分は空気とあまり変わらない窒素と酸素なのでしょうか。ぜひ教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

(長くなっちゃいました)
実際に膨らませた風船を液体窒素内に入れると、風船内の空気が冷えて体積が少なくなるのでは?

でも多少なりと液体部分はありますんで、空気中の主成分とその気体の沸点を調べてみると…


空気中の割合
窒素  約78%
酸素  約21%
その他  約1%(うち二酸化炭素は0.036%)


呼気の割合
窒素    約79% ※
酸素    約16%
二酸化炭素(炭酸ガスを含む)
       約4%
その他    約1%


気体の沸点
窒素    約-196℃
酸素    約-183℃
二酸化炭素  約-57℃

※窒素の割合が増えているのは、吸った酸素の量のうち数%が、体内に取り込まれるため。


ちなみに二酸化炭素の融点は約-78.5℃です。
ということは、二酸化炭素の液体は-57℃~-78.5℃の間のみとなります。

液体窒素は-196℃ですので、二酸化炭素は固体(ドライアイス)になっています。

ほかの融点と変化は…
窒素の融点は約-210℃。といっても、-196℃液体窒素に入れるのでどんなに冷やしても-196℃なので、窒素は液体。
酸素の融点約-219℃。こちらも-196℃の液体窒素内に入れても、固体にはならず液体のまま。

風船中の気体が、窒素79%、酸素16%、二酸化炭素4%とすると…
sakura54さんの質問内と同様になるかと思われます。

(長くなっちゃいました)
実際に膨らませた風船を液体窒素内に入れると、風船内の空気が冷えて体積が少なくなるのでは?

でも多少なりと液体部分はありますんで、空気中の主成分とその気体の沸点を調べてみると…


空気中の割合
窒素  約78%
酸素  約21%
その他  約1%(うち二酸化炭素は0.036%)


呼気の割合
窒素    約79% ※
酸素    約16%
二酸化炭素(炭酸ガスを含む)
       約4%
その他    約1%


気体の沸点
窒素    約-196℃
酸...続きを読む

Q窒息について

初歩的な質問ですが,
一酸化炭素中毒というのはヘモグロビンに対して酸素と一酸化炭素の結合の度合いにより,体に酸素供給が出来なくなるため,命を失うと聞いていますが,

酸素がない,窒素のみの状態のときはどういった原理で死にいたるのでしょうか.
一瞬でも窒素のみを吸った場合以降,酸素が供給されても死んでしまうというのは本当でしょうか.
回答をお願いします.

Aベストアンサー

窒素のみをすった場合、かなり危険と聞いたことがあります。
肺の中に酸素がなくなりますと、恐らくNo.3の方が書かれているように血中の
酸素が放出され、血中酸素濃度が異常に低くなります。こうなってしまうと、
ショック状態(ショック死?)になり、亡くなることになると思います。なにしろ、
血液の成分はわずかにずれただけでも死に至ることがあると聞きます。

注意して頂きたいのは、、、
「私は3分息を止められるから、窒素の部屋に入っても3分は大丈夫」というのは
大間違いです。普通の空気(酸素21%)を肺一杯に吸って、3分息を止めていて、「も
うダメだ、苦しい、死ぬ~」と思った時の肺の中の酸素濃度は、正確に記憶してい
ませんが、15%程度だと思います。No.2の方の内容を見ればわかりますが、まだ序
の口です。それにつれて血中の酸素濃度が徐々に下がって行く訳です。

つまり、それより低い酸素濃度は全く違う未知の領域です。

息止めと低酸素濃度空気を吸うことは全く違うのです。どんなに毒性の無い気体でも
酸素が入っていない気体は危険だということです。

以上

窒素のみをすった場合、かなり危険と聞いたことがあります。
肺の中に酸素がなくなりますと、恐らくNo.3の方が書かれているように血中の
酸素が放出され、血中酸素濃度が異常に低くなります。こうなってしまうと、
ショック状態(ショック死?)になり、亡くなることになると思います。なにしろ、
血液の成分はわずかにずれただけでも死に至ることがあると聞きます。

注意して頂きたいのは、、、
「私は3分息を止められるから、窒素の部屋に入っても3分は大丈夫」というのは
大間違いです。普通の空気(酸素2...続きを読む

Qヨウ素液とは?

こんにちわ!私は学校の自由研究に、ヨウ素液を使っていろんな物にたらして、でんぷんを調べる実験をやろうと思います。そこで私は、「ヨウ素液はなにか?」という事を書こうと思います。だけど私もあんまりヨウ素液とはどんなものか知りません・・・。だれか教えてください!
お願いします。

Aベストアンサー

ヨウ素液とはデンプンなどに反応して青紫になる液体のことです
実験だとジャガイモを使ったやつがいいかもしれません

Qエクセルで計算すると2.43E-19などと表示される。Eとは何ですか?

よろしくお願いします。
エクセルの回帰分析をすると有意水準で2.43E-19などと表示されますが
Eとは何でしょうか?

また、回帰分析の数字の意味が良く分からないのですが、
皆さんは独学されましたか?それとも講座などをうけたのでしょうか?

回帰分析でR2(決定係数)しかみていないのですが
どうすれば回帰分析が分かるようになるのでしょうか?
本を読んだのですがいまいち難しくて分かりません。
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるための指数表記のことですよ。
・よって、『2.43E-19』とは?
 2.43×1/(10の19乗)で、
 2.43×1/10000000000000000000となり、
 2.43×0.0000000000000000001だから、
 0.000000000000000000243という数値を意味します。

補足:
・E+数値は 10、100、1000 という大きい数を表します。
・E-数値は 0.1、0.01、0.001 という小さい数を表します。
・数学では『2.43×10』の次に、小さい数字で上に『19』と表示します。→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E6%95%B0%E8%A1%A8%E8%A8%98
・最後に『回帰分析』とは何?下の『参考URL』をどうぞ。→『数学』カテゴリで質問してみては?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9E%E5%B8%B0%E5%88%86%E6%9E%90

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるた...続きを読む

QWordで、1ページを丸ごと削除するには?

1ページしか必要ないのに、真っ白な2ページ目がその下に表示されてしまった場合、この余分な2ページ目を一括削除(消去)する為に、何かいい方法があるでしょうか?

Aベストアンサー

<表示されてしまった場合>
これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。
特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。

さて、メニューの「表示」で段落記号にチェックが入っていないと、改行や改ページなどの入力情報が見えず、白紙のページを全て選択→削除してもそのままということが良くあります。
1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。
2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。
などの方法があります。

Q人間は皮膚呼吸してますか?

ネットで検索すると、人間は皮膚呼吸しているという説としていないという説が飛び交っています。
真実はどちらでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1さんで全てだと思います。

実際の皮膚呼吸は1%以下。
問題は、肌を塞ぐと老廃物が出ない。
毒物にしろ、薬にしろ直接皮膚から吸収することを、
まとめて、皮膚呼吸をしていると言い換えているに過ぎないのだと思います。

皮膚呼吸って?
http://www.asahi-net.or.jp/~Kr2m-nti/wound/wound142.htm

一般的に皮膚呼吸といわれるのは、皮膚呼吸(1%)、皮膚からの直接吸収(5%、)汗や老廃物の排泄効果を含めて、皮膚呼吸といわれています。

Q窒素の吸いすぎ???

ものすごくおバカな質問でごめんなさい。
窒素の吸い過ぎで、人は死んでしまうのでしょうか?
またそのような状態のことを「窒息」と表現するものでしょうか?

Aベストアンサー

>窒素の吸い過ぎで、人は死んでしまうのでしょうか?
窒素の吸いすぎで死ぬことはないものの、酸素が規定濃度以下の窒素をすっても酸素を取り入れることが出来ないので窒息します。窒息状態のままだと当然死にます。

>またそのような状態のことを「窒息」と表現するものでしょうか?
そうです。

ちなみに以前に某大学研究室であまった液体窒素を部屋に多量にまいたところ、部屋の酸素濃度が低下し、窒息死した例があります。使用する場合には気をつけましょう。


人気Q&Aランキング