このごろ、台風がやってくる事が多いいのですけど
台風は、どういう訳か日本に上陸すると威力が弱まって
すぐに熱帯低気圧になってしまいます。

それともう一つ、台風って山が嫌いなのか大きな
山は避けるようなコースを取っているような気がします。
気のせいでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

先のご回答どおり、台風のスタミナ源は、海から蒸発する水蒸気です。

その水蒸気が活発な雷雲を作り、その雷雲の中で熱が発生し、上昇気流が強められ発達します。台風がその勢力を維持するためには、海水温が27度以上ないとダメなようです。陸地では、水分の補給が得られませんし、何よりも山などの地形の摩擦の影響で総合的には風も弱まってしまいます(局地的には強められるところもある)。台風は低温の海域に進むと弱まります。また、動かずに同じ場所にいつまでも居座ると結果的に海水温を下げて、弱まってしまいます。擬人的にみると、台風は栄養たっぷりの暖かい海域が好きで、栄養の乏しい陸地は嫌いなようです。台風は日本列島に近づくと、上空の偏西風の影響を受け、東向きに進路を取るようになり。好む好まざるにかかわらず、陸地に上陸させられてしまいます。
    • good
    • 0

先の回答にありますように、エネルギー源は暖かい海水です。

したがって、日本近海まで黒潮にそって近づく台風は、かなりエネルギーをもっています。室戸岬など、黒潮に向かって突き出していますから、強烈な台風をもろにくらいやすいことになります。
上陸しないでも、黒潮から外れると弱まりますが、何年に1回か、東シナ海から対馬海峡をぬけて、対馬海流(暖流)沿いに日本海に抜ける台風があります。これは、東北地方など、黒潮から遠くて台風に縁遠い地方にも大きな被害をあたえます。以前、リンゴをおとした台風がありましたね。
    • good
    • 0

下記のサイトにあるように、台風は移動の際に地上との摩擦で活動エネルギーを失っていきます。


ですので、なるべく平坦な所を通って行こうとするのでは無いでしょうか。
山脈等を乗り越えると活動エネルギーのロスが大きいのだと思います。

参考URL:http://www.kishou.go.jp/know/typhoon/1-1.html
    • good
    • 0

台風のエネルギー源?は、太陽によって暖められた海水が蒸発しながら上昇気流となることだと思いますので、陸上にきてしまうとそのエネルギー源が無くなってしまうので勢力が弱まるのでしょう。



また、台風は風の流れにのって移動しますので風が通りやすいところがそのまま台風のコースということになるので山を避けているように思えるのでは。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q台風の上陸したことの無い都道府県

「日本には台風が上陸したことがない都道府県がある」
答え→○
というクイズ問題に遭遇したのですが…
具体的に何県なんでしょうか?どなたかご存知ないでしょうか?

Aベストアンサー

気象庁の台風に関する用語では

台風の上陸:台風の中心が北海道・本州・四国・九州の海岸に達した場合を言う。

台風の通過:台風の中心が、小さい島や小さい半島を横切って、短時間で再び海上に出る場合を言う。

参考URL:http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/yougo_hp/haichi2.html#C151

Q台風の上陸及び被害の多い都道府県ランキング

台風の上陸回数または被害件数が多い都道府県の順位を知りたいのですが。
研究をしていて必要になったのですが、探しても見つからなくて・・・。
行政機関や省庁が発表しているような正確で信用のおけるデータが欲しいのですがどなたかご存知ありませんか?
回答お願いします。

Aベストアンサー

↓「上陸回数」は「上陸」した場合だけで、すれすれ上陸しないのに大きな被害を与えた台風は含まれていません。
また、「上陸都道府県」も途中「通過」して被害を与えた県は含まれません。

http://www.komazawa-u.ac.jp/~fumio/dat/ty-arekore.htm
http://www.city.kure.hiroshima.jp/~119/senta-top/taihuu/taihuuhigai1.htm

「被害件数」については、何をもってどこまでを台風被害とするかによります。
(自然災害が遠因であっても、自治体によっては土地の特性や状況・管理など他の要因が大きいと判断した場合、その後の増水・崖崩れ・宅地被害などは直接被害とはしないこともあります)
また、自然災害による被害件数は主に自治体や消防・警察・保険会社などへの連絡件数で集計されます。
被害範囲が個人所有物で当人が被害を申告しなかった場合は、よほどの大規模災害でない限り自治体や国がいちいち調査に来る事はまずありませんので記録には入りません。

一都一道二府四十三県の各県庁の中には「防災課」でこれら記録を公開しているところもあります。

↓「上陸回数」は「上陸」した場合だけで、すれすれ上陸しないのに大きな被害を与えた台風は含まれていません。
また、「上陸都道府県」も途中「通過」して被害を与えた県は含まれません。

http://www.komazawa-u.ac.jp/~fumio/dat/ty-arekore.htm
http://www.city.kure.hiroshima.jp/~119/senta-top/taihuu/taihuuhigai1.htm

「被害件数」については、何をもってどこまでを台風被害とするかによります。
(自然災害が遠因であっても、自治体によっては土地の特性や状況・管理など他の要因が大きいと判断し...続きを読む

Q温帯低気圧が台風並みに発達する事はあるか?

台風並みかそれ以上に発達する温帯低気圧は存在するのでしょうか?その場合、中心気圧はどのくらいまで低下するのでしょうか?

Aベストアンサー

毎年何個も発生していますし、
言葉の定義上台風ではないので甘く見ている人たちが事故に遭うということも毎年のように出ています。

960hPa台の温帯低気圧は時々見かけますが、実際に記録された温帯低気圧による気圧の加減は私は分かりません。

Q何気圧以上が高気圧というのですか!?

何気圧以上が高気圧というのですか!?
中学生に質問したところ!
 「1013ヘクトパスカル以上が高気圧」だといいました!いわゆる、1気圧ですが!
 本当でしょうか!?
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まわりより気圧が高いところが高気圧。
まわりより気圧が低いところが低気圧です。

Qカトリーナの中心気圧

カトリーナの中心気圧は何hPaあったのでしょうか?
探してもなかなか情報が入ってきません。
また、世界で発生した最強の台風(ハリケーン、サイクロンetc)の中心気圧はどのくらいだったのでしょうか?アメリカで3つのハリケーンが合体したときが一番低かったんじゃないかと思うんですが。

Aベストアンサー

カトリーナ
全盛期902hPa、上陸時910~920hPa 
http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20050902MS3M0201402092005.html

最低気圧
陸上 892.3hPa
海上 885.0hPa となっていますが日本の870.0hPa 沖ノ鳥島南南東 の方が低いようですね。ひょっとしたら世界の記録には日本の記録を除いてあるのかもしれませんね。
http://www.weather.ac/kiroku.htm

参考URL:http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20050902MS3M0201402092005.html,http://www.weather.ac/kiroku.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報