医療用語で、胃ろう(ロウの漢字が出ないのですが、やまいだれに、女という字の入った漢字です。)とは、何のことか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

sonorinさんの丁寧な回答がありますが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「胃瘻」

ご参考まで。

参考URL:http://www.ach.or.jp/sur/peg_1.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても、わかりやすいサイトを教えていただいて、ご親切、本当にどうもありがとうございました。私なりに調べてはみたのですが、みつからなくて。とても助かりました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/08/20 22:14

「胃瘻」です。


胃には食道から胃に入る「噴門」と胃から十二指腸へ出る「幽門」という2箇所の開口部がありますが、それ以外に人工的あるいは病的に形成された開口部をこう呼びます。

人工的に胃瘻を作る目的は、胃に直接栄養を送る「栄養瘻」で、これは永久的な場合と根治手術前の一時的な場合があります。「胃にチューブが入っている」状態ですね。

病的な場合は、潰瘍や癌腫が胃の下部に接する横行結腸(横向きに右から左へ走る大腸)に癒着・穿孔して、穴が開き、胃と横行結腸が連絡したような形になった場合です(胃結腸瘻)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすく、丁寧に教えていただきありがとうございました。
とても、助かりました。

お礼日時:2001/08/20 15:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q胃ろう栄養・経口摂取併用患者の看護

1月に叔母(85歳)が脳内出血で倒れました。

高ナトリウム血症の合併症と再出血がありま
したが1ヶ月より回復期へ転院しました。

急性期にて低栄養の為胃ろう造設しています。

知り合いが院内にいまして食事時間帯に胃ろう
でつながっていたと言われ予告無く食事時間帯
に行くとつながってました。

1205なのでごはん時間帯です。

看護師に問うと『今日は、人がいなかったん
で・・・・・』

食事は?と問いました。

『これからです。』と答えたのに『少しは食べた
んですょ・・』と言い訳を変えました。

胃ろう終了後

温めてたごはんを持って来ました。

食べたように見せ掛けるようにグチャグチャにし
てありました。

衛生上一度提供されたごはんを保管し再度提供す
ること
は基本無いと思いますしマンパワー(人手)不足
だからと言ってごはん前に栄養を入れてしまえば
満腹感からごはん食べません。

高齢患者だから文句言わないだろう、見つからな
ければ何をしても良いと思われたら困ります。

効果的な解決をしたいと思ってます。

御指導お願いします。

Aベストアンサー

 ということであれば、まだ入院して1ヶ月目で、これから約5ヶ月の入院ということになりますね。としたら、まず一番の問題は、「全量経口摂取で自宅に戻る」というゴールを、本人・病院の医師・看護師・リハビリチームの全員が共有していますでしょうか。家族・医師は全量経口摂取と思っていても、本人・看護師・リハビリチームが「それは無理だろう」と思っている可能性はあります。少なくとも、医師・リハビリチームからは退院直前の生活状況について、話がありましたでしょうか。
 重要なことは、これからの5ヶ月共に努力をしていく仲間として、信頼ができるかどうかという点です。信頼ができるのであれば、その信頼を糧に、大筋がはずれていなければ、小さなことには眼をつぶっていくのが現実的です。信頼ができないのであれば、転院するか、あきらめるか、家人の付き添い頻度をあげるかということになります。「家族がクレームを言うから、家族の眼のあるところではちゃんとしよう」といった雰囲気になると、結局ゴールは遠くなるかもしれません。
 その信頼に値する病院かどうかは、ゴールのイメージを話あっているうちに見えてくると思います。
 信頼に値する病院であれば、最も効果的なのは、本人への愛と病院職員への感謝です。家族にとって、大切な人だと言うこととと、職員への感謝が伝われば、職員の努力の糧となります。
 また、もうひとつの問題としては、本人のやる気はどのくらいありますでしょうか。「全量経口摂取で自宅に戻る」というゴールは本人も合意された話でしょうか。リハビリは、繰り返しの反復練習で、ピアノや英会話のけいこと一緒でどれだけ良い環境を与えても、本人のやる気が無ければ話は進みません。本人のやる気を引き出すのも看護師・リハビリチームの仕事だと思われてる方もおられますが、実際には極めて困難で、ご家族の働きかけに勝るものではありません。(孫の結婚式は、リハビリチームの働きかけの何倍も有効です。)本人のリハビリへの意欲が見えない時に、それでもがんばって経口摂取を進めていこうとする看護師は滅多にいません。

 ということであれば、まだ入院して1ヶ月目で、これから約5ヶ月の入院ということになりますね。としたら、まず一番の問題は、「全量経口摂取で自宅に戻る」というゴールを、本人・病院の医師・看護師・リハビリチームの全員が共有していますでしょうか。家族・医師は全量経口摂取と思っていても、本人・看護師・リハビリチームが「それは無理だろう」と思っている可能性はあります。少なくとも、医師・リハビリチームからは退院直前の生活状況について、話がありましたでしょうか。
 重要なことは、これからの5...続きを読む

Q寝たきりの親族に胃ろうをすすめられましたが

入院中の脳腫瘍の親族(89歳)は、意識がなく点滴だけで、寝たきりです。
入院してから1ヶ月が経過し、このほど担当医から
「点滴は、感染症が起きやすく今後は、胃ろうをした方がよい」と
言われました。

周囲の意見をいろいろ聞くと、「胃ろうはしない方がよい」という
方が圧倒的に多く、たいへん悩んでおります。
病状が改善するならともかく、改善する見込みのない高齢者に胃ろうをして、何年も意識のないまま生き延びさせて、本人は幸せなのか、
と反対する親族もいて、決断できません。

ご助言をお願いします。

Aベストアンサー

 高齢者の脳腫瘍で既に意識障害があり、「何年も生き延びさせ」られるような状態、というのが今一つ想像つかないのですが・・・。

 腫瘍が悪性であれば、おそらくご質問のような状態であれば胃瘻を作ろうが何をしようが余命はせいぜいもって数カ月かな、と思いますし、良性なのだとすれば、なぜ意識障害を起こしているのかがはっきりしない(これまでの経過で徐々に意識障害がきた?或いは痙攣発作でも起こした?)

ですから、現在の状態と今後の見通しがご質問の文章からはいまひとつ推測できず回答のしようがない、というのが正直なところです。脳梗塞ということはありませんよね?

いずれにしても、迷うことや疑問に思うことがあれば、主治医の先生に納得いくまで質問されるのが良いと思います。親戚などの外野の人たち、或いはここのサイトの回答者(私も含めて)の方が患者さんの病状を主治医よりも理解しているということはあり得ないわけですから。

ただし脳神経外科医の立場からすると、意識障害があり自力で食事が摂れない患者さんに対しては、できるだけ早期に点滴から胃管による経管栄養に切り替えて、その後速やかに胃瘻を造設する、というのが標準的なやり方だと思います。これは医学的な見地としては、先に回答されているように誤嚥性肺炎の予防と消化管粘膜の萎縮による感染の予防の役割がありますし、病院或いは医療制度的な立場からすれば、長期な管理の問題、医療費の問題(既に指摘されているように中心静脈による栄養管理はコストがかかります)、転院先確保の問題(点滴中だとだめだが、胃瘻ならば受け入れてくれるという療養型病院は多い)などがあります。

したがって、医療者側の都合だけでなく患者さんの状態・年齢など諸々の事情を考慮した場合、よっぽど患者さんの余命が少なくない限りは、胃瘻造設がベストな選択だと私は思います。

再度になりますが、主治医の先生と良く話し合われてください。

 高齢者の脳腫瘍で既に意識障害があり、「何年も生き延びさせ」られるような状態、というのが今一つ想像つかないのですが・・・。

 腫瘍が悪性であれば、おそらくご質問のような状態であれば胃瘻を作ろうが何をしようが余命はせいぜいもって数カ月かな、と思いますし、良性なのだとすれば、なぜ意識障害を起こしているのかがはっきりしない(これまでの経過で徐々に意識障害がきた?或いは痙攣発作でも起こした?)

ですから、現在の状態と今後の見通しがご質問の文章からはいまひとつ推測できず回答のし...続きを読む

Q祖母の脳血栓後の胃ろうについて

いつもお世話になります。文字制限があるので簡潔に書きます。

このたびの相談は、90才になる祖母の事です。
先月、脳血栓になり、左半身麻痺と嚥下障害と言語障害が残りました。
峠は越えたのですが、脳血栓後の2週間後からペースト状のものも一切食べなくなり、アイスクリームや水分も、無理に食べさせると食後、鼻から吸飲しないと痰で むせて 可哀想な状態にあります。
今は点滴で生命維持をしています。その時に、担当医から 胃ろうをすすめられました。

家族で話し合った結果「このまま、老衰という形でなくなるのが本人にとって、一番苦しくないだろう、胃ろうはしないでおこう」と結論がでました。
また、祖母の子供達(私たち夫婦には叔父叔母にあたります)にも相談したところ「胃ろうは本人が望んでいないだろうし、このまま老衰というかたちで」と結論がでました。

両親が揃って、担当医に伝えたところ「今は、病気というわけではなので(ですが、脳血栓以前から寝たきりでした)、このまま胃ろうをほどこさないのは、家族として見捨てるという事ですよ」と言われて、悩んでいます。

家族としては祖母が50代60代なら、胃ろうという道もあったかもしれないと思うのですが、いかんせん祖母は90才です。
胃ろうに耐えられる体力が残っているのか、また、胃ろうをしても結局は、床ずれや ほかの病気で高熱に苦しむのかと思うと
「胃ろうをしないことが 見捨てる」とは、どうしても思えません。

皆様のなかで、ご家族が胃ろうを経験なさったかた、また、医療従事者の
かたで、胃ろうを経験なさったかた、
また、家族に胃ろうをすすめられたが、胃ろうを選択しなかった方ご意見をお聞かせくださいますよう、お願いいたします。

いつもお世話になります。文字制限があるので簡潔に書きます。

このたびの相談は、90才になる祖母の事です。
先月、脳血栓になり、左半身麻痺と嚥下障害と言語障害が残りました。
峠は越えたのですが、脳血栓後の2週間後からペースト状のものも一切食べなくなり、アイスクリームや水分も、無理に食べさせると食後、鼻から吸飲しないと痰で むせて 可哀想な状態にあります。
今は点滴で生命維持をしています。その時に、担当医から 胃ろうをすすめられました。

家族で話し合った結果「このまま、老...続きを読む

Aベストアンサー

質問を拝見して、さぞ大変なご苦労をされていることだろうとお察しいたしました。

生活の質とは、一言で言えば、日々の生活によっておばあさまの気持ちがいかに生き生きとしておられるか(例え寝たきり、食事ができなくても)ということではないか?と思うのです。
周囲に「死にたい」と漏らしておられるとのことなので、他の方も言っておられますが、生活の質が高いとは思えないのです。
たとえ胃ろうを作っても、体力はもとより、延命効果があるのかどうか、生かされ続けるおばあさまの苦痛はどうなのか....を考えると、take1chiroさんのおっしゃるとおり、苦しまずに安らかに最期を迎えさせてあげたいという考え方も、ありだと思います。

ただ、では逆にお医者さんの立場になってみればどうかというと、今の日本では安楽死が認められていないので、医学としてするべきことをしないで看取るというのは、どうしてもお医者さんにとっては抵抗があるのではないでしょうか。
家族が同意して治療を中止したはずなのに、その医者が殺人罪で起訴される様な世の中です。
そういう報道が出てしまうと、お医者さんにしてみれば「あとで家族(遺族)が『あの時、どうして治療してくれなかったのか』と意見をひっくり返すのではないか?」という一抹の不安が拭えないってのもあると思うのです。
そのお医者さんは、確かに物言いがきついとは思いますが、本当にあなた方ご家族の意思が固いのかどうか、確かめたかったのではないでしょうか。

いったん胃ろうを作ってしまうと、家族の希望で胃ろうを塞ぐことはできないので(人工呼吸器をはずすのと同じで、殺人幇助に問われるおそれがあります)、もう一度、お医者さんと話し合いをしてみて(ご両親だけでなく、take1chiroさんも同席した方が良いのでは?)再度、ご家族の思いを伝えた方がいいと思います。おばあさまが死にたいと漏らしていた事実なども、洗いざらいお話ししてみてはいかがでしょうか。
できたら、今後の方針について同意書みたいなものを交わすのが、お互いのためだと思います。
他の方も言われていますが、決めるのはお医者さんではなく、あなた方ご家族です。

質問を拝見して、さぞ大変なご苦労をされていることだろうとお察しいたしました。

生活の質とは、一言で言えば、日々の生活によっておばあさまの気持ちがいかに生き生きとしておられるか(例え寝たきり、食事ができなくても)ということではないか?と思うのです。
周囲に「死にたい」と漏らしておられるとのことなので、他の方も言っておられますが、生活の質が高いとは思えないのです。
たとえ胃ろうを作っても、体力はもとより、延命効果があるのかどうか、生かされ続けるおばあさまの苦痛はどうなのか......続きを読む

Q診療拒否について 現在透析と、胃ろうで栄養を補いながら通院しています。 私の母が、薬のことで医師とい

診療拒否について
現在透析と、胃ろうで栄養を補いながら通院しています。
私の母が、薬のことで医師といさかいがあり、すでに診療拒否をされ病院に、出入りできなくなりました。
次は、私の治療も拒否されるのではないかと不安です。

Aベストアンサー

医師・病院には、正当な理由が無く診療拒否をすることは認められていません。

正当な理由として、代表的なものは犯罪行為です。

病院で犯罪なんかやるはずが無いと思っている方は多いと思いますが、医学的診療と関係ない話を長々として他の患者の診療を邪魔する(威力業務妨害罪)、待ち時間が長いなどで大声を出す(脅迫罪)などが該当してしまう可能性があるかもしれません。

基本的には、他の患者に迷惑になるようなこと(病院職員を医療と関係ないことで、長時間引き止めると結果的に次の順番の患者に迷惑をかけたことになります)が無ければ、大丈夫です。

診療拒否は、医師とけんかしたことの罰ではなく、他の患者さんを守るためのものです。

Q胃ろうについて

祖母(85歳)が数年前に足を骨折してから体力が落ち、
胃ろうをしています。
胃ろうのおかげで体力は回復したのですが、
「自分の口から何も食べられない、楽しみがない。」
と言っています。
何とか胃ろうを外してまた自分で食べられることは出来ないでしょうか?

Aベストアンサー

おばあさまの状態が正確には把握できないので、一般論として聞いていただけると幸いです。

一般的にもし口から胃までの消化管に狭窄病変などがなく、意識もはっきりしていられる患者さんであれば、食べることを禁止する必要はありません。胃ろうから栄養を補給しつつ、お口から食べたいと思うものを摂取されることは可能です。

また、状態が劇的に改善して経口摂取で体力を維持できるのであれば、胃ろうが不要になることもあります。

ただ、経口摂取の際に誤嚥の恐れがある場合は危険ですので、是非主治医とよく相談されることをおすすめします。

Q胃ろうって?

友人の妹が現在身障者なんですが、先日誤嚥を繰り返すことを理由に胃ろうというものを造設しました。いずれ栄養剤を始めるそうなんですが、1週間経っても始まる気配なく、ただただ管をつなげて袋に緑っぽいものが溜まるのみ。一体それは何を目的にして引いているのか、いつまでそれをしているのか疑問に思っているので、どなたか教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは、はじめまして、看護師をしていました。少し、質問に答えさせていただきますね。
胃ろうとはお腹切って直接管を入れ、栄養を補給するためのチューブを入れたものですよね。
入れ始めは、やはり傷口の感じも見たいだろうし、チューブを入れるために胃の部分もいろいろ手術の時に触っているので、胃を少し落ち着かせているのかもしれません。
それに入れる前は誤飲を繰り返していたということですが、そちらの方はどうなのでしょうか。
胃に問題があったのかもしれませんね。なので胃を休ませているのかも知れません。初めてイロウを造ったのですよね。負担もあると思います。
誤飲しているようでしたら、気管に誤飲してしまったものが入ってしまい肺炎などになっている場合があります、そのため、現在は一時的に経過を見ているのかもしれません。
また、管の緑色の液(胃液や胆汁)などの調子も見ているの可能性もあるかもしれませんね。
でも、胃ろうを造設したからには、問題なければはじめると思います。

疑問など、何でもスタッフに聞いていいかと思いますよ。
あちらは専門ですのでなんでも質問しましょう。
心配していることも、な~んだ、そうだったのか。とサッパリできるかもですよ。
私も、それ程詳しくは解かりませんが、何か理由があるはずです。

お大事になさってください。

こんにちは、はじめまして、看護師をしていました。少し、質問に答えさせていただきますね。
胃ろうとはお腹切って直接管を入れ、栄養を補給するためのチューブを入れたものですよね。
入れ始めは、やはり傷口の感じも見たいだろうし、チューブを入れるために胃の部分もいろいろ手術の時に触っているので、胃を少し落ち着かせているのかもしれません。
それに入れる前は誤飲を繰り返していたということですが、そちらの方はどうなのでしょうか。
胃に問題があったのかもしれませんね。なので胃を休ませている...続きを読む

Q胃ろうの投薬について

叔母の胃ろうについて教えて下さい。
叔母は脳梗塞を患い現在回復リハビリ病院に入院中ですが、今年末頃退院の見込みで、その後在宅介護になる予定です。
叔母には元々心臓病その他の持病が有り、脳梗塞で倒れる前から複数の薬を服用していました。
現在病院ではその薬を薬液にし、胃ろうから注入している状態です。
この様な複数の薬の投薬を胃ろうから注入するといった医療行為も身内に認められているものなのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは、私の祖母も胃ろうです。
基本的には、薬の注入は家族や身内には認められます。
施設などでは、医療資格を持つ医師や看護師には認められていますが
介護職の人には認められていません。
胃ろうから薬を注入するためには、簡易懸濁法と呼ばれる方法で薬を
50度くらいの微温湯で10分くらい溶かします。
薬によっては、溶けないものや微温湯でガムのようになってしまう
薬もありますので主治医の先生に相談されるとよいと思います。
(最近流行のチュアブルタイプや、OD錠といったタイプはガム状に
なることがあります)
溶かす前に、簡単ですが軽くたたいて錠剤を砕いておくと溶けやす
いようです。
顆粒状の薬は、胃ろうに詰まりやすいのであまりお勧めできません。
散薬、ドライシロップ、細粒は溶けることがなくても片栗粉の様な
状態で微温湯に混じりますので胃ろうを詰まらせることがありません。
カリウムの値が高くて薬を飲まれている方に使われる薬は散薬ですが
、量が多いので詰まりの原因になることがありますので多目の微温
湯に溶かして数回にわけて注入すると良いですよ。

薬をもらう調剤薬局でも簡易懸濁法については相談出来ると思います。

こんにちは、私の祖母も胃ろうです。
基本的には、薬の注入は家族や身内には認められます。
施設などでは、医療資格を持つ医師や看護師には認められていますが
介護職の人には認められていません。
胃ろうから薬を注入するためには、簡易懸濁法と呼ばれる方法で薬を
50度くらいの微温湯で10分くらい溶かします。
薬によっては、溶けないものや微温湯でガムのようになってしまう
薬もありますので主治医の先生に相談されるとよいと思います。
(最近流行のチュアブルタイプや、OD錠といったタイプはガ...続きを読む

Q胃ろう交換 算定について

医療事務勉強中の者です。

医療療養病床入院中に胃ろうの交換を行う場合は経管栄養カテーテル法や当日の画像診断および内視鏡、交換に使用した医療材料費が算定できると思うのですが、
介護療養型医療施設に入所中の方は上記のようなものは算定できるのでしょうか?

介護保険での入所なので基本は医療保険との併用はできないと思うのですが・・・。
他、医療療養病床入院中の交換について間違っているようでしたら、そちらもご指摘いただければと思います。
詳しい方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

答えになるかわかりませんが、調べてみました。
ちなみに介護事務は全く分かりません。急性期の総合病院に勤めているので…
J043-4 経管栄養カテーテル交換法)200点プラス使用薬剤、材料が算定できるかということですね。

http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=6&ved=0CDwQFjAFahUKEwiW-aDxseDIAhVBG6YKHdDRA-A&url=http%3A%2F%2Fwww.mhlw.go.jp%2Fshingi%2F2008%2F10%2Fdl%2Fs1022-8h.pdf&usg=AFQjCNHy-7lgYQwBjnIoDWw48OlMwDB9DQ&sig2=SKGSs8CsbV_MvD5QDM-c3g
このアドレスが、介護老人保健施設入所者に対して医療保険か ら算定できる医療サービスの概要の表でした。
J043は表には載っていません。

http://www.peg.or.jp/lecture/peg/04-02.html
これが胃瘻交換の詳しい説明です。個人的には胃瘻交換ができているか確かめるための、画像や、内視鏡のほうが高いのではと
思いました。
これは早見表の医科点数表から情報を引っ張ってきたので、もちろん医療保険でないと算定できないと思います。
お勤めの施設によって算定の可否は変わってくるので、ここから先は質問者様が調べていただきご判断いただければと思います。

答えになるかわかりませんが、調べてみました。
ちなみに介護事務は全く分かりません。急性期の総合病院に勤めているので…
J043-4 経管栄養カテーテル交換法)200点プラス使用薬剤、材料が算定できるかということですね。

http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=6&ved=0CDwQFjAFahUKEwiW-aDxseDIAhVBG6YKHdDRA-A&url=http%3A%2F%2Fwww.mhlw.go.jp%2Fshingi%2F2008%2F10%2Fdl%2Fs1022-8h.pdf&usg=AFQjCNHy-7lgYQwBjnIoDWw48OlMwDB9DQ&sig2=SKGSs8CsbV_MvD5QDM-c3g
このアドレスが...続きを読む

Q胃ろうを拒否した場合

76歳の父親です。2年前に交通事故にあい、左手、足がほとんど動きません。嚥下も難しく、6月から誤嚥性肺炎を起こし、医師からは胃ろうを勧められています。意識も多少わからなくなって自分で判断がつきにくい状況です。

胃ろうについて基本的な説明は医師や看護婦さんから丁寧に教えていただきました。ただ、本人がまだ意識がはっきりしている時から、胃ろうなどの処置はしないでほしいと何度も強く言われていました。今も本人は拒否しています。
娘の私としては、長く生きてほしいというより、本人の希望通りで、苦痛を伴わない生活を少しでも送らせてあげたいと思うのですが、胃ろうを拒否した場合、餓死のような大変な苦痛が伴うのでしょうか?現在では一日にゼリーを一つ、むせながら食べるのがやっと、という状況です。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

この6月に義父を見送りました。
うちも誤嚥性肺炎を起こし、胃ろう対象です、といわれましたが、ホームの看護師さん、スタッフ、主人のかかりつけ医とたくさんの方に相談したところ、皆、胃ろうは勧めない、とおっしゃっていました。
口から物が食べられなくなったら、寿命で良いのではないか、と。親を餓死させる気か!といわれそうだが、健康なひとがお腹がすいてひもじくて死んでいくのとは違う、口から物が入ってこなくなると、徐々に身体の機能が落ちて枯れたようになって死んでいく。今までたくさんの方を見送ってきたが、これが一番自然で苦痛の少ない死に方のように感じる、いわゆる老衰です、とおっしゃっていました。
うちでは胃ろうと経鼻栄養は拒否し、抹消点滴と中心静脈栄養を選択しました。中心静脈栄養も再考の余地がありますが、これで家族が覚悟できる時間が取れた、と思います。
ちなみにネットで探した統計で確実ではありませんが、余命
抹消点滴のみ、2-3ヶ月、
IVH    半年から1年
胃ろう    2年から4年
感染症や合併症が起きない場合です。
私たちもさんざん悩みました。でも決定権は家族と本人にあると思います。 

この6月に義父を見送りました。
うちも誤嚥性肺炎を起こし、胃ろう対象です、といわれましたが、ホームの看護師さん、スタッフ、主人のかかりつけ医とたくさんの方に相談したところ、皆、胃ろうは勧めない、とおっしゃっていました。
口から物が食べられなくなったら、寿命で良いのではないか、と。親を餓死させる気か!といわれそうだが、健康なひとがお腹がすいてひもじくて死んでいくのとは違う、口から物が入ってこなくなると、徐々に身体の機能が落ちて枯れたようになって死んでいく。今までたくさんの方...続きを読む

Q【医療費控除】レーシック手術は医療費控除が適用される。 医療費控除って何ですか? 医療費控除を適用さ

【医療費控除】レーシック手術は医療費控除が適用される。

医療費控除って何ですか?

医療費控除を適用させるには何をしたら何が得になって返ってきますか?

Aベストアンサー

>医療費控除って何ですか?
医療費控除とはかかった医療費の一部を税金(所得税)から控除することです。

>医療費控除を適用させるには何をしたら何が得になって返ってきますか?
1.医療費控除は確定申告をしなければいけません。
2.自分や家族のために支払った医療費等の実質負担額が、年間(1~12月)10万円(所得金額が200万円未満の人は「所得金額×5%」の額)を超えた場合、その超えた金額をその年の所得から差し引くことができます。
3. 控除できる金額の上限は200万円です。
4.2017年から新しい医療費控除の「セフルメディケーション税制」がはじまります。市販薬の購入費に限定した医療費控除です。 いままでは医療費の合計が年間「10万円」、または「所得の5%」(所得が2百万円未満の場合)という足切りラインがあり、その額を超えないと使えませんでした。
※たとえば所得が100万円の方であれば、医療費が5万円を超えなければ医療費控除を適用できません。
これに対しセルフメディケーション税制では、足切りラインが年間「1万2千円」と低めに設定されていますので、対象医薬品(パッケージに「セルフメディケーション 税 控除対象」というマーク(共通識別マークがあったり店頭で対象かどうか確かめてOKとなったもの)のレシートを取っておけばいいのです。
ただし、この税制では
(1)インフルエンザなどの予防接種、
(2)定期健康診断、
(3)特定健康診査(メタボ健診)、
(4)人間ドッグやがん検診(市町村・健保組合等が実施)
などのうち、いずれか一つを受けていることが大前提の条件です。つまりレシート+これらどれかの領収書を合わせて提出することで所得税の控除対象となります。

>医療費控除って何ですか?
医療費控除とはかかった医療費の一部を税金(所得税)から控除することです。

>医療費控除を適用させるには何をしたら何が得になって返ってきますか?
1.医療費控除は確定申告をしなければいけません。
2.自分や家族のために支払った医療費等の実質負担額が、年間(1~12月)10万円(所得金額が200万円未満の人は「所得金額×5%」の額)を超えた場合、その超えた金額をその年の所得から差し引くことができます。
3. 控除できる金額の上限は200万円です。
4.2017年から新しい医療費...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報