【初月無料キャンペーン中】gooドクター

プロ野球の開幕ですが、若大将と言われた原辰徳・ジャイアンツ監督も年齢的なこともあってか近年は眼鏡姿をよく目にします。
 ところで、プロ野球の関係者(主に監督・選手)で、眼鏡が似合っていた、いないにかかわらず印象に残っている人はだれですか。

「眼鏡をかけたプロ野球の監督・選手等で印象」の質問画像

質問者からの補足コメント

  • 左門と言いながら右バッターのようですね。

    「眼鏡をかけたプロ野球の監督・選手等で印象」の補足画像1
    No.13の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2021/03/26 19:07
  • 別当薫氏です

    「眼鏡をかけたプロ野球の監督・選手等で印象」の補足画像2
    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2021/04/02 18:54
  • 皆様ありがとうございました。

    私が思い浮かんだうちの一人は藤田元司氏です。
    ゴールデンルーキー原を引き当てたのも藤田監督でしたね。
    亡くなって今年で15年になります。

    「眼鏡をかけたプロ野球の監督・選手等で印象」の補足画像3
      補足日時:2021/04/02 19:06

A 回答 (14件中1~10件)

別当薫。

この回答への補足あり
    • good
    • 3
この回答へのお礼

かなり昔、なんとなく眼鏡のカタログを見ていると「別当薫」という名刺が載っていて「この文字くっきり見えますか」というような宣伝文句。
 今思うと、カタログの作成者は眼鏡が印象的だった同氏のことを念頭においていたのかもしれません。そんな制作意図があったかどうかは別にして、謎が解けた気分で感慨深いです。ありがとうございました。

お礼日時:2021/04/02 19:02

オレステス・デストラーデ選手。


メガネをかけてプレーする選手が少ない時代に、外国人選手がメガネ。そして、ホームランを量産するパワフルな打撃が強く印象に残っています。
ホームランを打った後のガッツポーズも格好良かった。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

スイッチヒッターでしたね。1990年日本シリーズ初戦、四番清原が敬遠気味に歩かされたあとで3ランホームランを打って勢いに乗った場面が記憶に残っています。ありがとうございました。

お礼日時:2021/03/27 09:09

最近の人ですがやっぱり古田敦也さんですね。

古田さんは特に「眼鏡の捕手は大成しない」と言うジンクスを覆した人ですし。ちなみに架空の選手では大洋の左門豊作です。
この回答への補足あり
    • good
    • 1
この回答へのお礼

右門凶作というキャラも面白いです。ありがとうございました。

お礼日時:2021/04/02 19:07

印象に残っているのは、マルカーノと八重樫かな。

当時はメガネをかけてプレーする選手はまずいなかったし。
メジャーだとレジージャクソン。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そういえばマルカーノ、ホーナーなど、名物選手がスワローズにいました。
ありがとうございました。

お礼日時:2021/03/26 19:10

私も古田敦也さんです。


眼鏡かけてプレイって危なくないのかなって
思ってました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

眼鏡をかけてプレーしても危なくないのは「将棋」でしょうか(スポーツじゃないか)。棋士は眼鏡をかけている人が多い印象です。ありがとうございました。

お礼日時:2021/03/26 19:12

世代的に古田敦也ですね。



引退後、メガネ屋さんのCMにも出ていたくらいですから。
「メガネの捕手は大成しない」との事でタイガースがドラフト指名を見送ったエピソードは有名。

獲得したのが野村克也率いるヤクルト。
野村氏も監督時代はメガネがトレードマークでしたね。

子弟ともメガネがお似合いでした。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

眼鏡・ID野球という共通の縁で結ばれた二人でした。古田さんも野村さんに選ばれなかったらしぼんでいたかもしれません。ありがとうございました。

お礼日時:2021/03/27 09:21

カイザー田中、メガネを理由に、スカウトしたにもかかわらず土壇場でキャンセルした球団があったとか。

タイガーズで活躍したメガネの捕手。
ヤクルト古田の前にこの人が、、
    • good
    • 0
この回答へのお礼

カイザー田中 日系アメリカ人とあり、調べると

当時でも珍しい「眼鏡をかけた捕手」であった。捕手として申し分ない成績を残しているが、日本のプロ野球界ではその事実は十分に記憶されず、古田敦也の登場まで「眼鏡をかけた捕手は大成しない」という俗説が長く語られることになった。

ここでいただいた回答どおりの記述がありました。ありがとうございました。

お礼日時:2021/03/27 09:30

選手時代からメガネがトレードマークだった古田でしょうね。


選手、キャッチャーで眼鏡って珍しかったし
そのためにのび太くんと呼ばれたり
メガネのCMに出てたり
メガネといえば古田、古田といえばメガネ
眼鏡のせいで実力あってもドラフト漏れ
コーチからも嫌がられたり
そのハンデを返上して実績を作り上げ、ここまでやってきましたから。
ドキュメンタリーとか特集では彼の特注眼鏡の話は必ず出てたし
彼がパイオニアとなって後の世代が眼鏡でも野球で頑張れるようになった
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「古田モデル」みたいな広告を見た記憶から、ただの眼鏡ではなくフレームがフレキシブルに曲がる特殊な眼鏡を愛用していた、ような印象があります。
ありがとうございました。

お礼日時:2021/03/27 09:27

ホークスの杉浦忠、監督のノムさん

    • good
    • 1
この回答へのお礼

杉浦、魅惑のアンダースロウと言われたとか。どういうところが魅惑・最強だったのでしょう。ありがとうございました。

お礼日時:2021/03/27 09:19

古田、小宮山。

古くは、やっぱり川上ですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

川上哲治9連覇を成し遂げました。眼鏡の奥の眼力がよかったからこそかもしれません。ありがとうございました。

お礼日時:2021/03/27 09:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング