教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

以下の例文の文法について教えてください。

質問1.
for the position になっていますが、for の代わりaboutはダメですか?

質問2.
for the position になっていますが、forが正しいのはわかってはいます。
なぜ、for でないといけないのかいまいち明確に説明できていません。
たとえば、to ではダメでfor でないといけない文法的理由を客観的に教えてほしい。
to meet 会うため 、to intervie 面接をするため 等目的 なので to.
He will give an interview to the delegation. ←この例だと 向かっていくからtoでただしい。


例文
Thank you for taking the time to meet me today and for giving me this opportunity to interview for the position at XXX.

質問者からの補足コメント

  • interview の 意味は分かります。

    >"for the position" ではなく、"interview for" と考えるべきでしょう。
    a : a formal meeting with someone who is being considered for a job or other position

    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2021/04/02 19:35
gooドクター

A 回答 (8件)

Apply for the position (または for the job)というのを目にしたことはありませんか。

これと同じで for の後はApply や Interview の対象になるのです。Interview about だと、「地球温暖化」に関してのインタビューのような「対象」ではなく「議題」となってしまいます。

apply for
~に申し込む、~に志願する、~を求める◆forの直後には、求める対象が来る。
・Why are you applying for this job? : 《面接》この仕事に応募した理由は何ですか?

日本語のインタビューには、「面接試験」的な意味がなく、専門家の意見や、著名人との対話のような印象がありますが、英語には、「面接試験」のような意味もあるからです。

interview for a job
就職の面接を受ける
interview for a new job
新しい仕事のための面接を受ける
interview for a sales position
営業職[の仕事]の面接を受ける
interview for an accounting position
会計職の面接をする
    • good
    • 0

>具体的な学習者用辞書を示して、それが解決できることを示して頂けないでしょうか。



一番かんたんなのは学習者用辞書を引いてください。
仕事やそのポジションのための面接ではforを使っていることがわかります。

このような単語同士の結びつきはコロケーションといって、習慣的にその意味で使われる組み合わせがあります。辞書で例文を見れば事が足りることも多いですが、積極的に理解を深めるとか、いろいろな英文を書く機会があるというなら、コロケーション辞典 というのがあります。私は日本語で書かれたこの手の辞書は見たことがないのでどれがいいかわかりませんが、以下のような辞書です。

https://www.amazon.co.jp/s?k=%E8%8B%B1%E8%AA%9E% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

学習者用辞書とは、このような物を指すのですね。
とても勉強になりました。
単語同士の結びつきは、大事ですよね。
氷を頭で割る。 なんて言われると、えっと驚かされますもんね。

お礼日時:2021/04/06 10:25

The animal ate beef.



これと同じ文型でランダム(思いついた単語)に入れ替えてみます。

文型はS(名詞)+V(他動詞)+O(名詞)です。

S(名詞)に惑星 (the planet)
V(他動詞)に置く(put)
O(名詞)に砂糖(sugar)
を当てはめてみます。

The planet puts sugar.
この文は文法的に何ら問題がない文です。訳すると「その惑星は砂糖を置く」。


他の例だと
A がB にC をD した。
というような穴あき文を用意して、
誰かにAに当てはまる単語を入れてもらう
その人と一切相談とかなしに、Aに何が入るか知らないまま他の人にBに入れる単語を考えてもらう。
というようにして文を作るという遊びがあります。
そうして出来上がった文は意味不明であったりあり得なかったりすることが多いです。

更に違う例では機械翻訳では文法の法則に従って翻訳されていても、意味不明の翻訳が出来上がることがしばしあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

Chicago243様が指摘したかった事はこのような事だったのですね。
なるほど、この回答はまったくの想定外でした。
これは、英語だけでなく日本語でも一緒ですよね。

太陽は山に登る。
星は太陽に上る。
人類は宇宙に上る。  ・・・・未来には実現するのかな?

お礼日時:2021/04/06 10:00

文法的理由はありません。


言葉の習慣や意味からくるものです。
文法に合うように適当な単語を並べてもたいてい意味不明になるのは明確です(日本語でも英語でも)。

こういう場合は用例や解説などがしっかり書かれた学習者用辞書をひいて、考えている内容に合う使い方を探すのが常套手段だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
文法は言語のルール(法則)であり、
そのルールを知り、ルール通りに解釈することにより、正しく意味を理解できたり、使うことができるようになるためのものですはないですか?
文法に合うように記述して、意味不明になるという事が私には意味不明です。

文法通りに記述して、意味不明になる例を、具体的な文法書と例文で示して頂けないでしょうか。
そして、具体的な学習者用辞書を示して、それが解決できることを示して頂けないでしょうか。

お礼日時:2021/04/05 09:00

「interview の 意味は分かります。



"interview for" が熟語のように、定形的に使われているということです。
したがって、"for the position" を云々するのは筋違いということです。
    • good
    • 0

>質問1.



for の代わりaboutにしても文章としては成り立ちますが意味が変わります。「interview for the position」は直訳すると「その職のための面接」つまり「その職を得るための面接/採用面接」ですよね。要するに、話し手は面接をすることによって、その職を得たいと言っているのです。

一方で、「interview about the position」ですと「その職についての面接」ですから、あくまでも、その職について話し合ったり質問したりするのが目的で、自分がその職に就きたいとか採用されたいとは言っていないのです。

例えば、説明会などで「とりあえずここで詳しく聞いてから、採用試験を受けるか検討したい」という場合は「about」がふさわしいのですが、今まさに採用面接に挑む姿勢としては、とりたてて、XXXで働く気はアピールしていないことになります。

>質問2.

「interview to the position」ですと「その職への面接」でやや意味不明です。百歩譲って「interview toward the position」(その職へ向けての面接)ならば成り立たなくはありませんが、こういう時には「for」を使うものなのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

aboutだと意味が変わる。
to だと意味不明になるのですね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2021/04/02 19:31

"for the position" ではなく、"interview for" と考えるべきでしょう。



https://learnersdictionary.com/definition/interv …
in‧ter‧view1 /ˈɪntəvjuː $ -ər-/ ●●● S2 W1 noun
1 Image of interview[countable, uncountable] a formal meeting at which someone is asked questions in order to find out whether they are suitable for a job, course of study etc
interview for
an interview for a job on the ‘Los Angeles Times’
She has an interview next week for a teaching job in Paris.
• She had an interview last week for a job at an Internet company.
この回答への補足あり
    • good
    • 0

文法的に誤りというわけではないですが、ポストへの採用のための面接なのですから、


関係していればなんでもあてはまるaboutよりも、はっきり目的を示すforの方が適切ということでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
文法的に誤りというわけではないのですね。
文法的に問題があるか、ないかの一番簡単な調べ方はどのような方法でしょうか。https://oshiete.goo.ne.jp/qa/12288791.html#

お礼日時:2021/04/02 18:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング