グリセリンを空気中に放置しておいたためグリセリンが吸湿してしまいました(濃度約95%)。このグリセリンから水を分離することは可能でしょうか。よい方法があればどなたか教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

rei00 です。



 別質問のお礼を拝見しました。「グリセリンを大量(約25L)かつ,頻繁に使用」との事ですので,蒸留が可能かも知れません。

 「Organic Solvents Physical Properties and Methods of Purification Fourth Edition」(J. A. Riddick, W. B. Bunger, T. K. Sakano; John Wiley & Sons, New York, 1986) の p.919 にグリセリンの記載があります。

 簡単に書くと,Segur and Oberstar(Ind. Eng. Chem., 1951, 43, 2117)は,粘度測定用のグリセリンを得るのに,C.P. material を 5-L flask から,25-cm Vigreux 管を使用して蒸留したそうです。1 Torr, 140 ℃ の留分が 4330 g で,純度約 99.97% との事です。

 また,Cammenga and coworkers(J. Chem. Eng. Data, 1977, 22, 131)は,analytical grade のグリセリンを 4 Torr, 140 ℃ で減圧蒸留し,気体を 3 オングストロ-ムのモレキュラ-シ-ブを通して集めることで,蒸気圧測定用のグリセリンを得たそうです。

 コストと手間が見合うかどうか判りませんが,いかがでしょうか。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。とても興味のある内容ですね。
先生と検討したところ,現在とても時間が足りないので,現段階では,
実行に移すのは困難ですが,落ち着いた後に再検討してみようという話になりました。
私自身はこの方法に興味がありますので,ぜひやってみたいと思っています。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/08/30 10:52

 


 グリセリンは非常に吸湿性の高い化合物であり,水と自由に混ざります。したがって,通常の方法で簡単に水を分離する事は困難だと思います。

 グリセリン自身はそんなに高い試薬ではありませんので,吸湿してしまったものはあきらめて別用途に使うなどし,新しいものを購入された方が良いと思います。

 必要でしたら,使用目的や必要濃度などを補足下さい。
 
    • good
    • 0

モレキュラー・シーブをグリセリンの容器の中に1センチ厚ぐらいになる程度入れておけばどうですか?



購入されるとしても、それほど高いものでもないですよ。

この回答への補足

先日は回答ありがとうございました。このへんで受付を締め切らせていただきます。
点数ですが、お二人に回答していただき、両方良い回答で、甲乙つけがたいため、
申し訳ありませんが、該当者無しということにさせていただきます。
本当にありがとうございました。また機会があればよろしくお願いいたします。

補足日時:2001/09/07 01:40
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
やってみたいと思います。とても参考になりました。

お礼日時:2001/08/24 16:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q濃度について。 塩分が2%の濃度の塩水と5%の塩分を混ぜたら 2%~5%の間の塩水が出来るらしいで

濃度について。

塩分が2%の濃度の塩水と5%の塩分を混ぜたら
2%~5%の間の塩水が出来るらしいですが
なぜ7%ではないのですか?
理屈を教えてください。

簡単な質問でスミマセンw

Aベストアンサー

理屈もなにも、素朴な感覚としても、もとより濃くなるのはおかしいことに気付きませんか?
5%より薄い水溶液を加えて、もとの5%より濃くなるはずがないし、
2%より濃い水溶液を加えて、もとの2%より薄くなるはずがありません。

絵の具なんかでも分かるでしょう?
白と灰を混ぜたとき、もとの白さよりもさらに白く輝いたり、もとの灰色よりも濃い黒色になったりすることはありません。

Q塩分濃度2%の食塩水200gと 塩分濃度5%の食塩水300gを混ぜ合わせると何%の食塩水が出来るか。

塩分濃度2%の食塩水200gと
塩分濃度5%の食塩水300gを混ぜ合わせると何%の食塩水が出来るか。

という問題があって 解くと
答えが3.8%の食塩水になりました

合ってますでしょうか?
確認お願いします(。> <。)

Aベストアンサー

合ってます。

塩分濃度2%の食塩水200g:塩は4g
塩分濃度5%の食塩水300g:塩は15g

合計で塩が19g溶けている食塩水500g だから
19/500=0.038=3.8%

Qグリセリン水溶液のモル濃度と質量モル濃度

質量40%のグリセリンを含むグリセリン水溶液の密度は20℃で1.101g ml^-1である。
この溶液の20℃におけるグリセリンの質量モル濃度とモル濃度を計算せよ。

とありました。

分子量が書いてなかったので92として計算しました。


まずモル濃度から


1Lで重さは1101gでうち40%がグリセリンということから


モル濃度 (1101*0.4)/92 = 4.7mol L^-1で解答と合っていたのですが
質量モル濃度についてです。

1Kg中グリセリンが40%だから

400g/92=4.37mol Kg^-1

としたら解答が答えだけで7.24mol Kg^-1

となっていました。

倍。。。。
大切な何かを忘れているのは間違いないのですが上記の考えのどこがいけないのでしょうか。
ご指導お願い申し上げます。

Aベストアンサー

よく間違うところですが、質量モル濃度は他の濃度と異なり
(溶質の物質量[mol])/(溶媒の質量[kg])  [mol/kg]
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 沸点上昇や凝固点降下など限定された場面で使われます。
 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 質量【濃度】40%のグリセリンを含むグリセリン水溶液の密度は20℃で1.101g ml^-1である。

モル濃度)--物質量/体積(1L)
 です。1Lの質量が1.101(g/mL)×1000 = 1101(g)
 含まれるグリセリンは、440.4(g) グリセリンの分子量を 92.09 とすると、4.782(mol)
 よって、約4.8 (mol/L)

質量モル濃度
 この溶液1kg中に、440.4(g)= 4.782(mol)のグリセリンと、660.6(g)の水が含まれているので、4.782×1000/660.6 = 7.239 (mol)/Kg

 とっても良く、引っかかってくれる問題です。授業を聞いていたか聞いてないかかがよくわかる効果的な問題です。(苦笑)

よく間違うところですが、質量モル濃度は他の濃度と異なり
(溶質の物質量[mol])/(溶媒の質量[kg])  [mol/kg]
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 沸点上昇や凝固点降下など限定された場面で使われます。
 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 質量【濃度】40%のグリセリンを含むグリセリン水溶液の密度は20℃で1.101g ml^-1である。

モル濃度)--物質量/体積(1L)
 です。1Lの質量が1.101(g/mL)×1000 = 1101(g)
 含まれるグリセリンは、440.4(g) グリセリンの分子量を 92.09 と...続きを読む

Qどなたか下記の問題を分かりやすく教えて頂けないでしょうか。15%濃度の食塩水を作る時、水1リット

どなたか下記の問題を分かりやすく教えて頂けないでしょうか。

15%濃度の食塩水を作る時、水1リットルに対する食塩の重さは何グラムか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「15%濃度の食塩水」というのは「重量比率」です。それも、「食塩水全体(食塩 + 水)の重量のうちの、食塩の重量」です。「水の重量と、食塩の重量との比率」ではありません。

 水は「1立方センチ当たりの重量が1グラム」ですから、1リットル(10センチ×10センチ×10センチで 1000立方センチ)では 1000g = 1kg です。

 従って、水1リットルに対して、重量比率で「15% = 15/100 」にするには、加える食塩の重量を X g として
   食塩 X (g) / 食塩水[水:1000(g) + 食塩:X (g) ] = 0.15 = 15%
であることが必要です。
 これを解いて、
   X = ( 1000 + X ) × 0.15 = 150 + 0.15X
   0.85X = 150
   X ≒ 176.5 (g)

QGCMSで検出した濃度から空気中の濃度換算について

あるテルペン類物質の濃度をGCMSで検出したところ、例として3.6ppm(今回は溶質[μL]/溶媒[μL]として考える)検出されました。
これを単位体積当たりの空気中の濃度に換算したいのですが、私の計算では、

まず溶媒2000μLの溶質の濃度なので、2000[μL]×(3.6×10^-6)=7.2[nL]。

この溶質は(0.048[m3])の空気から採取されたものなので、
7.2[μL]/0.048[m3]=0.15[μL/m3]。

このテルペン類の、液体での密度が0.842[g/mL]なので、
0.842[g]:1000[μL]=x[g]:0.15[μL]と比でxを求めると、
126.3[μg/m3]という計算になりました。

そして、上の値×22.4/136.23「←分子量」×(273.1+21.4「←気温」)/273=22.4[ppb](空気中の濃度)
という算出の手順をしました。

この計算方法は合っているのでしょうか?
特に、液体の密度での換算が不安です。

Aベストアンサー

2000[&micro;l]*10^(-3)[ml/&micro;l]*3.6*10^(-6)*0.842[g/ml]*1/(136.23[g/mol])*0.0224[m^3/mol]*(273+21.4)/273*1/(0.048[m^3])=22.4*10^(-9)=22.4[ppb]
で、
あなたの計算であっているでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報