人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

鉄道については素人ですが質問します。
モハと、サハの違いについてはわかったのですが、
乗り心地には差があるのでしょうか。あるのなら、実際の乗り心地はどちらがよいのでしょうか。(揺れ具合が特に気になります。)
(ちなみにJR東海・名古屋付近に住んでいるので、211系?について教えていただけると助かります。)


個人的な解釈だと、サハ(特にモハに挟まれたサハ)は、モーターがなくてフラフラして揺れるので立ってると大変

という感じを受けました。どうなのでしょうか?

教えてください、お願いします。

A 回答 (5件)

直接関係が無いかもしれませんが221系のモハに乗っていると雨の日になると変な音に気づきました。



駅を出てポイントを通過する時にウォーンというような音がするときがありました。
もしかしてスリップかなと先頭車で運転台を見ているとやはりスリップを起こしているようでスリップした時は電流計が跳ね上がり運転士さんがマスコンをたくみに操作していました。
それでも霜のキツイ日は悪戦苦闘しておられます。
またほんの少しブレーキがキツイだけで車輪がロックしてフラットのゴンゴンゴンという音が響きます。
特にサハは静かなだけに。
    • good
    • 0

最近の車両では、モーター音さえ気にしなければ、


サハとモハでの揺れ方はさほど変わらないように思います。
グリーン車が基本的にサロ、クロなのは、騒音対策という点が大きいです。

かえって車両内の位置の方が、揺れ方に関係すると思います。
当然台車に近いほど、振動はモロにきますし、
車両中央部は比較的穏やかです。
私は、特に混んでいて座れない時は、
せめて立っていてダメージの少ない車両中央を狙って乗ります。
    • good
    • 0

211系


私も個人的にはモハとサハは重量的にも違うと感じますねぇ

117系での経験では
モハでは重心が低いのと重量で車体が安定しユニット窓のガタつきが感じません
しかしクハ(サハと同じようなもの)だと車体の重心となる電動機器がないのでユニット窓がガタガタと振動する
このような経験もあります
    • good
    • 1

昔はグリーン車でモーター車はご法度でしたね(今でもあまりみませんか?)。

つまりサハのほうが上質だ、ということでしょう。ただし、乗り心地に関しては私も関係ないかと思います。モーター音がするかしないか、の違いではないでしょうか。
    • good
    • 0

名古屋周辺の 211系は 大垣電車区に所属する車両(東海道線で使われている)と神領電車区(中央線、関西本線で使われている) の二つですね。



東海道線では 313系と311系が 主力ですから、
中央線の 方に 話を絞ります。

クモハ+モハ+クハ の 3両編成と
クモハ+モハ+サハ+クハ の 4両編成の 2種類の編成しか ありません。
ラッシュ時には これらを 連結して 7両、8両、10両 として 使っています。

だから サハが電動車に挟まれるということは ありませんね。 クハは 電動車に 挟まれることは ありますけど。

さてと 本題ですが 今の電車は 密着式の連結器を採用していますし どこに乗っても 乗り心地は 変りませんよ。 電動車に乗れば 多少 うるさいですけどね。

VVVF制御の音が嫌い という人も いますが、 211系は チョッパー制御ですし あまり気にしたことはないです。

参考URL:http://www5e.biglobe.ne.jp/~nanohana/renketuki.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電車の記号 クハ・サハの由来

こんにちは、JRの電車にはボディーの下部にクハ・モハ・サハといった記号が刷されていますよね。「モハ」はmotorのモからきているのは納得
出来るのですが、クハ(運転車)とサハ(付随車)に関しては納得できないので質問しようと思います。もし僕がこの記号を考えていたのなら、
クハはcontrolのコハ、サハをnothingのノハという名前にしていました。
クとサが何の言葉が何から由来しているのかご存知の方、どうか御回答お願い致します。

Aベストアンサー

以前に何かの資料で読んだことがあります。
ク・・・くっつくの「ク」
サ・・・挟むの「サ」(「ハ」は三等車を表す記号と重複するので2番目の「サ」を使用)

その昔、電車が走り始めたころは1両編成ですので、当然ですがモーターと運転台を備えています。この頃には「クハ」や「サハ」は存在せず全車輌が「モハ」です。(今風に云うと「クモハ」ですが、編成が短いためにモータ有で運転台無の車輌は存在しないため、混同の恐れがないので「モハ」でした。)
乗客が増えてくると連結運転の必要が出てきます。全て「モハ」で編成を組むとコストがかかるうえに電源容量の問題もあるので、「クハ」が登場しました。「クハ」は動力を持たないので単独では走れず、「モハ」に『くっつけて』使わなければなりません。
更に長い編成を組むと編成の中程に「モハ」(今風の「クモハ」)や「クハ」が入るため、使用しない運転台が発生して車輌製作費の面でもスペースの面でも無駄が生じます。そこでモータ有で運転台の無い正味の「モハ」と、モータも運転台も無い「サハ」が誕生しました。「サハ」は運転台が無いので編成の端には置けず、他の車輌で『挟んで』使用しなければなりません。
また、それ以降に「モハ」でも運転台の有無を区別する必要が生じて、「クモハ」と「モハ」に称号を分けることになって現在に至ります。

以前に何かの資料で読んだことがあります。
ク・・・くっつくの「ク」
サ・・・挟むの「サ」(「ハ」は三等車を表す記号と重複するので2番目の「サ」を使用)

その昔、電車が走り始めたころは1両編成ですので、当然ですがモーターと運転台を備えています。この頃には「クハ」や「サハ」は存在せず全車輌が「モハ」です。(今風に云うと「クモハ」ですが、編成が短いためにモータ有で運転台無の車輌は存在しないため、混同の恐れがないので「モハ」でした。)
乗客が増えてくると連結運転の必要が出てきま...続きを読む

Q気動車は無給油でどこまで走れるか

今では気動車で長距離を走る列車は少なくなってしまい、
せいぜい四国や北海道の特急くらいですが、
昔はキハ81のはつかり(上野~青森)をはじめ、キハ82では白鳥(大阪~青森・上野)や、京阪神と九州を結ぶ長距離のものが沢山ありました。
キハ58でも金沢~青森を結んでいた急行しらゆき他、上野と東北を結ぶ列車が数多くありました。

気動車である以上、いずれ給油は必要になるのですが、
いったい気動車は満タンにして何kmくらい走れるようになっているのでしょうか?
また、上記のような長距離気動車草創期の頃の車種と、
現在の新型気動車とでは、設定が異なるのでしょうか?
何か具体的な数値をご存知の方、ご教示下さいませ。

Aベストアンサー

 すごく大雑把な計算ですが……、キハ181の燃費はざっと
リッター 1.3kmだそうです。またタンク容量は 2000リットル
という数字を見つけましたので、単純計算で 1500 km以上は
走る計算になりますね。

 気動車の場合、たとえば豪雪で立ち往生した際の暖房確保も
積載軽油でまかないますから、実際に必要な燃料量よりも多めに
詰める設計になっているか、もしくは実際に走れる距離よりも
短い距離を航続距離( とは言わないでしょうが )に設定して
いるものと思われます。

Q山手線を一周の所要時間を教えてください。

友人からの何気ない問いでしたが、気になっております。お分かりになりましたら、ご回答の方を宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

山手線は
大崎駅~五反田駅=2分
五反田駅~目黒駅=2分
目黒駅~恵比寿駅=2分
恵比寿駅~渋谷駅=2分
渋谷駅~原宿駅=3分
原宿駅~代々木駅=2分
代々木駅~新宿駅=2分
新宿駅~新大久保駅=2分
新大久保駅~高田馬場駅3分
高田馬場駅~目白駅=2分
目白駅~池袋駅=2分
池袋駅~大塚駅=3分
大塚駅~巣鴨駅=2分
巣鴨駅~駒込駅=2分
駒込駅~田端駅=2分
田端駅~西日暮里駅=2分
西日暮里駅~日暮里駅=1分
日暮里駅~鴬谷駅=2分
鴬谷駅~上野駅=2分
上野駅~御徒町駅=2分
御徒町駅~秋葉原駅=3分
秋葉原駅~神田駅=2分
神田駅~東京駅=2分
東京駅~有楽町駅=2分
有楽町駅~新橋駅=2分
新橋駅~浜松町駅=2分
浜松町駅~田町駅=3分
田町駅~品川駅=3分
品川駅~大崎駅=3分
となり、一周するのに64分程かかります。また電車によって所要時間は若干変わって来るので、これは参考ということにしておいて下さい。


人気Q&Aランキング