バッタは草むらをピョンピョン跳びはねていますが、空を飛ぶことは出来るのですか? 確か羽があったと思うのですが・・・
コウロギはどうでしょうか?
教えてください!!

A 回答 (6件)

バッタについてはほかの方の言うとおりです。



コオロギは飛ばないと思いますよ。
コオロギの羽は音を出すためにあります。(擦り会わせて音を出す。)
だからたいして大きな羽ではないんですよ。
ちなみに鳴くのは雄だけです。雌へのアピールで!
そのかわり雌にはお尻に長い管があります。これは卵を地中に産むためのものです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
コウロギは飛ばないんですか・・・ 羽があればどんなものでも飛べるって思っていました。大変勉強になりました。

お礼日時:2001/08/26 21:20

テレビでやってたんですが、バッタは大群になると一匹一匹の体が進化するらしいのです。


緑色から茶色になり体もデカくなって羽も伸びる。
それで長距離飛行が可能になり、前の方がおっしゃってるような被害がでるそうです。
外国の大群イナゴと日本のイナゴは種類的に変わらないんですね。
しんじらんない。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ほんとにみなさん、バッタについて詳しいんでビックリです。

お礼日時:2001/08/26 21:33

すでに他の方々がかかれておりますが、イナゴはごく普通のバッタが過剰生息する事で身体に変化が起きます。

このとき長距離を飛行するために羽根が長くなります。飛行距離は数キロから数十キロ。すべての植物を食い荒らす飢えた雲でした。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
イナゴは農家の人達には敵なんですね。

お礼日時:2001/08/26 21:31

飛びますよ。

ものすごく長くということ張りませんが結構持久力はあります。
イナゴの大群なんかは集団でとんできて周囲にあるものにぶち当たってきます。ものすごいスピードで車の中にいたら外には絶対でれません。
音もものすごいです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
イナゴって田んぼにいると聞いたことがありますが・・・凄いんですね。

お礼日時:2001/08/26 21:27

できます。

そんなに長い時間や飛距離は無理ですが。少なくとも私が幼い頃のバッタは、捕まえようとしたらよく飛んで逃げられました。(飛ぶ時にチキチキチキ・・・と音がするバッタの事をチキチキバッタと呼んでいた)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
バッタを捕まえて遊ぶなんて今ではあまり出来ないことですね。

お礼日時:2001/08/26 21:23

飛びますよー。


全部の種類ではないと思いますけど、トノサマバッタとかイナゴとか、その辺で見かけるバッタはたいてい飛びます。
ためしに、一匹捕まえて、ゆっくりと空へ投げてみてください。多分飛びます。
イナゴの大移動とか、聞いたことありませんか?実物は見たことがありませんが、渡り鳥のごとくに飛んできて作物を食い散らし、また渡り鳥のように去ってゆく。。。怖いですねー。
ゴキブリも飛びます。ただし高いところから降りるときに飛ぶくらいで、上に向かっては飛ばないんだそうです。
カマキリもとびまーす。コオロギは、、知りません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
実は虫は嫌いで触ることも出来ないので・・・ やっぱり飛ぶんですね。

お礼日時:2001/08/26 21:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今年も出た!謎の背中に白い線の1本ある、蟻のような飛ぶ虫!!

去年の夏ごろから急に多くなりだして、辟易しています。

・体長は2~3mm。体幅は1mmほど。
・羽があります(何枚かは確認できていません)。
・蟻のように真っ黒で、体の中ほどにウエストのようなくびれがあります。
・腹の部分(背側)に、横に1本白い筋があります。
・触角はまっすぐです。
・暖かくなると、木造家屋の室内、壁づたいに何十匹(真夏は何百匹)単位で落ちています。
 その場合、ほとんどが死んでいるか、死にかけ状態です。
・冬は出ません。

自分でもいろいろ検索してみて分かったのは、
「クロゴキブリの若齢幼虫ではない」ということです。
クロゴキブリの若齢幼虫は実物を見たことがあるし、画像などで確認しても違います。
触角がまっすぐなのでアリでもないし、アリガタバチでもないようです。
あとヤマトシロアリとも違います(羽があんなに大きくないです)。

何とか出ないようにしたいのですが、なにせ相手が何者か分からないので
対策の立てようがない状態で、非常に困っています。
今のところまだ数匹なので、本格的に発生する前に何とかしたい!!
「これじゃないか?」と心当たりのある方はぜひ教えて頂きたいです。

ご回答、切実にお待ちしております。

去年の夏ごろから急に多くなりだして、辟易しています。

・体長は2~3mm。体幅は1mmほど。
・羽があります(何枚かは確認できていません)。
・蟻のように真っ黒で、体の中ほどにウエストのようなくびれがあります。
・腹の部分(背側)に、横に1本白い筋があります。
・触角はまっすぐです。
・暖かくなると、木造家屋の室内、壁づたいに何十匹(真夏は何百匹)単位で落ちています。
 その場合、ほとんどが死んでいるか、死にかけ状態です。
・冬は出ません。

自分でもいろいろ検索してみて分...続きを読む

Aベストアンサー

シロオビタマゴバチというのがいます。腹部に白い線が一本、まっすぐな触角など一致する点が見られます。蛾の卵に寄生するハチで、寄生した卵の中で越冬し、卵が孵化する時期にハチになるそうなので、冬にいなくて今頃現れる点とも一致します。宿主となる蛾がたくさんいるのでしたら、大量発生もありうるかもしれません。

http://zoo2.zool.kyoto-u.ac.jp/ethol/showdetail.php?movieid=momo050122pa01b&embed=on

http://pc54.narc.affrc.go.jp/%83%8F%83%93%83_%83t%83%8B%8D%A9%92%8E/%93V%93G/shiro.htm

Q鳥は何故空を飛ぶようになったんですか。。?

  恐竜から鳥になったのが定説なんですよね


  では何故、鳥は空を飛ぶように成ったんですかね。。?定説はありますか

  何故、前足が羽に成ったんでしょうね?

Aベストアンサー

すみません、ANo.8で間違ってANo.7と書いてしまいました。
正しくはANo.5です。

Q蜘蛛に似ていて空を飛ぶ虫の名前を教えてください

今日の昼間、屋外で不思議な虫を見かけました。
自分は最悪パニック発作が起きるほど虫が嫌いなのですが、蜘蛛だけはむしろ何時間眺めていても平気なほど好きで、
最初にそれを見かけたときは「蜘蛛だ」と判断したので少し観察してみることにしました。

大きさはせいぜい小指の爪ほどで、身体は黒くてまるっこく、八本の足はとても鮮やかな黄色でした。
雰囲気としてはハエトリグモのような感じでしたが、体毛などは確認できず、
しばらくはちょこまかと辺りを這っていたのですが、突然羽を出してどこかへ飛んでいきました。
恐らくテントウムシやカブトムシのような羽をしていたため、眺めていてもその存在に気付かなかったのだと思いますが、
羽のある蜘蛛がいるなどと聞いたことはありませんし、調べても正体がよく分かりません。

蜘蛛だと思い込んでいたために足の本数を数え間違えた、みたいなこともあるかとは思いますが、
そうだとしても該当しそうな昆虫がさっぱり見つかりません。
とても気になっているのですが、最初に書いたようにいろんな昆虫の写真を眺めているのは結構辛く、
自力で正体を探るのは困難だと判断したのでこちらで質問させてもらうことにしました。

もしよければあの虫がなんだったのか、教えていただけると幸いです。

今日の昼間、屋外で不思議な虫を見かけました。
自分は最悪パニック発作が起きるほど虫が嫌いなのですが、蜘蛛だけはむしろ何時間眺めていても平気なほど好きで、
最初にそれを見かけたときは「蜘蛛だ」と判断したので少し観察してみることにしました。

大きさはせいぜい小指の爪ほどで、身体は黒くてまるっこく、八本の足はとても鮮やかな黄色でした。
雰囲気としてはハエトリグモのような感じでしたが、体毛などは確認できず、
しばらくはちょこまかと辺りを這っていたのですが、突然羽を出してどこかへ...続きを読む

Aベストアンサー

旦はん、見てはりまっか~。
クモの幼体(子供)は糸を使って空を飛びます。これをバルーニング(ballooning)といいます。また、キアシハエトリ(Phintella bifurcilinea)のメスは脚が黄色です。ということで、キアシハエトリのメスの幼体のバルーニングは、どないでっしゃろか。

目の色が変わるハエトリグモの赤ちゃん
https://youtu.be/t2dW2g8wZx8
Ballooning of spider
https://youtu.be/1uirrvUPOi8
みえの自然楽校 - リレーコラム第105話
http://www.pref.mie.lg.jp/MIDORI/HP/shizen/relay/105/
〔引用開始〕
「羽根のないクモが空を飛ぶ??」。そうなんです。クモ類の中には、主に卵のうから出た子クモの時代に、空中旅行をして世界各地に分散していくものが多くいます。春や秋の、前夜がよく冷えた、ぽかぽか陽気で無風の穏やかな日、子グモたちは、何かにとりつかれたように一斉に茎や枯れ枝の先端によじ登り、腹部を空中に向けて、糸いぼから糸を1m程出して風に流します。やがて、上昇気流に乗って空中へ飛び立ち、分散していきます。後は風任せ、決死の飛行の末、無事に適した陸地へ舞い降りたものは、そこで新しい生活を始めるのです。
〔引用終り〕

旦はん、見てはりまっか~。
クモの幼体(子供)は糸を使って空を飛びます。これをバルーニング(ballooning)といいます。また、キアシハエトリ(Phintella bifurcilinea)のメスは脚が黄色です。ということで、キアシハエトリのメスの幼体のバルーニングは、どないでっしゃろか。

目の色が変わるハエトリグモの赤ちゃん
https://youtu.be/t2dW2g8wZx8
Ballooning of spider
https://youtu.be/1uirrvUPOi8
みえの自然楽校 - リレーコラム第105話
http://www.pref.mie.lg.jp/MIDORI/HP/shizen/relay/105/...続きを読む

Q飛んでいる昆虫はどうやって飛ぶ方向の制御をしているのでしょうか?

とても大まかな質問ですみません。

飛んでいる昆虫なのですが、飛ぶ方向の制御はどこでしているのでしょうか。すごい速さでこまめに動き回るのでどこでこれはコントロールされてるのか・・などと思いました。

どなたかご存知の方いらっしゃいましたら教えて下さい。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
基本的には、動物の運動とは知覚情報を基にコントロールされるものです。昆虫の場合は知覚入力に基づく反射の組み合わせが飛行運動ということになると思います。
このように、運動とは知覚入力が中継中枢を介して運動系に出力されることによってコントロールされるものであり、このメカニズムは変わりません。ですが、まだきちんと解明されているわけではありませんが、昆虫や鳥など、空を飛ぶ動物は知覚機能における「予測能力」が他の動物に比べて発達しているのではないかという記事を読んだことがあります。何処で呼んだかは忘れました。

空を飛ぶ場合、環境からの情報の獲得は主に「視覚」、あるいは聴覚に頼る以外にありません。あるいは、風圧を感じるということはできるかも知れません。昆虫や鳥はこのような情報を基に飛び方をコントロールしているわけですが、そもそも自分が物凄い勢いで飛び回っているのですから、それは常に目まぐるしく変化する「動体視」ということになります。これに加えまして、フィールドは360度の三次元であり、我々のような陸上を歩く動物とは空間認知が全く違います。では、この「360度の動体視」といいますのが空を飛ぶ動物、あるいは水中を泳ぐ動物の共通の条件ということになります。
このような知覚情報を瞬時に処理するためには、ある程度の予測能力が必要になります。例えば、自分の飛行速度と障害物までの距離を事前に把握できなければぶつかってしまいます。このように、空を飛ぶ動物は知覚情報による予測能力がたいへん発達しており、運動系に対して事前の命令を出しているのではないかということだそうです。
また、我々脊椎動物は脊椎反射によって危険回避を行ないます。昆虫の場合は神経節がそのまま知覚系と運動系の中継中枢となりますので、そこには障害物回避などの反射プログラムが作られているのかも知れません。ならば、昆虫は進化の過程で予め衝突を予測していることになります。だから衝突しないんでしょうね。
まだ解剖などによってその証拠が発見されているというわけではありませんが、何れにしましても、空を飛ぶ動物にはどうしてもそれなりの予測能力は必要なのではないかということであります。

こんにちは。
基本的には、動物の運動とは知覚情報を基にコントロールされるものです。昆虫の場合は知覚入力に基づく反射の組み合わせが飛行運動ということになると思います。
このように、運動とは知覚入力が中継中枢を介して運動系に出力されることによってコントロールされるものであり、このメカニズムは変わりません。ですが、まだきちんと解明されているわけではありませんが、昆虫や鳥など、空を飛ぶ動物は知覚機能における「予測能力」が他の動物に比べて発達しているのではないかという記事を読んだこ...続きを読む

Q人間も努力すれば羽が生えて飛んだり進化可能でしょうか?

例えば生まれてきて赤ちゃんから老人になって死ぬまで
ずっと毎日腕をパタパタ一生懸命振りそれを子孫代々長い年月続けるとします。
何千年後か何万年後か先に人間は鳥のように羽が生え飛べるように進化できますでしょうか?

同様に、カメレオンのように体の色を変えたりホタルのように光ったりできるようになりますでしょうか?
毒を吐く生き物もいますが人間もどうにか努力したら毒物を発射できるようになりますかね?

また、進化してきたというのなら逆に人間から長い長い年月をかけて
ミジンコや菌類のような小さい生き物に戻ることは可能でしょうか?

Aベストアンサー

 非常に基礎的かつ重要なことは、「獲得形質は遺伝しない」ということです。
 つまりNo.1さんが回答されているように「腕をどれだけ振って筋力を増強しても、それは遺伝子に反映されないので次代には伝わらない」のです。
 ヒトが持っている基礎的な腕の筋力が1だとして、それを鍛え抜いて5に増強したとします。でも、その子供はまた1からスタートするわけです。決して5からスタートできるわけではありません。これだと永遠に空を飛べるようにならないのは理解できると思います。

 ま、腕の筋肉だけを鍛えたところでどうにもならないのは、他の方の回答にもあるとおりですが。

 言い方が違うだけで論旨はNo.4さんと同じことなのですが、例えば人類が青年期に達する前に必ず10mの高さから飛び降りなくてはならなくなったとすると、体重が軽い人が生存に有利になるでしょう。
 他にも身体が柔らかい人や受け身が上手い人も生き残りそうですが、要するに「飛ぶための形質」をほんの僅かでも遺伝子として持っている人が生存に有利な環境になるわけです(選択圧がかかる、とも言う)。

 そういう「10mの高さから飛び降りても死なないためのほんの僅かでも有利な形質」を持った人が生き残り、その中でさらにほんの僅かだけ有利な形質(例えば腕が平べったくて飛び降りた時に僅かだけでも空気抵抗がかかる人、とか)を人が突然変異で現れると、その人はその集団の中でも生存に有利になるわけです。つまりその「腕が平べったい」遺伝子が集団内で増えていくわけです。
 そうやって「ほんの僅かずつ」の変異がひたすら長い年月をかけて積み重なって、数万年ではさすがに無理かとは思いますが、数百万年・・・でも無理かなぁ、数千万年も経てば、人類は空を飛べるようになるかも知れません。
 その間に、少しずつハードルを上げる(10m~20m~30mかつ水平に50m、とか)必要はありそうですが。10mの高さを飛び降りて生き残る、というだけでしたら、単に体重が軽くて身体が柔らかいだけで進化も止まりそうだし。

 突然変異と自然淘汰による進化、という考え方の基礎がこれです。
 現在の自然界でも、ある程度の距離を滑空できるヘビとかもいますし、ムササビなどもそういう意味では飛ぶことに関しては進化の中間的な形質を持っているわけです。

 それをNo.4さんのように人為的な選択交配を用いてやると、まあ数万年は辛いかも知れませんが、もしかしたら比較的短期間で「空を飛ぶ人類」が作出できるかも知れません。まあ既に「ホモ・サピエンス」ではなくなっているでしょうけど。
 これは古来より人類が家畜に対して行ってきた「品種改良」の手法そのものです。そういう意味では、品種改良とは進化論の実地応用と言えるでしょう。

>また、進化してきたというのなら逆に人間から長い長い年月をかけて
>ミジンコや菌類のような小さい生き物に戻ることは可能でしょうか?

 「戻る」のは数学的に不可能です。
 進化とは上で説明したように、そのひとつひとつは非常に些細な変化の膨大な積み重ねで、その些細なひとつひとつの変化そのものは「偶然」によっているわけです。
 ですから、たった1つの外見では見分けも付かないような変化を「戻る」ことは可能性としてはあっても、進化の道筋を逆に辿っていくことは数学的な可能性としてゼロと言って良いでしょう。

 ただ、「戻る」のではなく、単純な生物に「進化する」可能性はあるといえばあるのでしょうが、そもそもここまで環境に対して「複雑化する」方向に進化を続けて生き延びてきたわけですから、「単純化する」方向に進化の方向を変換するのは並大抵ではないのではないかと。
 早い話、その方向に進化しなければ生存できないような状況になれば、人類は滅びてミジンコが栄えるでしょうから。

 でも考えようによっては、ヒトの細胞は適当な条件さえ作ってやれば体外でちゃんと生きることができます。培養細胞のことですが。
 培養下の細胞は細菌等の単細胞生物と本質的な違いはないですから、これはこれで「1個の生命」と言えないこともないです。

 非常に基礎的かつ重要なことは、「獲得形質は遺伝しない」ということです。
 つまりNo.1さんが回答されているように「腕をどれだけ振って筋力を増強しても、それは遺伝子に反映されないので次代には伝わらない」のです。
 ヒトが持っている基礎的な腕の筋力が1だとして、それを鍛え抜いて5に増強したとします。でも、その子供はまた1からスタートするわけです。決して5からスタートできるわけではありません。これだと永遠に空を飛べるようにならないのは理解できると思います。

 ま、腕の筋肉だけ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報