【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

車のホイールや扇風機の羽の部分など、物が高速回転する時、回転し始めて数秒すると、ゆっくりとしかも逆に回転しているように見えるのは目の錯覚なんだと思いますが、何か科学的に○○現象などと名前が付いているのでしょうか。
昔からの疑問なのですが、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

お尋ねの現象は「エイリアス(alias=変名、偽名)」の一種です。

エイリアス現象、エイリアス効果などと呼ばれることもあります。ただし「エイリアス」はご質問のような回転における錯視だけを指す用語ではないのでご注意下さい。

円板を用意して1箇所に印を付け、1秒間に9/8回転の割合で右に回すことにします。
この円板を1秒ごとに観察すると下のように見えます。確かに右に回っているように感じられます。

 /●\
|   |
 \_/

 / ̄●
|   |
 \_/

 / ̄\
|   ●
 \_/

 / ̄\
|   |
 \_●

 / ̄\
|   |
 \●/

 / ̄\
|   |
 ●_/

 / ̄\
●   |
 \_/

 ● ̄\
|   |
 \_/

今度は同じ円板を、1秒間に7/8回転の割合で同じく右に回してみましょう。
同様に1秒ごとに観察してみます。すると・・・

 /●\
|   |
 \_/

 ● ̄\
|   |
 \_/

 / ̄\
●   |
 \_/

 / ̄\
|   |
 ●_/

 / ̄\
|   |
 \●/

 / ̄\
|   |
 \_●

 / ̄\
|   ●
 \_/

 / ̄●
|   |
 \_/

あら不思議、あたかも左に回っているように見えます。本当は右に回っているのに、です。
これが錯視の正体です。この錯視は対象の観察がとびとび(間歇的)にしか行われないことに起因して生じます。1秒ごとにしか観察しないのであれば、毎秒7/8回転も毎秒15/8回転も、毎秒マイナス1/8回転(逆回り)も全く区別ができません。
エイリアスとは「観測が間歇的にしか行われない時に、回転速度や周波数が実際と異なって見える現象」を指します。上記の錯視はその一例です。

蛍光灯の光は電力の周波数に応じて1秒間に100回または120回の割合で細かく点滅しています。これは対象となる物体を、1/100(あるいは1/120)秒ごとに観察していることに対応します。1/100秒の間に0.99回転の割合で回る物体を蛍光灯の下で観察すると、1/100秒で0.01回転の割合で逆に回転しているように見える、というわけです。また1/100秒の間に200.05回転する物体でも、1/100秒間に0.05回転しかしないように見えます。

下記のページも参考にしてみてください。[1]は上記を視覚的に体感する実験、[2]は用語の解説です。
[1] http://www.aichi-c.ed.jp/contents/rika/koutou/bu …
[2] http://www.nifty.com/webapp/digitalword/word/013 …

参考URL:http://www.aichi-c.ed.jp/contents/rika/koutou/bu …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
久しぶりに授業を受ける感覚で読ませて頂きました。
大変詳しくまた面白く教えて頂き、感謝します。
長年の?が!になりよかったです。(へぇ~も連発)
更に難解そうな参考URLは追々理解しながら読もうと思います。

お礼日時:2005/02/27 01:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q扇風機のファンが逆回転に見えるのはなぜ?

 よく扇風機や自転車の車輪などが、回転している方向と逆の方向に回転しているように見えるのはなぜですか? 何か光の関係とは思ったのですが、先日9歳になる息子に聞かれて困ってしまいました。どうかうまく答えられるように、分かり易く教えて下さい。お願い致します。

Aベストアンサー

逆回転しているように見えるときは、必ずまわりに何かストロボ光源があるはずです。
蛍光灯、テレビの画面など。
高速で点滅する光のもとで回転する物を見ると、ある点滅の瞬間の羽根の位置と、その次の点滅の瞬間の羽根の位置の関係で、どちらに回っているように見えるかが決まります。
人間の眼はきわめて短時間に2枚の絵を見せられたとき、それを一番短距離の軌跡で動いているように補間するので、ある点滅と次の点滅で最も近くに見える羽根が、本当に同じ羽根であるとは限らないんですが。
テレビ画面などで扇風機や車輪が逆回転しているように見えるのも同じ原理ですが、この場合は撮影方法に原因があります。ムービーカメラ(1/24秒)もTVカメラ(1/30秒)も高速でシャッターを開閉することで撮影しているので、先述のストロボ効果と同じ効果が撮影した映像に生まれるのです。

…以上は大人向けの解説なので、9歳のお子さんにわかるようにわかりやすく翻訳してください(^_^)
図解して見せるとわかりやすいかも。

Q質量パーセントと重量パーセント

質量パーセントと重量パーセントの単位はそれぞれ違うのでしょうか?
mass% wt%というのがありますが、それでしょうか?
また、このmass%とwt%の違いも教えていただけませんか?

Aベストアンサー

質量パーセント濃度と重量パーセント濃度は同じで、mass%とwt%も同じことを表わします。
でも、混ぜて使ってはいけません。
「質量」とmass%を使うほうが望ましいと思います。

Q計算値と理論値の誤差について

交流回路の実験をする前に、ある回路のインピーダンスZ(理論値)を計算で求めたあと、実験をしたあとの測定値を利用して、同じ所のインピーダンスZ(計算値)を求めると理論値と計算値の間で誤差が生じました。
そこでふと思ったのですが、なぜ理論値と計算値の間で誤差が生じるのでしょうか?また、その誤差を無くすことはできるのでしょうか? できるのなら、その方法を教えてください。
あと、その誤差が原因で何か困る事はあるのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

LCRのカタログ値に内部損失や許容誤差がありますが、この誤差は
1.Rの抵抗値は±5%、±10%、±20% があり、高精度は±1%、±2%もあります。
2.Cの容量誤差は±20% 、+50%・ー20% などがあり
3.Lもインダクタンス誤差は±20%で、
3.C・Rは理想的なC・Rでは無く、CにL分、Lに抵抗分の損失に繋がる成分があります。
これらの損失に繋がる成分は、試験周波数が高くなると、周波数依存で増大します。
また、周囲温度やLCRの素子自身で発生する自己発熱で特性が変化します。
測定器や測定系にも誤差が発生する要因もあります。
理論値に対する測定値が±5%程度発生するのは常で、実際に問題にならないように、
LCRの配分を工夫すると誤差やバラツキを少なく出来ます。
 

QEXCELで描くグラフの延長

エクセルでデータからグラフを書き近似線を入れたときにデータの最大値と最小値から外れた部分には近似線がひかれないのですがここに線を延長する方法はありますか?
調べたのですが調べ方が悪いようでよくわからなくて…
どなたかご存知でしたらお願いします

Aベストアンサー

近似曲線の書式ダイアログボックスの
オプションタブの「予測」前方後方補外の区間を入力します。

Q共振周波数とは・・・

 タイトルのままですが、共振周波数ってどういう意味なのでしょうか?共鳴周波数とか固有周波数というのと同じ使われ方がしているようですが、いまいち意味が分かりません。
 また音響工学や物理学などで意味も少し変わってくるようです。私は通信工学の文献を見てこの用語を知りました。もしこの用語の意味を知っている方や、良いサイトなどがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

 コイルやコンデンサを含む回路では、周波数によって回路のインピーダンス(抵抗)が変化します。そして、共振周波数においてその回路のインピーダンスは最小となります。つまり、流れる電流は最大となります。

 身の回りにはさまざまな周波数の電波が飛び交っています。その中から目的の周波数の信号を取り出すためには、回路の共振周波数をその周波数に合わせます。すると、目的の周波数の信号にとっては回路のインピーダンスが小さく流れる電流は大きくなりますが、他の周波数の信号にとっては回路のインピーダンスが大きいために電流があまり流れません。
 
 ラジオにはいろいろな放送局がありますが、音声が混ざることなく、選局したもののみを聴くことができるのは以上の仕組みがあるからです。

Qワードで数直線の作り方を教えてください。

ワードで、数直線を書きたいのですが、どうやればよいのでしょうか。
数直線上にメモリを打って、数字も打ちたいのですが。
やり方を教えてください。
お願いします。

特に、オートシェイプで書いた縦の直線を、等間隔に並べたいのですが、やり方を教えてください。

お願いします。

Aベストアンサー

No.1です。追加します。

「図形の調整」ボタンの右横に左上向きの矢印(「オブジェクトの選択」)ボタンがありますよね。
これを押したら、10本の線を囲むように左上から右下へマウス矢印をドラッグしてください。矩形(四角形)で囲まれた範囲のオートシェイプが全て選択状態になるはずです。

Q仕上げ記号と幾何公差の違い

仕上げ記号と幾何公差の違い
お世話になります。
図面で、例えば直方体底面に、全体の仕上げ記号として▽▽などと表記した場合と、同じ箇所に幾何公差の平面度記号(平行四辺形の記号)を使って表記した場合では、別の意味になってくるのでしょうか。
詳しい方ご教示お願いします。

Aベストアンサー

分割回答みたいになってすみません。

失念していた言葉を思い出したことがありまして
”きさげ”というのを御存知ですか?
例えば
http://www.fujitass.co.jp/gijutu_kisage.htm
http://www.mitsuiseiki.co.jp/machine/column/index.html
この場合平面度は高いですが表面仕上げは悪いですね。
こういう場合もあります。

Qwt%からat%に変換する方法

wt%からat%に変換する方法

wt%からat%に変換する方法を教えてください!

Aベストアンサー

再登場(笑)

>>>鉛とスズの化合物の鉛の%です。

そうでしたか。

まず準備として、鉛のwt%から、鉛とスズの質量比を求めます。

鉛の質量/スズの質量 = wt%/(100 - wt%)

では本番。
at% ÷ 100 = 鉛の原子数 ÷ (鉛の原子数+スズの原子数)
 = 鉛の質量/鉛の原子量 ÷ (鉛の質量/鉛の原子量 + スズの質量/スズの原子量)
 = 鉛の質量 ÷ (鉛の質量 + スズの質量×鉛の原子量/スズの原子量)
 = 鉛の質量/スズの質量 ÷ (鉛の質量/スズの質量 + 鉛の原子量/スズの原子量)
 = wt%/(100 - wt%)
      ÷ {(wt%/(100 - wt%) + 鉛の原子量/スズの原子量}
 = wt% ÷ {(wt% + (100 - wt%)×鉛の原子量/スズの原子量}

よって、
at% = 100×wt% ÷ {(wt% + (100 - wt%)×鉛の原子量/スズの原子量}

原子量は周期表などで調べてください。

Q組成 at%→wt% への変換方法

早速ですが質問させて頂きます。

Si:85.01at% とMo:14.99at%の混合材料をwt%に換算したときそれぞれ何wt%になるのでしょうか?

答えはSi:62.41wt%とMo:37.59wt%なのですが、どう計算すればこの答えになるのかが理解出来ません。

触れた事のない分野なため詳しく教えて頂ければ幸いです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

at%というのはそれぞれの元素の数の割合を示しています。wt%は質量の割合を示しています。したがって
全体の元素が100molある中でSiの元素の数は85.01mol,Moの元素の数は14.99molということになります。
それぞれの元素のモル数にそれぞれの元素のモル質量を掛けて加算すれば全体の質量が求められますね。
28.09*85.01+95.95*14.99= 2388+1438 = 3826 g
全体が3826gに対してSiの質量は2388gですからSiのwt%は
2388/3826*100= 62.41 %
Moの質量は1438gですからMoのwt%は
1438/3826*100= 37.59 %

Qエイリアス効果

サンプリング周波数fsが低いときに生じるエイリアス効果とは
どのようなものですか?
具体的に教えてください。

Aベストアンサー

離散時間系の信号処理で出てくる言葉ですね。
高い周波数成分を持つノイズの影響が、連続時間系の信号処理に比べ、離散時間系ではより強く現れてしまう現象を言います。

離散時間でのディジタル信号処理では通常、ある信号S(t)をサンプリングしたらその信号を1周期T(=1/fs)の間ホールドします。
いま、たまたまノイズが入ってきた瞬間にサンプリングしてしまったとしましょう。このノイズをホールドしてしまうとその1周期Tの間、サンプリングした値=ノイズの値になってしまいます。
連続時間系ならどうでしょうか。周波数の高いノイズ成分が入ってきても、次の瞬間にはS(t)は別の値になりますから、影響は小さくて済みます。

以上は直感的な説明ですが、もうすこし厳密にやるなら信号の周波数スペクトルを考察してみるとよいでしょう。(図を参照、等幅フォントを使用下さい)
ある信号を時間軸と周波数軸で取扱う場合、以下の双対の関係が存在します。これはご存じですよね。(エイリアス効果の理解には、このレベルの基礎的理解は必須です)

 時間軸    周波数軸
離散信号 ←→周期スペクトル
連続信号 ←→非周期スペクトル
周期信号 ←→離散スペクトル
非周期信号←→連続スペクトル

連続時間の信号の周波数スペクトルは、周波数0から∞まで延々と存在します。
では離散時間の信号の周波数スペクトルはどうなるでしょうか? 周波数0から∞まで延々と存在するでしょうか? そうではないですよね。離散時間系ではあまり高い周波数の信号は扱えないのです(サンプリング定理のところを読み返してみて下さい)。そこへ無理矢理高い周波数の信号(この場合はノイズ)を放り込むとどうなるでしょう? 結論だけ書くと「低い周波数成分に化けて出てくる」のです。最初の説明と本質的に同じことです。

強度

|■
|■  ■
|■■■■ ■
|■■■■■■■ ■
+―――――――――→周波数


失礼ながらレポート課題のような印象を受けましたので、ヒントだけ書いてあとはご自身で考えて頂くようにいたしました。
万一P54さんが何か具体的な問題でお困りで質問されたということであれば補足下さい。もう少し詳しく説明します。

離散時間系の信号処理で出てくる言葉ですね。
高い周波数成分を持つノイズの影響が、連続時間系の信号処理に比べ、離散時間系ではより強く現れてしまう現象を言います。

離散時間でのディジタル信号処理では通常、ある信号S(t)をサンプリングしたらその信号を1周期T(=1/fs)の間ホールドします。
いま、たまたまノイズが入ってきた瞬間にサンプリングしてしまったとしましょう。このノイズをホールドしてしまうとその1周期Tの間、サンプリングした値=ノイズの値になってしまいます。
連続時間系ならどうでし...続きを読む


人気Q&Aランキング