永井均の<私>論は、哲学を勉強し始めた僕にとってとても
魅力的で、かつ実感的な説得力があるように感じていました。

でも理屈としては腑に落ちないところがあります。
永井は『<こども>のための哲学』の中で、
「(自我と他我の)問題を、最初から、認識論的にではなく、存在論的に考えようとした。」(96頁)
と書いていますが、そんなことが可能なのでしょうか?

他人の世界の実在を認めたうえで、<この私>の世界の独自性を認めようとする思考を「独在性の思考」と永井は呼んでいますが、そもそもそんなことは不可能ではないかと僕は感じるのです。

だって、「実在が認められる」ということこそが、<私>の独自性じゃないんでしょうか? その特徴を他人にも認めてしまうのなら、その時点で<私>の独自性なんて無くなってしまうのではないでしょうか?

細かい質問で申し訳ありませんが、ここを解決しないと先へ進めません。
どうか御指導をお願いします。

また、独我論を論駁する試みにはどのようなものがあるのか、参考文献だけでも教えて頂ければとても嬉しいです。
謙遜ではなく本当に知識が無いので、ごく基本的なものでも構いません。
お願いします。

A 回答 (5件)

すみません。

参考文献だけになってしまいますが、柄谷行人(からたにこうじん)さんの「探求1」「探求2」はきっと参考になると思います。講談社の学術文庫から出ていて、とても刺激的な本です。永井均さんの本は「マンガは哲学する」とかもシンプルかつ深くて好きです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
昨日「探求1」を読み終えました。
経済論っぽい分野はよく分かりませんでしたが、ウィトゲンシュタインには以前から関心があったのでとても興味深く読みました。
永井的な<私>との関わりという点で深く考えられるほどには、まだ消化できていませんが、とても勉強になりました。感謝します。

お礼日時:2001/10/04 20:37

 僕は永井均氏の著書をほとんど読んでいます。

ここでは、詳細に論じるわけにはいきませんが、氏は「独在性」と「独自性」を明確に区別しています。shunchiさんはその辺りがまだクリアになっていないのではないでしょうか。哲学を勉強なさっているのでしたら、『〈魂〉に対する態度』の第3部や『〈私〉の存在の比類のなさ』所収の「他者」等をお読みになった方が、『〈子ども〉のための哲学』よりも理解しやすいように思います。

 独我論を論駁する試みは数限りなく行われています。むしろ、そちらの方が主流だといっていいほどだと思われますが、永井均を読んだあとはほとんど虚しい試みに思えてきたというのが正直な印象です。
    • good
    • 0

>他人の世界の実在を認めたうえで、<この私>の世界の独自性を認めようとする思考を「独在性の思考」と永井は呼んでいますが、そもそもそんなことは不可能ではないかと僕は感じるのです。


 そうだったんですか。僕が考えているのは、(独自や独在などを使い分ける事は僕にはできないので、言葉が足りない事をすみません)
>その特徴を他人にも認めてしまうのなら、その時点で<私>の独自性なんて無くなってしまうのではないでしょうか?
 認めても証明はできないはずです。重要なのは、他者に目が見えているか?と言う事で無く、私と他の様々の関係でなく。私と、それによって捉えられる世界(目の前の世界が)との関係が、絶対的第三者(私の息のかかったものではない存在)
と私の関係に似たものがあるということだと思います。絶対的第三者を想定しないと、私がいることの証明をできません。世界があるのは私が世界を見ているからで、私がいるのは、それと同じような事が、私と何かの間で起こっていると考えます。その何かが世界であると言うのは無理な事です。何故ならその世界は私による世界だからです。私と世界は相互に関係しているのではないのです。私の独自性は、世界(他者)によるのでなく。絶対的第三者によっているのです。僕が考えているのはここまでです。絶対的第三者と世界の関係について、それを含めた三者の関係はまだよく整理ついてません。こんな駄文ですが、何か参考になればうれしいです。
    • good
    • 0

私は哲学にくわしいわけではないのですが、永井均さんの本が好きです。

shunchiさんの質問の答えになるかわかりませんが、永井さんの「翔太と猫のインサイトの夏休み」を読まれたことはありますか?これは「こどものための~」よりもうちょっと理論的に彼の哲学を説明してあります。独我論についてもあったような記憶があります。すでに読まれていたらごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「翔太と猫」は結構前に読みました。
少しだけ今読み直したのですが、独在性からのつながりで出てきたカントの話は
もう一度詳しく読んでみる価値があると思いました。
御回答に感謝します。

お礼日時:2001/08/27 16:21

永井均さんの本を読んだこともありませんので、見当違いかもしれませんか、


質問を読んでいると、
人の数だけ、実在や独自性があると、永井均という人は言っているのではないですか?
独我論など聞いたこともありませんのでお役に立てません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました。

でも、永井均がいっているのは、それぞれの独自性みたいなものじゃなく、・・・
<この>私の独自性・・・えーと、ごめんなさい、僕の力では詳しく説明できませんが、人はひとりひとり誰でもがかけがえの無い存在だとか、そういうことでは無いのです。

質問の中で説明が足りなかったかもしれません。
すみませんでした。

お礼日時:2001/08/27 16:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q永井均の独我論はいったい何を言おうとしているのですか

 ヰ゛トゲンシュタインは 読んでいません。
 強いて解釈を加えれば 二つの可能性があると考えます。
 A. 一人ひとりの存在が 掛け替えのないものであると言おうとしている。 
  これは 魂の存在を言おうとしていると取っても それは 一般的な人間の存在を言うはづですから 独我というようなものではないと考えられるのですが 方向性として そうであるかも知れません。

 B. 結局 絶対者とわたしとの関係を 自己の存在の背景に持って来ようとしている。
  これは たぶん ふつうの神ではなくて 無神という神 との関係だろうと思われます。特に何かにつけて言う必要のない絶対者のことだろうと推測します。
 このBも もしそうだとすれば けっきょくは Aと同じ意味にもなると思います。ただ Aの場合よりは 根拠(と言っても 無根拠のことですが)が しっかりしているとは 推し測られます。
 
 ヰ゛トゲンシュタインの解説を述べるのは分かりますが なんで このような無味乾燥〔にわたしには見える〕独我論を いくつかの著書として書いているのでしょう? 是非このわたしの見えないところをおしえてください。
 
 

 ヰ゛トゲンシュタインは 読んでいません。
 強いて解釈を加えれば 二つの可能性があると考えます。
 A. 一人ひとりの存在が 掛け替えのないものであると言おうとしている。 
  これは 魂の存在を言おうとしていると取っても それは 一般的な人間の存在を言うはづですから 独我というようなものではないと考えられるのですが 方向性として そうであるかも知れません。

 B. 結局 絶対者とわたしとの関係を 自己の存在の背景に持って来ようとしている。
  これは たぶん ふつうの神...続きを読む

Aベストアンサー

「永井均の独我論」とは、いっちゃ悪いですが、孤独から生まれた理論です。
極端に言うと「他人は自分ではないから、他人には自分の意見を、これっぽっちも理解なんかできやしない」っといった所でしょうか。
どうやら、自分が他人と同じ見識だったら、自分を見失いそうで、自分と他人の意見がかぶるのを許せないようです。
別人だろうと少しくらい同意見があるものなのに、どう考えても変な話。早い話が、ひねくれ者なのかもしれません。
・同感 (論理積)   「僕もそう思ってたよ」や、
・共感 (論理和)   「僕もそうだと思うよ」ではなく、いつまでも
・反感 (論理否定)  「君がそう思うなら、僕はそう思わないね」や、
・違和感(排他的論理和)「君もそう思うなら、もう僕はそう思わないや」で
考えているようでは、いつになっても両者の答えは、収束しません。
つまり、これを独我論と呼んでいるのでしょう。意味不明ですが……。
抽象的な「自分」「他人」の概念のままでは、数学的に空論ですので、どうぞ気になさらないでください。
もっとも、この回答も、いくら正解だと主張しても、分野が違ったりするだけで語意が相違となり、誤解や曲解が生じるので、心意が正確に伝わらず、不正解と解釈されます。

「永井均の独我論」とは、いっちゃ悪いですが、孤独から生まれた理論です。
極端に言うと「他人は自分ではないから、他人には自分の意見を、これっぽっちも理解なんかできやしない」っといった所でしょうか。
どうやら、自分が他人と同じ見識だったら、自分を見失いそうで、自分と他人の意見がかぶるのを許せないようです。
別人だろうと少しくらい同意見があるものなのに、どう考えても変な話。早い話が、ひねくれ者なのかもしれません。
・同感 (論理積)   「僕もそう思ってたよ」や、
・共感 (論...続きを読む

Q哲学者にとっての独我論

いろいろ調べましたが独我論や懐疑論を否定するのは難しいようです。ということは多くの哲学者は独我論や懐疑論以外のことを論じているときは(独我論や懐疑論があるゆえに)自分の言っていることが間違っているかもしれないということを覚悟の上で論じているのでしょうか?
変な質問でしょうが宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、最初に言葉の使い方から。
「独我論」というのは、主観的認識論に属する思想を、批判的にとらえるときに使う言葉なんです。

「わたしの意識」ということを「確実なもの」として、認識のしくみを考えていった認識論が、不可避的に陥っていくアポリア(行き詰まり)として「独我論」がある。
それを乗り越えていくためには……、という文脈で使われるものなんです。

>哲学者は独我論や懐疑論以外のことを論じているときは

というように、自分は「独我論」として人間の認識のもんだいを立てるぞ、と、宣言して使っているわけではない。
そこを、最初に押さえておいてください。

あくまでも、人間の認識のありようを考えるとき、「自己の意識とその意識がとらえた像のみが確かなものであって、他者はこころに現れた現象として認識するしかない」と考えるのが独我論であって、世界には自分しかいない、とか、そんなことを言っているわけでは全然ないんです。全然そういうのとちがいます。ここ、ほんとにまちがえないでください。お願いします。

たとえば「強い独我論」とされるバークリー、この人は、懐疑主義を乗り越える方法を考えます。

懐疑主義というのはなにかというと、人間の主観的な知覚から離れた、ものごとの「実在」(現象として存在するのではなく、その普遍的な、絶対的なありよう)は人間には知ることができない、とする考え方です。つまり、人間に可能な認識の範囲をもんだいにしているわけです。つまり認識哲学として分類される人は、大なり小なり懐疑論者であるわけです。

バークリーは、人間が物体をどのように認識するか考えていきます。
わたしたちは、自分の感覚で「物体」というものをとらえている。
たとえば目の前のコップ、これを眼で見、手にとって、手触りや重さを知る。落とすと割れる、中に飲み物を入れることができる、そういったことの一切は、経験によって知っている。
けれども、このコップから、自分の感覚によって与えられた要素を、ことごとく取り去ったら何が残るか?
何も残らない。
ここから有名な「存在とは知覚されることである」ということが出てきます。
こうして、バークリーは「物体」という「実体」(デカルトは「存在するために、他のいかなるものも必要とせずに存在するもの」として、神・精神・物体の三実体を考えます)を否定するのです。

そうして、ここから世界をつねに知覚しているはずの「神」の存在を証明しようとするのですが、そこはここでは触れません。

つまり、理解してほしいのは、世界も他者も、自己の意識の像にすぎない、と考えたバークリーも、「独我論」をうち立てることを目的として、こうしたことを考えたわけではない、ということです。事実、バークリーは物体を「神の観念」と見ることで、独我論を免れようとしているのです(みんなこの部分はあんまり触れないけどね)。

独我論が「アポリア」とされるのは、そこへ向かおうとしなくても、そこへ落っこっちゃうから「アポリア」なんです。
さて、この回答は
>独我論や懐疑論以外のことを論じているときは(独我論や懐疑論があるゆえに)自分の言っていることが間違っているかもしれないということを覚悟の上で論じているのでしょうか?

という問題の答えになっているでしょうか。

まず、最初に言葉の使い方から。
「独我論」というのは、主観的認識論に属する思想を、批判的にとらえるときに使う言葉なんです。

「わたしの意識」ということを「確実なもの」として、認識のしくみを考えていった認識論が、不可避的に陥っていくアポリア(行き詰まり)として「独我論」がある。
それを乗り越えていくためには……、という文脈で使われるものなんです。

>哲学者は独我論や懐疑論以外のことを論じているときは

というように、自分は「独我論」として人間の認識のもんだいを立てるぞ、と、...続きを読む

Q独我論

ひとり回転し続けるモノローグ。

どこまでも自己を主張し続けるという意味では無際限だが、
一面的であるという意味では有限である。

身近にそんな方いらっしゃいませんか?

Aベストアンサー

 思い当たる人はいますが、まあ良いのではないでしょうか。

 モノローグ=独白という意味ですね、

 「自己主張」の内容が 真実ではなく、あくまで独自の独白であると認識できるならその都度指摘していくしかないでしょう。それが自分のためでもあると思います。しかし、「真実なんて個人には解らない、認識できない」と言うなら、独白であるかどうかもわからないと云う事にもなりますか。

Q独我論~なんで強姦したらいけないの?

強姦=道徳的でも犯罪でも絶対してはいけないことですが

「独我論」で考える場合
もし強姦が犯罪でないとするなら
なぜしてはいけないと思いますか?

自分がいないと成り立たない世界であるし,自分があってこその世界だし
自分の好きなようにすべきでは?

Aベストアンサー

非常に愉快な面白いことに、独我論を持ち出すものですね。

私の能力では貴方の考えている事には計り知れないものがある。

独我論は一つの懐疑主義的仮説として機能してきたものである。

即ち利己的と云っても過言ではないですか。

独我論をもって、何事も行うとすれば、他の人達も同様に独我論で判断し貴方に対応しなければならない。
 
 貴方一人が独我論で物事を進め、強姦が正当性があるとするならば、強姦される人も独我論で判断し対応しなければなりませんね?。

 難しい質問ですね。

 他の人達が独我論で、貴方を苛めたら貴方はどうするか?

 独我論は貴方一人の枠の中で考えることは許されるのでは?、しかし、その貴方の勝手な独我論で社会に出て、何事も実行したならば、他の人達が受け入れなかったならば、貴方の独我論は正当ではない、即ち同じ境遇で災難に遭うことになるのではないですか?

貴方が女性であって、そして身なりの汚い人から、独我論で強姦しても良いとして、貴方が災難に遭ったと仮定した場合、強姦した相手を独我論として認め、許せるかどうかの問題ではないですか。

 さて、どのように考えるか?。

 私は、独我論を提唱するものは、私の独我論で言えば精神異常者であると認識しています。

 さて、難しいですね。

 哲学者の言うことは、想像と創造の中で様々に、哲学的に考えるから、私自身はあまり近づきたくないですね。

 何故ならば、私は体を使用して働くしか脳の無い人間ですから。

 参考です。悪しからず。

非常に愉快な面白いことに、独我論を持ち出すものですね。

私の能力では貴方の考えている事には計り知れないものがある。

独我論は一つの懐疑主義的仮説として機能してきたものである。

即ち利己的と云っても過言ではないですか。

独我論をもって、何事も行うとすれば、他の人達も同様に独我論で判断し貴方に対応しなければならない。
 
 貴方一人が独我論で物事を進め、強姦が正当性があるとするならば、強姦される人も独我論で判断し対応しなければなりませんね?。

 難しい質問ですね。

 他の人達が...続きを読む

Q独我論と、相対性理論はウソでは?

独我論と、相対性理論はウソでは?

特に相対性理論は間違っていて、量子力学が正しいのは明白です。

今すぐに、物理学者は、相対性理論を捨てるべき。

Aベストアンサー

量子力学の根本(光量子性の発見)も、相対性理論も、同一人物が
打ち立てたものです。
量子性の確率的解釈に反対して赤っ恥をかいたのも同一人物なのも
確かですが、この2つの理論は矛盾しません。
マクロには相対性理論、ミクロには量子論が有効です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報