【初月無料キャンペーン中】gooドクター

東京電力パワーグリッドの送電線付近で重機( クレーン車 )を使っての作業の時はなぜ、東京電力パワーグリッドに連絡をしなければいけないのでしょうか。

gooドクター

A 回答 (3件)

感電防止のためでしょうね。


適切に感電防止策がとられているかどうか
確認の必要があるからではないでしょうか?

労働安全衛生規則
第三百四十九条 事業者は、架空電線又は電気機械器具の充電電路に近接する場所で、工作物の建設、解体、点検、修理、塗装等の作業若しくはこれらに附帯する作業又はくい打機、くい抜機、移動式クレーン等を使用する作業を行なう場合において、当該作業に従事する労働者が作業中又は通行の際に、当該充電電路に身体等が接触し、又は接近することにより感電の危険が生ずるおそれのあるときは、次の各号のいずれかに該当する措置を講じなければならない。
一 当該充電電路を移設すること。
二 感電の危険を防止するための囲いを設けること。
三 当該充電電路に絶縁用防護具を装着すること。
四 前三号に該当する措置を講ずることが著しく困難なときは、監視人を置き、作業を監視させること。
    • good
    • 0

先日も神奈川県だっけ?


送電線の付近で高所作業車使っていて感電死した事故あったよね・・・・

そういう危険性を事前に排除する為だと思うけど
    • good
    • 0

送電線への被害事故が予想されるからです。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング