今現在、農地を持たずに馬の育成を業としている者がいます。
今回、農地を取得してそのすべてを農業用施設(馬小屋、パドックの建設)とするための農地法第5条の申請をしようとしています。
今までは、馬の飼育を委託、あるいは馬小屋を借りて飼育を行ってきました。
農業者であれば、農業用施設を建設することは農地転用上問題がないと思いますが、農地を持っていないことが農業者でないとの扱いになり申請が却下されるでしょうか。
農地をもたなくても、「養畜」として農業者として認められると思いますが。
農地法上の農業者の定義について教えてください。
なお、この者は家畜商の免許を持っており、馬の売買を行うこともできます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>農地法上の農業者の定義について



「自作農」「小作農」について(農地法2条2項、4項)
「農業生産法人」について(同法同条7項)

農地法上の農業者としては、上記の条項に記載されているもののみだと思います。


>農地を持っていないことが農業者でないとの扱いになり申請が却下されるでしょうか。
>なお、この者は家畜商の免許を持っており、馬の売買を行うこともできます。

「農業生産法人」として認められれば問題はありませんが、「家畜商の免許」というものが、単に「家畜を売買することができる」という内容の「売買又は売買の仲介」の免許であり、農地法2条7項1号にいう、事業内容としての「農業」にあたるものでない限り、「農業生産法人」とは認められないものと思います。

農地を所有していなくても、借地権(民法601~622条)や永小作権(民法270~279条)を設定して養畜を行っている個人であれば、「小作農」として認められます(農地法2条2~4項)。

「農業生産法人」と認められない場合には、個人として、
>今までは、馬の飼育を委託、あるいは馬小屋を借りて飼育を行ってきました。<
ということで、この内容が「小作農」として認められるかどうかによって結論が異なるものと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきましてありがとうございました。
今後ともよろしくおねがいします。

お礼日時:2001/09/08 07:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q農地に小屋を建てたい

以前から所有している農地(地目:畑 面積:5畝強 現況:自家用の野菜畑)があります。そこに、5~10坪ぐらいの作業小屋を建てたいのですが、何らかの制約があるのでしょうか? 小屋は居住用ではなく、資材保管などの目的です。残りは依然、畑として耕作します。また、この畑の周囲は水田です。なお、我が家は農家ではないので、この土地は本登記できないとのことで、依然より仮登記の状況です。
特に知りたいことは、地目がこのままで、建造できるのか? できるとすれば法的な制約はあるのか? 許認可などの手順は? といったことです。

もちろん本格的に進める段階になれば、役所や建築業者との折衝や確認は想定しています。今の段階では、予備知識として知っておきたい といったところです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 ほとんどの建物の建築には、建築確認もしくは、建築許可が必要であることを念頭においてください。

 農地を売買するには、地元地方公共団体の農業委員会の許可が必要です。
 しかし、ながら、農地の譲渡の場合、農業委員会の許可を得るには、農家どおしの取引か、既成の農家から、一定の条件を具備した新規農家への譲渡になると思われます。

 そのため、一気に3反~5反の農地を取得して新規農家となることができない場合、譲受人としては、自分の所有権を保護(担保)するために所有権移転の仮登記を行うことになります。

 貴方の場合の、これに該当するので、所有権移転の仮登記でとどまっているものと想像されます。

 さらに、農地の形状を変える場合(農地から宅地)にする場合も、同じく農業委員会の許可が必要となります。

 もう一つ、その土地が、都市計画内の土地か否かの問題があります。
 土地計画が全くない土地の場合(市街化区域でも、市街化調整区域でもない場合)、一定の面積以内なら、農業委員会の許可は必要ですが、建築確認・許可は不要になります。

 土地計画があり、その土地が市街化調整区域であれば、農地を造成して宅地にする場合、「開発許可」が必要となります。同時に、農業委員会の許可も必要となります。さらに、建築許可が必要となります。

 都市計画があり、その土地が市街化区域であれば、農業委員会の許可と、建築確認が必要になります。

 つまり、地目「畑」のままでは、建物は、建てることができません。

 農業委員会への申請は、登記上の所有者であるはずです。
 農業委員会への農地転用許可申請の場合、その許可する区域を明確にするため、作業小屋を建築し、使用する土地の範囲を、分筆するように指導される可能性もあります。

 ほとんどの建物の建築には、建築確認もしくは、建築許可が必要であることを念頭においてください。

 農地を売買するには、地元地方公共団体の農業委員会の許可が必要です。
 しかし、ながら、農地の譲渡の場合、農業委員会の許可を得るには、農家どおしの取引か、既成の農家から、一定の条件を具備した新規農家への譲渡になると思われます。

 そのため、一気に3反~5反の農地を取得して新規農家となることができない場合、譲受人としては、自分の所有権を保護(担保)するために所有権移転の仮登記...続きを読む

Q農地の売買について。株主総会と農業公社。

現在、当方が所有する農地(田んぼ)を売買する予定です。
すでに買い手も決まっており、買い手の希望により売買には農業公社を間に入れる予定です。

そこで質問なのですが、農地は株主総会にかけないと売買出来ないものなのでしょうか?

また、農地を農業公社を通して売買した場合、税金が控除されるメリットと、売却金の入金が遅いというデメリットは知っているのですが、その他農業公社を通して売買した場合のメリットやデメリットはありますでしょうか?

それと、農業公社の人はかなり態度が悪かった(言葉づかいや口調がかなり悪く、急かすように話をしてきました)のですが、農業公社とはドコもそんなものなのでしょうか?


解答お待ちしております。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

まず農業公社には2種類あります。
市町村農業公社は市町村,農協などが出資し,農林水産業関連の業務を行う第三セクター。
農地保有合理化法人の指定を受けて農地保有合理化事業を行う財団(社団)法人。

税金が控除されるなどのメリットは農地保有合理化事業であり、農地保有合理化法人の指定を受けていなければなりません。(手続きは農業委員会を通じておこないます)


>農地は株主総会にかけないと売買出来ないものなのでしょうか
そもそも、例外的に農業生産法人として株式会社形態が認められていますが、農地を一般の株式会社が所有することは認められていません。
したがって、株主総会と農地売買の直接的な関係はありません。

>農業公社を通して売買した場合のメリットやデメリットはありますでしょうか?
書類の作成などは公社が行い特別なデメリットはありません。売却金の入金は権利移転後すぐに入ります。
ただし、農業公社とは言っても農地保有合理化法人の指定を受けていない公社は税の特別控除がありません。
一覧をリンクしておきます
農地保有合理化法人指定の農業公社
http://www.nouchi.or.jp/list/list2.htm
農地合理化法人指定の市町村
http://www.nouchi.or.jp/list/list4.htm
農地合理化法人指定の農協
http://www.nouchi.or.jp/list/list3.htm

>農業公社の人はかなり態度が悪かった
農地保有合理化法人の指定を受けている農業公社であるとしてお答えします。
<言葉づかいや口調がかなり悪く>
農業委員会との関わりで、財団法人などの法人形態を取っていても、実質は公務員と同じような存在です。
自治体職員は「お上」感覚が目立たなくなりましたが、現業部門や関連法人では批判を受けることが少ないので横柄であったり命令口調の職員がいる事があります。

<急かすように話をしてきました>
売買や貸借などに関して農業公社を利用する件数が少なく実績が上がっていません。そのために農業公社を存続(職員の整理をさせない)のために、少しでも取扱件数を増やさなければなりません。
また、売買価格の1%(買入協議の場合は買入れのみ2%、)の手数料があるので、売買は公社の収入源の一つです(貸借の場合は無料)。
急かしてでも確実に契約をさせたいのはそのためです。


なお、
農地保有合理化法人指定の農業公社は、農業経営の規模拡大や労働生産性の向上を目的に設立されており、農用地等を買入れ又は借入れ、営農意欲の高い農業者等へ売渡しや貸付けすることのできる公的な機関です。
売買や貸借は、原則として農業委員会の「あっせん」等により行い、農地法第3条、又は市町村の「農用地利用集積計画」により行います。

まず農業公社には2種類あります。
市町村農業公社は市町村,農協などが出資し,農林水産業関連の業務を行う第三セクター。
農地保有合理化法人の指定を受けて農地保有合理化事業を行う財団(社団)法人。

税金が控除されるなどのメリットは農地保有合理化事業であり、農地保有合理化法人の指定を受けていなければなりません。(手続きは農業委員会を通じておこないます)


>農地は株主総会にかけないと売買出来ないものなのでしょうか
そもそも、例外的に農業生産法人として株式会社形態が認められてい...続きを読む

Q農業委員会で審議される前に農地転用の工事が始まったときの対応

農地法第4条申請書が出されましたが、農業委員会の総会で審議する前に農地転用の工事が始まりました。農業委員会の総会ではどのような対応をしたらよいか教えてください。
また、この申請者の親が農業委員である場合の対応についても合わせて教えてください。農業委員の資質としての問題はありませんか。

Aベストアンサー

>農地法第4条申請書が出されましたが、農業委員会の総会で審議する前に
>農地転用の工事が始まりました。農業委員会の総会ではどのような対応を
>したらよいか教えてください。

 農業委員会の内部事情に関しては分かりませんので、あくまでも一般論としてお聞き下さい。

 girouさんがお考えになっておられるのは、農地法92条によると、「同法4条1項の規定に違反した者は3年以下の懲役または100万円以下の罰金」ということになっているために、このような者に対して許可を与えるための審議をする必要があるのかどうか、という点が引っかかっておられるのではないかと思います。
 もちろん、議事進行に関する内部規律や条例などがあればそれに従うことになるわけですが、特別そのようなものが無かった場合どうすればよいのか、ということだろうと思います。

 私見では、農地法の許可基準を満足するか否かということと、農地法違反による罰則とは別のものです(このことに関する内部基準が別にあればそれに従います)。ですから、「許可は下りたけれども、農地法違反で罰金。」という結論もあり得ると考えます。

 つまり、私ならば、

1.まず、出された許可申請については、おそらく許可のための内部基準が
  おありでしょうから、他の案件と共に、その許可基準を満たすか否か
  という点を、総会において公平に審議して結論を出します。

2.次に、許可が下りていないにもかかわらず、転用の工事を始めている事実を
  公表して、農地法92条の罰則の適用をするべきか否か、
  適用するとしたならば、どの程度にするのか、という点を審議して、
  結論を出します。


>また、この申請者の親が農業委員である場合の対応についても合わせて
>教えてください。

 おそらく、農業委員会の構成員の中でも実力者なのだろうと思いますが、私ならば、素知らぬ振りをして、他の案件と共に平然と審議を進めます。あくまで公務ですから、私情をはさむべきではないと考えるからです。
 しかし、これはgirouさん個人の資質にもよるところが大きいですから、girouさんご自身のご判断に委ねたいと思います。


>農業委員の資質としての問題はありませんか。

 確かに問題はあると思います。
 このことを他の農業委員の方も同様に感じておられるようであるならば、所定の案件の審議終了後、任命権者である首長に対して、他の農業委員全員連名の上、罷免の請求をしても宜しいと思います。

 私ならば、有力な農業委員、少なくとも数名と共に、総会が始まる数日前に、事前にこれらに関する段取りを打ち合わせておきます。
 その方達との話し合いの結果によっては、その農業委員の方の進退問題に関しては不問にふすこともあるかもしれません。


 以上、あくまでも私見です。農業委員会の内部事情に詳しい方ならば、また違った判断があるかもしれません。他の農業委員の方と、よくご相談なさったほうが宜しいと思います。ご参考まで。

>農地法第4条申請書が出されましたが、農業委員会の総会で審議する前に
>農地転用の工事が始まりました。農業委員会の総会ではどのような対応を
>したらよいか教えてください。

 農業委員会の内部事情に関しては分かりませんので、あくまでも一般論としてお聞き下さい。

 girouさんがお考えになっておられるのは、農地法92条によると、「同法4条1項の規定に違反した者は3年以下の懲役または100万円以下の罰金」ということになっているために、このような者に対して許可を与えるための審議をする...続きを読む

Q公道に2.5メートル接している農地に住宅は建設できるか?

先祖から譲り受けた農地に家を建てたいと思っております。公道に2.5メートルしか接しておりません。近所の素人の方に聞いてみると4メートル以上接していなければだめだという方と。いや2メートル以上接していれば大丈夫と、言われる方がまちまちです。
専門の方の回答をお願いしたいと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、接道に関してのみを言えば、
原則「幅員4m以上の道路に2m以上接道」していれば、
住宅の建築は可能です。しかし、接道部分が極端に細長く、
きど道や家にたどり着くための進入路のような
形をしている場合(分かりにくいかな・・)
2mでは足りない場合があります。
(市町村によって条件が異なります)

しかし、質問者さんのように、農地を宅地にする場合、
接道以外で、今まで回答されてる方がおっしゃるように、
宅地に変えて建築することができるか
という問題がありますね。

NO.6の方がおっしゃるように、
その土地が市街化を抑制する地域にあるのか、
そうでない地域にあるのかによって、
宅地化が可能かどうかが変わってきます。

市街化を抑制する地域であれば、
それなりの許可申請を得なければ宅地に
変えることができませんし、
いつでもその申請に対しての回答を得れるわけではなく、
申請時期と回答時期が市町村によって決まっていますので、
回答が帰ってくるまでに半年くらいかかる可能性もあります。
市から県に農地転用許可に関して、お伺いをたてる場合がありますので。

市街化をすすめる地域(市街化区域)であれば、
比較的簡単に農地転用をすることができます。
もともと、積極的に農地→宅地化を勧める地域なので。

条件がいろいろありますので、
気になるハウスメーカーさん等で
お聞きになられればいいと思います。

よいお家が建つといいですね(^-^)

まず、接道に関してのみを言えば、
原則「幅員4m以上の道路に2m以上接道」していれば、
住宅の建築は可能です。しかし、接道部分が極端に細長く、
きど道や家にたどり着くための進入路のような
形をしている場合(分かりにくいかな・・)
2mでは足りない場合があります。
(市町村によって条件が異なります)

しかし、質問者さんのように、農地を宅地にする場合、
接道以外で、今まで回答されてる方がおっしゃるように、
宅地に変えて建築することができるか
という問題がありますね。

NO...続きを読む

Q建設業法の業種分類について教えてください。上水道管水路や農業用管水路の

建設業法の業種分類について教えてください。上水道管水路や農業用管水路の大口径管路(Φ400以上mm)に超音波流量計を設置するような工事は、機械器具設置工事、電気通信工事、電気工事のどれに分類されるでしょうか教えてください。

Aベストアンサー

機械器具設置工事業というからには、目に見えるパワーがあるもの
例:エレベーター、エスカレーター、自動駐輪場
といった動きのあるものです。

流量計が電気仕掛けで、その場所で完結してしまうものなら電気工事業、
流量を配線で遠隔地に表示したり、遠隔地の他の機器と連動させるものなら電気通信業、
その遠隔器機もセットなら機械工事業

なんか、循環してますね(笑)

参考URL:http://www.abejimu.com/kense2/28gyosyu/gyosyu08.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報