貿易乗数について説明できる方いましたら、教えて下さい。

A 回答 (3件)

大学生の方でしょうか?であれば、図書館にサムエルソンの「経済学」がきっとあるでしょうから、それを読みましょう。

(貿易乗数あるいは外国貿易乗数で索引にのっているでしょう。)

これだけでは、あいそがないので、ヒントを出すと、
・貴方がある会社のオーナーだとして、アメリカに1百万ドル輸出できたら、もらった金はどうしますか?ちょっとは使う(=誰かから物やサービスを買う)でしょ?
・じゃあ、その誰かサンは貴方から貰った金をどうするでしょうか?
・ところで、貴方の会社が金を使う時、一部分は国内ではなく海外から物やサービスを買うのにも使うかも知れませんよね?それに、貴方に何かを売りつけた(国内の)誰かサンもたぶんそうでしょ?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速サムエルソンの「経済学」を見てみます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/30 06:06

私も詳しくはないのですが、投資乗数について考えてみたら、何かヒントになるのではないでしょうか?



 まず政府がΔGだけ支出を増やす
→ΔGだけ誰かの所得が増える
→その誰かがMPC×ΔGだけ支出を増やしGDPが増える。
 ※MPCとは限界消費性向のことで、一円収入が増えると何円支
  出が増えるかという値で、通常0<MPC<1。
→増えた支出MPC×ΔGだけ、また別の誰かの収入が増える。
→そうすると別の誰かはMPC×MPC×ΔGだけ支出を増やし、
 GDPが増える。
→(繰り返し)
 で、これらをどんどん足していくと無限等比級数の和で結果が出
る。つまり
 ΔY=(1+ MPC + MPC^2 + MPC^3 +・・・)ΔG
となって、これを計算すると
 ΔY/ΔG = 1/(1-MPC)

 そういうわけで、もし日本の国民のMPCが0.8、つまり一万円だ
け収入が増えればそのうち八千円を使うならば、増やしたΔGの
1/(1-0.8)=5倍ほどGDPが増えるということになるから、
政府が支出を一兆円増やすとGDPが五兆円増える、、、という事
になる。

 一単位政府購入Gを増やしたら1/(1-MPC)倍GDPが上
昇するので「乗数(かけ算)効果」という。
 
租税乗数とは、政府購入Gの変化が乗数効果をもたらすように、租税の変化も乗
数効果をもたらすというものである。
 この場合は一円税金が上がると、-MPC/(1-MPC)倍ほ
ど均衡所得を減らす。
 MPCが0.8の時一兆円増税すると、均衡所得が四兆円減る。
 最初の水準より均衡水準が四兆円下がるから、それだけ分在庫が
溜まって不況になる、、てな感じです。

 ただしこれはあくまでもNX=0の場合の話で、現在のような貿
易が自由な開放経済では乗数効果はそんなに現れません。

お役に立てなくてすいません。マクロのれぽのっけただけなんで・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/08/30 06:03

基本的な乗数理論についてどこまでご存知なのですか?

この回答への補足

お恥ずかしい話なんですが、詳しい事はあまりよく知りません。

補足日時:2001/08/28 01:08
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報