【iOS版アプリ】不具合のお知らせ

ドライアイス1kgから生成される二酸化炭素の量ってどのぐらいになるでしょうか?

A 回答 (4件)

1 kg です。

というのは期待した答えじゃないんだろうな(^^;

体積なら 1000/44 = 22.73 mol だから、
標準状態(1気圧0度)の理想気体の体積は 22.4 L/mol

だから
1000/44 × 22.4 ≒ 5.1 × 10 L
くらい。普通の室温ならもうちょいでかいです。
    • good
    • 0

No.2 です。


1 kg のドライアイスが、CO2 の気体になったときの体積を計算してみましょう。

・CO2 の分子量は「44」なので、モル質量は 44 g/mol

・従って、1 kg の CO2 のモル数は
 1000[g] ÷ 44[g/mol] ≒ 22.7[mol]

・標準状態(0℃、1気圧)で、1 mol の気体の体積は 22.4 L なので、22.7 mol の体積は
 22.4 [L/mol] × 22.7[mol] ≒ 531[L] = 0.531[m^3]
    • good
    • 0

生成される?



ドライアイスは二酸化炭素そのものですから、ドライアイス 1 kg は二酸化炭素 1 kg です。
もちろん体積は変わります。

「氷 1 kg が気化した水蒸気の量は 1 kg」というのと同じです。
    • good
    • 1

重量としては1kgのCO2、ガスの体積は約0.5m3

「ドライアイスの昇華について」の回答画像1
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング