色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

コロナに有効な内服薬の可能性だと、前からアビガンやレムデシビル等言われていましたよね。

最近は、メルクやモルヌピラビル等の記事を良く見かけます。

モルヌピラビルについては、全変異種に有効と書いて有りますが、一体 いつになったらコロナの経口薬が、インフル扱いと同じように、町医者に出回る形になると思いますか??

突発的な変異種について、経口薬開発も 追い付かず仕方が無い状況と思いますが、皆、今元気でもいても、どこかで感染し重症化や死亡するか分からない時代です。

焦っても仕方ないですが、インフルエンザエンザ扱いになるまで、後、2・3年は覚悟ですかね!?

gooドクター

A 回答 (3件)

インフルエンザの最初の治療薬であるタミフルは2001年に発売されたので、スペイン風邪から80年かかったのです。


で、タミフルもたった3年後の2004年にはタミフル乱用による薬剤耐性ウイルスが発生し、20年間でリレンザ、イナビル、アビガンとつぎつぎに世代交代を迫られています。

インフルエンザ扱いになるには、コロナ側が弱毒化の変異をしてくれないと、コロナ内服薬はウィルス進化を促すので、強けりゃいいもんじゃないのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答頂きどうも有り難うございます。

教えて頂いた事とても勉強になります!!

ウィルスの特長として変異すればするほど、感染力は高まりますが毒性は弱まると聞いてます。

その話が真実に近いなら、確かにオリパラ中の感染者最多時の割に死亡者は少なかったと個人的には感じました。

治療薬によって、コロナの毒性が更に高まってしまったら それは、それで恐ろしい事ですよね。

他の回答者さまの返信欄に記入させて頂いてますが、治療薬にて、毒性が高まるなら自身の免疫力(自然治癒力)でコロナを殺せれば一番良い結果に繋がりますが、理想通りには、中々いかないですね。

感染した場合 身体が強くても、疲労してる時や、寝不足時に免疫力はダウンしますから、コロナを増殖させてしまい、現実的に後は“運”かと個人的に思いました。

お礼日時:2021/10/07 10:49

インフルエンザ並にする為には、タミフルとかリレンザのように


年々の変異したインフルエンザウィルスでも効果を上げるような治療薬が必要でしょうね

今年の変異コロナには効くか??
なんて確認しながら服用するようでは、完全に安心はできないでしょうね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答頂きどうも有り難うございます。

>>今年の変異コロナには効くか??
なんて確認しながら服用するようでは、完全に安心はできないでしょうね


細菌に対しては、抗生物質で叩けますが、ウィルスに対して、ドンピシャ薬は難しいでしょうね。

お礼日時:2021/10/07 10:21

今日もメルクのコロナ対策薬品のニュースすみましたがまだ安全性など確立されていないようですが今年中には使えるようになると言っていましたがどうですかね。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答頂きどうも有り難うございます。

ウィルスや菌に対しては 負けない身体=つまり免疫力に勝るものは有りませんが、 コロナの場合 世界的に蔓延した為 初期の頃は、未知のウィルスに皆ドン引きしてましたよね。

現在、誰もが、比較的安全な経口薬出回りを期待してる事と思いますが、現実は、まだまだ 十分な結果は出せないのかも知れませんね。

お礼日時:2021/10/07 10:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング