プロが教えるわが家の防犯対策術!

私は大学二年生で、卒業アルバムの制作委員長をしております。現在、本年度の卒業アルバムの制作を行っているのですが、1つ疑問を抱えています。それは学生の肖像権についてです。公認の学生団体が制作しているとはいえ、学生の写真を本人の許可なく掲載して販売しているのは事実です。
もし、学生から「自分の写真を勝手に載せたな!!」と訴えられたら発行差し止めになるのでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんばんは



発行差し止めはありえないでしょう。

差し止めが認められるのは、「もっぱら公益目的を図ることでないことが明白であって、被害者が重大で著しく回復困難な損害を被るとき」、だそうです(プライバシー侵害を理由に差し止めを認めたときの判例ですが)。

今回の卒業アルバムは、たしかに公益目的は微妙ですが、「明白」とまでは言いがたく、被害者に回復困難な損害は生じないと考えます。

学生の肖像権も権利でしょうが、卒業アルバムを作成することだって表現の自由で保障されています。
自信を持って、いいアルバムをつくってください。
    • good
    • 0

ちょうど一年前の事件で、田中真紀子の娘に関する記事の差止請求事件があったけれど、参考になると思います。



参考URL:http://www.asahi.com/book/news/TKY200403310272.h …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人情報保護法と卒業アルバム

保育園より、「今年は卒園アルバムを作れない」と言われました。

昨年までは行事の度に、写真屋さんに頼んで撮影してもらい、それを貼り出し、希望の写真を販売してくれました。また、その写真をもちいて、卒業アルバムを作成していました。

しかし、
「個人情報保護法が施行されたため中止とします」
との理事長方針が出て、撮影・販売してもらえません。

保護者からは、プロの撮影した写真はきれいなので、販売継続の要求が多く、先日のPTA総会で、
「記念写真として、販売して欲しい」
旨を理事長にお願いする事にしました。

Q1.手続き上、保護者全員一致である必要があるようですが、無断欠席者が数名います。その人たちがクレームをつけた場合、後々問題になりますか?。
なお、出席者は全員賛成でした。(それ以外の欠席者は、委任状があります。)

Q2.文部省から、何か、これらに関する通達や、指導などは出ていないのでしょうか?(保育園は文部省管轄ではありませんが。)

無論、住所や氏名などを記載したアルバムを作成する予定はありません。単なる記念に残す写真集を作りたいだけなのです。

ご回答のほど、よろしくお願いします。

保育園より、「今年は卒園アルバムを作れない」と言われました。

昨年までは行事の度に、写真屋さんに頼んで撮影してもらい、それを貼り出し、希望の写真を販売してくれました。また、その写真をもちいて、卒業アルバムを作成していました。

しかし、
「個人情報保護法が施行されたため中止とします」
との理事長方針が出て、撮影・販売してもらえません。

保護者からは、プロの撮影した写真はきれいなので、販売継続の要求が多く、先日のPTA総会で、
「記念写真として、販売して欲しい」
旨を理...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして

公立学校で教員をしており、昨年度にひょんなことから個人情報保護の校内研修を行ったことのある者です。すでに記憶があいまいになりつつありますが…


結論を先に言えば、法令上卒園アルバムを作ることを禁止しているわけではなく、一定のルールを満たせば作成は可能です。保護者に関してのルールとは、大きく言って以下のようなことです。

 ○ 掲載する幼児の保護者から承諾を得ていること(詳細は後述)。
 ○ 承諾を得られない幼児の個人情報を載せないこと。

<Q1に関して>
承諾にあたっては、事前に文書等で説明をし同意を得た上で行う必要があるため、個人情報の利用目的・利用する内容・配布先・廃棄時期等について、提供元である幼児の保護者に対して、明示する必要があります。それをもとに、承諾の可否を決めるわけですが…どこにでもクレームをつける人がいますし、たとえ出席者であってもクレームが付けば保育園側としては対応しなくてはならなくなります。よって問題になります。

保育園側が方針として、保護者の全員一致を求めているのであれば、アルバム掲載の承諾書を作成して全員が作成に同意していることを明確にした方がよいと思います。
(全員一致は法令の求めるところではないことをご確認下さい。あくまで保育園側の管理上、あるいは教育上の配慮からくるものです)


<Q2に関して>
個人情報の過剰な保護に対する形で、文科省から「事業者が取り扱う個人情報の保護に関する規則」?の改正版が出ました。簡単に言うと、学校行事等で撮影した写真は個人を特定できないので個人情報にはあたらず、写真の掲示等に際して問題はない、とのことです。

つまり、承諾を得ていない家庭の幼児が一部に写っている学校行事の写真でも、みんなが写っている写真であり、ゼッケンの名前がばっちり写っているようなものでない限りは、アルバムに載せても問題ないことになります。
(個人的には…?です。保護法では、生存する個人が特定できる情報を個人情報と定義しているので、写真はもちろん防犯カメラに映った映像でさえ個人情報であろうと認識していたので。ですが、文科省がそう言っていますから、何かあれば文科省の方針の責任にできることです。もちろん私の認識が誤っている可能性もあります)

上記の方針は、個人情報保護の過剰反応が全国各地で見られ始めたため、対応の基本方針として出されたものです。あくまで私立学校や事業者向けに出された文書の改訂版であり、直接公立学校に関係するものではないことをご理解下さい。
(このあたりが文科省が公立校への直接責任を回避するうまいやり方というか…)

正確な情報は職場におきっぱなしなのですが…大筋では上記のような通知が、文書で各都道府県に配布されており、先日、私の勤務地の情報教育担当者説明会でも配布されました。



以下、余談ですが…。
余談1
基本的に、個人情報保護に対して直接責任を負うのは所属長である校長・理事長といった立場の方です。公立学校であれば校内規定が、保育園であれば園内規定がしっかりしていれば、アルバム作成は問題なく行えることでもあります。


余談2
保育園の理事長が卒園アルバムを作成しないことにした経緯を詳しく聞いて見ることも、必要かもしれません。個人情報保護法を理由にしていても、背景に様々な事情がある可能性も否定できないからです。

例えば、
 ○作成にあたっての手続きが煩雑である
 ○業者を使うには予算上の問題がある
 ○非協力的な保護者に苦しめられた経緯がある
 ○通常業務が多忙のため、アルバムに時間を割けない
 ○写真業者・製本業者とのトラブル
といったことがあるかもしれません。

「保護者全員一致」という言葉や昨年は保護法が施行されていてもOKなのに今年からNGという状況を見ると、何かあったのか、というような裏読みをしてしまいます。

保護者が協力的ならば、上記のようなトラブルは避けられるのです。
PTAを中心にアルバム作成にともなう個人情報掲載の承諾書を取り付ける。予算上の問題があれば保護者に公表し承諾した家庭でアルバム代をまかなえるようにする、といったことを行うことで、ずいぶん保育園側もやりやすくなると思うのですが…。


余談3
個人情報保護を規定する法令はいくつかあります。
質問者の方のお子様の通う保育園が、公立なのか私立なのか、公立でも市町村立か都道府県立か国立かによって、適用される法令の種類は異なります。県立なら県の条例、市町村立ならそれぞれの自治体の条例、私立なら個人情報保護法が、それにあたりますので、該当の法令を一度ご覧下さい。


長くなりましたが、失礼します。
取りとめもなく、すみません。

はじめまして

公立学校で教員をしており、昨年度にひょんなことから個人情報保護の校内研修を行ったことのある者です。すでに記憶があいまいになりつつありますが…


結論を先に言えば、法令上卒園アルバムを作ることを禁止しているわけではなく、一定のルールを満たせば作成は可能です。保護者に関してのルールとは、大きく言って以下のようなことです。

 ○ 掲載する幼児の保護者から承諾を得ていること(詳細は後述)。
 ○ 承諾を得られない幼児の個人情報を載せないこと。

<Q1に関して>
承...続きを読む

Q子どもの肖像権

私の子どもの中学校は、来年30周年。記念誌を出すことになり、私も編集委員に選ばれました。
先日、編集委員会があったのですが、校長先生から、「個人情報、子どもの肖像権のことがあるので、顔のわかる写真の掲載は困ります」と言われました。
私たちは、30年をその年ごとに、卒業生の卒業写真と沿革(出来事)、それと行事のスナップ写真で編集したいと思っていたのですが、肖像権の了承を取り付けようとしても、とても30年前までさかのぼることは不可能です。
雑誌や新聞に掲載されるのなら、肖像権のこともあるかと思いますが、学校の記念誌に掲載するところまで、肖像権は及ぶのでしょうか?
仮に、学校の記念誌に、自分の卒業写真が掲載されていたからと、クレームを付ける人がいたとして、それは正当な抗議になるのでしょうか?
「僕の顔を載せるな」という主張が正当に通るなら、卒業アルバムなんか作れなくなってしまいますよね。
どなたか詳しい方、回答をお願いします。

Aベストアンサー

卒業アルバムなどですでに使われているものであっても、絶対大丈夫とは限らないと思います。卒業アルバムは、基本的に卒業生の数(あるいは申し込みの数)しか作らないことが前提ですが、記念誌となると、ある程度「見込み」で大量に印刷し、場合によっては不特定多数に配られることも考えられるでしょう? 卒業アルバムほど読者が特定されていないという意味では、流用がオーケーとは言いにくいと思います。

また、「肖像権がどこまで及ぶか?」「抗議は正当か?」という問題もあるでしょうが、いちばん大きな問題は、学校関係者以外の人間がそうしたアルバムや記念誌をたまたま手に入れて、そこからストーカーやら何やらの犯罪に発展する、という危険をどう防ぐことができるか? というところでしょう。
単に校長の責任逃れとだけ考えればよいというものではありません。そういう時代なのですから、時代に見合った作り方を考えていかなければなりません。

たとえば、子どもは遠景からの集合写真のみとする(体育祭の競技の風景とか)、大きく写るものについては、後ろ姿など顔の見えないものを使う、ゼッケンなど名前がわかりそうなものは、読み取れないように画像処理を施すなど、工夫してみてはいかがでしょうか?

考えてみると、誰かの顔が大写しになっていた場合、その子の知り合いの間では、「あ、○×君だ!」などと話題になるかもしれませんが、知らない大多数の卒業生は、別段何とも思わないだろうし、写った本人は、その写真が気に入らなかったりすると、意外に不快な思いをするかもしれませんよ。30周年記念などといっても、基本的には「学校側のお祭り」ですからね。
偶然、私も中学のとき、その学校が30周年でした。私は吹奏楽部だったのですが、卒業生の先輩にNHK交響楽団の主席演奏者がいて、何とその方が「30周年記念演奏会」で演奏してくれました。私たち吹奏楽部は、光栄にもその前座を務めさせていただき、しかもその曲の冒頭が私のソロで始まるという……。
というわけで、私個人的には、一生に一度の栄誉だったわけですが、それは私だけの話f(^ー^; 少し広げても、吹奏楽部の部員だけの名誉です。

30周年ともなると、記念誌を作っても、卒業生それぞれの思いは、自分の世代だけの断片なんですよ。その意味では、「個人情報に関わることに注意してください」という校長の言い分はもっともなんですが、そうであるなら、記念誌の発行に親を巻き込むこと自体、学校側のやっていることがちぐはぐなんだと思います。親はどうしたって、かわいい子どもたちの想い出と結びつけたいと思うわけですから。

ここは思い切って、30年の間にあった学校そのものの変化(校則、制服、部活の改変など)や、学校での出来事と社会的に話題となった出来事・事件、社会現象(流行など)と結びつける方向に軌道修正してはどうでしょう?

卒業アルバムなどですでに使われているものであっても、絶対大丈夫とは限らないと思います。卒業アルバムは、基本的に卒業生の数(あるいは申し込みの数)しか作らないことが前提ですが、記念誌となると、ある程度「見込み」で大量に印刷し、場合によっては不特定多数に配られることも考えられるでしょう? 卒業アルバムほど読者が特定されていないという意味では、流用がオーケーとは言いにくいと思います。

また、「肖像権がどこまで及ぶか?」「抗議は正当か?」という問題もあるでしょうが、いちばん大き...続きを読む


人気Q&Aランキング