自己組織化はエントロピーを減少させると思いますが、生物はエントロピーを減少させる、即ち自己組織化なのでしょうか?
質問自体が間違えているかもしれません。
 現代の社会問題、地域コミュニティ、家族の崩壊は相互情報の減少によるエントロピーの増大、即ち組織量の減少と考えています。
 原因は供給者の論理によるマスコミの一方的な情報、各個人は受信のみで、発信量とのアンバランスにあると思っています。
従って解決方法は家族、地域コミュニティの各個人間の受発信の積和の情報量の増大が必要と思っています。これを生活者の論理でインターネットが解決するのが構造改革ではないかと考えています。自己組織化を分かり易く教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私は専門家ではないので,書籍を紹介するにとどめました.


専門家の立場としてではなく,こういう考えの人もいる,くらいの
スタンスで読んでいただけると幸いです.

入力があって出力がある.まず,組織化というのを考えてみると,
たとえば,水溶液の中で結晶が生成される過程をみた場合,核があったとき,
その核の周りに組織化されるものの方が,溶けていくものより多いことで,
結晶というのは生成されるわけですよね?これが,umesatoさんのおっしゃる,
受信と発信のアンバランスと関係がある,という理解でよいですよね?

個としての生物は,生命を維持するためにエントロピーを減少させる努力を
おこなっている,といえると思います.
また,人間社会は,複数の要素が影響を及ぼしあって,ある特性をもった
秩序や構造を形成しようとしているのですから,これも,エントロピーを減少
させる努力をおこなっている,といえると思います.

つまり,地球規模,あるいは宇宙規模のマクロな目でみたとき,エントロピー
は増大しているのですが,その中で局所的にエントロピーが減少することも
ある.生命活動はその一つである,と言えると思います.

ただ,それは,生物という部分系の話であって,生物がエントロピーを減少
させる存在だからといって,マクロにみてもエントロピーを減少させている,
とはいえないと思います.

以上,ご質問の回答になりましたでしょうか?

本の紹介にとどめようと思いましたが,補足をいただいた礼儀として,
拙い私見を述べました.
これ以上,難しい話はぎぶあっぷです.ごめんなさい.
    • good
    • 0

umesatoさんこんばんわ.



私も学生時代,自己組織化,オートポイエーシス,システム論といった
あたりに興味を持ち,色々学んだことがあります.
10年ほど昔の話なので,その後も新しい書籍がどんどんでているでしょうが,
今,ぱっと浮かぶ,社会とシステムに関連する書籍3冊をご紹介します.

「一般システム理論」 ルートヴィッヒ・フォン・ベルタランフィ
「自己組織化する宇宙」 エリッヒ・ヤンツ
「ホロン革命」 アーサー・ケストラー

どの本も,Webで検索をかければ,誰かが解説を書いていると思います.
インターネットの話題はでてきませんが,個と組織,生物と社会に関する
新たな視点を持つことができると思います.
興味があるようでしたら,是非読んでみてください.
10年たっても,題名と著者がぱっと浮かぶくらいに,当時の私にとっては
刺激的な本でした.

この回答への補足

 私は以前「自己組織化とは何か」 都甲潔、江崎秀、林健司 講談社 1999年12月 を読んだことがあるのですが、9月22日に私が行う「地域密着型データベースづくり」のセミナー[http://www.246.ne.jp/~umesato/koza825.htm]で地域活性化と情報量、組織量、自己組織化の説明で社会が拡大発展している時はエントロピーが増大しているのですが、変革期には自己組織化してエントロピーを減少させる必要があると思っています。
 生物はそもそもエントロピーを減少させる現象なのでしょうか?

補足日時:2001/09/01 06:42
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリサイクルと‘エントロピー増大の法則’

リサイクルと‘エントロピー増大の法則’とは、どんな関係があるか教えていただけませんか?

Aベストアンサー

一言で言うと、

リサイクルしても何らかの形でエントロピーは必ず増大していく。そのため無限に使えるわけではない。

と言うことだと思います。

Q電気ガス水道の使用量とごみ排出量

最新の、電気ガス水道の月間使用量平均(値段でなく)をしりたいのですが、どこに行けば(見れば)いいんでしょうか?

省庁に聞いてもたらい回しにされて、結局わからなかったんですよ。

あと、世帯あたりのごみ排出量(月間)もわかれば教えてください。

お願いします!

Aベストアンサー

何のためどのような集計単位の数字がいるのか不明なのでお答えしにくいのですが、

資源エネルギー庁 2002(平成14)年度エネルギー需給実績(確報)
http://www.enecho.meti.go.jp/info/statistics/index4.htm

あたりで石油・ガス・電力のだいたいのこと(年間値)はわかるはずです。

[最新]の[月間]値がほしいのでしたら、毎月速報が出ているのもあります。例えば昨日
総需要電力量速報(平成16年11月分)が出ました。
http://www.meti.go.jp/press/20050120001/20050120001.html

ごみについては
環境省 一般廃棄物の排出及び処理状況等について
http://www.env.go.jp/recycle/waste/ippan.html
が最新のものでしょう。市町村別などの詳細が下記にあります。
http://www.env.go.jp/recycle/waste_tech/ippan/index.html

いろいろなサイトで数字が出てるかもしれませんが、全国集計値はこうした数字が元ネタになってると思います。

何のためどのような集計単位の数字がいるのか不明なのでお答えしにくいのですが、

資源エネルギー庁 2002(平成14)年度エネルギー需給実績(確報)
http://www.enecho.meti.go.jp/info/statistics/index4.htm

あたりで石油・ガス・電力のだいたいのこと(年間値)はわかるはずです。

[最新]の[月間]値がほしいのでしたら、毎月速報が出ているのもあります。例えば昨日
総需要電力量速報(平成16年11月分)が出ました。
http://www.meti.go.jp/press/20050120001/20050120001.html

ごみ...続きを読む

Qメタノールの生産量と輸入量について

自分なりに調べてみたのですが、1998年度のものしか発見でしませんでした。

できるだけ最新のメタノールの世界全体での生産量と
日本が輸入している量について参考になる資料・サイトなどがあれば、教えていただきたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本が輸入している量だけなら、調べ方を知っています。

メタノール(メチルアルコール)の、貿易に関する HS-CODE を、実行関税率表
http://www.customs.go.jp/tariff/2007/data/29.htm

で調べると、2905.11-000 なので、これを利用します。

下記のような、調査方法で輸入については調べることが出来ます。

http://www.customs.go.jp/toukei/srch/index.htm?M=01&P=1,2,,,1,2006,0,12,0,0,1,290511000,,,,,,,,,,3,,,,,,20

http://www.customs.go.jp/toukei/srch/index.htm?M=16&P=1,2,,,3,2007,0,1,12,0,1,290511000,,,,,,,,,,6,,,,,,20

再検索のボタンで検索条件を変化させれば、かなりの情報が手に入ります。

国内生産分の調査方法は、良くわかりません。

Q日本各地の可能蒸発散量と降水量

日本海側沿岸の(例えば)新潟、太平洋側沿岸の和歌山、群馬などの海がない地域では、可能蒸発散量と降水量がどのような要因により変動するのでしょうか。
降水量は太平洋側が多いのですが、蒸発散量について違いがはっきりとみられません。
これは、日本全体の地形が急峻であるので海面に流れてしまうということでよろしいでしょうか。

どなたかよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

可能蒸発散量を変動させる要因などは、専門書をちょっと探せば、簡単に見つかります。
「地形が急峻であるので海面に流れてしまう」という考えの根拠がどこから来たのか、全く分かりませんが、水が流れてしまって蒸発散が制限されるというお考えであれば、間違いでしょう。日本では水不足が蒸発散を制限することは、一般にないはずです。

Q石油化学プラントでの石油保存量・消費量について

石油化学プラントでの石油保存量・消費量について

石油化学プラントでは運ばれてきた原油をシーバースと呼ばれる輸出入口から一時的に保存タンクに保存し、保存タンクからプラントに供給されると聞きました。

石油化学プラントにもよると思うのですが一日大体どのくらいの石油が運ばれてきてどのくらいの量が保存され、どのくらいの量がプラントに供給されるのでしょうか?

Aベストアンサー

原油を処理しているプラントは正確には石油化学プラントではなく、石油精製プラントまたは製油所といいます。

一日大体どのくらいの石油が運ばれてきているのか?

日本が昨年度に輸入した原油の量は2億1000万キロリットルで、製油所の数は28か所ありますから、平均すると750万キロリットルとなります。これを1日に直すと約2万キロリットル(12万9000バレル)の原油がひとつの製油所に運び込まれていることになります。

どのくらいの量がプラントに供給されるのか?

プラントに供給される量は原油が運び込まれている量と同じ、つまり1日あたり約2万キロリットルとなります。そうでなければおかしいですよね。

どのくらいの量が保存されているのか

これはそれぞれの製油所によって違い、一概にはいえません。原油船が入ってきたときは貯蔵量が増えるでしょうし、原油船がしばらく入ってこなければ貯蔵量は減ることになります。
例えば10万キロリットルの原油タンクを10基持っている製油所があったとすれば、貯蔵能力は100万キロリットルで、その半分に原油が入っているとすれば50万キロリットルが貯蔵量ということになります。製油所の原油の貯蔵量は大ざっぱに言えば、大体このくらいです。

原油を処理しているプラントは正確には石油化学プラントではなく、石油精製プラントまたは製油所といいます。

一日大体どのくらいの石油が運ばれてきているのか?

日本が昨年度に輸入した原油の量は2億1000万キロリットルで、製油所の数は28か所ありますから、平均すると750万キロリットルとなります。これを1日に直すと約2万キロリットル(12万9000バレル)の原油がひとつの製油所に運び込まれていることになります。

どのくらいの量がプラントに供給されるのか?

プラントに供給される量は原油が運び込まれ...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報