どなたかご返事お願いします。
妹(28歳・独身・事務職)のことなんですが、3年程前に会社の健康診断で
尿潜血2プラスが出てから、定期的に病院で検査をしていました。
尿潜血2プラスは変わらず、尿蛋白も出ている状態です。お薬は出ていません。
つい最近、主治医から背中から針を刺す検査?なるものをした方がいいと
言われたのですが、いったいどんな検査なのでしょうか?
それによって何がわかるのですか?どうしてもしなくてはならないものですか?
このまま放っておいたら、妹はどうなるのでしょうか?
今のところ、どこかが悪いという自覚症状はないのですが・・・。
家族中不安でなりません。どなたか早急にご返事いただけないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「腎生検」
この中で特に「検査方法」「検査を行う理由」「正常値」「異常値の意味」と関連リンク先を参考にしてください。

ご参考まで。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速参考にさせていただきました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/02 20:32

医師に聞いては?


教えてくれないなら病院変えましょう
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返事、ありがとうございました。ここは田舎で特別大きい病院もなく、まして専門の医師なんていないのです。おもいきって、別な病院に行くことに決めました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/02 20:30

背中から針を刺す検査というのは、腎生検といって腎臓の組織の一部を採ってその組織学的な検査を行うというものです。


尿に潜血と蛋白が出ている場合、慢性腎炎を疑わなければなりませんがその病型を確定するためには欠かせない検査です。病型を確定する意義は、治療方針をはっきりさせるということにあります。

成人の慢性腎炎の半分以上はIgA腎症という疾患で、この疾患は20歳代に発症のピークがあります。かなりの率で将来的に腎不全に進行する可能性があり、特に尿中の蛋白量が多い場合にその可能性が高くなります。
この疾患であれば、ACE阻害剤と呼ばれるお薬でその進行を抑えることが出来ることが明らかにされています。その他の腎炎でも、組織学的な結果によって今後の方針はかなり明らかになると思います。

一般に初期の慢性腎炎において、自覚症状はありませんので、尿所見や血液所見で疑われれば、確定診断は腎生検でつけることになります。お若いので、確定診断をつけて今後の治療方針をはっきりさせることは、意義のあることだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のご返事ありがとうございました。どういうものかがよくわかり、ほっとするやら、また別な心配をするやらです。家族としてはすぐにでも検査をして治療方針をあきらかにしたいのですが、本人は「痛そう・恐い」と拒否状態です。家族以上の不安を持っていて当然ですものね。また、何かの際にはご相談したいと思いますので、よろしくおねがいします。ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/02 20:19

御不安ですよね。

お力になれればと思いサイトを集めてみました。

http://www.iph.pref.osaka.jp/OMC/hospital/syuuke …

http://www.tokyo-med.ac.jp/urol/kono/ketunyou.html

参考URL:http://www.kyoto.med.or.jp/s1.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

サイトを見てみました。こんなに集めていただいて、本当にありがとうございます。家族中で感謝しています。

お礼日時:2001/09/02 20:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ