痔になりやすい生活習慣とは?

VUメーターの回路図を探しています。

ネット上で探したのですが、メーターは振れるが、
「高音などの小さい信号に対しては針は少ししか振れませんし、低音やボーカルといった大きな信号に対しては元気よく振れます。」といった注釈があるものしか見あたりませんでした。

ある程度、正確に振れるものを作りたいのですが、回路図をお持ちの方、もしくはご存じの方、教えてください。

A 回答 (6件)

正しいVUメーターであれば3.6KΩの抵抗を介して正弦波+4dB加えれば0VUで針は止まります。

また元気に可聴周波数帯域で均一に振れます。交流でそのまま振れるように内部に整流回路が入っています。アンプ回路で+4dBまで持ち上げる必要があるだけです。目盛りがVUであっても単なる直流メーターにはダイオードの整流回路程度が必要です、これは単なる目安の振れですので目的には合わないと思います。オペアンプの整流回路を用いても表示が合わなくなるので注意してください。一応の正規のVUメーターは、安いもので1個2000円以上します。いずれにせよ基準レベルで調整しないとVU計は、目安的な振れになります。
    • good
    • 0

#2 です。


補足しておきます。
「VU メータ」とは、音量単位 VU を測定するメータであり
「VU メータ」に +4dBm の正弦波を加えた場合 0VU を示すように作られています。
そして、メータの応答性(動特性)が重要となりますが
これは、レペル 0VU 、1 kHz の正弦波を急に加えた場合
メータの指針が 0.3 ±0.03 秒で 0VU の振れの 99% に達し 0VU での振れすぎは 1~1.5%以内であることと規定されています。
この規格に合わせて作られたメータは非常に高価です。

なので、結果的に「VU メータ」に近い振れをするメータを「レベルメータ」と呼び、これが一般的に使われています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりまして、申し訳ありません。

詳しい説明ありがとうございます。
早速トライしてみます。

お礼日時:2005/04/03 13:00

根本的な事ですので、ご存知でしたら無視してください。



なんとなくなんですが、質問文を見るとVUメーターではなく電圧計を求めているのではないでしょうか?
乱暴な説明をするとVUメーターとは単純に電圧を指すのではなく、聴感音量を表すものです。
例えば三味線の音などはピークは非常に鋭く大きいですが、VUメーターは振り切らずに聴感に見合った振り方をします。
人間の感覚をメーターに反映させるほうが信号電圧をそのままバカ正直に表示するよりずっとむつかしいものです。

と、これを踏まえると

>「VUもどき回路」とあるため「線形的な動作であるため、高音などの小さい信号に対しては針は少ししか振れませんし、低音やボーカルといった大きな信号に対しては元気よく振れます。」

の意味が理解出来るかと思います。
人間の耳はミッドレンジが一番感度が高いですからね。
それらを踏まえた上で色々な技が生きて来ます。
    • good
    • 0

#2 です。


この回路ですか。
整流回路が NFB のループに入っていませんね。
整流回路の説明でもその事が書かれていますが
あと最後に書かれている「対数変換回路」を使っていない事についてですが
市販の VU メータはこのページのような回路を使うことを想定して目盛りが切られています。
なので「対数変換回路」を使うと目盛りが合いません。
さらに、ダイオードの順方向電圧による不感帯も考慮して目盛りが切られているので、NFB を使い理想的な整流回路を使うと目盛りの下のほうが合いません。

NFB ループの中にダイオードを入れる回路ですが、参照したページの回路と部品の数は変わりません。
VR1 の部分にダイオードとメータを入れてやり、OP アンプの正入力から入力信号を入れるようにすれば良いでしょう。

具体的には、OP アンプの出力に 2 ヶのダイオードのアノード、カソードを接続
2 ヶのダイオードの出力側のアノード、カソードに直列に 10KΩの抵抗を直列に接続
各抵抗の出力を OP アンプの負入力に接続
OP アンプ負入力に 1KΩの半固定 VR を接続して 1/2Vcc に接続
( この VR はゲイン調整用 )
2 ヶのダイオードの出力側 ( 10KΩ抵抗との接続点 ) の間にメータを接続
メータ間は 1μF の電解で平滑すると良いでしょう。
あとは、正入力を 100KΩ程度の抵抗で 1/2Vcc に接続
参照した回路と同様に、直流カット用の電解と抵抗の直列回路を正入力に接続すればよいでしょう。
ゲインが大きすぎる場合、半固定 VR の抵抗値を大きくしてください。
    • good
    • 1

どのような回路を見られたのでしょうか?


単に整流回路の出力にメータを接続した場合
ダイオードの順方向電圧の影響で、小電圧ではメータが振れない不感帯が発生すること言っているのでしょうか?
この不感帯を取り除くには
OP アンプを利用し NFB ループの中に整流回路とメータを入れることによって理想的な整流電圧でメータを駆動することができます。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。下記ページの回路のことです。

http://mkk.s20.xrea.com/vu.htm

ここでは、「VUもどき回路」とあるため「線形的な動作であるため、高音などの小さい信号に対しては針は少ししか振れませんし、低音やボーカルといった大きな信号に対しては元気よく振れます。」
と、あります。

電気の知識がほとんどないので、回路図があればと何とか作れるかなと安易に思ったのですが・・・

ある程度、知識はいりますよね。

補足日時:2005/03/29 01:26
    • good
    • 0

このへんのどうですか



参考URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~tossie/CDbuffer.html …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

こちらも参考にしましたが、あの回路図はアンプのものと思われます。

お礼日時:2005/03/29 01:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QVUメーター(アナログ式)の図です。

VUメーター(アナログ式)の図です。
これいったい、機器のどこに入れたら良いですか?
思った事はプリアンプとメインアンプの間?
でも、それではVRの影響を受けますね。
まさか、プリアンプ改造ですか?

Aベストアンサー

パワーアンプのレベルを監視するならパワーアンプのボリュームの後。
出力には入れないでしょう。
プリアンプであれば普通は出力でしょう。
でも自分が監視したい場所に入れるのが目的なので、
入れる場所は目的に応じて変わってくると思いますが。
例えばPreFaderのレベルを監視したいのであれば、
ボリュームの手前で、PostFaderを監視したいのであればボリュームの後ろです。
0VU と云う単位は厳密に決められてますので,(+4dBm)
そう言う意味ではパワーアンプの出力からVUメーターの信号をとると言うことは考えられません。
家庭用のステレオを前提とすれば、
今どんな音量で再生しているか、(その音量が最大定格を超えていないか)と云うことの方が重要なので、プリアンプ(ボリュームの後)の後に入れるのが常識的な使い方です。
小さな音でしか再生していないのに、VUメーターだけがパカパカ振ってるのはなんだか変です。
ただ、意図の問題で、再生音量が小さくても、元の信号の大きさが知りたい時は、RecOUTになるんでしょうが。
メーターによる監視をどこでしたいかという、貴方の意図で変わります。
どちらにしろ、機器のスペックに従って回路内の調整用ボリュームは最適位置に設定してください。

パワーアンプのレベルを監視するならパワーアンプのボリュームの後。
出力には入れないでしょう。
プリアンプであれば普通は出力でしょう。
でも自分が監視したい場所に入れるのが目的なので、
入れる場所は目的に応じて変わってくると思いますが。
例えばPreFaderのレベルを監視したいのであれば、
ボリュームの手前で、PostFaderを監視したいのであればボリュームの後ろです。
0VU と云う単位は厳密に決められてますので,(+4dBm)
そう言う意味ではパワーアンプの出力からVUメーターの信号をとると言...続きを読む

QVUメーター駆動用アンプのキット等はありますか?

 ただ今、オペアンプ使用の基板キットで50W級のメインアンプを作っています。手元にデッドストックのVUメーターがありますので、折角ですのでこれを動かしたいと思っています。
 ところでメーター駆動アンプが必要と考え、あれこれ回路図などを見ていますが、そうした用途で適当なものがありません。参考になる配線図などはありませんか。駆動用アンプキットがあればなお都合が良いのですが扱っているところはあるのでしょうか。
 以前若松通商で扱っていたTBA-820Kなるキットはもう扱っていないようです。

Aベストアンサー

私も探してます。数十万~数万クラスの完成品?ものはあるようですが、材料1万程度のアンプにはねぇ。今はジャンクから取り出しに方針転換してますが。
かつて
http://www2.ocn.ne.jp/~san-ei/VUmeterkit.htm
ってキットもありましたが現在再販の予定はないそうです。
回路図だけ売ってくれればいいんですが…
あと参考になるかどうか?ですが、探していた時みつけたweb。
http://www.viep.org/diary/2006/06/
http://sound.westhost.com/project55.htm
また下記の本にVUメーターの製作手順、回路図があるそうです。
http://machidapc.maizuru-ct.ac.jp/imakara/design/index.html

QオープンデッキのVUメータの反応が小さい

中古オークションで入手しましたTEACのオープンデッキX-1000RのVUメータのことで教えてください。テープ再生時音は正常に再生されますが、VUメータの振れがほとんどありません。レベルを上げると振れは少しは上がりますが、それでも正常な振れ方ではありません。LRとも同じです。考えられる不良部品は何でしょうか?自己修理は可能でしょうか?また録音時のメータの振れ方は確かめておりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

チェック方法
ファンクションジェネレータ等で
1KHz程度の正弦波を入力してVUメーターでOdBに設定して
録音する。

録音した正弦波を再生して0dB近くに行くかどうか。

EEテープ使った上での事だったら、バグみたい。
http://www.openreel.net/faq.htm#45

QボリュームのAカーブとBカーブの違いは?

電子工作的な質問です。ボリューム(可変抵抗)にはAカーブとBカーブがありますが、その違いは何でしょう?自作オーディオアンプのボリュームに使用するとしたらどちらが良いのでしょうか?

Aベストアンサー

抵抗値の変化の仕方が違うのです。
Aカーブは対数変化といい、最初は変化が小さいものの後のほうになると急に抵抗値が上がるというものです。
Bカーブは直線変化で、回転角度に応じた抵抗値の変化をします。
オーディオのボリュームとして使うならAカーブです。
Bカーブでも使えなくはないですが、急に音が大きくなったように感じるため、使いづらいです。
http://www.wdic.org/w/SCI/%E5%8F%AF%E5%A4%89%E6%8A%B5%E6%8A%97%E5%99%A8
http://www.zea.jp/audio/auamp/auamp_02.htm

参考URL:http://www.hobby-elec.org/resistor.htm

Q80~90年代のアンプ名機は?

こんにちは。自分は今のオーディオのデザインがあまり好きではなくバブル期の黒を基調としたデザインの中古アンプを購入しようと検討しています。そこで80年から90年代初頭にかけてが国内オーディオメーカ最盛期だと思いますがその時代の各メーカのいわゆる名機と呼ばれているアンプを教えて下さい。できればその理由についても教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

自称オーディオマニアです

余りにも漠然としていますが、あくまでも私が所有しているか、聴き込んだ事のある物だけですが、「これは!」をあげておきます。
但し、何れも現在入手は困難で、一部は特注部品の入手すら不可能な物もあり、万一修理やメンテナンスにウン十万円と云うものもありますので、入手にはよほどの覚悟が必要です。
※機種名の後の( )内は販売年・当時の定価
【プリメインアンプ】 (1) SANSUI AU-X111 MOS VINTAGE(1985or6年・33万円)上位機種のX1111もありますが、跳んでもなく徹底的に回路や部品に凝った機で、クラシックからポップスまで「こんな音出すんだ!」と1聴で判る怪物機。後にこれを凌駕すると宣伝された2000台限定のAU-α907Limitedを新品で入手しましたが、X111には敵わないと思っています。
(2) NEC A-10(1983年10万円)この後TypeIVまで出ましたが、総合的にこのオリジナル機がベスト。なんと言ってもフロントフェースの美しさは1番。
(3) LUXMAN L-550XB(1984年27万円)メンテナンスや修理は比較的可能。
トランジスタで如何に球風の音を出すかにこだわった機種で、Xはかなり出回っているが、フロントフェースが黒のXBは超レア機種で、今まで1回しか見た事がない。LUXMANはこの550Xと最近のL-550Aしか持っていない。
【セパレート】 (1) 東芝Aurex SY-90Λ(失念しました)気が狂ったとしか思えない兎に角メーカーのメンツだけで販売した機種で、販売当時私も3台購入して1台は予備用もう1台は新品をばらして中の部品だけを取り出し、米国で売ったら販売価格の1.5倍で売れた。
そんな超高級部品特に(Λ=ラムダ)コンデンサは別格で、「他の柔なアンプに付け替えたら高級機の音がした」と云うもの。現在は修理に予備機の部品を取り尽くして部品探しをしても誰も譲ってもらえないので、今度壊れたら飾りとなりそう。
プリのSYにパワーのSC-90Λの組み合わせは、絶品ですが癖があるので賛否両論があるようです。
両機種とも完動品入手でもオリジナル部品での完全修理は諦めた方がいい。
(2) YAMAHA C2X(1986か7年20万円前後) シンプルで、これだけ小さい駆体に高性能MCイコライザーまで組み込んだ、私なりのヤマハの傑作プリアンプと思っています。
パワーの B2X(25~30万円) 背の低いプリに大きなパワーの組み合わせは、フルオーケストラを15インチのスピーカーで聴くと圧倒されます。現在も偶に灯を入れますが、その度に感激しています。

以上は全て独断と好き嫌い、国産に限りましたが海外製を含めるととんでも無い字数になるので・・・私自身は マランツ+タンノイ & McI+JBL(Lシリーズ)派です。
出来るだけご自身の耳で確かめてからにして下さい。
当時の機器は今の物に較べると、メーカーのこだわりと音質に結構癖があります。

自称オーディオマニアです

余りにも漠然としていますが、あくまでも私が所有しているか、聴き込んだ事のある物だけですが、「これは!」をあげておきます。
但し、何れも現在入手は困難で、一部は特注部品の入手すら不可能な物もあり、万一修理やメンテナンスにウン十万円と云うものもありますので、入手にはよほどの覚悟が必要です。
※機種名の後の( )内は販売年・当時の定価
【プリメインアンプ】 (1) SANSUI AU-X111 MOS VINTAGE(1985or6年・33万円)上位機種のX1111もありますが、跳んでもな...続きを読む

Q1.5Vの乾電池(単三形)は何mAの電流が出る?

1.5Vの乾電池(単三形)は何mAの電流が出る?

乾電池とACアダプターの両方で動作できる機器のACアダプターはどの製品を見ても350mAです。
つまり、乾電池も350mA程度(もうちょい低いかも)の出ると考えてもいいのでしょうか?

たとえば)
私の家のキーボードは単三電池を8個(直列)をいれて動きます。
そこで、付属のACアダプターを見てみると12V350mAでした。
つまり、計算上電池一本は350mAの出力が出ていることになります。

ちなみに、電流についてはいまいちよく知りません。
ふと疑問に思ったので質問しました。
回答お願いします。

Aベストアンサー

>つまり、計算上電池一本は350mAの出力が出ていることになります。

までのあなたの仮説はほとんど正しいですね、 乾電池は350mAのほぼ電流を取り出せているといえます。

言葉の定義ですが、 電流は mA で、電気の流れる速さのようなもの。
出力というのは、電圧×電流 つまり電力というものです。

次に、
>乾電池(単三形)は何mAの電流が出る?
という初めの質問だけに答えるとします。

流そうとする電流は、機器の抵抗などによって変わります。
ただ、大きな電流を取ろうとすると、電池は電圧が低下して、使えなくなる(機器を動かせなくなります)

瞬時であれば、数A(アンペア)流せますが、そんな使い方をする機器は、まずありません。

カメラの外付けストロボは、1Aぐらいの電流を使い、一回のストロボ発光につき、数秒から20秒ぐらい電流を流します。 それを何度も繰り返せます。

お使いのキーボードが350mAを流すとすると、数時間連続で使えると思います。
電池の良しあしや、連続で使うかなどの条件によって変わるので一概に計算できません。

Qステレオ→モノラル の変換プラグの合成方式について

Amazon などで
ステレオ→モノラル
の変換プラグは色々な商品が売られているようですが、
これは一般に
ステレオの左右両チャンネルを合成してモノラルにしているのか、
左右のどちらかのチャネルのみを取り出してモノラルにしているのか、
どちらなのでしょうか?

教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.10です。

「カセットデッキの出力=ヘッドフォン端子」ならどこが違うかというと、普通は「カセットデッキの出力=RCA端子」です。
RCA端子にはデッキの最大出力が出ていますので、それを左右ショートしてしまうことは(実際には大したことありませんが)一応問題だと言うことになります。
ところが、ヘッドフォン端子は必ず音量調節をするものなので、通常は最大出力を出すことはありません。
つまり、「最大出力を抵抗で落としている」ということになるので、自然に出力が保護され、左右をまとめても問題ないわけです。

そして、音量調節ができるため、パソコンに過大入力を入れることもありません。

ご紹介したケーブルの内、下の形のもので「抵抗入りでない」ものをお求めになり、それをステレオ-モノラル変換プラグでパソコンにつなげば、ほぼ完璧ではないかと思います。

http://www.sony.jp/av-cable/products/RK-G134/

ヘッドフォン音量は最低から少しずつ上げていって、歪まないところで余裕をもって止める。
あとは、パソコン側で音量を調整するという手順になります。

No.10です。

「カセットデッキの出力=ヘッドフォン端子」ならどこが違うかというと、普通は「カセットデッキの出力=RCA端子」です。
RCA端子にはデッキの最大出力が出ていますので、それを左右ショートしてしまうことは(実際には大したことありませんが)一応問題だと言うことになります。
ところが、ヘッドフォン端子は必ず音量調節をするものなので、通常は最大出力を出すことはありません。
つまり、「最大出力を抵抗で落としている」ということになるので、自然に出力が保護され、左右をまとめても問題な...続きを読む

Qステレオのレベルメーターを自作したい。

ステレオなどで音量に合わせてLEDのバーの表示が伸びたり縮んだりするレベルメーターがありますよね?
あれを自作できないかと思っております。
条件としては

・スピーカーの音量(スピーカーへの電圧)の変化に応じて0~20個のLEDが20段階に点灯する。伸び縮みするように。

・感度はボリューム等で調整可能。

・出来るだけ簡単な回路構成でできる。

・20個が難しければ10個程度でも良いです。

要するに電圧の変化に応じてLEDの点灯個数を変化させる回路を作りたいのです。
どのような回路を組めばよいでしょうか?
素人級なので出来る限り分かりやすく教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

専用のICがあります。

ただ、最近はほとんどマイコン処理になっていますので、「簡単に・・・」できるかどうか問題です。
(わたしにはあなたが、どれくらいの力を持っていらっしゃるか分かりませんので・・・)
昔のICが入手できれば、製作はそれほど難しいとは思いません。

それともう少し補足します。
「それは表示のパターンをどうするか?」です。
オーディオ機器をご覧になるとわかるかと思うのですが、dB表示になっています。
それも連続(1,2,3,・・・)ではなく、-20dB,-10dB,-6dB,-3dB,0,+3dBという風に飛び飛びになっています。
表示を電圧リニヤーにするか、dBリニヤーにするか、上記のような飛び飛び表示にするか、いろんな選択肢があります。

どれを選びますか?
ご回答を受けて、ICを探してきたいと思っています。

Q音声ラインの600Ωは何故600Ωなのか

 音響関係や、電話の伝送ラインは殆どが600Ωで伝送しています。
 なぜ10kオームや200Ωでなくて600Ωが多いのでしょうか?
 参考になるURLでも結構です。
 どなたか教えて頂けませんか?

Aベストアンサー

音響関係の600Ωは、電話線の600Ωを受け継いでいるようです。
http://ottotto.com/sound/09/imp.htm
では、なぜ電話線が600Ωかと言えば、電話線の太さが0.65mmで1kHz(音声周波数帯域)の時の特性インピーダンスが600Ωだからだそうです。
http://miyasan.serio.jp/series2/noise061.html

Qバランス出力 => アンバランス入力 の接続方法について

お世話になります。

表題のとおりですが、バランス出力からアンバランス入力に接続する方法について、ご教授願いたく存じます。

出力側は、TRSフォンのバランス出力です。入力側は、いわゆるCDレシーバーのAUX入力(RCA)です。本来であればトランスなりオペアンプなりで変換すべきでしょうが、それについては追々考えるとして、当面音が出る状態にしたいと考えています。

変換ケーブルを使う場合、出力側のHOTと入力側のHOTをつなぎ、COLDとGNDは「入力側で」ショートする、という部分までは、調べがつきました。

そこで、これとは逆に、COLDとGNDを出力側でショートすることは問題があるでしょうか。つまり、TSフォン<=>RCAピンのケーブルを使う、という意味です。
もし、前記(入力側で落とす)の方法に比べて送り側の機器に負担がかかるのであれば、止めておこうと思います。

もし、問題があるのであれば、併せて理由もお教え願えれば幸いです。

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質疑応答がややかぶり気味になっているので長文になりますがご容赦を。

http://okwave.jp/qa1016386.html​
http://okwave.jp/qa2008953.html​

ああなるほど、短絡というのが良回答になっているのでこれをそのまま正しいと受け取られたのですね。結構この手の掲示板の回答は怖いですね。このアドバイスを下さった方々は接続には詳しくても電気回路には詳しくない方々だったのでは無いでしょうか。

詳述すると、こういう事です。
◆この手のバランス出力回路を持つ機器において、アンバランスの入力回路(たいがい入力抵抗が50kohm内外と高いです)を繋がれるということは、出力端を解放されているのと同じです。
もし仮にCOLD側をオープンで使うと、HOTがオープン、COLDがオープンで使用されているのと同じです。つまり、その送り出し装置は出力に何も繋がずに動作させているのと同じです。それで壊れたなどという話は聴いたことがありませんので、壊れる事はまずありません。ただし、解放に近いということは「送り出し側装置が発振する」危険性は若干あります。

◆COLD側をショート、HOT側をオープン これが一番まずいパターンでしょう。正負の負荷バランスが崩れていますので回路によっては問題が生じます。また、COLD側はすぐに壊れる事はないにしろ、過負荷なので電流的に厳しいでしょう。最悪の場合は故障もあり得ます。

で、上記いろいろ考えあわせると、やはりNo.4さんの回答が一番妥当かつ安全に思います。
--
>質問ついでにもう1つ甘えさせていただきたいのですが、このターミネーターは、出力側のフォンプラグに内蔵させるのか、入力側に近い部分に置くのか、どちらの方がより適切でしょうか。

出力装置の近くに置くのが適切です。つまり、キャノンの近くということになるでしょうか。ケーブルの途中に突っ込んで被覆チューブをかぶせれば十分です。

質疑応答がややかぶり気味になっているので長文になりますがご容赦を。

http://okwave.jp/qa1016386.html​
http://okwave.jp/qa2008953.html​

ああなるほど、短絡というのが良回答になっているのでこれをそのまま正しいと受け取られたのですね。結構この手の掲示板の回答は怖いですね。このアドバイスを下さった方々は接続には詳しくても電気回路には詳しくない方々だったのでは無いでしょうか。

詳述すると、こういう事です。
◆この手のバランス出力回路を持つ機器において、アンバランスの入力回路(...続きを読む


人気Q&Aランキング