痔になりやすい生活習慣とは?

新中三生です。

塾のテストで「酸素を全身に運搬する血液の成分をかけ」 という問題で 「ヘモグロビン」 って書いたら×で正答は 「赤血球」 だったのですが 酸素を全身に運ぶのは「ヘモグロビン」じゃないのですか?

塾の先生は 「血液の成分は赤血球」 といっていたのですがじゃあ、 「ヘモグロビンは血液に含まれていないの?」 ってかんじでどうしても納得がいきません。

どなたか専門家の意見や皆さんの考えを聞きたいです。


たった一問と思われるかもしれませんが受験学年にとってこの一問はかなり大事なんです。。。

教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

ヘモグロビンは、赤血球であり、(酸素を運ぶことのできる)全ての赤血球はヘモグロビンを含む。



赤血球は血液の成分であり、(酸素を運ぶことのできる)全ての(哺乳類の)血液は赤血球を含む。

ヘモグロビンは、酸素を運搬する役割を持つ、。

これらが成り立つ以上、

ヘモグロビンは、「酸素を全身に運搬する血液の成分」といえると思います。

つまり、A⊂BかつB⊂CならA⊂Cということです。

というわけで、出題(採点)者の意図にそわないので×にされるとしても、答え自体は間違っていないと思います。
    • good
    • 4

「赤血球は成分か?」って突っ込みたくなる気持ちはよくわかります。

細胞のことを成分とは呼びづらいですよね。分子やたんぱくレベルではじめて成分といえる気がします。

ですから私なら、ヘモグロビンでも正解にしますよ。

設問も「赤血球」を解答に期待するならば、「血液中の細胞は何か」、と聞くべきではないかなと思います。

でも、試験というものは、討論しながら最良のものを導き出すというよりも、最初に正答ありきですのでやむを得ないですね。実社会ではもちろん前者の方が重要です。試験の成績が良くても実力がない人たちが大勢います。

試験テクニックとしては、論理的に何が正しいかということより、出題者の真意を汲み取ることが重要となります。
学問は逆で、論理的整合性が必須です。勉強が好きならマルかバツにこだわらないで、背景にある事実をマスターすることを心がけたほうがいいですよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

皆さん解答有難う御座いました。

No1.でも書き込んだとおり
「酸素と結合して酸素を運搬する血液中の成分」
という問題は少しおかしいような気もしますが

血液中の成分を問われた場合は
赤血球
と答えるのが好ましいようですね。

みなさん有難う御座いました。


4/10まで待って一度締め切らせていただきます。

お礼日時:2005/04/02 22:16

中学生には少し難しい内容かもしれませんが、生物に対する興味を持つきっかけになればと思い回答しました。



結論から言うと、fouhttpさんさんが考えるように酸素を全身に運ぶのは「ヘモグロビン」です。
しかし、他の方たちも回答されているとおり設問は
「酸素を全身に運搬する血液の成分をかけ」ですので
血液の成分としては赤血球が一番適当な答えになると思います。
正確な知識を持つことはもちろん大切ですが、問われている内容を的確につかみ正確に答えるということもこれからfouhttpさんが大人になっていく上で大切なことだと思います。


参考までに

血液の成分に、赤血球があります。
赤血球の成分に、ヘモグロビンがあり、
ヘモグロビンは、ヘムとグロビンからできています。

ヘムの中心には鉄イオンが含まれていて、この鉄イオンが酸素とくっつきます。細かいことを言うと、ヘモグロビン1個は最大4個の酸素とくっつくことができ、酸素はヘモグロビンにくっついてからだ全体に酸素を運搬しています。
    • good
    • 0

テストというのは、出題者がどういう答えを求めているからを的確に見抜き、それを書く・答えるという、テクニックが重要なのです。



受験の場合は、受ける学校の過去問は遣っているでしょうが、其処ではどうなっていますか?
そちらのほうを優先して覚えたほうが受験テクニックとしては良いでしょう。

今はどのレベルなのか不明ですが、中学なら、赤血球だけでよいのではないかと思いますよ。
高校では生物学、大学では医学系統なら詳しく学びます。
    • good
    • 2

NO1です。



補足で
http://db.gakken.co.jp/jiten/ha/519970.htm

NO4さんへの追加質問を見て、再度回答いたしました。

酸素はヘモグロビンと結びつきます。
下記に記したURLにも紹介されていますが、一酸化炭素とヘモグロビンが結合して、カルボキシルヘモグロビンになります。
このカルボキシルヘモグロビンは一酸化炭素が多いので、真紅といっても良いほど、血は赤いです。(一酸化炭素の結合力は酸素の300倍なので、酸素の割合が違います。)
ヘモグロビンが酸素と結合できなくなった状態です。

参考URL:http://www.synapse.ne.jp/mura1/others/co.html
    • good
    • 0

専門家と称する方がいますが・・・・??



ヘモグロビンは色素ですが、これが酸素を運ぶ役割を果たしている
ということではなかったかな?
ヘモグロビンに含まれる鉄が酸素と結合して体の末端部分に送られ
ます。鉄が酸化されたときに赤い色を呈しますから酸素が多い
血液(肺動脈以外の動脈血と肺静脈血)は鮮明な赤い色をして
います。酸素が消費された状態になると酸化鉄の色が消えて
黒っぽい色に変わります。

ヘモグロビンが単なる色素で酸素の運搬になんら影響していない
のであれば色が変わらないという事になるんですがね・・・
専門的には違う解釈でもあるんでしょうかね???

えーっと今回の問題は赤血球と答えるのがやはり適当では
無いかなぁと思います。可哀想だけど。
ヘモグロビンは血液の成分というよりは赤血球の成分という
位置づけになってしまうんでしょうね。
問題文が意図する範囲を読みとる力も必要とされますから
今回は勉強になったと思ってください。
知識としては正しいですからあまり凹むことはないですよ^^
    • good
    • 0

私的には普通に○をあげてもいいと思うんですけどね、これくらいは。



が、たとえいくら自分が正答だと思っている答えでも解答と違えば×にされてしまうので、
自分だけ他の人と違う答えを書くわけにはいかないですよね?
このあたりは自分の中でヘモグロビンが酸素を運んでいるんだぞって
思うだけ思っておいて解答欄には模範解答を書いておくのが差し障りないと思います。

ただですね、例えば高校とかでは記述式の問題が多くなり、そのときに何らかの回答で、
「…血液中の赤血球という成分が酸素を運んで…」と書くのと、
「…血液中のヘモグロビンという成分が酸素を運んで…」と書いた場合に
これで下は減点、あるいは×なんてことはよっぽどないような気が…。
    • good
    • 0

ヘモグロビンは血色素のことです。

酸素は赤血球が運搬します。ヘモグロビンが運搬していたとすると、貧血などでヘモグロビン値が低下したら呼吸が苦しくなる。な~んてことはありません。
ヘモグロビンはあくまでも血液の色素です。
ヘモグロビンは脾臓で分解され鉄分のヘムとタンパク質のグロビンになり、ヘムはアルブミンと合成されビリルビンになり、最終的には尿の黄色や便の茶色の元になります。
断じて酸素など運んでいません。

この回答への補足

みなさん有難う御座いました。

ヘモグロビンが酸素を運んでいないというのは少し疑問があるので追加質問させて頂きます。

オキシヘモグロビン(ヘモグロビンと酸素が結びついた状態)がカルボキシルヘモグロビンになることによって一酸化中毒になってしまうと勉強したのですが、オキシは多分酸素だと思うので酸素を運搬するのはヘモグロビンなのでないでしょうか?

補足日時:2005/03/30 00:17
    • good
    • 0

血液の成分と言った時には赤血球です。


参考URL。他にもたくさん見つかります。
これを機会に問題文を更に注意深く読む癖をつけてがんばってください。

参考URL:http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/junkan4.html
    • good
    • 0

私の記憶が正しければ・・



赤血球に含まれるヘモグロビンが酸素を運んでいるだったと思います。
これで間違いないと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q二酸化炭素の運搬(医学、生理学、生化学)

医学、生理学、生化学、細胞生物学についてお詳しい方、教えてください。よろしくお願い致します。

細胞で、代謝によって、生じた二酸化炭素は、組織液、そして、血漿中に拡散するかと思います。
そして、大きく分類すると4通りの方法で、運搬されるかと思います。

1つ目は、血漿中に排出された二酸化炭素は、赤血球内に移行し、炭酸脱水素酵素の触媒作用で、水分子と結合し、炭酸となる。さらに、この炭酸は、炭酸水素イオンと水素イオンに分離する。最終的に、この炭酸水素イオンは、血漿中に拡散して、血流によって運搬される方法。

2つ目は、赤血球に移行せず、直接、水分子と結合し、炭酸に変換され、炭酸水素イオンと水素イオンに変換され、1同様に運搬される方法。

3つ目は、血漿タンパク質と結合し、カルバミノ化合物となり、運搬される方法。

4つ目は、血漿中、赤血球中で、直接溶解し、運搬される方法。

以上の4つが存在するかと思います。
ここで教えてください。
(1)二つ目の血漿中で二酸化炭素が、水分子と結合し、炭酸となる反応は、炭酸脱水素酵素による触媒作用なのでしょうか?
血漿中にも、炭酸脱水素酵素が存在するという解釈でよろしいのでしょうか?
(2)3つ目のカルバミノ化合物は、何らかの方法で変換され肺から呼出されるのでしょうか?
もしくは、肝臓などで、アミノ酸に分解されて、処理をされるのでしょうか?
(3)4つ目の物理的溶解なんですが、二酸化炭素は、ある程度、溶媒に溶けることは知ってるのですが、これは、どのような形で溶解するのでしょうか?イオン化して溶解するのでしょうか?
物理的溶解について教えてください。


大変、恐縮ですが、以上のことについて、教えてください。
よろしくお願い致します。

医学、生理学、生化学、細胞生物学についてお詳しい方、教えてください。よろしくお願い致します。

細胞で、代謝によって、生じた二酸化炭素は、組織液、そして、血漿中に拡散するかと思います。
そして、大きく分類すると4通りの方法で、運搬されるかと思います。

1つ目は、血漿中に排出された二酸化炭素は、赤血球内に移行し、炭酸脱水素酵素の触媒作用で、水分子と結合し、炭酸となる。さらに、この炭酸は、炭酸水素イオンと水素イオンに分離する。最終的に、この炭酸水素イオンは、血漿中に拡散して、血流...続きを読む

Aベストアンサー

怪しい・不充分な ところがあり、後で 再確認をお願いします… というレベルですが、お邪魔致します。m(_ _)m


● > (1)二つ目の血漿中で二酸化炭素が、水分子と結合し、炭酸となる反応は、炭酸脱水素酵素による触媒作用なのでしょうか?
> 血漿中にも、炭酸脱水素酵素が存在するという解釈でよろしいのでしょうか?

まず、用語について申し上げます。m(_ _)m CA (carbonic anhydrase) は、「炭酸 脱水 酵素」 ですね。「〓 脱水素 酵素」 であれば、「dehydrogenase」 とかになるかと。

炭酸脱水酵素は、赤血球内以外にも、身体の様々な部位に存在します。一例として、近位尿細管の刷子縁に存在する炭酸脱水酵素の作用について、下記 (引用1) に貼らせて頂きます。唾液中にも存在します (下記引用2)。

ですので、血漿中に炭酸脱水酵素が存在しても おかしくないようにも思うのですが、これに関する記述を見たことが無く、申し訳ありませんが 確証がありません。m(_ _)m

1) 利尿薬 (脂質と血栓の医学)
↑ 「1.炭酸脱水酵素阻害薬」 をご覧下さい。
http://hobab.fc2web.com/sub4-Diuretics.htm

2) 炭酸脱水酵素 (Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%82%AD%E9%85%B8%E8%84%B1%E6%B0%B4%E9%85%B5%E7%B4%A0


● > (2)3つ目のカルバミノ化合物は、何らかの方法で変換され肺から呼出されるのでしょうか?
> もしくは、肝臓などで、アミノ酸に分解されて、処理をされるのでしょうか? 

カルバミノ化合物の一つに、カルバミノヘモグロビン (ヘモグロビンのアミノ基と二酸化炭素が結合した化合物) があります。これであれば、肺に達してから、酸素の結合と二酸化炭素の放出を行います (酸素の付加に伴い、ヘモグロビンの二酸化炭素に対する親和性は低下します。これについては、「ホールデン効果」 をご覧下さい。サイト貼付は 割愛致します m(_ _)m )。


● > (3)4つ目の物理的溶解なんですが、二酸化炭素は、ある程度、溶媒に溶けることは知ってるのですが、これは、どのような形で溶解するのでしょうか?
> イオン化して溶解するのでしょうか?
> 物理的溶解について教えてください。

血液への気体の物理的溶解では、気体は 分子のままで血液中に存在します。これに対する 化学的溶解では、気体は 血液中の成分と化学的に結合した形で存在します。

二酸化炭素の溶媒への物理的溶解は…、強いていえば 「ソーダ水」 の状態ですかね。^ ^; 感覚的な例えで、恐れ入ります。m(_ _)m

今回引用のサイトは、全てよそさまのサイトです。ありがとうございます。m(_ _)m

怪しい・不充分な ところがあり、後で 再確認をお願いします… というレベルですが、お邪魔致します。m(_ _)m


● > (1)二つ目の血漿中で二酸化炭素が、水分子と結合し、炭酸となる反応は、炭酸脱水素酵素による触媒作用なのでしょうか?
> 血漿中にも、炭酸脱水素酵素が存在するという解釈でよろしいのでしょうか?

まず、用語について申し上げます。m(_ _)m CA (carbonic anhydrase) は、「炭酸 脱水 酵素」 ですね。「〓 脱水素 酵素」 であれば、「dehydrogenase」 とかになるかと。

炭酸脱水酵素は、...続きを読む

Q脳の「錐体路」と「錐体外路」の役割と違いについて

錐体外路は錐体路の運動刺激を微調整する?というようなことは少し理解できましたが、今ひとつはっきり分かりません。役割や違いについて簡単に教えて下さい。位置する場所などは分かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

筋肉の運動を起こすには最終的には脊髄などに存在しているαモーターニューロンを発火させることで可能です。
では、どの様に発火させるのかと言うところがこの質問に答える近道だと思います。

このαモーターニューロンへは、実は、平均しても一個のαモーターニューロンあたり数万個のニューロンからの入力つまり調節を受けています。
これらのニューロンからの信号の総和が閾値を超えるとαモーターニューロンが発火し特定の数の筋線維が収縮し、全体で見ると筋肉がぴくっとするわけです。

さて、錐体外路と錐体路の件ですが、
一般的には錐体路が随意運動錐体外路が不随意運動と言います。
しかし、前の説明を見ていただくとおり、どちらも、数万のうちの一つにすぎません。特に錐体路は、全体に占める役割は本当はとても少ないのです。これは、高校などで習う事実とかなり相反するかと思います。

では、本題の説明に入ります。
錐体路は、大脳皮質から始まるニューロンが直接αモーターニューロンを支配している物です。一方、錐体外路は、大脳皮質からの直接投射はなく、脳幹の網様体などから投射される物です。前者は意識運動というイメージと繋がりやすいですね。
しかし、後者は何か??簡単に理解できる例として、、
1.腕を曲げる時は伸ばす筋肉は弛緩するでしょ??誰がしてるの?頭(大脳皮質)では考えていません。
2.コップに水をくみます。だんだん重くなりますが、腕は下がりません。誰がしてるの?頭(大脳皮質)では考えていません。
3.空気椅子で一分間我慢、、、。でも、人間の筋線維は連続して収縮できないのです。じゃあどうするの?それは、沢山ある筋線維を、入れ替わり立ち替わり収縮させて、見かけ上連続して収縮しているように見せかけるだけ、現に、疲れてくるとぷるぷるするでしょ? じゃぁ、誰が入れ替わり立ち替わりを制御してるの?頭(大脳皮質)では考えていません。

つまり、この辺のことをうまくやってくれているのが錐体外路系なのです。現にこの制御が壊れると、じっとしているのが出来なくなるんですよ。マイケルJフォックスさんのパーキンソン病もその一つです。

前の方で錐体路の働きは少ないといいましたが、それでも多くのかたは、錐体路は随意運動には欠かせない!!とおもうでしょ?
でもね、進化の上で錐体路はごく最近出来たんですよ。
現には虫類にはありません、ほ乳類でも錐体路の構成は極めて不安定です。
ヒトでも完全に純粋に錐体路のみを障害しても、時期随意運動は出来るようになると聞いています。

個人的には、錐体路と錐体外路で単純に機能分けをするのはどうかと思いますし、この考え自体少々古い考え方になっていると思います。元々corticospinal tract(皮質脊髄路)が錐体(延髄にある膨らみ)を通るので錐体路と呼び、それ以外にも運動に関わる神経路があるから錐体外路と呼んだだけですので、敢えて機能云々言わないほうがいいと思います。
また、両者は常に一緒に働きますから、それぞれが運動制御の一部分を構成して居るんだと思えばいいのです。

錐体路=随意運動
錐体外路=不随意運動
と言うのは、強いて言えばアメリカ人と日本人の気質を一言で断言するのに近いかもしれません。
ただ、多くの教科書や、先生方はそのように断言するかもしれません。完全に正しくはありませんが、大きく間違っても居ませんから、素直にそう思いつつ、世の中は、(特に生物は)そんなに簡単には割り切れないんだけどね、、。とニヒルに笑っておけばいいと思いますよ(^^;

PS錐体外路の全体像が(解剖学的にでも)解っているならたいした物ですよ!!

筋肉の運動を起こすには最終的には脊髄などに存在しているαモーターニューロンを発火させることで可能です。
では、どの様に発火させるのかと言うところがこの質問に答える近道だと思います。

このαモーターニューロンへは、実は、平均しても一個のαモーターニューロンあたり数万個のニューロンからの入力つまり調節を受けています。
これらのニューロンからの信号の総和が閾値を超えるとαモーターニューロンが発火し特定の数の筋線維が収縮し、全体で見ると筋肉がぴくっとするわけです。

さて、錐体外路...続きを読む

Q原核生物と真核生物の違い

原核生物と、真核生物の違いについて教えてください(><)
また、ウイルスはどちらかも教えていただけると嬉しいです!

Aベストアンサー

【原核生物】
核膜が無い(構造的に区別出来る核を持たない)細胞(これを原核細胞という)から成る生物で、細菌類や藍藻類がこれに属する。

【真核生物】
核膜で囲まれた明確な核を持つ細胞(これを真核細胞という)から成り、細胞分裂の時に染色体構造を生じる生物。細菌類・藍藻類以外の全ての生物。

【ウイルス】
濾過性病原体の総称。独自のDNA又はRNAを持っているが、普通ウイルスは細胞内だけで増殖可能であり、ウイルス単独では増殖出来ない。



要は、核膜が有れば真核生物、無ければ原核生物という事になります。

ウイルスはそもそも細胞でなく、従って生物でもありませんので、原核生物・真核生物の何れにも属しません(一部の学者は生物だと主張しているそうですが、細胞説の定義に反する存在なので、まだまだ議論の余地は有る様です)。



こんなんで良かったでしょうか?

Qヘモグロビンの酸素結合能は何に影響されるのですか。

ヘモグロビンの酸素結合能は何に影響されるのですか。

Aベストアンサー

基本的には、血中酸素分圧の高いところで酸素と結合し、低いところで酸素を放出する。
そして、1つのヘムに酸素が結合するとその情報がサブユニット間で伝達され、タンパク質の四次立体構造が変化し、他のヘムの酸素結合性が増えより酸素と結合しやすくなる、「ヘム間相互作用」があり、酸素運搬効率を高めている。

そのほかの、Hb酸素結合能力(酸素解離曲線)に影響する因子は
・温度:温度が上昇すると結合-解離平衡は解離側に傾くから、酸素親和性は低下する
・pH:pHが酸性に傾くと酸素親和性が低下する
・CO2分圧:CO2分圧が増すと、pHは一定でも酸素親和性が低下する。これは、ヘモグロビンのN末
  のα-NH2にCO2が結合してcarbaminohemoglobinを作るため

一般的に、生体内では、低酸素状態では、炭酸濃度が高く、その影響でpHが低下します。
また無酸素呼吸で増える解糖系の産物が増えます。低pH(ボーア効果)、炭酸やある解糖系の産物
(嫌気的解糖の中間代謝産物であるグリセリン2,3-リン酸(2,3-diphosphoglycerate:2,3-DPG)がβサブユニット間に結合)とのHbの結合は、どれも酸素親和性を下げヘモグロビンから酸素が解離しやすくなります。

そのため、ヘム間相互作用と、それに拮抗して働く水素イオン、二酸化炭素、2,3-DPG効果のためにヘモグロビンの酸素解離度曲線はシグモイド状になり、酸素分圧が高い肺胞毛細血管では酸素と結合しやすく、酸素分圧が低く、二酸化炭素濃度が多い末梢組織では酸素と解離しやすくなっており、効率よく酸素運搬が行われることになります。

それ以外の要素として、一酸化炭素は酸素よりもはるかに強い親和性でヘモグロビンと結合するため、
酸素運搬を阻害して毒性を発揮します。→CO中毒 

何に影響されるかといわれれば、
 血中酸素分圧・温度・pH・CO2分圧・2,3-DPG・H+ 等でしょうか?

基本的には、血中酸素分圧の高いところで酸素と結合し、低いところで酸素を放出する。
そして、1つのヘムに酸素が結合するとその情報がサブユニット間で伝達され、タンパク質の四次立体構造が変化し、他のヘムの酸素結合性が増えより酸素と結合しやすくなる、「ヘム間相互作用」があり、酸素運搬効率を高めている。

そのほかの、Hb酸素結合能力(酸素解離曲線)に影響する因子は
・温度:温度が上昇すると結合-解離平衡は解離側に傾くから、酸素親和性は低下する
・pH:pHが酸性に傾くと酸素親和性が低下する
・...続きを読む

QDNAとRNAの違いについて

親戚の高校生が生物の勉強でどうしてもDNAとRNAの違いがわからないらしく、たまたま訪れていた私に説明を求められましたが教科書を読んでもすっかり「???」でした。
どなたか、分かりやすく説明できる方いらっしゃいませんか?自信をつけて説明できるようにしてください!!
ちなみにサイト等で見てみましたが二人とも???の状態でした。
宜しくお願い致します

Aベストアンサー

DNAとRNAで困っていると言うことですから、暗記的な情報や教科書的な情報は逆に困ってしまうかも知れませんね。
と言う観点で、「感覚的」な回答をしたいと思います。
----------
DNAとは、普通、遺伝子と呼ばれているモノと思ってください。顔が丸いとか、血液型がB型だとか、小指の長さとか、、、、親と子供が似てるとか似てないとかって話をする時の「遺伝子」です。だから、DNAとは、自分が人間である特徴、肌の色の特徴などなどの記録が書き込まれている部分なのです。パソコンで言えば、書き込まれた内容が変更できないCD-ROMというところでしょうか。
CD-ROMが有るだけでは、中のデータを見ることはできませんよね。それといっしょで、DNAがあるだけでは、その中の情報を見ることも使うこともできません。
そこで、活躍するのがRNA達です。
「達」と言ったのは、3種のRNAがいるからです。DNA・CD-ROMは、核の中に保管されていています。そのDNAから体を作る材料であるタンパク質を作る場所が「r君(リボーソームRNA)」の庭になります。
このr君の庭まで、DNAのデータをコピーして持ってくる役目を「m君(メッセンジャーRNA)」が果たします。タンパク質を作るr君の庭に、DNAのコピーを持ってm君がやってくる。最後に、このコピーを元にタンパク質のパーツを運んでくるのが「t君(トランスファーRNA)」です。
DNAは、体を作る情報を保管する記憶媒体(CD-ROM)で、
RNAは、その情報から体を作る作業を担当する3人の小人 ですね。
----------
以上あくまでも、おおざっぱな話ですので、細かい部分は触れていません。(例えば、DNAが核以外の葉緑体やミトコンドリアなどの細胞小器官部にもある話や、真核生物と原核生物の違い(ここでは、われわれヒトが含まれる真核生物の話に特化してます)などには触れません。)

DNAとRNAで困っていると言うことですから、暗記的な情報や教科書的な情報は逆に困ってしまうかも知れませんね。
と言う観点で、「感覚的」な回答をしたいと思います。
----------
DNAとは、普通、遺伝子と呼ばれているモノと思ってください。顔が丸いとか、血液型がB型だとか、小指の長さとか、、、、親と子供が似てるとか似てないとかって話をする時の「遺伝子」です。だから、DNAとは、自分が人間である特徴、肌の色の特徴などなどの記録が書き込まれている部分なのです。パソコンで言えば、書き込まれた内容...続きを読む

Q年齢確認が甘い居酒屋チェーン店

20歳をとっくに超えているのですが同い年の友人と居酒屋に行ったりするとたまに年齢確認をされます。
まだ未成年だった時はなんにもなかったのに…。
最近は厳しいのでしょうか。
しかし私は証明する物を持っていません。
免許もなければフリーターなので社員書もなし。
パスポートもありません。
なので口頭で生年月日を言えば通してくれる居酒屋ってどこですか?
甘い店を教えて下さい!

Aベストアンサー

最近確認が厳しいですよね…
私も、よく聞かれるんですが同じく運転免許持ってないし、
パスポートや保険証持ち歩くのも怖いので病院の診察券持ち歩いてます。

生年月日書いてるので、居酒屋チェーンとかならこれでOKですよ♪

直接の回答でなくてごめんなさい。

Qシーネとギプスの違い

シーネ固定と、ギプス固定の違いを教えてください。よく、看護婦さんがシーネ巻き変え、とか言ってますけど、どういうことなのかなぁと思いまして。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

医用画像解析の研究者です。
以前病院に勤務しておりました。

シーネは、骨折の際、患部の固定を行うための添え木のことをさします。
医療では副子と呼びます。
ボール紙・木・竹・金属板・針金・ギプスなどが材料に用いられます。
一般的には、ハシゴ状の針金に包帯を巻いたラダーシーネ、アルミ板にウレタンを貼り付けたアルミシーネを多く使用しています。

ギプス(Gips)はドイツ語の「石膏」から来た言葉で、患部全体を覆います。
最近は、石膏ではなくプラスチック製を多く使用しています。
軽く、X線写真診断にも影響が少ないすぐれものです。
半分に切って蓋のようにしたギプスシャーレなんて言うのもあります。

一般に、シーネ固定は単純な骨折や捻挫、手先、足先、首、鼻など、比較的短期間の固定に用いられます。
ギプス固定は、2関節以上にまたがる固定、複雑骨折や重篤な捻挫、靭帯損傷など、長期にわたっての固定に多く用います。

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。

Q免疫グロブリンを産生する細胞

免疫グロブリンは、B細胞系の細胞が産生する蛋白ですが、IgAを産生するのは粘膜リンパ組織という事はかいてあったのですが、他の4つ(G・M・E・D)の免疫グロブリンがどの細胞から産生されるのかが、どうしてもわかりません。   本やネットで探したのですが、わかりませんでした。
どなたか教えていただけませんでしょうか??

Aベストアンサー

基本的に免疫グロブリンは最初にIgM型が作られ、そこから液性因子等の影響によるクラススイッチと呼ばれる過程を経てIgG, IgEなどへ変換されます。IgDの免疫系における役割はよく分かったいなかったと思います。例外はあると思いますが、免疫グロブリンはB細胞が出すと考えて良いと思います。

Q看護学校の何が辛いのですか?

看護師の資格を持っている知人女性が、「平均睡眠時間が3時間だった」「あれができればなんでもできる」と言っていました。しかし、某国公立大学看護学部に入学した高校時代の同級生の女の子は、大学2年生のときに同窓会で再会したとき、全然つらそうな顔をしてませんでした。普通に楽しそうに振舞っていました。それどころか、「合コンして○○大学の男と付き合っていた」と、男女交際までやっていたそうです。

一体看護学校や看護学部の何が辛いのですか? よく平均睡眠時間が一日3時間とか聞きますが、それは4年間のうち何ヶ月くらいなのですか?

Aベストアンサー

はじめまして。
学校によっても変わってくるでしょうね。大学と看護学校でも変わってくるでしょうし・・・。

おそらく、辛いとおっしゃっていた友人様は看護学校卒のお方だと思われます。
確かに看護学校は相当辛いです。一方大学の看護学部などは看護学校に比べたら優しいとわたしは学生時代感じていました。
まず、看護学校と大学の違いは実習の数やそれをこなすために与えられる時間の量のにあると思います。また、看護学校は主に技術、大学は知識です。
わたしは看護学校に通っていたのですが、1、2年は膨大な量のレポートに範囲広すぎなテストの連続、3年になれば実習三昧で1クール3週間を約1年間、夏休み・冬休みを除きぶっ続けにエンドレス、それに向けたスパルタ技術練習、またまた膨大な量の事前学習や必要な調べ物など、それはそれは厳しい3年間でした。恋愛はよっぽど理解のある人とじゃなきゃ長続きしないし(こっちが忙しくて会ってるヒマがないに等しい)、バイトはできてもおこずかい程度、気になる睡眠時間は人により寝ないで翌日という場合もありました(でもいつか必ず寝れます、土日とか)。環境も女だらけとあってストレスは溜まるでしょう。そしてなぜか看護学校の教員ってくせ者が多いです・・・
本当、覚悟して臨まないと卒業できません。精神的にやられます。
ちなみに、大学の看護学部の友人も何人かいて話を聞くのですが、実習の中身も学校生活の内容も看護学校より遥かに余裕のあるものだと思いました・・・。
なので、楽しい学生ライフを送りながら看護師になりたい、というならば頑張って大学を(普通の大学よりは忙しくなると思いますが)、ガッツラ鍛えられた上で一刻も早く看護師になりたい、というなら看護学校を選べは良いかと。
大学は保健師受験資格もあるので、興味があれば魅力的ですよね。

はじめまして。
学校によっても変わってくるでしょうね。大学と看護学校でも変わってくるでしょうし・・・。

おそらく、辛いとおっしゃっていた友人様は看護学校卒のお方だと思われます。
確かに看護学校は相当辛いです。一方大学の看護学部などは看護学校に比べたら優しいとわたしは学生時代感じていました。
まず、看護学校と大学の違いは実習の数やそれをこなすために与えられる時間の量のにあると思います。また、看護学校は主に技術、大学は知識です。
わたしは看護学校に通っていたのですが、1、2年は膨...続きを読む


人気Q&Aランキング