教えてください。

六法が、憲法、商法、民法、民訴法、刑法、刑訴法であると知っていますが、

たとえば、自賠法、道交法など六法より小さな法律は「六法のどれかに含まれる」という考え方なのでしょうか?
それとも「六法とは独立した個別の法律」という考え方なのでしょうか?

よろしくお願いいたしますm(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「六法」の意味は二つあると理解されるのがよいと思います。



一般的に使う場合は、「法令集」くらいの意味でしか使われていないと思いますよ。
「登記小六法」とかには、刑事訴訟法なんて載っていません。
ですから、書籍での「六法」は、「法令集」のことと読み替えて構いません。

憲法、商法、民法、民訴法、刑法、刑訴法のことを六法というのは、法律家が基本となる法令を6つあげて六法と言っている場合です。

ですから
>自賠法、道交法など六法より小さな法律は「六法のどれかに含まれる」という考え方なのでしょうか?
>それとも「六法とは独立した個別の法律」という考え方なのでしょうか?

こういった定義づけをしようとすることがどうかな?と思います。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

よく理解できました。
ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/02 12:47

六法の「六」と言うのは、


昔の中国で「数多く」をあらわす表現として用いられていたそうです。
現在でも、百万長者が億万長者になった様に、
「数多く」の数字も変わってきています。
ですので、「六法全書」は、
「数多くの法律を網羅した書物」
の意味になります。

基本六法は、語呂合わせになります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

よく理解できました。
ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/02 12:46

「六法」とは、いくつかピックアップされた主要な法律という程度の意味です。


個別の法律はたくさんあります。

分野で、「六法」と称するものがあります。
うちの実家には「下水道六法」という書籍がありました。
下水道に関する主要な法律集です。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/六法
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よく理解できました。
ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/02 12:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法律(民法、刑法)についての疑問点

民(訴)法、刑(訴)法について分からないことがありますので質問します。
1.窃盗犯が捕まった場合、被害者への金銭等の返却はどのようになされるか。
  判決文で、「所有者に返すこと」と命令されるのか、
  盗まれた者が不当利得などで民事訴訟を起こさないと  いけないのか。
2.犯人が窃盗物をすでに処分してしまい、他に財産が無い場合、所有者は償いを受けることができるのか。
3.保険金目当ての殺人で、夫を殺害した妻が保険金を受け取った場合、
保険会社は妻に詐欺に基づく損害賠償請求ができるか。
4.背任罪、横領罪で会社等に被害を与えた者は、その莫大な金額全部を返還しないとならないのか。

 以上4点なのですが、わかる方お願いします。
 もちろんわかるところだけ解答いただいても結構です。

Aベストアンサー

#2です。2につき、分かる範囲で補足します。

一般に分割弁済が命じられる、ということはありません。これは原告の請求によります。
相手方が全くの無資力であり、今後も弁済の見込みがない場合は、事実上訴訟は空振りです。一定の継続的収入があり、生活費など最低限の出費を除いて弁済の余地がある場合は、その中から弁済を受けることになるでしょう。
また、その当時無資力であっても、時効成立までの間に十分な資力を持つに至った場合、その中から弁済を受けられます。もっとも、いかに債務名義があるとはいえ、信義則に反するような請求は認められません。(例えば8年も9年も放っておいて、いきなり即刻全額支払えなどというのは無茶な場合があり得ます)

Q法律家は六法以外の法律も勉強している?

破産法は六法ではありませんよね?しかし弁護士や行政書士の方たちは破産法についての知識があります。つまり六法以外の法律全てを勉強しているということですか?だとしたらものすごい数になりますよね?

Aベストアンサー

 弁護士をはじめ法曹がどのような勉強をしているのか、概略をいいますと、司法試験の科目を当然勉強します。理念的に重要なのは憲法ですが、日常生活ではあまり関係がないので、あくまで理念的な勉強です。
一番重要なのは民法です。日常生活に密接に関係していますので、最も学問的研究も判例も蓄積しています。民法の考え方がベースになり他の法制度ができています。(行政法、刑法は歴史が違うので多少違いますが)
 それで、「条文を記憶するのが勉強か」というと違います。学説、判例を勉強を繰り返すことにより「法的な考え方」を理解、訓練し、あらゆる事象を「法的に」分析し判断する訓練をしているのです。このような法的思考ができるようになると、読んだことがない本でも、「たぶん、このあたりに書いてある」とか、予測がつきます。初めて見る条文も理解が早いです。文献を見る前に「たぶんこうだろう」と理論構成をし、文献で確認することができるのです。このようなことはどの分野でもあります。
 例えば、技師は機械の表面的な不調を見て、原因の予測をし、確認し、修繕します。その予測もいくつか候補を検討します。日常的に訓練されているからです。
 弁護士も、このような訓練を経ているだけです。また、法律だけでは3流です。ほとんどの弁護士は、理系の理解力がないとできません。少なくとも、医者の説明、建築家の説明等理系の人の説明を理解する能力がなければ充分な弁護はできません。
 最近、産婦人科医の無罪判決がありましたが、医者の話を理解できない限り尋問ができないか、頓珍漢な質問しかできないことは理解できるでしょう。

 弁護士をはじめ法曹がどのような勉強をしているのか、概略をいいますと、司法試験の科目を当然勉強します。理念的に重要なのは憲法ですが、日常生活ではあまり関係がないので、あくまで理念的な勉強です。
一番重要なのは民法です。日常生活に密接に関係していますので、最も学問的研究も判例も蓄積しています。民法の考え方がベースになり他の法制度ができています。(行政法、刑法は歴史が違うので多少違いますが)
 それで、「条文を記憶するのが勉強か」というと違います。学説、判例を勉強を繰り返すこ...続きを読む

Q盗犯等防止法(正当防衛の例外規定)が刑法の改正ではなく刑法とは異なる他の法律として制定されたのはなぜですか?

盗犯等防止法(正当防衛の例外規定)が刑法の改正ではなく刑法とは異なる他の法律として制定されたのはなぜですか?

Aベストアンサー

 改正の趣旨については,ANo.1の方のおっしゃるとおりであると思います。

 では,なぜその改正を刑法本体の改正としないのかですが,刑法本体を改正すると,実質的影響が大きいためと思われます。
 具体的には,
(1)刑法36条を引用する他の法令についてすべて改正を検討する必要がある。
(2)法務省等,政府が出版した文書(刑法36条が掲載されているもの)の修正を行わなければならなくなる。
(3)地方公共団体や民間が出版した文書の修正を同様に行わなければならなくなる。

 そこで,基本原則の特例を設ける法改正の場合には,基本法とは分離して取り扱うことが可能な特別法によることが多いと思われます。

Q商法と民訴の基本書探してます。

商法と民事訴訟法の入門者のための、
基本書を知っている方がいたら、教えてください。

Aベストアンサー

質問者の方が、どういった目的で基本書を求めておられるのか分からないのですが。

とりあえず時期的に予測すると、法学部学生が後期の講義を受けるために、講義の参考書として基本書を探していると読めるため、そうであると仮定すると。

まず、定番で私なども読んだところ挙げれば
(司法試験などで定評のある)
民事訴訟法なら、伊藤眞『民事訴訟法』有斐閣
商法では、弥永真生『リーガルマインド会社法』
(しかし、商法は法改正があるので、これは古いと思います。)

しかし、上記本などは、はっきりいってキツイです。
特に初学生には、心が折れます。
 ですから、すなおに司法試験予備校の講師などが出している読みやすい本を薦めます。特に民事訴訟法は、「なんでこんな分かり難い表現を使うのか?」と叫びたくなってきますので、基本書は回避必須です。

初学生には、LECの柴田講師が出してる「S式柴田の生講義」シリーズなんかは読みやすく、私などは基本書に行く前にまず、それらを読んでいましたし、あの本だけでも、なかなか理解が深まったと感じましす。
とにかく、予備校の出す本などから導入していくことで、頭の整理が早くでき、結局は早く深い理解へとつながると、思います。

質問者の方が、どういった目的で基本書を求めておられるのか分からないのですが。

とりあえず時期的に予測すると、法学部学生が後期の講義を受けるために、講義の参考書として基本書を探していると読めるため、そうであると仮定すると。

まず、定番で私なども読んだところ挙げれば
(司法試験などで定評のある)
民事訴訟法なら、伊藤眞『民事訴訟法』有斐閣
商法では、弥永真生『リーガルマインド会社法』
(しかし、商法は法改正があるので、これは古いと思います。)

しかし、上記本などは、はっ...続きを読む

Q弁護士は憲法や民法など六法などを暗記しているのでしょうか。

弁護士は憲法や民法など六法などを暗記しているのでしょうか。

また、弁護士ではない方も暗記しているのですか。

Aベストアンサー

No.2です。

六法の選び方ですが、
まず六法には判例付きの六法と条文だけが出ている六法があります。

判例付きの六法とは、各条文にその条文に関連して争われた判例が出ているものです。
一見すると便利なようですが、条文によっては重要判例がたくさんあり、次の条文に行くのに何ページ、十何ページも使い、
条文を探すのに手間がかかります。
また、判例が出ているといっても、事件名とポイント部分が出ているだけでかなり勉強している人や
実務家以外は必要ないのではと思われます。
と言うのは、十分その法律が解っていて判例も知っている上で専門の判例集で詳しく調べるための
一番最初の段階で条文と事件名を確認するために使用する性質のものだからです。

ですから私個人の考えですが、判例つき六法は法律の初学者や法学部の学生はもちろん、
司法試験を目指して勉強している人でさえ必要ないと思います。
大学院で法律を専門に研究している人や実務家が使って始めて有用なのでは、と思います。

長くなりましたが、以上の理由から条文のみが出ている六法をお勧めします。

三省堂の『デイリー六法』や岩波書店の『コンパクト六法』などがいいと思います。
いずれもコンパクトな国語辞典のサイズです。
同サイズの六法は何種類か出ていますが、
文字の書体や印刷の濃さなど微妙に違い見やすさも好みによって違うので実際に書店で見比べる事をお勧めします。

蛇足になりますが、
六法は重要な法律の最初には(憲法、民法、刑法、会社法、両訴訟法など)は
その法律の最初のページにインデックスをつけるといいです。
(確か『コンパクト六法』にはインデックスが付いていた気がします。)
また、条文を引くごとに点でもいいのでしるしをつけるといいです。
たくさん引いた重要条文はどんどん黒くなっていくので注意を引きやすく、覚えやすくもなります。
また条文のなかのキーワードとなる部分をマルで囲むなどすると頭に入りやすくなります。

他の勉強もそうですが、六法はどんどん引いて汚くしていくのを楽しみにするぐらいにすると
法律の勉強が面白くなります。

参考にしていただけると幸いです。

No.2です。

六法の選び方ですが、
まず六法には判例付きの六法と条文だけが出ている六法があります。

判例付きの六法とは、各条文にその条文に関連して争われた判例が出ているものです。
一見すると便利なようですが、条文によっては重要判例がたくさんあり、次の条文に行くのに何ページ、十何ページも使い、
条文を探すのに手間がかかります。
また、判例が出ているといっても、事件名とポイント部分が出ているだけでかなり勉強している人や
実務家以外は必要ないのではと思われます。
と言うのは、十分その法...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報