教えてください。

六法が、憲法、商法、民法、民訴法、刑法、刑訴法であると知っていますが、

たとえば、自賠法、道交法など六法より小さな法律は「六法のどれかに含まれる」という考え方なのでしょうか?
それとも「六法とは独立した個別の法律」という考え方なのでしょうか?

よろしくお願いいたしますm(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「六法」の意味は二つあると理解されるのがよいと思います。



一般的に使う場合は、「法令集」くらいの意味でしか使われていないと思いますよ。
「登記小六法」とかには、刑事訴訟法なんて載っていません。
ですから、書籍での「六法」は、「法令集」のことと読み替えて構いません。

憲法、商法、民法、民訴法、刑法、刑訴法のことを六法というのは、法律家が基本となる法令を6つあげて六法と言っている場合です。

ですから
>自賠法、道交法など六法より小さな法律は「六法のどれかに含まれる」という考え方なのでしょうか?
>それとも「六法とは独立した個別の法律」という考え方なのでしょうか?

こういった定義づけをしようとすることがどうかな?と思います。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

よく理解できました。
ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/02 12:47

六法の「六」と言うのは、


昔の中国で「数多く」をあらわす表現として用いられていたそうです。
現在でも、百万長者が億万長者になった様に、
「数多く」の数字も変わってきています。
ですので、「六法全書」は、
「数多くの法律を網羅した書物」
の意味になります。

基本六法は、語呂合わせになります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

よく理解できました。
ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/02 12:46

「六法」とは、いくつかピックアップされた主要な法律という程度の意味です。


個別の法律はたくさんあります。

分野で、「六法」と称するものがあります。
うちの実家には「下水道六法」という書籍がありました。
下水道に関する主要な法律集です。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/六法
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よく理解できました。
ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/02 12:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qどうして「六法」っていうの?

初歩的な質問ですみません。
法律の本で、税務六法とか、自治小六法とか「六法」ってついてるのはなぜ?
詳しい方教えて下さい。

Aベストアンサー

 「六法」にはふたつの意味があります。ひとつ目の意味は、ご存知だと思いますが、「憲法」「民法」「商法」「民事訴訟法」「刑法」「刑事訴訟法」の六大法典のことを言います。もっとも、いわゆる「六法書」でも、六法以外の法律も数多く収録しています。これらは、六法に準ずる法律ですから、「六法」と言っても、「6つの法律」ではなく、実際は「附属法令およびその他の法令を収録してある法令集」ということになります。

 もうひとつの意味は、ご質問にあります、「税務六法」や「自治六法」など、特定の法分野だけを対象とした単なる「法令集」としての「六法」です。これらの六法書には先の「六大法典」は収録されておらず、それぞれの分野での重要法令が収められています。これは特に定められた「六法」が存在するわけではなく、六法書を編集する人たちが、その分野やおいて重要であると思われるさまざまな法令を収録します。

 「六法」とはもともと、文字通り、憲法等の「6つの法」を指していましたが、今日では「重要な法」という意味で使われているということになります。

Q刑法と民法の定義と差は?。

 刑法と民法って何が違うのでしょうか?。
 それぞれの定義する範囲と、刑法と民法の差って何ですか?

Aベストアンサー

刑法は、やってはいけないことを規定しています。
その規定以外のことは罰しませんよ、ということで我々の自由を守っています。
国家が強制できる範囲を決定している(強行規定)ものです。

民法はぶっちゃけてしまえば守るべき規定はありません。
当事者同士で納得しているのであれば、公権力が口を出す問題ではないからです。
ただ、トラブルになりえる問題を多くはらんでいるので、規範となりえる規定(任意規定)を作ってあるのです。
たとえば相続。
誰が死んだら誰にどれだけ相続権がある、というようなことが規定されていますが、守る必要はありません。
子供に一銭も相続させないということも可能です。
ただし、当事者(相続する側)の了承が必要ですが。

そういう場合に私人間同士にまかせていると、力の強いものに有利に働きます。
そこで一定の規範を設け、不公平がないようにしているのです。

いわば刑法は自由権を保障し民法は平等権を保障しているといえるでしょう。

Q法律の体系について教えてください

法律は六法以外にもあるのですか?
もしあるのなら、それは六法を基準として、他の法律はいずれかの中に含まれるのですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>法律は六法以外にもあるのですか?
身近な法律で言えば道路交通法がありますよね。近時、女性天皇論が取り沙汰されている皇室関係だと皇室典範、教育関係だと教育基本法・学校教育法、少年については少年法など様々な法律があります。実務法律家の弁護士といえども、とうてい全ての法律を理解・把握しきれているものではありません。
市販されている、いわゆる「六法全書」には一部の法律しか掲載されていません。
「現行法規総覧」という加除式書籍には全ての法律が掲載されていますが、これなどは一般の弁護士でも普通は持ち合わせていないと思います。


>六法を基準として、他の法律はいずれかの中に含まれるのですか?
そういう訳ではないです。
但し憲法は最高法規としてピラミッドの頂点に位置する法ですので、民法や刑法など他の法律とは一線を画します。
憲法>法律>条令・政令…といった上下関係はあります。

ただ法律にもいろいろと区別はあります。
例えば商法は民法の特別法ですね。
実定法(法律関係そのものを規定:民法・商法・刑法など)と手続法(実体法の定める権利義務についての手続きを定める法律:刑事訴訟法・民事訴訟法など)という区分もあります。

説明が下手ですみません。

>法律は六法以外にもあるのですか?
身近な法律で言えば道路交通法がありますよね。近時、女性天皇論が取り沙汰されている皇室関係だと皇室典範、教育関係だと教育基本法・学校教育法、少年については少年法など様々な法律があります。実務法律家の弁護士といえども、とうてい全ての法律を理解・把握しきれているものではありません。
市販されている、いわゆる「六法全書」には一部の法律しか掲載されていません。
「現行法規総覧」という加除式書籍には全ての法律が掲載されていますが、これなどは一般の弁...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報